託児



前編 後編

445:名無しの心子知らず2008/12/30(火) 14:37:55ID:gE4UcLpb
夜に私の主人の仕事が終わり次第
近くのファミレスで会うことになりました
事情を知ってるママ友と弟も立ち会ってくれそうです

娘は弟の奥さんの好意に甘えて預かってもらう予定です
年末だというのに弟夫婦やママ友まで巻き込んで
申し訳ないのですが心強いです

録音出来る物の準備とメールの保存と
カードへのコピーはしました

授乳の事は色々言われるだろうなとは思っていたので
ここで言われてることに傷ついてはいないのですが

自分の娘が哺乳瓶を全く受け付けなかったので
息子さんが完母と知った時点で
私が授乳すれば泣き止んでくれるかなと
すぐに頭に浮かんでしまったし

目の前の事しか見えてなく
安易に授乳してしまったのかもしれませんが
結果論にしかなりませんが
こうするしかなかったと思っています

本日中にご報告出来るかは分かりませんが
流れが変わっていなければ
こちらで報告したほうがいいのでしょうか?




前編 後編

256:名無しの心子知らず2008/12/29(月) 08:57:56ID:D/6w5EV6
朝早くから近所のママ友(だと思ってた。今日までは)
がピンポンしてきて身内で不幸があって息子を見て欲しい
また後で連絡するからって言ってバタバタ出て行った

ようやく頭が回転しだして
「ミルクは?オムツは?着替えは?」
とメールしたら
「私さんの娘ちゃんので適当にお願い!お任せするよ~」
って感じの返信

さっき共通のママ友に連絡したら
どうやらディズニーに行きたがってたらしい

冬休みにディズニーに行きたいけど
息子は連れて行くと大変だし楽しめないから
お兄ちゃんのとこに預ける予定とかなんとか。

書きながら落ち着きを取り戻したいけど
乳児二人なんて無理



前編 後編

484:名無しの心子知らず2008/02/07(木) 01:29:37 ID:eltSSZ6X
ここまでのレスに違和感が・・・乱文マジレスします。

まず思ったは、生後10日のあかちゃんを小学生を抱っこしてて
首据わってないのにタヒぬんじゃないか!?と。
普通大人だったら首据わってない赤ちゃんなら慎重に抱っこするでしょ?
それを慣れていない、しかも恐らく母親にしっかり教わっていない小学生が抱っこしてくるなんて。
現時点で解決に向けて前進していることを祈ります。
だから、赤ちゃんの保護を最優先で考えて欲しいと思った。
なのにここまでのレス、そういう意見が少なすぎじゃない?
なんでA母とのこれから起こるであろう問題とか考えて行動しろなんてアドバイスすんの?
一人の人間として赤ちゃんの心配が先に来ないの?
このレス群を見て、>>375さんとか、他の若い人が、そういう間違った感覚に染まってしまわないか心配です・・・。



前編 後編

375:名無しの心子知らず2008/02/06(水) 09:12:00ID:ddTj9uyW
すみません。
生活板のずうずうしいスレにしようかと思ったんですが
育児の方がアドバイス頂けるかと思うので、育児板初めて
なのですが書かせて頂きます。
どれが該当スレになるか迷って探したのですがココで良いのなか?
スレ違いなようなら誘導して頂けるとありがたいです。
(育児中じゃない人間も書き込んで良いのですよね?)
前置きが長くて申し訳いのですが・・・
私は昨年結婚した主婦です。
姉が入院することになり、その間小学生の姪&幼稚園児の甥の
世話と家事を手伝うため姉宅に通い(日によっては泊まって)で
姉をフォロー中です。
この生活はまだ始まったばかりで順調なら一ヶ月ほどで退院予定です。
小学生の姪はお友達も多く明るいよい子で手は掛かりません。
幼稚園児の甥もとても可愛いよい子ですが、突然の母親の不在に
不安定になっており赤ちゃん返り?っぽい感じです。
通いの予定が「一緒に寝て!帰らないで!」と泣かれて泊まりになったりします。
インフルエンザ等が流行っている中、子供の見舞いは禁止ではないが考慮して
少なめにして欲しいとの病院の意向で、平日はお見舞いに連れて行く事はせず
普通の日常を送っています。


前編 後編

162
:名無しの心子知らず 2011/07/29(金) 15:16:59.86 ID:2jUhlQoX
携帯から失礼します。 

全然、全く知らない人が託児に来て何か叫んでる。 
こんなんで、24しても大丈夫だよね?


