武勇伝

878: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/16(日) 10:59:25.30 ID:SLEx2r4K
DQN丸出しなんだが自分的にはスッキリしたので。

中3の頃、ある男子からいじめのようなものを受けていた。
そいつとは小学校まではそこそこ仲がよかったが、5年ぶりくらいにクラスが同じになったので
「おー久しぶりー」感覚で話そうと思ったら、睨まれながら「きんもー」の一言。
そこからひたすら悪口のみ。
「キモい」「デブ」「死ね」そいつの悪口はほとんどこの3語だけだったが、それこそ毎日毎日言われ続けた。
陰湿なことに、必ず私が1人でいる時を狙って言ってくる。
授業中もこっそりノートを覗かれては、「デブ、こんな問題も解けてねーぞwww」と小声で、だがわざと聞こえるように言う。
原因は分からない。中学でそいつと話をしたのは、中3になって初めてだったし
そいつやそいつの友人に、何かやった記憶は全くない。受験生だったし、単なるストレス発散だったんだと思う。
私は当時身長-体重が100くらいではあったが、めちゃくちゃ骨太で
体重以上に太っているように見えていた。「デブ」「クソデブ」は一番言われてた。
こっちを見てニヤニヤしながら、周りの男子に悪口を吹聴しだして
一部の面識のない男子からも、突然「デブ」と言われたりした。
「そいつ○○(私)のこと好きなんじゃないの?」と言われたが、そんなもんじゃない。
明らかに嘲笑し、悪意に満ちた目で毎日悪口を言われてた。
部活も楽しかったし、友達も少なくはなかったけど、本当に嫌な記憶だった。



784: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/04(火) 23:02:15.38 ID:+l19Mt4v
Aは自分がやられるとキレることを他人には平気でやるタイプの人だった

Aが携帯を弄っている時に誰かが後ろを通ると、Aは突然振り返り
「今私の携帯覗いたでしょ!」と文句をふっかけた
相手が何を言おうが「絶対覗いてた、人の携帯除くなんてサイテー、ありえないから」と睨みつけ
「私今この人に無理やり携帯覗かれたんですけどー!」と大声で周りに知らせる
Aの声に気づいた周囲の知り合い達は、えー…だのそれはないわーだの覗いた相手をどことなく責めるような反応

そんななか一人BがAの元へ行き「でもAは私の携帯平気で覗いたよね?」と言い出した
「私のバッグから携帯出してメール盗み見て、そのうえ私になりすまして彼氏に勝手にメール送ろうとしたよね?」と
周りにも聞こえるような声で言い、周りはマジなの?とざわつく
「自分がやられると怒るのに、なんでずっと酷いことを平気で人にするの?ちょっと異常だよ」とBが言うと
Aは「だって人のメールのやりとりとか気になるじゃん、気になるから見ただけでしょ」と平然と答えたので
周りの友人達は「本物だ…」という顔でAを見つめていた

その時点でAが自分のやってることに気づき反省することはなかったが
周囲の人達にはAののおかしさが見事に露呈したので個人的に見ててスッキリした


776: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/04(火) 15:39:09.78 ID:x7odCdNL
それは私がまだか弱い女子高生だった時の話。

電車でウトウトしていたら圧迫感を感じて目が覚めた。
横並びにすわる7人掛けの席で、周りはガラガラなのに私の横に知らないオヤジが体重かけるくらいピッタリくっついて座ってる。
それだけでも嫌だったんだけど、
なんかモゾモゾ動いてて
そのオヤジ、腕を組む形で座ってたんだけど、自分の二の腕に隠した手先で私の胸のあたりを触ってた。(わかりにくくてごめん)

あたり、っていうのは自分は小胸なもんで制服のブレザーをスカッ、スカッとかすめる位で実際胸には当たってない。
こんなに密着しないと触れないってこと?!と眠い私は変なところにイライラして
「胸小さくて悪かったな!!」と叫びつつ、そのオヤジの頭を平手でスパーンと叩きつけてしまいました。
突然の反撃にオヤジびっくり。ハッキリ目が覚めて私もびっくり。

