修羅場

153: 恋人は名無しさん 2009/03/14(土) 14:01:22 ID:hNQrpD+dO
去年の話なんですけど文章がまとまり次第順次投下します

A子 俺彼女
浮男 A子の浮気相手
友人数人

A子と付き合って二年、同棲はじめて半年くらいのころです
俺は平日仕事で日曜日休み、逆にA子はシフト制のパートで日曜日が忙しく、平日が休みなので中々休みがあわなかった
それでも同棲してるから俺は気にしてなかった
ある日A子から仕事中にメールが来た
「さびしいぞ~浮気しちゃうぞ(はぁと)つかれたー」
普段からふざけた内容のメールを送りあってた仲なので「疲れたならゆっくり休みなよ」と返してその時は気にもとめてなかった



107: 恋人は名無しさん 2009/03/13(金) 11:56:22 ID:Mf8T8r6aO
彼氏と4年付き合っていずれ結婚しようと話していたのに浮気していたのがわかった。
なんか怪しいと前々から思っていたので、彼氏が会えないと言った日に彼のマンションに突然訪問。
最初居留守を使われたが作っておいた合鍵があるので部屋に入ると知らない女がいた。
やっぱりか、と思うのと怒りと悲しみでいっぱいになって彼氏を殴った。
彼はポカーン、浮気相手は「なんなの!誰!?」とキレた。
なんか咄嗟に証拠!と思って現場を写メる私。
浮気相手ブチギレたあと彼氏に「どーいうこと!?」と詰め寄った。
彼氏は真っ青になりながらしどろもどろ。
急に冷静になった私が彼氏に詳しく説明するように促した。
それでわかったことは、2年前から浮気をしていたこと、浮気相手は私の存在を知らないこと。
どっちも同じくらい好きだけど、私のほうはお互いの両親と仲良いから私を選ぶとかぬかしやがった。
浮気相手は大激怒したあと号泣して部屋を飛び出して行った。


953: 名無しさん@HOME 2012/09/04(火) 10:34:46.70 0
アラサー女の下話&私が無知なだけかも知れない話の、一応修羅場


数年前、仕事の休憩時間にトイレを済ませて、紙で股間を拭いていると何やら変な感触が。
ブニブニとした感触に、紙を見ると、微かに血。
でも生理は先週終わったばかりで、周期も超順調。血の色もなんか違うっぽいし…と怪しんで、
思い切って指でその部分を触ると、やはりブニブニした感触。

またからなにかがはみ出てきてる……!!!!

この前後、彼氏も数年なく、胎児とか精液とかそういう物の可能性もない。
だったらなに??このブネブネした物何…!??
脱腸…は肛門か…場所が違うよね、とかパニックになり、友人(妹が看護師)に電話。
説明したら、まぁ、年齢的におりものとか、そういうものが出てくる事もあるし、痛くないなら
大丈夫(癌とかそう言う症状じゃないと言う意味)じゃないのかという返事。
とにかく一度病院に行った方がいいよ、と助言を受けて、少しほっとする。

で、何を思ったのか自分、もう一度トイレに戻り、「悪い物でないなら、ぶら下げているのも
気持ち悪いし…」と、指でその部分を思いっきり引っ張ってみた。
グググ、と伸びるそれ。
暫くすると、ブツ、という感触と共に、それが取れた。
観察してみると、なんだか親指大くらいの、ブネブネとした半透明の何か。
しかもそれを引きちぎった後、止まらない股間からの血。
慌ててナプキン付けるが、1時間持たずに血まみれ。
再びgkbrとなるも、数時間それが続いていたが、退社して自宅戻った頃には血も落ち着いてた。
一応ブネブネは持ち帰ったが、気持ち悪くなって結局ゴミ箱in。


914: 名無しさん@HOME 2012/09/04(火) 07:24:39.38 0
昨日あった修羅場。

前提として、私は大学生で寮に住んでおり、そこには日本人と留学生が1:1くらいの割合で住んでる。

同じ寮に住む日本人のAちゃんは、韓国があまり好きではない。
とは言っても話しかけられれば気さくに答えるし、自分からはあまり積極的に絡まないくらい。

そのAちゃんに韓国人のB君がべた惚れ。
上の理由からB君にあまり話しかけないAちゃんを「奥ゆかしい清楚な日本人」と認識したらしい。

B君は毎日メールと電話、下品な話題、セクハラをくりかえし、それを煽る友人、
そこに最近の日韓の問題もあり(B君はよく領土問題について主張してる)、AちゃんはB君と距離を置こうとするが、
B君は深夜にAちゃんの部屋へ行きチャイムを鳴らし続けたり、自分の授業を休んでAちゃんについて行ったりする。