前編 後編

909:70302/09/06 11:49

ごぶさたしておりますが、703です。
仕事が忙しかったのでしばらくROMってましたが、その後を報告しますね。
もちろんあれからも色々ありましたとも。
あれからすぐ、義弟夫婦は姑のところにガキ奪還に向かったのですが、
「ママ嫌い!ババといる!」と帰宅を渋り、カッとなった義弟嫁が
ガキを張り倒したため、そこで義弟嫁vsババのバトルになったそうです。
義弟嫁は気分にムラがある女で、すぐ叩くなど、よくガキに八つ当たりとしか
思えない態度を取っているので、ガキにしてみれば久々に平穏な日々だったのでしょう。
そこで義弟が姑の肩を持ったため(俺らも疲れたし、もう1日預けとこうよ、と言っただけですが)
キィイイイッ!となったアフォ義弟嫁が無理矢理ガキの腕を引いたらポコン、と脱臼。

ここまでは姑から聞いた話です。
ガキの脱臼は大したことなかったそうですが、
なんとまあ呆れたことに義弟嫁の父親からうちに電話がきたんですよ。
「そもそも、あなたがお姑さんなんかに預けたからこうなった、責任をとったらどうだ?」ですって。
もう、親子揃って香ばしくて香ばしくて、笑うしかないですよ。
でも幸いにジジィはわりと冷静ぽかったので、経緯を1つ1つ話して聞かせました。
勝手にガキを連れてきたこと、着替えも礼金もなく、こともあろうに
私が承諾していないのに強引に捨てるようにガキを置いて慌ただしく旅行に行ってしまったことなど。
そしたらなんと、義弟嫁、全然違うことを親父に言ってたことが判明。
義弟嫁の脳内シナリオでは、私が「お願い!私に面倒見させて!」と懇願するので
渋々預けたら、手に負えなくなって姑に丸投げしたことになってましたw。
ジジィは「そうですか・・・じゃあ娘とまた話し合ってみます」と引っ込みましたが、
また1つ2つ祭りがありそうなので、ジジィとの会話は録音しておきました。


で、今晩、ダンナが出張から戻ってくるんですよ。
明日、義実家に夫婦で行く予定ですが、絶対この一連のバカ事件が話題にのぼるはずなので、
私たち夫婦にも祭りが起きるかも・・・。
また面白いことがあったら報告します。


前編 後編

703:名無しさん@HOME02/08/30 23:34

二人とも一応世間では名の通った企業に勤めてはいるが、DQNな義弟夫婦。
ブサイクで躾のなってない2歳半のガキがいるが、
自転車で15分くらいの距離に住む姑には一切触れさせず、

新幹線で3時間の遠方に住む義弟嫁の親を「新幹線通勤」させガキの世話をさせていた。
(その財力があることも自慢)
そのとばっちりを喰らい、姑はうちに干渉ばかり。
しかし義弟嫁の母親が椎間板ヘルニアで入院したため、ガキの面倒を見る人がいなくなった。
平日はベビーシッターを雇っているそうだが、何とも恥知らずなことに、
こないだの土曜、義弟夫婦のヤシらときたら、
夫婦水入らずで中国に1週間旅行にいくのでよろしく、とガキをうちに持ってきやがった。
こっちはまだOKしてないのに、義弟嫁のアフォは
「姑には渡さないで。これは食べさせないで。お風呂は何時に入れて」
と偉そうにぬかし、バカ義弟は、
「この子と遊べば母性本能が高まってすぐ赤ちゃんできますよ」と小梨の私に
当てつけがましくぬかしおった。
おいおい、と言う間もなく、よろしくぅ〜、といなくなってしまったので、
速攻で姑に電話し、ガキを引き取りにきてもらった。
そらもう、ババァはホクホク顔で来たさ。
きっとババ乳含ませたりして楽しくやってることだろう。
ヤシらは明日帰国する予定なので、どんな顔するか楽しみ。



前編 後編

219:名無しの心子知らず2008/02/02(土) 10:29:41 ID:3SpVdthp
一週間面倒見たんだから、もう義理は果たしたよ。
上でも言うように旦那と赤ちゃん置いて逃げるのがいいかな。
義実家に連れて行くとあなたが悪者にされてさらに押し付けられる可能性ありだから。
あと、自分の実家に連絡行くだろうから、その辺の根回しもガンガレ



前編 後編

162:名無しの心子知らず2008/02/01(金) 22:19:00ID:89GbY7F7
去年一月ちょっと弟の二歳息子を預かってました。

それを聞いて義姉がうちの子供も預かれと言ってきた。
義姉の夫が年明けから長期の東京出張で、
旦那さんの世話しに行くって言うけど、昼間仕事してるんだから世話も何も、遊びたいだけだと思う。
弟の場合は奥さん二人目妊娠で入院して、弟の仕事(船舶関係)の都合で仕方ない理由がありました。
弟夫婦も世話になるからとお金を出してくれた。 


でも義姉は身内からお金取るの?オムツ置いて行くんだから要らないでしょー、で一切無し。 
で、先週土曜に私の旦那が二三日だけだから、我慢してやってとか抜かして預かって来ました。 
明日で一週間です。 
全然連絡取れないしいつ帰ってくるのか分からないし、 
もう我慢の限界なので、明日連絡無かったら旦那に、実家に連れて行かせるつもりです。 
自分の子供が心配じゃないんか?親の自覚ないんか? 

ガーっと吐き出したらちょっとスッキリしました。 
長くなってしまい、すいません。 

このページのトップヘ