間男


前編 後編 後日談

853:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/06/25(日) 16:48:21.85 ID:4LsJ8eZ6.net
離婚した元嫁と間男が間もなく震災で亡くなって
怒りのやり場を失い精神的にへし折れた俺をずっと支えつづけてくれた伯母
先日、とうとう息子が産声をあげた 

障害もなく元気に産まれて来てくれた息子と、また俺に子供を抱かせてくれた伯母に感謝 
籍は入れられないし、もういない両親にも祖父母にも顔向け出来ない業を背負わせてしまったけど 
俺が幸せにして、墓場まで持っていく


前編 後編

523:熱湯&バット ◆SP52/98HD62007/04/20(金) 00:39:53 ID:X9DNx1Y60
世の中には親切な人がいる、俺が聞きたくなくともいろいろな話を教えてくれる
噂好きの女性wなんだかな~。

俺を一生騙せると舐めてかかっていたのに間男と一緒に返り討ちにあった元嫁に
結婚話が来ていて話が進んでいるそうだ。

トリップ無くしちゃったんで適当に作りました。


前編 後編

178:恋人は名無しさん2007/02/17(土) 21:43:35 ID:BrDReHMI0
過去スレも含めて読んだけど、みんな配偶者や恋人に浮気されたり裏切られたりしても
理性的で冷静な人が多いような気がする。
俺なんか最初の結婚で元嫁から酷い裏切りにあって元嫁と間男を徹底して凹った結果
執行猶予は付いたけど前科餅になって仕事も失って。
本当は法律家を間に入れて冷静に追い詰めるようにすればよかったんだろうか。


前編 後編

245: 鬼です ◆6waaLb9I4Q 2008/01/15(火) 23:55:32
ついさっきまで義父との話は続きました。 
ある意味では初めて男と男の話が出来た気がします。 
泣かれました、土下座されて謝られました。 
シぬほど辛いのはやはり私だけではなかったんですね。 
私も義父に「私が至らず本当にすみませんでした」って謝りました。 
正直な話、間ファミリーとの戦いはある意味ワクワクしている部分もあって 
全然平気ですが、今日の義父の涙は同じ1人の男として心底辛かったです。 

もうさすがに今日は疲れきってしまいました。 

今夜はもう寝ます。 


前編 後編

164: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/07(月) 21:54:23
やっと2ちゃんに書き込みする余裕ができましたので、感謝の意味をこめて少しだけ報告します。 
半年前にこのスレをたまたま見ていて、急に妻の行動が怪しく思えて行動した結果
裏切りが発覚しました。 

以来半年色々ありましたが、今日弁護士から間男はここにいたってさえまだ 
自らが行った卑劣な行為を私の元妻に誘惑されたせいだと言い張って、私が 
要求した慰謝料の支払いを値切ろうとしているようです。 
私は明日彼の勤める会社に彼を解雇するよう交渉に行きます。 

弁護士は再三にわたって思いとどまるよう私を説得していましたが、最後は 
「まあどのみち金銭的には十分な満足は得られないと考えますので、どうし 
てもおやりになりたいならくれぐれもやりすぎないよう、言葉には十分注意 
して、最悪刑法上の罪に問われることがないように注意してください」 
というアドバイスをしてくれました。 
明日が楽しみです。 

一方元妻はほとんど丸hだかで追い出された上の慰謝料請求ですのでさすがに泣 
きがはいっているようで、弁護士も「減額請求に応じましょう、もういいん 
じゃないですか?」って言っています。 
正直私もここらへんで許してやろうか?って気持ちになってます。 

皆さん今更ですが私に最悪の裏切りに気が付くチャンスをあたえて下さって 
本当にありがとう御座いました。 
心から感謝します。 

また明日結果の報告をします。 


前編 後編

916:飛脚 ◆3hu97FsAYk2014/02/05(水) 10:38:19
みんな温かい意見、厳しい意見や煽りを含めて感謝する。
あまり寝れないが、先ほどまで寝てた。
2時から帰り便の路線なのでもう少し寝なければいけないけど、
その前に色々わかった事があるので報告をする。

先ほど電話でだが和尚と話した。
・1回目の段階で和尚嫁に相談をしている
・1回目の翌日、和尚嫁のすすめもあり婦人科を受診している。適切な処置を受けている
・担当医の所見によると、何らかのyaku**をin部に塗布されている。in部からkou**にかけてただれ(かぶれ?)があった。
・その時の血液と尿を医療機関にて保存している
・診断書は和尚嫁から引き継ぎ和尚が保管している

・2回目はメールや電話での誘いを強硬に断り続けた結果、間は自宅に押し掛けた。俺が不在の深夜だった
・2回目の誘いのメールや電話には明確な脅迫が存在した。しかしそれは2回目の折、間が消去した
・3回目以降は写真で脅して会う形だった。3回目〜6回目のメールは和尚嫁が当時保管し、和尚が引き継いでいる。
・毎回in部からkou**にかけてただれ(かぶれ?)があった。その写真も和尚嫁が撮影して保管、和尚が引き継いでる。
・半年ほどかけて和尚嫁が手を尽くし、弁護士に依頼し告訴の準備をしてきた
・その矢先和尚嫁はくも膜下出血で亡くなられた。
・和尚は当時何も聞かされておらず、全く嫁に何もしてやれなかった
・和尚が知ったのは、12回目の後に嫁本人が相談に来てから
・その時に和尚嫁の遺品を調べ、各証拠類を発見

このページのトップヘ