不幸


前編 後編

489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(dion軍) 2008/09/17(水) 04:30:10.04 ID:Ld8phRIu0
ちなみにwwwwww俺今年22歳wwwwww妹高3wwwwwwwwwwww 
爺ちゃんバイトwwwwwwwwwwww 
母さん入院中wwwwwwwwww 


本当wwwww母さんって偉大だよなwwwwwww 
母さんwwwwwまじ鋭くてwwwwwwwwwwww 
「あたしが居なくなってもwwwwwwww大丈夫wwwwwww里美(仮妹)と裕輔(仮俺)がwwww 
一緒に居ればwwwwww爺ちゃんを守っていけるしwwwwww家も任せられるwwwwwwwwwwww」 

俺とwwwww妹wwwwwww号泣wwwwwwww 
まじテラハズカシスwwwwwwwwwwwwwwっうぇ 



爺ちゃんと主治医が入ってきてwwwwwwwwwww 
病名を告白wwwwwwwwwwww 
母さんwwwwwwwww予想通りといわんばかりにwwwwwwww 
頷いて一言言ったんだwwwwwwwwwwwww 

「大丈夫wwwwwww戦いますよwwwwwwww」 

まじ母さんテラツヨスwwwwwwwww




前編 後編

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(dion軍) 2008/09/17(水) 02:35:51.20 ID:Ld8phRIu0
母さん入院してるしwwwwwww 
親父いないしwwwwwwww 
仕事しながら夜間の大学行ってたけどwwwwwwww 
俺の給料じゃ授業料払えないしwwwwwww 

金が無いからもう学校いけないwwwwwwww 
まじわろすwwwwwwwwwwwww

887: 名無しさん 2006/05/17(水) 12:03:51
披露宴で人前式をやった友人。
長く白い布が敷かれたバージンロードを歩き…と思ったら
前のほうにいる親族のグループから
なんと、ハイハイしながら子供が出てきた。

どうして子供が床でハイハイして歩いているのか理解できず。
普通は親の膝上か、抱っこされてるだろうに。

こどもは白いバージンロードの上に
ヨダレをたらし、ニタニタと笑ってる。
すぐにスタッフが対応してくれたけど、それと同時に
親族が「あらあらぁ(笑顔)」と
数名その子供に駆け寄り、どけるように仕向けたが
バージンロード踏みまくり。

新婦は笑顔振りまくりで気付いていないのか
ドンドン進んでくる。
ヨダレと足跡を拭くスタッフにやっと気付き
「いやっ!汚れてる!!」と今更気付いてた。


子供の親は
「この子が新郎新婦を幸せへと誘導してくれたわ~うふふ」


サムかったというか
カワイソ


914: :愛とタヒの名無しさん 2006/06/17(土) 11:49:22
不幸な結婚式というか、私が不幸だった結婚式。

結婚式でガキが騒いで迷惑だったという話は良く聞くが、
わざわざガキを呼び集める人もいる。
もうかれこれ20年くらい前の話だが、母の腹違いの姉関係の
見た事も聞いたことも、もちろん会った事もない人から結婚式の招待状が私の
両親あてに届いた。
目当ては私。
どうも、新婦さんは「盛装した小さい子(男女各1名)に花束を渡して貰う」という
事がしたかったそうだが(確か、新婦さんはピアノの先生か保育士さんだった
様な気がする)、親しく付き合ってる子は男の子やもう大きい子ばかりだったらしい。
そこで私に白羽の矢がたった。

当日、両親+私で出席。(兄弟は留守番)
もちろん、私の分のフレンチのフルコースが用意されている訳でもなく、
母ちゃんのを半分分けて貰う、子供ながらに惨めな状態。



836: 愛とタヒの名無しさん 2006/06/12(月) 20:52:14
先月あった友人の結婚式での出来事。
新郎、新郎両親、兄弟全員普通のサラリーマンなのに、新郎妹が典型的なヤンキー。
聞けば元レディースってやつらしい。着ているドレスが少々水商売っぽかった
ところはあったけれど、最初は特に問題は無かった。

だが、披露宴が始まり酔いが回ってくると彼女の暴走が始まった。
椅子に立て膝を付いて、手酌で酒を飲み続け、止める兄弟を振り払おうと暴れる。
まるで酔客が乱入した居酒屋のようだった。
新郎兄弟と新郎友人たちの尽力で、妹は披露宴会場からつまみ出され、何とか
式は滞りなく終った。

そして今日。新婚旅行のお土産を持ってきた友人(新婦)が、家に入るなり
ぷんすか怒り出してバッグの中から結婚式の追加請求書を取り出した。

明細を見ると、ビール代やタクシー代といったありがちな項目に加えて、
何故か「ドレス代」と「美容院代」が含まれていた。

犯人は新郎妹。
ホテルの1Fにテナントで入っていたドレスショップでドレスを買い、ホテル
併設の美容院でメイクとセットをしてもらい、その代金を全部結婚式の費用に
請求書を回しといたのだそうだ。

いくら新郎妹とはいえ、事前許可も得ずに請求をまわしてくるとはどういう
ことだ、とホテルには即クレーム。
追加請求のうちドレス代と美容院代は別に支払うことで決着。
ただいま新郎+新郎兄弟で、先週から家に帰ってこない妹を探して奔走中らしい。