最終的にAちゃんは大学に相談して、後期から寮を出ることになった。

昨日送別会をしたのだが、酒を飲んだB君がAちゃんにセクハラや暴言、反論したAちゃんを平手打ちするなど
送別会どころではなくなってしまった。

AちゃんにとってはBくんにアプローチされ始めてからがずっと修羅場だっただろうし、
寮のメンバーにとっては今日の送別会でAちゃんを守ろうとして殴られたり国をバカにされて険悪になったり、
ひっくり返されたお菓子とかを片付けさせられたりするのが修羅場だった。


675: 名無しさん@HOME 2012/09/01(土) 00:00:39.74 0
三軒並びの住宅街で、うちが1で核家族、隣が2でお爺さんの独居、3が大家族のお宅。
3のお宅は犬を飼ってるんだけど、たまに雷の時に遠吠えしたり花火の時に吠える位の大人しい犬。
うちのトマトとゴーヤが豊作だったので、2と3のお宅にお裾分けに行った。
2はお留守だったので、3のお宅に行って世間話をしていたら珍しく犬が吠えた。
初めはワンワン、だったのが段々激しく吠えだして、しきりに2のお宅に行こうとする。
もしや留守宅の2に泥棒?!と、3の家族と一緒に2のお宅に行ってみた。
家の周りをぐるりと回ったら、お風呂場の窓が開いていた。
3の旦那さんが中を覗くと、2のお爺さんが全裸で倒れていた。
急いで救急車を呼んで、お爺さんは助かった。
脳溢血だか、脳卒中だかだった。
私が2のお宅にお裾分けを持っていった時にはもう倒れていたらしい。

いつもは可愛い3の犬が、完全に野生に返った顔で吠えていたのも怖かったし
救急車が来るまで、電話で指示されて脈を確かめたり身体が冷えるのを防ぐためにタオルをかけたりを
「絶対に頭を揺らさないように」するのが、もし揺らしちゃったらどうしようとgkbrだった。


533: 名無しさん@HOME 2012/08/31(金) 08:42:23.17 0
書き込み失礼。
修羅場というか…。
朝目が覚めると全く知らない場所にいた。
結構豪華な部屋に豪華なベッド。
3人並んで寝れるんじゃないかっていうぐらい広いベッドだったのを覚えている。
「起きましたか?」
と知らないおじさんが起こしに来て、これまた広い廊下を歩いてリビング?に。
大きなテーブルには高そうな食器にきれいに盛り付けてある数々の食べ物。
そこでやっと頭が覚醒してパニックと不安で自分号泣。
慌てふためくおじさんとどこからかやって来たご夫婦。
何故かご夫婦に手をつながれて抱きしめられると落ち着いた。
結局一日その家にいて普段とまったく違う一日を過ごした。
次の日起きると自分の部屋で寝ていた。
自分は一日限定で誘拐されていたらしい。
不思議な話?として地方紙にも小さく載ったぐらい。
一日子供がいなくなった両親たちが修羅場だったと思う。
その後の詳細は全く持って不明。
どれも寝ている時に移動させられていて住所はわからず。
警察も動きようがなかったみたい。


438: 名無しさん@HOME 2012/08/30(木) 12:11:04.40 0
この流れで思い出した修羅場
自転車で片道30~40分(信号次第で変化)の高校に通っていたが
ある日の帰り、タイヤがパンクして、それでも根性で自転車こいで帰って自転車屋で修理してもらった
翌日もパンク…というか、いくら入れても空気が抜けて入らない状態になって、また修理(昨日の今日と言うことで代金タダだったが)
その翌日も同じ状況だったので「もうタイヤ替えてください」と言うも「大丈夫大丈夫」と修理される(代金はタダ)
さらに翌日も案の定……さすがに強硬に出てタイヤ替えさせた…他に自転車屋があればこんな店行かなかったのに…

