• カテゴリ:


前編 後編

185:名無しの心子知らず2010/01/29(金) 23:49:29 ID:DphZlpXy
うわぁ…心の底から乙。
こんなことってホントにあるんだー
3人の関係を壊した報いって何だよ。
お兄さん夫婦も大迷惑だけど、A旦那も気の毒に。


  • カテゴリ:

前編 後編

54:名無しの心子知らず2010/01/29(金) 07:19:40 ID:FAttMho1
敷地内同居の兄夫婦の所から灯油が盗まれた。

犯人が誰なのかは分かっているので母が24をしてる間に、今までの恨みが爆発した義姉が
泥ママ宅に単身突撃かましたと知った母が義姉を止めるべく、子機を捨てて飛び出していってしまった・・・。


あ、犯人が分かったのは灯油を置いてある物置から泥宅にまでそりで引っ張った跡がくっきりと残っていたから。

雪降って消えないようにカメラで撮影済み。
第一発見者が姪と同じ幼稚園に通うママ友だから、絶対に噂で広がるなぁ


前編 中編 後編

556:忍法帖【Lv=12,xxxPT】2011/09/08(木) 12:13:17.34 ID:sDW+XZlQ0
合宿から帰ってくるとまたいつもの天文部の生活が始まった

朝一人で学校に向かい、昼までは部室で勉強
昼過ぎに佐倉先生が来てからは二人でビデオを見たりゲームをしたり
とまぁそんな日々がしばらく続いた

たまに佐倉先生が来ない日は一人で一日を過ごすこともあったが、
俺は気にせずお盆休み以外毎日天文部に通った
友達と遊んだりは特にしなかったけどなんか毎日が楽しかった

一回だけクラスのやつらが集まってるのを目撃した、
なにやら学園祭の準備をしているみたいだった
流石にもう泣くことはなかったけど、俺は忘れていたことを思い出した


前編 中編 後編

217:忍法帖【Lv=12,xxxPT】2011/09/08(木) 01:42:19.09 ID:sDW+XZlQ0
ご機嫌な佐倉先生は続いて図書委員を獲りに行くといって俺を引きずっていった

図書室につくといつもの女の子がいつものように静かに椅子に座っていた
俺はおばちゃんたちに挨拶をしてから、佐倉先生にどの子か教えた
佐倉先生は図書委員を見ると「ああ、なるほど」とかなんとか言っていた

どうやら佐倉先生とその子は知り合いらしかった
まあ、佐倉先生は一応先生だから知っていてもおかしくはないんだけど


前編 後編

121:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/01/28(水) 22:18:15.16 ID:R5HgalyI0.net
遥香先生はゆっくり、喋り始めた。

遥香「俺君…ありがと。でも、ゴメンネ」
俺「俺のこと嫌いになった?」
遥香「ううん。違うの。」
俺「やっぱ、恋愛対象にはならないか…」
遥香「違うの!俺君は大好き!だけど…」
俺「だけど?」
遥香「怖いの…。」
俺「何で?」
遥香「とにかく、ごめんなさい。俺君とは付き合えません。」


このページのトップヘ