彼女


前編 後編

144 :◆vcOZ0g8if7/K2012/03/05(月) 18:38:49.09 ID:SgGaCA2/i
無双がおわり、このあと綾子の家にみんなでむかった。
じーちゃんと綾子はなんか会話が弾んでた。

俺はダメージが回復しきってないので、つかれていた。
とーちゃんはすっきりした顔していた。

綾子の家につき、ドアを開けてもらった瞬間
じーちゃんととーちゃんがジャンピング土下座をしていた。

俺「え、ちょ・・・・」

無言でひきづりこまれた。

おとうさんもおかあさんも唖然としていた

おとうさん「とりあえず上がってください・・・」

あれ?いま若干笑ってたぞ

リビングでみんなで話をした。



前編 後編

156: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15(火) 02:16:59.57 ID:RDsZiUGD0
血の気の引く俺と有吉、やっぱりきたかと笑顔を絶やさない大木。 
有吉に俺が出るわと一言いって大木が電話に出る。 
気が利くやつだからか、流石というか出た瞬間に大木は携帯を真ん中に置きスピーカーホンにした。 
電話の相手は男Aだった。

男A「おい、お前ら自分たちがやったことわかってんだろうな。マジで杀殳してやるからな。」 
大木「脅迫罪ですか?勘弁してください、なんの話ですかね?」 

あくまで強気で相手を馬鹿にする大木。 
内心きょどる有吉と俺


前編 後編

1: 名も無き被検体774号+ 2012/05/15(火) 00:26:22.65 ID:RDsZiUGD0
社会人になって二年目 
この前友達が留年を超え卒業、最近その話をして懐かしくなったから話したくなった。



前編 中編 後編

402: 最低人類0号 2017/05/31(水) 01:21:13.10 ID:RhZsoHMu0.net
ほんとなんの仕事してるんだろう… 
スーパーの店員だってもう少し知能ないと出来ないだろうよ… 
作業所でパンかクッキー作る人なのかなあ?


前編 中編 後編

287: ワガママな彼女 ◆WHo6UDkF7Q 2017/05/26(金) 09:44:14.88 ID:pRSAEOZQ0.net
おはようございます。
沢山レスがついてて驚きです。 
帰ってきたら返事した方がいいんでしょうか?
帰宅したら一応来てみます。 
それじゃ行ってきます。



前編 中編 後編

36: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 16:43:51.92 ID:nBlRVbzB.net
俺の相談も聞いてもらえますか? 
あと初心者だからよろしくお願いします。



前編 中編 後編

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/23(水) 00:04:09.27 ID:jrHVG5rJO
みなさん、こんばんわ。 
三回目のスレ立てです。 

前回はすぐに落ちてしまって、申し訳ありません。 
あれを書いた日の翌日に色々あって、すぐ寝てしまいました。
(いま思えば、寝ますと一言言うべきでした。保守して下さった皆様、すいませんでした。) 

今回は書き溜めた物を投下する流れでいきますので、遅レスも大分緩和されると思います。 
ってか、初めからこうするべきでしたね。
(最初の頃は、まさかこんなにレスがついてくれるなんて思わなかったんです・・・・)
いつもイライラさせてしまってた方、すいません。 

今回のお話は、怖い、というよりも、不思議な話です。 
そして、珍しく「僕自身」が本格的に巻き込まれてしまった霊障事件の一つでもあります。 

時系列的には、 
「武家屋敷リヘナラドール事件」があって、
「カラオケの男の子事件」があった、さらに後の話です。
ていうか、結構最近の話。 

タイトルをつけるとするなら、「阿部さん事件」・・・とでもしましょうか。 

あんまり怖くないかもですが、
「ああ、霊の世界て、そんなこともあるんだ」みたいな感じの話です。 

それでは、いきます。


前編 中編 後編

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 21:29:38.77 ID:niKa1aMYO
おとといスレ見てくれてた人、こんばんわ。 
霊感彼女の、彼氏です。 

おとといは、俺が寝てる間に信じられないくらいレスが伸びててびっくりしました。みなさん、ありがとうございました! 

てか彼女、レス頑張りすぎwwwww 
しかも俺の恥ずかしい過去まで垂れ流しwwwww 
霊感カンケーないしwwwww 
でも、まあ、彼女も、いろいろ書きこめて楽しかったみたいです。



前編 中編 後編

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/19(土) 20:10:40.29 ID:6SmcaV1AO
俺の彼女はすっげえ霊感の持ち主。 
俺の部屋に、「子供の霊がいっぱいいる」っていきなり言い出したから、 
俺が「えーウソやーん!」って言った。 
その瞬間、何も触ってないのに、いっきなりテレビの電源が入った。 
彼女「ほら!!!!」 

なにが「ほら」だ 

しかも、そのあと、テレビのリモコン探したんだけど、どこにも無い。 

やっとの事で見つけだしたら、机と棚のすきまに落ちてた。 

普段部屋ん中での俺の行動的に、そんなトコにリモコが落ちてるなんて、絶対にありえないんだよ。 

恐すぎて半泣きになる俺。 

そしたら彼女は、「悪い霊じゃないんやから、怖がったりしたらかわいそうやろ?」だって。 

無理だよ、こえぇよ・・・・・

このページのトップヘ