怖い話


前編 中編 後編 追記

379: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/02/24(日) 13:24:57
酢旦那は最近、再婚しました……奥さん、料理上手です。 
前奥とのいざこざも分かってて、ちゃんと体の事も考えて毎日お手製弁当作ってくれてる。 

元奥は叔母を泣き落としたあげく半ストーカーになって、しばらく会社の周りうろうろしてたけど。 
再婚の話聞かされて、泣いて叔父夫婦のところに戻ったらしい。 
「もう私は必要ないのね」って。ずいぶん前から必要なかったと思うが。 

酢旦那にここを教えた俺はいまだ卒業できそうにないが。 
コロッケの中にイカの切り身を入れるんだぜ? 
火災の一歩手前どころじゃねえよ、泣きそうだったよ昨日…… 



前編 中編 後編 追記

626: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/09/24(月) 10:54:14
酢旦那なら病院食ですら体重が増えそうだな…。


前編 中編 後編 追記

985: 酢旦那 ◆IoD2vvxsH6 2007/09/10(月) 21:35:09
スレタイにまでなって驚いております。もう名前もこれでいいや… 
嫁抜きで話し合いの予定が、いろいろ嫁のボロが出て来たためそこまでいかなかった。 
ぶっちゃけ、浮気はなかった。でも俺的に浮気の方が良かった気もせんことはない。 
それよりもっと怖いもんが出てきてちょっと騒然とし、俺の親は警察に行けとさっきから電話をじゃんじゃん寄越してる。 
一晩考えさせろと言ったものの、正直迷ってる。 
杀殳人未遂って、何年ぐらい食らい込むもんかな?ピンキリあるだろうけどさ… 

予想以上に、嫁は馬鹿で怖い女でした。 
もう別れる!絶対別れる!  



前編 中編 後編 追記

897: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/09/09(日) 21:11:40
妻と離婚したい決意カキコ。 
俺だけマズイ飯を食わせる、って理由なのが情けないが。 

嫁両親も俺両親も納得してんのに、嫁だけが絶対拒絶なんだよな。 
あとは使えるものをなんでも使うさ。 
とりあえず今日から別居。安心して食べられるメシは上手いよ( ´Д`) 



前編 後編

171:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/06/16(木)
戻りました。

どうすれば良いかを考えている時にふと、ブルーシートの中が気になりました。
作業服の男性.が消えたってことは、もしかしたら、骨が消えているんじゃないか?
それをTさんに伝えてシートをめくって頂きました・・・骨はありました。
じゃあ、作業服の男性.と関連はないのか?また分からなくなってしまいました。
奥様にも促され、一旦リビングに戻ることにしました。
その場で丁寧に合掌をして室内に戻りました。


Tさんも奥様も先程の偶然を想像以上に勘違いされ、
私の事を漫画の退魔師みたいな風に思っている期待感みたいなものがひしひしと伝わって来ました。

私はそういう事が出来る僧侶ではないこと、
先程のことは単なる偶然であることを正直に言いましたが、
これまでのストレスもあったのでしょう、
それでもさっき目の前で出来たから的な解釈をされた様でした。


お茶を頂、改めて整理をしようと提案しました。
まず、去年の夏か秋に骨がみつかり、それから不可思議な音や窓の揺れ、先程の男性.が現れる様になった。
しかも、骨は写真に写り、触れる実体物なのに役場の職員が来た時に限って消えていた。

「他にはありますか?」

Tさん
「あの・・・誰もいない場所から人の声が聞こえることもあります」

「どんな風に、何を言ってるかわかる感じでしょうか?」

Tさん
「あー、とか、うーん、とかそんな感じの男性.の声だよなぁ」
と奥様に同意を求めました。

奥様
「ハッキリした人の会話みたいなのは聞いたことないんですけど動物の泣き声とも違うんです。
主人の言うような人だって思えるような、人の声に聞こえる声なんです」

「で、先程のお庭での件ですが、私には作業服を着ている様にみえたんです。
様にというか、灰色の作業服がハッキリみえました」

Tさん
「私がこれまでみてきたのは、さっき言った通りいつも汚れたTシャツ着てます、なぁ」



前編 後編

87:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/06/16(木)
身近じゃない人に聞いて欲しくて、でも書いて良いのか迷ってます。
九州在住の某宗派の現役の僧侶なんですが、
先日ちょっとビックリした事に遭遇して自分でも混乱してるんです。
需要があれば書こうかとも思ってますが・・・


前編 後編

126:12018/04/30(月) 22:56:40.94 ID:9RwyYjZBM.net
飲み会から帰ってきた~
メンツは会社の社員連中だったんだけど、そこで面白い話を聞いたから書いてみる
俺がバイトから社員になって間もない頃の話だから相当前の話になる

ある日、1人の男の人がうちの会社に面接を受けにやってきた
当時面接を担当していた先輩(今まで何度か登場してる人とは別人)が面接を終えて戻ってきた
手には履歴書と別の紙の束の様な物を持っていた



前編 後編

190: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 2016/06/15(水) 23:08:09.37 ID:ZbB+G9wW0.net
申し訳ありません明日も別のところの助勤要請を頂いたので 
書けるだけ書いて終わらなかったら続きは明日の夜になります。 

続けます。 
「お坊さん、こっち、こっち」
そう言いながらTさんが掘っていた穴(ご自分の下半身が隠れる位の深さ) 
から飛び出したのが見えたので、条件反射でそちらに向かいました。 

Tさん「お坊さん、穴、穴」 

Tさんが穴の中を指差します。
が、何もありません。掘られた普通の空間があるだけでした。 

「どうしました?」 

Tさん「え?あれー?いない?
さっき、あの男が私にむかって拝んでたんですよ、掘った中から、 
私の足元から私にむかって、拝んでたんですよ、
突然出てきて、だから流石にびっくりして」 

「あ、奥さん!」 

私は慌てて奥様の方を振り返って奥様の状況を確認しました。 
奥様は私たちの上、樹の上の方に視線を向けていました。 
私は近付いて「奥さん大丈夫ですか?」と聞きました。 

奥様「はい、大丈夫です、大きな声だしてすいません、
あの・・・さっきまであの樹の上にあの男の人がいて、
それでビックリして声が出てしまって、主人を見てる感じで樹の上にいたんです。 
でも、お坊さんが近付いたら消えていって・・・お坊さん、見えましたか?」 

「いえ、私には今回は見えませんでした」 

奥様「あの・・・天国にいったんでしょうか?」 

「えーっと、天国というのは私たちの言葉ではないのですが、
浄土ですね、極楽浄土って聞いたことないですか?
まぁあれです、言葉はともかく、そうだったら良いですよね 
埋葬終わったら、改めて法要致しましょうか」 

そう言ってあらためて樹をみましたが、特段変わったものはありませんでした。


前編 後編

87: ななし製作委員会@\(^o^)/[sage] 2016/06/14(火) 15:09:19.46 ID:tjAHjknz0.net
身近じゃない人に聞いて欲しくて、でも書いて良いのか迷ってます。 
九州在住の某宗派の現役の僧侶なんですが、 
先日ちょっとビックリした事に遭遇して自分でも混乱してるんです。 
需要があれば書こうかとも思ってますが・・・

このページのトップヘ