ママ友

  • カテゴリ:


前編 後編

49:懲りない男 ◆4XZoWyJxLk2005/09/20(火) 12:36:02
こんにちは。
昨日は前スレを嫌な雰囲気にさせてすみませんでした。
昨夜、妻と話し合いをしました。
結果を書きたいのですが今は他の方の相談があるようなので後にした方がいいですか?


  • カテゴリ:

前編 後編

555
:名無しの心子知らず2011/06/06(月) 11:47:08.04 ID:71XMvRI+
流れ読まずに半泣きで投下。

娘(二歳)と同じ年の子持ちママ三人が我が家に遊びにきた。
帰る前に、棚の上の婚約指輪がないことに気づく。



前編 後編

769:525炙られ ◆AwxFk53NV62010/10/26(火) 10:57:15ID:SZUQJmb2
その1

炙られですが、A夫婦の了解を得て書き込みます。
夕べCママから「Aさんが盗られたブレスレットと似たやつ、さっきBママがしてたよ」とメール。
私は???と思いつつ、「簡単に疑うもんじゃないよ。」と返信。すぐにAさんに、「Cママに何を盗られたか話した?」と電話。
Aさんは教えてないとの事。
すぐにAさん宅へ行きCママからのメールを見せ、Cママが犯人だろうと結論づけ。
Aさんのご主人が帰るのを待って、Aさん夫婦がCママ宅へ凸。
ここからはAさんから聞いた話。
Cママ宅へ行きご主人が、「お話ししたい事があります。」と言った所に奥からC旦那が登場。



前編 後編

525:名無しの心子知らず2010/10/25(月) 16:11:14ID:TvpGXf4H
2ch見てる人って結構いるのかねぇ。
遂にと言うか、マ/ンドクセェと言うか、アタシんトコにも炙り出しメールが届いただぁよ。


前編 後編

562
:440 2006/04/06(木) 23:29:51 ID:vn1zBWcF
440です。 
主人と話し合いをしました。はじめ乗り気では無かった主人も 
・月謝の金額を知らないはずなのに金額があっていた 
・分譲だからこそうやむやに出来ないこともある 
・子供も同じ歳で小学校等も同じになることだからこのままだとよくない 
・家にとって15000円は大金であり、よそ様に簡単にあげられるお金ではないこと 
等々を言ったところ、一端お金は返して 
明日、彼女に疑ったわけではないのでお金は返す。ただ、警察に被害届を 
出すので協力を頼む。ともう1度伝えることにしようと思います。 
あと、メールのやりとりではなくあって話をしようと思います。 
運良く主人が会議等で使うためにレコーダーを持っているので録音もしてくるように 
と言われました。 
また、何か進展がありましたらお知らせ致します。


前編 後編

440
:名無しの心子知らず2006/04/04(火) 22:13:26 ID:7kc2lJgS
息子(♂2才)の公園友達(♂2才)とそのママが今日遊びに来たんだけど、 
今月、生活費が足りないからお金を貸してって言われた。 
うちも余裕ある生活をしているわけでもないから無理と断った。 

息子の習い事の月謝15000円を入れておいた月謝袋をコルクボードに貼って 
置いたんだけど、明日払うから念のためさっき確認したら中身がないよ~ 
その公園友達が来る数分前に必ず入れたはずなのに・・・ 

信用していたのに泣ける・・・ 



前編 後編

630:食事券 ◆wCIjJRPWyI2008/04/10(木) 21:13:32 ID:ye7hVVhE
セコケチ199です。
セコケチスレが炎上中のようで、こちらに投下させていただきます。

一時間ほど前に帰ってきました。
息子をお風呂に入れて寝かせて、今落ち着いてます。

結果からいうと、Aさん突撃はありませんでした。
正直、お店に入るまでビクビクしていたのですが。
お店には予約より少し早めに入り、待ち合わせの義妹を待つ形で席で息子とジュースを飲んでいました。
義妹到着後、コースを頂き(子供が飽きないようにペースを速めてもらいました)、1時間半程で食べ終わることができました。
夫のご機嫌取りに併設の菓子店(こちらは営業してました)でケーキを買い、飲酒しなかったのでそのまま義妹を車で義実家に送り、帰宅しました。

息子は大人しくしてくれてました。
急だったので着せるものが無く、半年前に親戚の結婚式のために揃えたベストとズボンを穿かせたところ、「結婚式に行くの?」と勘違いし、静かにしなければ!という意識が働いたようです。

そして、今朝聞いたAさんの話についてですが、
まず、Aさんに私について愚痴.られたというCさんの話。
Aさんの言い分は、乱暴/ながら事実と相違ありませんでした。
後日息子を泣かされた話までは聞いていないようでしたが。



