地獄


前編 後編

418: タバコ ◆lprVMltXk2 2007/06/15(金) 21:01:25
糞面白くなく不愉快な一日だった。 
壁一枚で仕切られた相談室?で俺はバカどものくだらん話を聞かされ、時には大声をだし 
たくまた暴れだしたくなるのを必タヒで耐えていた。
何度も出て行こうかと思った。 
今こいつらの証言を思い出しながら書いているが正確に書ける自信がない。だが書くよ。

妻と本命との関係は若干日時が狂っていたが妻から昨日聞いた通りだ。
本命は妻と結婚すると言いはってきかない。
何度も殴ってやろうかと腰をうかしたことか。
慰謝料に関しては妻と結婚できるなら一生かかっても返すとバカなことを言って弁護士から説教されるありさま。
結局来週に二人同席で話し合う機会をもうけその席で結論を出すことになった。 

そして最後はGオヤジだ。
この男はあっさりと妻との関係を認め内容証明にうたってある項目を無条件で承諾した。
問題は妻とGオヤジの証言が食い違っことだ。
妻の証言では半ば脅迫に近く関係を強要されたがGは同意の上だと主張。
これも二人同席でと思われたが何故かGが主張を撤回し誓約書に署名捺印、慰謝料全額を期日までに支払うとこれも署名しあっけなく終了(途中で弁護士より状況説明があり和解を承諾した)。 

妻は本命との関係、経緯を説明、続いてGの件を求められると、「主人は知っているんですか?」と弁護士に確認し弁護士から知っていると伝えられると、泣き崩れていた。 
弁護士から「全てを正直に話すことが夫に対する罪の償いですよ」と言われGとの関係を 
告白した。 

あとは何書いたらいいかわからん。
遠慮なく質問して。



前編 後編

784: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/08(金) 10:56:48
5階のベランダでタバコ。 
車が止まる。白のパンツ女がおりる。手を振って車を見送っている。 
時間は24時を過ぎ。 
数分して白のパンツ姿の女房が帰ってきた。 
こんな光景が毎週見られるようになってきた。 
興信所には依頼済みだ。明日の報告が待ち遠しい。 
すでに覚悟は出来いる。待ってろよ、地獄を見せてやるから。

このページのトップヘ