後悔

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 中編 後編

390: ◆/liLyH6xBk 2012/03/31(土) 13:03:00.37
以前も書き込ませて頂きましたが
当時はトリ必須ではなかったので本人証明が出来ず申し訳ありません。
お子ちゃま君と名づけられたアホ男の元カノオバサンです。

彼が2ちゃんねるに格好つけた書き込みをして以降
クリスマス、バレンタイン、ホワイトデー、
四季折々の季節の風物詩なみにメールが届いてました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 中編 後編

270: 名無しさん@HOME 2010/07/23(金) 00:28:59
私の元彼が書き込んだものらしき話が
他まとめサイト系で載ってたのを見て、
文章で検索かけたら数個出てきた中でここのロミオまとめにも有り
このスレに辿りついた者です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 中編 後編

531: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/06(火) 13:25:41 ID:aP561zgR
8年付き合ってた前の彼女。
何かと甲斐甲斐しく世話してくれたり
彼女んちに泊まりに行くと言ってもないのに変えの下着やソックス
パジャマまで用意してくれてて、
感謝しつつもオカン的世話焼きにも見えて女としての魅力を余り感じなくなっていた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

768: :2006/12/31(日) 13:16:38 ID:
トリップこうだったっけか…
年内に離婚成立しましたよ~。
元夫はママだいしゅきから「ママのせいで離婚だママなんて大嫌い」に変わっており、
元トメは憔悴してましたね。最初だけだけど。

弁護士さんを交えての話し合いで、
私が元トメにされ、さらに元夫にされた仕打ちを話し、
こういう訳で離婚の意思は固いと伝えた所、付いてきたママに
「だから俺が言っただろう、お袋が悪いんだって!!」と切れるバカ。
「はぁ??アホですか?悪いのは逃げ回ってたあんたでしょ?」
と言うと元トメは一瞬パァァ~っとお花畑な顔になった。
「あんな陰湿で陰険で非人間的な仕打ちをしてる親をほっておいたんだからね、
陰険な人だった本当に」。
証拠押さえられてるだけに反論も出来ずで、バカショボン、バカショボン。

家はローン払ってたのも元夫だし、私には全く必要ないので放棄、
後はさくっと軽めの慰謝料を貰っときました。
確かに言われました。「限界まで追い詰めない方がいい」って。
なので家に関しては
「元夫さんが一生に一度と大決心をして買った家ですから、
それまで欲しいとは言えません。
元夫さんがあの家を買った時どれほど誇らしげだったか覚えてます」
とかしおらしく言ってんの、マヤーーーー!!
元トメ「まぁ…」とか言って親しみを込めてこっち見てきた。
見んなバーカwwwきもいんだよwww

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

218: :2006/10/12(木) 22:24:49 ID:
同居トメとの家から先週末に出て一人でアパート暮らしを始めた。
夫は真のエネミー、嫁トメ問題なんてめんどい、
嫁の訴えはただの愚痴、聞き流せば問題無し、の人。
具体的にはウト急逝、一人じゃ辛いというトメの涙ながらの説得に応じたのだが、
うちに引っ越してきた日、荷物をほどくのを手伝っていたら
「嫁子さぁん…何か一言ない?(ウンザリ」。
聞き出せば「嫁としてトメを迎えるにあたって三つ指突いてよろしくお願いいたしますと言え」。
形だけでもそれが礼儀なのに…とブツブツ。
これはやヴぁい!と思ったが後の祭り。

まず朝の5時に起こしに来て、ひそひそ声で
「いつまで寝てるのっ!」、
突然で驚き、思わず声を上げたら「しっ!息子が起きるでしょっ!」。
そして「早く起きないと、女が旦那様より長く寝てるなんておかしいでしょ」、
そう言ってトメ自身は寝てしまった。
まぁその後も寝たんだけど、
朝仕事前に行く前に目玉焼きとパンを夫と二人で焼いてたら
ノソノソ起きてきて「嫁子ちゃん、朝これだけ!?」。
後で「旦那様に料理作らせるなんて!仕事前なのよ!あなたの片手間の仕事とは違うでしょ!」。

同居してるんだからと洗濯を頼めば
「はぁぁぁ~~…たまには楽したいわぁ……」、
頼んでない、むしろしないでくれと言った寝室や私室の掃除を勝手にして
「嫁子さん、どうしてあなた自分名義の通帳なんて持ってるの!!」。
ちなみに通帳は押入れの中の衣装ケースの中にしまったポーチの中。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