講習の面前で自分の小胸を宣言してしまった私は、次の駅で逃げるように電車を降りました。
青春時代ってかわいいなぁ。


692: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/29(木) 18:38:51.64 ID:usY9Qev6
知人の話です
友人のAさんと入ったモスバーガーでチンピラが、「早くしろ!」と椅子を蹴って暴れ始めたらしい
知人たちの後にチンピラは入って来たので、時間はあまり経ってなかったんだとか
周りの人にも「ジロジロ見てんなよ!」と威嚇し、お店の人が止めても聞かない
するとAさんがチンピラのテーブル越しに座り、肘をついてチンピラを見た
「ジロジロ見んな!」
「ジロジロは見てないよ。ジーッと見てるんだよ」
Aさんはそう言うと
「待つのも食べることの楽しみの一つだよ。おいしく食べようよ」
「ね」とニッコリ
あまりにニッコリ微笑まれ、チンピラは「お・・おぅ」と大人しくなった
周りからは拍手
Aさんはにこにこしながら知人の元に戻ったという

でも、知人はその後のAさんの呟きを聞き逃してはいなかった
「もうちょっと可愛かったらタイプだったのにな」
かなり残念そうだったらしい
「タイプと見たらすぐ口説くからね。困った人なのよ」
アハハ、と知人は笑っていた
ちなみにAさんは彼氏持ちの男性です


683: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/29(木) 10:30:56.82 ID:Y2bEkIE5
つまらない話でごめん。
自動車が車道に出ようとして、歩道を完全にふさいでいた。
広めの歩道なんだけど、車の先が車道に出ていて、後ろはビルの中の駐車場。
車道も渋滞していて、その自動車の両脇に歩道を通れない人がたまりはじめた。
そこに、ベビーカーが2台、仲良く並んで来た。
本当に仲良いらしく、母親はお互いの顔見ておしゃべりして、前を見ていない。
このままだと車に突っ込む後数mというところで、自動車が根負けして、駐車場に引っ込んだ。
ベビーカーGJと、思った。


642: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/25(日) 20:55:06.45 ID:/YdqfW94
公園の道の向こうから白い杖をついた人(A氏)、こちらから盲導犬を連れた人(Bさん)が来た
このままではぶつかってしまう、ととりあえず近くにいたBさんに
「向こうから杖をついた人が来ますよ」
と声をかけた
(盲導犬が分かっているとは思ったけど)
Bさんは足を止めA氏が通り過ぎるのを待った
ところがA氏は何を考えたか、急に杖を振り回し、Bさんの盲導犬を叩き始めた
盲導犬はじっとしているが、空気の何かで感じ取ったのか、Bさんは「やめて!」と不安そうに周りを見渡した
私は思わず盲導犬に手を触れてしまい、かばうようにして杖をつかみ飛ばしてしまった
するとそこへ走って来た犬(もちろん飼い主さんはいますが、ノーリード)が杖をくわえて行ってしまった
A氏は杖を探してうろうろ。私はBさんに平謝りし、犬の飼い主さんは「こんな汚い杖をどこから持って来たの!!」と犬を叱っていた
しばらくしてようやく杖はA氏の元に戻り、(持つ所は犬のよだれでべたべた)Bさんは「ありがとう。守ってくれたんですよね」と言ってくれて私はホッとした
A氏は「障害者差別だ!」とか犬の飼い主さんに怒鳴ったが、飼い主さんも負けずに
「知らなかったんだからしょうがないでしょ!犬がどうやって差別するのよ!!」
Bさんは盲導犬に「ほら、ありがとう言おうね」と言い、私は盲導犬にしっぽを振ってもらい「お仕事の邪魔してごめんねと伝えて下さい」とBさんに言って二人にさよならをした

何か面倒なことをしていると思われるが、小さい頃に盲導犬を連れた人に
「盲導犬に触れても言葉をかけてもいけない」
と教わって以来、ずっと気をつけているんです
でもあの時は怒られるのを覚悟で払いのけました


615: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/22(木) 14:34:09.45 ID:6juSgsbL
街中で駐車した車の側でタバコの吸殻を排水溝にポイ捨てした爺の顔と姿と車のナンバーを写メで撮った後、
拾えと丁寧に言ってやった。無視したり逃げようとするのでしつこく後を付いてまわり大声で叫び続けてやった。
周囲の奇異の目も無視して「あなたが吸って排水溝にポイ捨てしたタバコを拾ってくださ~い!」と言い続け、
根負けした爺が拾って片付けるまで見ていた。ちゃんと車(黒のセンチュリー)の中に携帯灰皿あるじゃねーかよw

バカみたいな反論も全て一蹴してやり続けた。
ガチで基地外に見えるのは自分だという自覚はあるが、ちょっと気が向いたから嫌がらせしてやっただけ。
今後タバコを吸う度、捨てようとするにに思い出して嫌な気分になりやがれw


591: 1/3 2012/11/21(水) 21:07:25.90 ID:O5CkrOVy
ラッシュでは無いが、それなりに混んでいた電車内での出来事を。

A…良い人。女性。童顔だったが、たぶん社会人。
B…精密機械を持った女性。大学生くらいに見えた。
C…ハゲかスキンヘットか微妙な中年。
俺…近くで傍観してただけ。


576: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21(水) 13:42:20.37 ID:x4j6pcYe
流れ読まず書き込む!