前編 後編

199:名無しの心子知らず2008/04/08(火) 20:50:11 ID:TMcWBh+N
今、レストランの食事券をクレクレされて困ってます。

時系列がややこしいんですが、話の始まりは1ヶ月ほど前、近所のママ友が家に来た時。
ママ友Aさんを家に招き入れると同時に郵便物をチェックすると、その日より更に前の月に夫と行ったレストランから封書が。
今週(4月10日)に開かれる試食会のペアご招待券が当選していました。
Aさんが「すごい、羨ましい!○○(レストラン名、地元では有名店)って結構お高いんだよね?」と言ったので、
「前は結婚記念てことで夫の休日に行ったけど、この日(10日)は夫は仕事だし、都合が合うなら一緒に行く?」と、何となく誘ってみた。
「ただ、私は飲みたいから、車お願いすることになるけど…」という条件付きで。Aさんは喜んでくれていた。
うちの子は幼稚園児なので私の実家(レストランの近く)に預け、Aさんの子は上の子が中学生なので下の子の面倒も見てもらえるから大丈夫、と、そこまで話し合って、その場で予約の電話を入れた。
↑ここまでが1ヶ月前の話。


前編 後編

689:178(シャワー2008/05/07(水) 17:27:51 ID:SFBcS3yi
シャワー借り奥に困っている者です。
長いうえに(支援必要かもです)すごくモヤモヤが残る内容ですがすみません。

今朝もママ友来ました。
夕べ簡単に書いたんですが、皆さんがおっしゃってた通り、
「私が言えることは言ったが、電話でもこういう状態だった。
義母さん昔から知ってるみたいだし、私にじゃ言えないことも義母さんには言えるんじゃないだろうか?
明日も来たら義母さんが断りなり相談なり対応お願いできないだろうか」
とトメに話しておきました。
知り合いの娘さんのようだし、はっきり断ってくれ等の強い表現は避けるしかなかったけどトメも断れと言ってることだし、そのあたりはうまくやってくれるだろうと。
トメも私がまだ地域でなじんでおらず、これ以上私から強い拒絶の対応をすると田舎ゆえにあまりいい結果にならないと思ったのか快諾してくれました。

話が逸れましたが、そして今朝やっぱり早い時間にママ友登場。
ただし、ウォーキングをやめるという言葉どおり(?)なぜかいつものスタイルじゃなくて
普段着でした。
チャイムが鳴り、二階の窓から確認すると彼女だったので、トメに言って出てもらいました。
私はその間、玄関脇の部屋で様子をうかがっていることにしました。
トメには言いませんでしたが、皆さんの撃退録にならって、ICレコーダーで録音したかったので。義父が使ってたものがあったので使用しました。




前編 後編

178:名無しの心子知らず2008/05/06(火) 09:07:54 ID:9of6MY97
歴代のすごいセコ奥に比べたらたいしたことないんだけど愚痴.らせてくれ…

ここ数日産院で知り合ってから交流あるママ友が朝ウォーキングをしてるんだが、何日か連続でうちにシャワーとトイレを借りに寄る。
使ったあともすんごいきれいに掃除しておいてくれるからすごく嫌っていうわけでもないんだけど、なにせ数日間連続なうえに早朝なもんだからちと迷惑になってきた。
まあたぶん水道代ケチってるんだろうし…スレは読んでて心配になってきたから昨日の朝思い切って迷惑してるってことを伝えた。
もしや騒いだりするんか?と身構えたけどそんなこともなく、そのママ友、「早朝だから迷惑だよね、ごめんね…」とアッサリ謝罪。

なんだ言えばよかったのかとほっとしてたんだけど、今朝また来た…。
申し訳なさそうに「昨日言われたのにごめんね、でも汗をかくとアレルギーで体がかゆくなってどうしてもだめなの、ほんとごめん」とママ友。
あんまりにも泣きそうな顔でほんとに申し訳なさそうに言うもんだから今朝はかしちゃったけどトメにもいろいろいわれるし、なんかどうしていいかわかんないよ。
今朝ママ友が帰るときも再度今後は拒否の旨伝えたんだけどどうだろう…。
汗がだめならウォーキングをやめてジムとか行けばお風呂ついてるよとは言ったけど
ママ友いわく、
・ウォーキングはわけがあってやめられない(理由は教えてくれなかったけどなんか辛そうだった??
・途中で痒くなってしまうが、このあたりで親しい人があなた(私)しかいないので御借りしてる
・時間が早いのは子供が寝てるあいだじゃないとダメだから
・でも多少遅い時間にしてもいいからお願いします(すごく丁寧にいわれた
・ジムは遠くてとても通えない(私が自分で提案しといてなんだけど事実。田舎なもんで
ジムなんてものは近くにない

門前払いするほど騒いだり汚したりするわけでもないし、かといって毎日早朝こられちゃ迷惑だし、そのほかの点では悪いとこない人だからどうしたらいいかわからん。

ただの愚痴.ごめん、しかも文才がない・・・

このページのトップヘ