同居

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

432: 名無しさん@お腹いっぱい。 ::2009/02/02(月) 03:31:10 ID:
> 自分の別れて暮らしている父に相談しようかと思っていますが、
> それはどうでしょうか。

無駄。いうか理由があって別れた父親呼び込んだら
母が可哀想じゃないのか?
嫁だってなんでいまさらこの人が出てくるのと反発するだけだろう。

他力本願でなくて自分で解決しろよ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

364: i60-34-157-52.s02.a014.ap.plala.or.jp ::2009/02/02(月) 01:56:47 ID:
検索でこのスレにたどりつきました。
初心者ですので間違いがあったらご指摘ください。
ちがっていたら他のBBSに誘導してください。

◆現在の状況
 妻が怒っていて、離婚だと言っている。
 反省して謝るなら許してやるとも言っている。

◆最終的にどうしたいか
 離婚はしたくないのだが、謝りたくない。

◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
 32歳 会社員 年収はそれなり

◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
 25歳 フリーランスの仕事 年収は知らない

◆家賃・住宅ローンの状況
 妻の親が建てた2世帯住宅に住んでいる。

◆貯金額
 約300万円

◆借金額と借金の理由
 なし。

◆結婚年数  3年

◆子供の人数・年齢・忄生別 なし

◆親と同居かどうか
 妻の親と二世帯住宅での同居

◆相談者と嫁の離婚歴、あればその理由
 離婚歴はともになし

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

959
:橋本 ◆vJvqVGYBCE2007/01/24(水) 16:24:32
アパートを借りるにしてもそれは妹と話して決める事ですよね。
今、話ができるような状態ではないので少し落ち着いてと思ってるんです。
姪まで殴られてるんです。まだ震えが止まらないような二人を前に
よく出て行くようになどという話が出るなと思うんです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

927
:橋本 ◆vJvqVGYBCE2007/01/24(水) 15:56:05
相談にのってください。
自分は43歳の会社員です。妻は39歳、16歳になる息子がいます。
私の父は他界し母親69歳と同居中です。同居して約4年になります。
実は、昨日、私の妹37歳が夫による暴力で14歳の娘を連れてこちらに逃げ込んできました。
これから離婚にむけて話し合いをするのですが、身を寄せる場所もなく
こちらにしばらく置いて欲しいと言われました。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

437: ロバーツ ◆Wxt1/3h4V. 2008/03/11(火) 13:12:04
いよいよわからなくなってきてきてしまった。
短時間で思考巡らせすぎたからだろうか?
この提案で切り捨てられるとしたら、どの提案ならよいのか、
実家寄りじゃないのか、ポジティブじゃなく考えたら離婚が嫁にとって最良かもとか、
そっちの方にしか結論がいかない。

娘は四月から小学校。もう決まってます。
今から探せば違うところに入れると思います。
弟は、無神経です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

303: ロバーツ ◆Wxt1/3h4V. 2008/03/11(火) 11:51:37
俺:30歳、年収700万弱、酒タバコ有、ギャンブルDV借金無、浮気過去有
嫁:30歳、年収800万弱、タバコだけ有
結婚暦8年、子供一人6歳女
現在俺の祖父祖母父母弟と同居
悩み:嫁が同居解消できないなら離婚だと言っている
最終的には離婚したくない。でも親と別居もしたくない。

嫁はファッション関係の仕事をしていて、俺からみてもやりがいのある立場にいると思う。
センスはやはり関心するほどで、俺もプリティウーマンの如く変身をとげ、初対面でもできる男と見られる風貌になったおかげか、
それが仕事面で有利に働いていると自覚がある。
ファッションに関しては嫁はとてもこだわりを持っている。

結婚当初は嫁と二人で暮らしていた。
子供が生まれた後もシッターを雇って嫁は仕事を続けた。
同居することになったのは実家が「シッター任せなんてかわいそうだ」と干渉してきた事から。四年前から同居している。
二世帯住宅ではないが風呂トイレ部屋数は複数ある家。

別居したい理由は、親が子供の服を買って着せるのが我慢ならないから。
俺も嫁も再三親に言ったが改善されない。しかし子供も物心がついていて実家になついている事から別居は避けたいと俺は思っている。