この程度ならまだ大したことはないんだが、このとき実は食あたりでおなか壊しつつ、38度の熱をおして通学中
そんな状況なら休めと言われそうだが、運悪く定期試験中だったので頑張って毎日自転車こいでた
最後の方は熱は下がらなかったが、下痢と吐き気が止まっていたので快方に向かっていたと思っていた
でも、テスト翌日に病院に行ったら救急車で運ばれて入院することが即決定
入院先の病院で出た結果は「サルモネラ食中毒」で、下痢と吐き気止まっていたのは内蔵がほぼ停止していたため
入院中、ついに40度を超えたり、大量に下血したりしたがそれでも回復したのは奇跡的とのことで
もうちょっとで、定期テストのために人生中退するところだったよ……


267: 名無しさん@HOME 2012/08/29(水) 16:12:10.43 0
じゃあ、夏になると思い出す修羅場

ある暑い日、ふと自転車で幹線道路沿いに一時間くらいかかる場所のDSに行こうと思い立った自分。
田舎住まいなので点在する店以外はろくに何もないような場所。
道中はぽつぽつとある民家とほとんどが田んぼ。
行きは何事もなく着いて店内を物色し、日焼け止めコーナーでそういえば汗で日焼け止め落ちてるかなーと思い
その年流行りはじめてたスプレー式日焼け止めのテスターが目にとまったのでそれを顔にプシュー

メガネはずすの忘れてました…。

真っ白になる視界にあわあわししながらメガネをはずしてポケットに突っ込み
誰も見てないのを確認してあんまり恥ずかしくてそのまま平静を装って店を出た。
真っ白になったレンズをごしごし落とそうとしたけど下手にウォータープルーフだし全然落ちず
自分は極度の乱視近視で視界ぐにゃぐにゃだし遠近感なくて気持ち悪い
なのに裸眼でトラックがゴーゴー音をたてて通りすぎていく幹線道路を走った帰り道は
無事に家に着くまでかなりの修羅場でしたとさ。
何とか辿りついた時は自分の馬鹿さに泣けた。
すごく怖かった。


215: 名無しさん@HOME 2012/08/29(水) 12:13:33.84 0
話題は全然違うけど…
夜、サークルの帰りで少し遅くなり夜道を歩いていると
後ろからいきなり抱き着かれて「君、これからどこか行こうよ」と知らない男の人。
驚いていると手を引っ張り車へ連れ込もうとする。
咄嗟に「自分、男ですけど!」と行ってしまったけど「またまた、嘘をついてはいけないよ」と聞く耳持たず。
力では勝てず車に押し込められ、服を脱がされた。
上半身をすべて脱がして、私のブラジャーを見ると男の人は悲鳴を上げて車を発進。
その時自分は紐で座席に縛り付けられて身動きとれず。
男が向かった先は近くにあった交番。
「この俺をだました!」「抱き着いた感じではHカップだった!」「けど胸がHカップ以下だ!」と叫ぶ。
男の人、かなりの巨乳好きだったらしくそれに達していない私は論外、人間じゃない!ということらしい。
結局自分で交番に行ってくれたおかげですぐさま逮捕。自分は事情聴取された後に親が迎えに来てくれた。


168: 名無しさん@HOME 2012/08/29(水) 07:43:16.73 0
もうすぐ父方の祖母の49日なのでカキコ。
ちょうど1か月前、父方の祖母が85歳で亡くなった。
85歳なのに、目もいいし、耳もいい。
しかも、脳卒中で倒れて要介護がついたのに、その数年後に要介護が無くなったというハッスルばあちゃん。
その、祖母の定期預金を相続するのに、父が役所をかけずり回ってた。
話を聞くと、生まれた時からの戸籍謄本が必要みたいで、群馬生まれのばあちゃんの群馬の戸籍謄本を取り寄せをしようとした時、
「離婚されてますけど」との言葉。
これには父もびっくりだったらしい。
ばあちゃん、24歳の時に一度結婚して女の子を産んでた。
しかも、その2年後に協議離婚して、その子は父親に親権が移ったらしい。
生きていれば父より11歳上の種違いのお姉さんがいた事になる。
その事実を知った時が我が家の一番の修羅場だった。
その当時、離婚するのは大変だっただろうに…
ばあちゃんは墓場まで持っていくつもりだったんだろう。


このページのトップヘ