私はバス通勤。始点から終点まで乗るので、バスの後ろの方に座る事にしている。

この路線は間に大きな公園などを挟むためちょっと遠回りをするけど、途中で止まる事がほとんど無い。通勤時間帯でもそんなには混まず、ちゃんと詰めればみんなが座れるくらい。

その日もいつものように、後ろのタイヤの上の座席(周りよりちょっと高くて見晴らしが良い)に座って壁にもたれてぼ~っとしていた。車内は程よく混んでいてざわついている。
途中、その大きな公園のあたりで、前の方に乗ってるおっちゃんが降車のためのブザーを押したのを見るともなしに見ていると
(乗り込む時から赤い顔をしていてほろ酔いなのが目についたから、何となく気になってた)
バス停で停車したのにおっちゃん降りない。運転手さんも車内アナウンスで確認するも誰も降りない。で、再びバス発車。間違えたのかな?と思って見ていたら、すぐまたおっちゃんブザー押す。バス停車。誰も降りない。
運転手さん確認アナウンス。バス発車。おっちゃんブザー押す。バス停車。誰も降りない…
おっちゃんの席には手元近くにブザーのボタンがあって、誰にも気づかれていない様子。

3回目には運転手さんのアナウンスがキツくなり、4回目のバス停で運転手さんがキレた。
「イタズラをやめない限り発車しません!」
朝の時間は本当に貴重だから、遅れるのは5分でもかなりツライ。
見てたのは私だけみたいだし、どどどどーしよーって1人でアセってた。
でも、後ろからだけどおっちゃんの口元がわらったかたちに動いたのが見えて、私の中で何かが切れてしまった。


569: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21(水) 13:18:38.55 ID:0khyNWsj
別に特にスーっとするわけではないが先週廃品回収業者とモメた。

会社の使わなくなったPCやモニタ、机やイスを年末の大掃除にむけて
まとめて置いていた。
すると廃品回収業者の車がちょうど通ったのでとめて
「パソコンとかもひきとってもらえますか?」と聞くと「いいですよ!他にもありませんか?」って
言うので「机やイスもあるんですけど」と言うと「全部ひきとりましょう!」って
ラッキー、と思って荷物置いてるところに案内したら2人きて1人は勝手に3Fにあがっていき
「なんでも持っていきますよ。他にないですか?」ってズカズカあがりこんできた。
ちょっと違和感感じたがまあいいかと思って一緒に入ると勝手に物色しはじめ
「これ使ってます?あそこのいっぱいあるモノとかは?」といろいろ聞いてくる。
「いや、ちょっと社長に聞かないと・・・」って言うと「じゃあ待ってますんで聞いてきてください」って。
めんどくさいけど社長に聞いて全部処分していいとのことだったんでその旨を伝えると
ハシゴとかもってきてドカドカ荷物を降ろしていく。
まあ、すっきりするしいいか、と思って20分ほどで積み込み終わって「ありがとうございます助かりました」
って言って戻ろうとすると「全部で3万円でけっこうです」と言う。
「え??」「はい、これ全部でサービスで3万円でいいです!」
「いやいや、え?お金とるの?」と聞くと「え?ただでものは捨てられませんよ?サービスしときました!」
これは困ったと思い「いや、ただと思ったから全部積んでもらったのに・・・お金なんて払えませんよ」
というと「それはお客さんが勝手に思い込んだだけでしょう?普通なら積み込みの作業費も入れるんで
これだけやと5万ですよ?5万円にしますか?」とか言ってくる。
カチーンと怒りのスイッチが入り絶対払わない、と心に固く決意し、
「いや、お金とるならけっこうです。こっちもお金払う意志みせてないんで。おたくが積み込んだだけなんで
全部もとに戻してください。」と言うと「むちゃくちゃ言わんといてくださいよ今更。何なんですか?」とキレてくる。


このページのトップヘ