344: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/02(日) 09:42:04.95
Xからの襲われ被害が本当にあったのなら、不倫っていうより 
セー的暴力後の自己破滅的なセー的逸脱行為では? 

医者の立場から見てどうなのこれ? 
カウンセリング等。



     

735: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/01(土) 13:54:01.57
嫁は田舎で農業か。これからも沢山行為できそうで良かったじゃない。義兄がいるからダメかw


     

832: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/30(木) 22:02:26.49
流れを切るようだけど、島流しさんそろそろ嘘話はやめたら。 
嫁さんの勤務先の話を聞いた頃からなんか変な感じになりました。 
医療法人でも、社会福祉法人でも職員の解雇案件は理事会にかけるはずです。 
結果として懲戒解雇にするにしても、当日解雇するなんて聞いたこともありません。 
自宅待機ののちさかのぼって解雇するのが普通です。 
嘘話で盛り上がってますが、虚言癖があるのは嫁さんでなくあなたでしょ。


     

469: 島流し ◆c61uTxb1lA 2014/01/30(木) 14:13:14.05
V3父から弁護士事務所に入電だそうです。 
V3父:内容照明郵便を拝見し、息子を仕事から呼び戻し詰問したところ、事実である事を確認しました。取り急ぎ島流しさんに謝罪いたしたくお電話をさせていただきました。 
弁:依頼人はV3氏の謝罪は受け入れる意思を持ち合わせておりません。当職の通告に応じる意思があるのか、それとも訴訟をもって解決されるのか回答のみお聞かせいただきたい。 
V3父:もちろん応じます。 
弁:であれば早々に指定口座にお振込いただき、かつ御来所いただき、示談書に署名捺印をなさっていただきたい。 
V3父:明日午前中に振込をし、午後から伺います。 
弁:承知いたしました。午後三時でいかがですか? 
V3:かしこまりました。 

V3は父親の会社で塗装工をしており、元請け会社の現場で妻と青カンをしているので、正位ある回答が無い場合、元請け会社へ事実を公開すると通告していました。 
それを恐れ、V3父は迅速に動いたと思われます。 

V3に行った通告は、慰謝料500万円、職務の自粛6ヶ月間、妻と私への接近禁止および連絡の禁止。 
違約時は追徴+150万円 
以上を公正証書とすること。


     

297: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/29(水) 18:16:28.98
本日の妻は夜勤と言う名の不倫 
もう限界なので、未記入の緑紙を置いて家を出ました 
後処理は弁護士先生にまかせて、2/1から離島で欠員が出るのでそちらに赴任します



     

47:野菜痛め ◆P99eWiLxHk:2008/05/30(金) 17:09:54.42ID:am3vv.E0
こんにちわ。 皆さん色々と考えていただきありがとうございます。
正直、分からなくなってきた。海外勤務には行こうと確定しました。
半年待ってもらって、その間に何かあるようなら、
それまでなのだと思うことにしようと思っています。
の間は婚約という形が良いと思ってもいます。
そして、その後、勤務が長引くようなら、
きちんとした形を作り、一緒に来てもらえればと思っています。
妹がそれとなく聞いた限りでは、
2人が離れ離れになることでもっとも気にしているのは
俺の心身両面の状態を見れないこと
(入院中の胃痛や心療的なことや
もろに1月からの離婚関連でのフラバやトラウマなど)らしい。
ものすごい心配しているらしい。
彼女自身も俺と弟を重ね合わせている部分もあるようで、
離れたら悪いことがあるって気持ちが払拭できない雰囲気もある。
実を言うと、彼女の上司である婦長さんから昨日電話があり、
明日にもでお時間いただけないでしょうか?と言われました。
婦長さんには入院中に色々とお世話にもなり、
母と同じくらいの年齢もあって、相談もしやすかったので、
その伝手で連絡してきたようで。 たぶん、彼女のことだと思っています。
今日、19時頃にお会いすることになっています。
更に、先ほど、前の嫁から電話が再度入っていました。
留守電にも。まだ聞く気になれません。
前ほど動揺はしなくなりましたが、心がざわつくいやな感じがします。


     

759:野菜痛め ◆P99eWiLxHk:2008/03/24(月) 11:17:44.82ID:KTGChRw0
皆さん、お久しぶりです。帰ってきました。
とりあえず、あまり長くネット出来ませんが、
書き込んだりも出来そうなのでチャレンジしています。


     

788:野菜炒め ◆P99eWiLxHk:2008/01/25(金) 15:08:03.69ID: 6hPdlxc0
少しだけ報告することが出来たので書きますね。
下の兄の先生が、経過が順調だし、
胃痛を訴えることもなくなってきたので、もう少し様子を見て、
何もなければ自宅療養もいいかもしれないって言っていました。
思ったよりも早く動けるかもしれません。
これもいつも笑わせてくれている看護婦さんのおかげだと思います。

このページのトップヘ