懺悔



    

455:はじめまして名無しさん04/12/17 08:54:51 ID:???
どれ、一つ クマー だとして釣られてみようか。

妻に対して自分が叩かれる事で妻の怒りはおかしくないよ安心していいんだよ
と言う事を伝えたいとしたら、それなりの配慮を踏まえて書かないと。

自分のこれまでの愚行で現在妻がメンヘルになってんだとしたら
家族としてしてやれる事をクリニックの医師に色々相談して
それこそ自分が妻に対する考えを改める事に専念するだろ。

まともに配慮出来ずに書き込んでるとしたら、耐えられなくて
ただ他人に頼ってるだけじゃないか?

素直にすべて吐露する事は己の罪の許しを請う、教会で言う懺悔みたいなもんで
楽になりたいからだろう。
お前さんはまだ楽になったらダメなんだよ。




    

352:昔 ◆JRps2MHPuE04/12/15 00:58:42 ID:???
仕事を変わる。
親兄弟親戚と縁を切る約束は、
実行されなかった。
すぐには無理だと、妻をなだめた。
妻も仕方ないね、と言った。
親父は心臓が悪いからと
あまり働かなかったので、
実際の仕事は、
俺1人でやっていたようなものだったからだ。
別の仕事を決めたら
婚姻届を出そうねという妻に、
待っててくれというしかなかった。

俺の仕事は建築関係で、

手がけていた現場が終了した日に
俺はケーキを買って帰った。
「仕事終わったぞ。明日から職探しだ!」
「おつかれー!婚姻届も出しちゃったよー!」
妻が戻って来た。
長女は踊りまわり、
2歳になろうとしていた長男も
真似をして大騒ぎした。

「こらー!下の家に迷惑だよー」
と子供たちを叱りながら、
妻は本当に嬉しそうだった。
その夜、長いレスは終わりを迎えた。

しかし、俺は妻に大嘘をついていたのだ。
翌日からの現場も決まっていて、
俺は簡単に「親父との仕事」を
やめることができないことをわかっていた。
俺がしたのは、親父に
「別居したんだから給料を出せ」
という交渉だった。



    

230:はじめまして名無しさん04/12/12 02:29:25 ID:???
>>225
義妹ちゃんて?
妻の妹が自分の姉の不貞を昔 ◆JRps2MHPuE の母親にチクって
昔 ◆JRps2MHPuE の父親と一緒に自分の姉を尾行してたってこと?



    

153:昔 ◆JRps2MHPuE04/12/12 00:13:23 ID:???
俺は面倒くさいことが嫌だった。
黙り込む、という手段で、
彼女の言葉を奪っていたんだと思う。

俺の住んでいる地方は
(他もそうかもしれないが)
嫁に来たらまず近所に挨拶回りして、
ご先祖様の墓参りをするらしい。
俺はこれを知らなかった。

新婚旅行の翌朝
彼女は
「ご挨拶回りするなら、
着物に着替えないとダメですよね。」
とお袋に言った。
お袋は、
「このへんで近所に挨拶回りする嫁なんて訊いたことも無い。」
と笑った。

俺は披露宴に隣人ということで
ご近所がほとんど来ていたので、
そんなもんかと思った。
彼女は不審そうであったが、
それ以上は何も言わなかった。
「じゃあ、お墓参りにいくのじゃない?」
と言ったが、お袋も何も言わなかったので
「まぁいいんじゃないの?」
と流してしまった。
それは大失敗だったことが後からわかった。



    

115:昔 ◆JRps2MHPuE04/12/11 22:56:33 ID:???
過去の逃げられなんだが、898待ちの暇つぶしに
ここでちょっと語らせてくれ。
もちろん叩いてくれて構わない。

俺がどんなに妻に酷いことをしてきたか、懺悔したい。


    

1:◆NmG9W0Mff.m92014/04/08(火)19:01:52 ID:F32HZ0zIZ

とりあえず立ててみた
あれからのことなんだが、ちょっとまた色々あって、今家に一人
てか覚えてるか? 


    

684:◆pDNQpZkHab0X2014/04/05(土)22:29:14 ID:IFDRAeHAI

酒グビグビ飲んでるけど全然眠れないぞ
眠くなるまで安価してみる

寝落ちの可能忄生ありだが勘弁しろ
あと、全部は捌ききれないかもしれんからすまんな


    

454:◆pDNQpZkHab0X2014/04/03(木)11:50:22 ID:oLQNV9OAT

みんなごめんな
嫁がやってたのは確かに最低だし、頭沸いてたんだと思う
人間忄生も貞操概念も最悪ってのも分かる

分かるけど、やっぱり嫁が好きなんだよね
ていうか、未だに信じられない感じ
夢の中みたいな感じなんだよ

そんくらい幸せだったし、そんなこと思ってたのが信じられないくらいいい奥さんだったよ

でも、もしかしたら俺狂ってるのかもな
もう少し冷静に考えてみる

このページのトップヘ