スカッとした話

685: 本当にあった怖い名無し 2011/08/24(水) 04:29:19.42 ID:D3Y0QEkt0
纏めてみたら予想外に長くなってしまった

中学の頃色々と遊んでくれたり気に掛けてくれてた伯父が亡くなったので親と一緒に通夜へ行った
其処で伯父が大事にしていた日本刀を鉛筆削り用の小刀(丁寧に切っ先も潰してあった)にしたからと言われ形見分けとして譲り受けた
鉛筆を愛用してい自分の事を考慮してくれたんだと思う

そのまま卒業→高校へ入ってからも使い続けていたんだけど音楽担当の教師が寿で交代し、新教師で初授業の際にやらかされた
早めに教室移動を済ませた自分は件の小刀で鉛筆削ってたんだけども、新教師(40代位のオバサン)は入ってくるや否や
「なんて物持ってるの!」とギャーギャー喚き始め挙句の果てに教師権限とか訳分からん理屈で無理やり小刀を没収した
没収したって言うか鞘に収めた小刀?ぎ取られた

勿論その日の昼休みにある程度事情知ってる担任へ話し、担任からも返すように言ってくれないかとお願いしておいたんだけども・・・
放課後に音楽教師へ返却の談判しようと向かうと担任に呼び止められた
曰く「返してやれって言ってもヒス起こして話しにならんよ・・・・今お前が顔出すと間違いなく拗れるからもうちょっと待ってくれ」との事
結構信頼できる担任だったので余計な騒ぎ起こすよりは良いかと任せたんだけども、待てども待てども返って来ない
しまいにゃ次の音楽の時に「あんなもの始末したわよ」と言われる始末



326: 本当にあった怖い名無し 2011/08/01(月) 12:54:54.73 ID:ES60O4Gm0
うちの子が小学校でいじめられている事を知った
いじめっ子の祖父はうちのすぐ近所に住んでいる
その爺は数年前万引きしたのを警備員に見つかり、警備員を殴って逃げようとした
小さな記事だが、新聞にも出た
いじめっ子に復習すべく、図書館の新聞でその記事を探し出し、コピーした
授業参観で学校へ行った時、そ~っとクラスに新聞のコピーを置いてきた
ちょっと変わった名字なので、新聞の爺はすぐいじめっ子の祖父とばれたらしい

ざまーwww


305: 本当にあった怖い名無し 2011/07/31(日) 01:35:12.19 ID:jtCXZRzt0
中学の時、ある女子グループから虐められてた
汚いだのタヒねだの言われてた

ある時、そいつらが万引きをしてると知った(自慢げに話してたから)
中学の行動範囲なんて知れてるし、田舎だから繁華街なんて一つしかない
遊びに行く予定を盗み聞きして、決行

デパートで集団してコソコソやっている所を店員さんに通報
見られてるのを知らず、目の前で鞄に入れたものだから
売り場から出る時に全員捕獲

次の日、誰も学校に来なかったw
後から聞いた話、通報されて全員親バレ、泣きながら叩かれたりとかしたらしい
親に全部私物引っ繰り返され、余罪もバレ
特に私を虐めてた女は、親が警察官だったようで本当に修羅場、
彼女にとって親は本当に恐い存在だったらしく、その後の意気消沈っぷりに溜飲が下がりました

結果不登校になったり、不良と仲良くなってDQNまっしぐら、開き直って万引きの正当性を説いて
更に周りから倦厭されるようになったりと、面白い事になってた


128: 本当にあった怖い名無し 2011/07/24(日) 01:42:28.06 ID:4ilyFBTC0
本当に小さな復讐で、文章力ないが書かせてもらう

バスで学校からの帰り揺られているととDQN風のカップルが乗ってきた。
立っている人はいないが、席はいっぱいだ。
やはりDQN、一番後ろの4人くらい座れる席を荷物等で陣取り大声でDQN女と喋りだす
女「沖縄面白いとこないねー☆」
DQN「ここは雰囲気だけ楽しめりゃいーんだよ」
女「えーなら京都がよかったー☆」
この女の喋り方に虫唾が走る
女「てか沖縄車走ってんだねー☆」
DQN「ブハハッ!お前沖縄見下しすぎwwwwまあ確かにみんなアホ面してるけどwww」