ちなみに親は嫁の仕事に関しては理解している。
親も嫁スタイリングを受けてから大分評判が上がったらしく喜んでいる。
しかし子に服を買い与えるのは、初めてのかわいい女の子だから嬉しいのでやめたくないとの主張。どうすればいいか悩んでいる。
仕事の片手間に打ち込んでいるので、スムーズにレスできなかったらすみません。お願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

658
:はじめまして名無しさん 2014/10/01(水)12:18:17 ID:???
昨日634で、義兄との同居について相談した者です。

後出しで申し訳ないですが、
ストレスが体調に現れ今週に入ってから仕事を休んでいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

637
:はじめまして名無しさん 2014/09/30(火)18:42:15 ID:???
義理兄との同居について、
相談というか、ご意見を聞きたいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

468:クルッポー ◆EhbESdO2RM2007/09/22(土) 20:47:15

すいません、トリ忘れたんですけどほんものです。

夫が勝手に二世帯を建てるウトメとの同居を決めてきてしまったという…
離婚しましたよ、やっと。

夫はずっと謝りっぱなしだし、多少心は動きましたが
なんと言ってもすでに冷めてる所に、何もわかってないウトメが突っ込んでくる。
ウトメの「悪いのは嫁で俺たちには何の非も無い」というスタンスは最後までそのまま。
それどころか「物分りの悪い嫁の性.根をたたき直すのは俺たちの義務!」って感じだったかな。

「親子と言う関係は今も昔も、世界中どこへ行っても変わらない」
から始まって、

「つまりどれほど世の中が変わろうとも嫁は夫と舅姑に仕えるべきなのだ」
で終わる。ハイハイワロスワロスと。

「ではそういう封建的な家庭制度に満足できる女性.を**家の嫁として迎え、
改めて跡取りである息子さんと祝言をあげては?」
と進言したら
「そうしたい所だが、息子がお前を傷物にしてしまった以上、
責任を取ると言い張っている為できない。
思慮深いとしか言えない、我ながら良い息子だ。
ここまで言ってくれてるというのにお前は一体何を考えてるんだ!」
このウトは「レ*プはすべて女の責任、男は女に誘惑された被害者」という考えの人で…

夫がどれほど反省し、両親をけん制しても突撃かまして
「**家の嫁の心得」だの寝言抜かすから話にならず、
「親とは縁を切る」と言う夫に
「じゃあ今すぐ北海道あたりに新居を見つけて、転職して、引越し先を教えない事」
と言うと「今すぐはちょっと…」と言葉を濁す。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

956:名無しさん@HOME2007/03/31(土) 14:06:58

今度ウトメ宅がリフォームするらしいんだけど、内容が中々の豪華版。
しかも完全同居の義兄夫婦も色々もめてたんで半二世帯に。


完全同居よりはまあマシになるんじゃないかと…

だけど何だか私に意見を求めてきたり、図面とか間取りとか色々聞いてくる。
あまりにも恐ろしくてその場では聞けなかったので、
ウトメ帰ってから夫に聞いたら義兄夫婦逃亡してますた。

初耳で、「何で黙ってたの!」と言ったら「言ったと思ってた」、って言ってない!!
義実家で私達夫婦と同居する事になると勝手に決められてたorz
家は今マイホーム資金貯蓄中で、それを半二世帯につぎ込む予定とか言ってるし…
なんで人が汗水たらして作ったお金をウトメのドリー夢ing老後ハウスに!!

「父さん達と一緒に建てれば、それだけ資金的にいい家になるでしょ?
それに早くマイホームが欲しいって言ったのおまえじゃんか」
「マ!イ!!ホームだよ!こんなのマイホームじゃないよ!」
「さっき間取りとか見ていいですねーって言ってたじゃん!」
「他人の家だからだよ!それ以外言えないでしょ!」
「他人て言うなよ!俺の親なんだぞ!そんなに嫌いか、俺の親が!」
「他人だよ!血の繋がりなんてこれっぽっちも無いんだよ!」

しばしケンカした後、ちょっと疲れて冷静に
「一体いつそんな話になったの?」って聞いてみた。

そしたら「電話が来てどうか、って聞かれたからいいよって言った。
その方が俺達のためだと思ったから。

言うのが遅くなって悪かったけど、まさかこんなに俺の親を嫌ってるなんて知らなかったから」

別にすっごい嫌ってるわけじゃないんだよ…。
お前の言い分に脱力だよ…orz
妻を連れて逃げた義兄さん…GJだよ…私も連れてってくれ…

このページのトップヘ