           

700 美和子夫 eVc8IFwJKM  2007/12/16() 02:11:18 0
>>680
すでに引っ越していますから、問題はないかと思います。
生活圏もほとんど重なりませんし。
娘はさすがに転校させるわけにも行きませんし、苦労をかけていると思います。
今は義両親や妻の従妹(大学生)と一緒に生活しています。
何か問題があれば、すぐに連絡してもらえるようにしています
父親として本当にそれでいいのか悩むことはありますが、今はそれ以上のことはできません。
娘からも「お母さんと一緒にいてあげて」と言われていますから、その言葉を信じています。
>>685
私が父親として失格だというならその通りなのでしょう。
しかしその時の私は、目の前にある平穏な生活の方が大事だと思いました。
よくよく考えれば、そんな生活がいつまでも続くはずはないのですが
自分が黙っていればそれで済むのではないかと思ってしまったのです。
言い訳がましいとは思いますが

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


           

607 美和子夫 eVc8IFwJKM  2007/12/15() 03:00:12 0
ここで出てくるのが別グループの主任であるK田です。
私にとっては先輩に当たりますが、もはや尊敬の念は微塵も残っちゃいません。
なのでK田と呼びます。Kはクソでもキムでもキムチでも構いません。諸悪の根源はこいつです。
K田は有名私大を出ており、プライドが非常に高い人間でした。
しかも一度怒り出すとそれが止まらず、一日中机や人に当たり散らしているような人間。
私もK田の下で仕事をしていた時期がありますが、胃がおかしくなりました。
自分でテストもせずに承認して、後からトラブると部下になすりつける。
そのくせ顧客からの要望はなんでも受け入れて、下に全部やらせる。プロジェクトの全体像がまるで見えていない。
結果、スケジュールが破綻する。
無能な上司がデスマの原因になると言う典型のような男です
当然ながらK田は自分を有能だと思っています。
しかし、先の引き抜きの時、この男は声をかけられませんでした。
恐らくそれがK田のプライドを傷つけていたのでしょう。
高卒の私が誘いを受けたことが気に入らなかったようです。
Pが来てからというもの、K田はたびたび私の組の進行に口を出してくるようになりました。
Pからの訴えもあったのか、いくつかの工程を強引にPに割り振り、(困ったことに部長も了承していた)
私もK田が先輩ということもあり、飲まざるを得ない状況になっていました。
その結果、プロジェクトがどんどん遅れてみんな死んでいく
Pはクライアントに対しての礼儀もなっていないので、顧客対応もさせられません。
そのくせ、Pは妙に細かいところにこだわり、仕切りたがります。
「ここは無駄だ」とか「どうしてこんなに手間がかかるのか」
納期があるし、とにかく適当でもツギハギでも動く物を先に組んでしまわないと死にます。
ところが彼はとにかくイチャモンを付けてきて、納得するまでずっと引き下がらない。
だからそのうち面倒になって、「はいはいP君の言う通りだね」と苦笑いで受け流すようになりました。
その結果彼は何を勘違いしたのか、自分が私より優秀なのだと思いこんでしまいました orz

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


           

555  gpnO1sMkfI  2007/12/13() 21:48:58 0
これ?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


           

356 みわこ eVc8IFwJKM  2007/10/23() 11:01:09 0
一週間ぶりぐらいでしょうか
このところ、立て続けて色々ありました
まず、主人は事の顛末を、社長に直訴したそうです
もちろん私と彼の事は伏せているそうです
それで、主人の上司にあたる部長が彼の言葉を間に受け、
それをそのまま社長に報告していたそうです
以前、私に連絡をくれたのはこの部長の奥様です
主人が言うには、この部長が彼の派遣元(?)の企業との
パイプ役をやっている人だそうです
主人が言うには、社長は提携先に連絡し、
何か話がついた、というような感じだったそうです
「喧嘩両成敗」のような言葉が出たそうですので、
おそらく彼にも何らかの処分がされたと思います
あれから、彼からの連絡も待ち伏せもありません
今後同じことがあったら、警察に行くと主人が会社に言ったそうです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


           

23 みわこ eVc8IFwJKM  2007/10/02() 21:07:44 0
次のスレがあったんですね
すみません、気づいていませんでした
スレ立てありがとうございます

このページのトップヘ