しかし、個人的にはあのホステスさんのようなドレスが10万円してたことの方に驚いた。


765: 愛とタヒの名無しさん 2006/06/10(土) 12:41:35
テレサテンの大ファンだった男性が、彼女が亡くなってから披露宴をした時に
「敬意を表して」と席を設けていたっけなあ。
テレサテンの漢字の名前表記に「先生」ってつけた席札(他の人達は「様」だった)
もちろん料理も飲み物も引き出物も全て用意されてた。
俺、同じテーブルだったんだけどえらく微妙な空気が流れていて、歓談どころじゃ
なかったのを覚えてる。


517: 愛とタヒの名無しさん 2006/06/06(火) 11:38:42
姉(しっかり者・既婚)、私(未婚)、弟(既婚)の三姉弟です。
弟の結婚式の時、弟が
「子連れは託児室に子供預けて出席してね。俺厳粛に式挙げたいから」
と、姉(当時三歳半の子持ち)に言いました。
姉は嬉しそうに
「ご祝儀包んで、着物やら何やらに金かけて、子供の面倒見るの大変だって思ってた。美味しいご馳走期待してる」
と言ってましたが…
弟の嫁が子供好きで、祝福して欲しいとかなんとか言って、姉は子連れで式に出るはめになっていました…
やれ花束贈呈だやれブーケトスだやれドレスの裾持ちだと駆り出され、子供もぐったり、姉もぐったり。
帰り際に、ドレス姿のままの弟嫁が、姉の子供に
「今日はありがとね~」
と言いながら抱き上げた瞬間にリバース。
白いドレスが茶色く…
泣き出す花嫁、慌てふためく姉、呆然とする弟、吐いた物が喉に詰まってタヒにかける子供…
なんかもう…逃げ出したくなりました。


423: 愛とタヒの名無しさん 2006/06/01(木) 15:58:30
不幸というほどではないかもしれないが・・・数年前、友人の結婚式のときのこと。

ちょうど、同じホテルの別の会場で、某政治家のパーティーが行われてた。
物々しい警備、取材のTV局や新聞社などが廊下に大勢。

披露宴最中に、何故か突然
「ここで、××氏からのご挨拶が・・・」と、地元出身の某大物政治家が現れ、
「こうして、同じホテル、同じフロアで、ご両家の結婚披露宴と
私のなんたらかんたら記念(何の記念だったか忘れた)パーティーが
執り行われているのは何かのご縁・・・」
と、言い出し、延々30分語って帰っていった。

新婦いわく「何で、あの人が乱入してきたのか、いまだに不明」だそうだ。


261: 愛とタヒの名無しさん 2006/05/26(金) 22:14:20
新婦いとこで出た結婚式。
新郎新婦の手配で会場内の一室にシッターさんに待機してもらうという徹底した子連れ厳禁措置を取っていた。
新婦関係者は都合のつかなかった数人が利用、新郎関係者は、三人中一人が利用。
残りの二人は新郎の父の関係者で、新郎の母が勝手に入れてしまい新郎も強く反対できなかったらしい。
案の定会場で怪獣が大暴れ。
ケーキカットのケーキが倒れ、テーブルを倒され、新婦はスカートめくりされた。

新婦のお色直しの時に、新郎新婦の両親四人も控え室に引っ込み、予定より長い時間をかけて戻ってきた。
式の予定がつつがなく終わり、お見送りになる直前、ホテルマンが金庫に管理していたご祝儀を新婦に渡した。
新婦は
「申し訳のないことでございますが、(新郎)と(新婦)の結婚は白紙に戻させていただきます。
ご出席してくださった皆様にはお詫びの言葉も尽きません。
後日改めてお詫びをお送りいたします」
と宣言し、ホテルマンに手伝ってもらい、各テーブルへ袋ごとご祝儀を返し始めた。
当然会場は大騒ぎ。

その間ひたすら新婦を罵倒し続ける新郎両親と、新婦をなだめる新婦両親。
ひたすらきょどり、新郎母の新婦罵倒に怯える新郎。
彼は新郎母に強要されて
「こんなときに些細なことで腹を立てるなんて、皆様にも失礼だと思わないの?」
と裏返った声で弱弱しく発言、新郎母の顔をうかがうへたれっぷり。
新婦は
「何を言ってるの、結婚したくないのはあなたの方でしょ?
両家顔合わせの時も、結納の時も、今日だって何一つ私との約束を守ってくれてないよね?
そういうことは早く言ってくれなきゃ困るのよ。
私には心の言葉を聞き取れるような超能力はないもの」
とにこりともせず言い放ち、もくもくと作業を続けていた。
お見送りのときには新婦と新婦両親は出席者一人ひとりに頭を下げ、
新郎両親はタバコを吸い、新郎は新郎母の後ろでまだきょどっていた。
すごかった。


216: 愛とタヒの名無しさん 2006/05/22(月) 16:04:26
昨年の今頃、挙式直後にメンヘラ新婦が爆発して、披露宴・新婚旅行・
新婚生活がキャンセルされたという結婚式に参加してきました。
ただ、新婦はカトリック信者なので、頑として離婚を承諾しないとか。

新郎は新婦実家近所にマンションを購入していたので、今でもそこで
一人暮らしをしているそうです。


このページのトップヘ