押し付け



前編 後編

99:名無しの心子知らず2006/08/15(火) 20:12:38 ID:FxISDHIl
>>28 の書き込みから二日経っているが、水はあげてるんだろうか?
この時期、一日でも忘れたら元気がなくなるよね。 




前編 後編

28:名無しの心子知らず2006/08/13(日) 18:54:50ID:tS855ncY
子供じゃないんだけど
昨日、隣の奥さんに「今年も帰省しないんでしょ?」
って聞かれたから「うちは正月だけなのー。遠いから。」って答えたからか
今朝、玄関にお隣の一年生の「朝顔の鉢」が置かれてた・・・
水やりよろしく!って紙ついてたよ。
どうして事前に話してくれないのかなー!
お隣が帰ってくるまでに枯れちゃったらどうしよう。すごくプレッシャー。



  

95: 60 2013/09/12(木) 14:44:13.01 0
さっきトメから電話があった 

旦那が何か言ったんだろうけど「ごめんねー日曜よろしくお願いしますね」だって 
あれー日曜朝からバイト入れちゃいましたー(うそ)旦那君に聞いてません? 
と返したら、「それは聞いてるけど・・・どうしてもダメ?」チラチラ感満載 
仕事は仕事ですからキリッそれはお姉さんも同じですよねキリッだから無理ですwww 
と言ったら「じゃ、そっちの孫ちゃん日曜どう?」だってさ 
うちの子二人とも中学なんだけどそれ充てにするとか何言ってんの 
いやー大会近いから部活ですねーハナホジ「ああぁぁそおうぅぅ」って感じで電話切れた 

コトメはシフト制の仕事で平日定休じゃないんだ 
実は今回のコトメ旦那の趣味の用事は5月から決まってたんだって 
丸一日自分の子供と過ごしたくないから、休まないんだろうね 
末っ子なんてまだ一歳児なのにさ 
それが一番腹立つし、子供盾にして他人の善意に集るなんて卑怯だ 

ここで吐き出して良かったよ 
今回はほんとなんかムカついてたから、スッキリしたし整理できた 
ありがとね



  

246: 60 2013/09/16(月) 14:34:51.98 0
今日は午前中頭痛で寝込んでた 
ごめん出かけるので簡単に 

土曜の夕方職場で問題が発生したので、結局昨日早朝から会社で仕事してた 
一段落した昼頃、旦那から「コトメコ真ん中が、鼻血が止まらん」というメールが 
結局、コトメ宅で旦那とトメがコトメコの面倒を見ていたらしい 

私の職場からコトメの家が割と近いので行ってみたら、激しく咳き込むコトメコズ 
真ん中だけじゃなかったから、感染症を疑って迷わず旦那の車でコトメの職場に連れて行った 
コトメは看護師で、総合病院の小児科病棟勤務 
コトメコ三人を連れて行ったら、コトメポカーンだったけど 
「いつからこの子達は咳があった?検査してもらえ」 
と言うだけ言って私は帰ってきたマジでムカムカした 
病院には旦那とトメが残った 

検査結果は休み明けだけど、やはり某感染症の疑いがあるとのこと 
旦那の話では胸の写真を撮って肺炎と診断されたらしい 
コトメコズは入院そこまで放っておけるってすごいわ呆れる 
馬鹿だコトメコズの周りの大人が馬鹿すぎて涙出た 
しかしコトメ見てうれしそうにしてたコトメコズが不憫でならん 
旦那は落ち込んでいたけど、今日も病院に行ったのか知らんが今はいない 

書き捨てゴメン



  

60: 名無しさん@HOME 2013/09/11(水) 21:49:45.54 0
コトメが休日に仕事休まないで、子供が保育園に行く平日休む 
コトメ旦那が趣味で家に居ない時も休まないから、トメに子供三人の面倒を押付けるんだけど 
トメは我が家ありきでそれを引き受けて、うちの旦那がそれ引き受けるから 
結局私が一日潰されることになる 
今度の日曜日、また旦那が引き受けてきた 
旦那は自分の用事で一日いない 
私も用があるから朝からいないよと言ってやったw 
困ってたけど知らなーいもう大分愛情も目減りしてる 
今まで誰からも「ごめんね。よろしくお願いします。」と言われたこと無いし 
親切心でやってあげてたけど、急に馬鹿馬鹿しくなった 
今はもう調子に乗りやがってと言う気持ちしかない 

吐き捨てごめん

582: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/09/14(日) 12:43:04.30 ID:iItp1vwu.net
近所に自然派育児を推しているママがいる
予防接種は毒、化学調味料がー電磁波がーうんぬん
うちの子の腕のBCG痕を見て(まだ打って1ヶ月なので痕が目立つ)
「赤ちゃんにこんな事してかわいそう!虐待よ!
免疫を育てて自力で病気に打ち勝つ力をつけないと」と激怒
そこの子供は予防接種は毒だから全くやっていないとの事
自然派は別に構わんがこっちに色々と考えを押し付けるのは止めてほしい


このページのトップヘ