101: おさかなくわえた名無しさん 2012/10/02(火) 18:06:09.32 ID:XEb6aYuS
マクドで思い出した。

俺が二十歳の頃ドライブスルーで注文終わって前の車の支払い待ってたら
店員が「○○です」ってたぶん金額言ってんのな。
で、前の軽トラのおっさんがポンとお金のせる皿?にお金置いて
店員は後ろ向いて商品とりにいったりなんかバタバタしてたの。
そしたらそのおっさんサっと今オイタお金自分で取戻して知らん顔。
最初「??なにしてんねんこのおっさん???」と思ったら
なにやらゴチャゴチャ揉めだした。
窓開けておっさんの怒鳴り声聞くと「はよ釣り出せ言うとんねん。
俺がここに1万円置いたんや。疑うんか!?」って言ってる。
なるほど。すべてを理解した俺はどうなるのかしばらく見てたけど
おっさんは「俺が置いたのにこのオンナがよそ見してたから金がなくなった」
の一点張り。「そっち側に落ちたんちゃうんか?」「風で飛んでったんか?」
とだんだん声も怒鳴り声になっていく。
今でこそメガネとスーツの似合うリーマンだが当時の俺は金髪で長髪のヘビメタ兄ちゃん。
さんざん待たされておっさんの1人コント見せられてる俺の怒りは、
おっさんに怒鳴られて店長に怒られて泣いてる店員のかわいさもあいまって
MAXに達したので颯爽と車を降りて間に割って入った。
すると軽トラのおっさん刺青ビッシリ・・・・・しかも顔には意味不明の刀傷・・・・・・
それを見た俺は「あの・・・すいません、なんかもめてるんやったらむこうでやってくれません?」
と言って車に戻った。



強くなりたいと心の底から思った。


36: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/24(月) 14:14:29.22 ID:C25xS/3i
知り合いの図書館職員から聞いた話
そこの図書館には障害者枠で耳の聞こえない職員(Aさん)がいる
彼が受け付ける時は利用客はカウンターに置かれた「借りる」「返す」など書かれたボードで、自分の用件のところを指したり、Aさんは読唇ができるので大きく口を動かしている
ある日、Aさんがカウンター業務中に公園の住人が女性客に絡んでいた
Aさんはそこへ行くと怯えて泣いている女性を庇い、住人にやめるように言った(耳は聞こえないが話すことはできる)
すると住人は「オレは弱者だ。いたわれ」と言ったらしい
それからいかに自分が社会的に弱い立場かがなったらしい
Aさんは普段あまり自分の障害を出さないが、この時は
「僕は障害者です。でもそんなこと悲しくも何ともない。立場が弱いなら強い立場になればいい。働けばいいでしょう。僕はこうして働いている」
そう言うと女性に「大丈夫ですよ」と微笑みカウンターに戻った
住人はなおもがなろうとしたが、他の職員さんが呼んだおまわりさんに連れて行かれた
周りから拍手が起こったが、Aさんは気付かないで端末に向かっていた
そこにおじさんがつかつか来てカウンター越しにAさんを抱きしめ頭をがしがし撫でたらしい

「でもね」と話してくれた職員さんは
「ほっぺたにキスまでしなくてもよかったと思うのよね」
とちょっと不満げだった
「私がしたかったのに・・」
とくやしそうだった


822: 名無しさん@HOME 2007/04/14(土) 23:34:25
トメと完全同居してます。
自分達のついでなので一緒にトメの分も洗濯し
トメ向けのおかずも作り(旦那の酒のつまみにします)
自分達のついでにトメの用事もすませてあげてました。
(そんなことしてやらなくていいという意見もあるでしょうが
所詮「ついで」の雑用ごとき、私も苦ではないし無駄な諍いをしたくないので)

ところが「×日、買い物に行くから車だして」と。
「その日は友人の結婚式によばれてるから駄目です」
「だって××さんと○○さんに言っちゃったんだもの」
「(また勝手な約束を…) タクシーで行ってください」
「私の立場も考えてちょうだいよ」
「…この際だからはっきり言いますけど、トメさんの立場はどうでもいいです、私。
夫くんが大事だからトメさんのこともお世話してるし尊重してますけど、
私個人が率先して、好き好んでやってるわけじゃありません。
トメさんのことは嫌いじゃないですけど、
タクシー呼ぶ位でどうにかなる立場のことまで私に期待しないでください」

ふじこって帰宅した旦那に文句言ってたけど
「嫁に日頃の感謝が足りない」と逆に諌めてくれてました。
「母さんがわがままですまないな」と後で謝ってくれましたが
「言うのは勝手だから、聞かないのも私の勝手。平気だよ」と答えました。
旦那は私を冷静な奴だと思っているようですが
実際はどうでもいいと思ってる人が何か言っても腹が立たないんですよね…。

腹がたってないのでスカッとしたわけじゃありませんがカキコ


811: 名無しさん@HOME 2007/04/14(土) 22:46:48
今日の昼のこと。いつも、ちょっと人をバカにしたような態度のトメ。その矛先は私なわけで、ちょっと私が「ムカッ」って顔をすると決まって「あらやだ、冗談よ!嫁子は冗談もわからないの?」ニヤニヤ。と、くる。
そんなトメが「ちり紙交換が来るから、あんたんちの古新聞持ってきなさい!」と言うので持って義実家へ行った。
ちょうど到着の回収業者にトメが「あんた、遅いわよ!」とわめいていた。
「すいません。急だったので……」と言いながら業者のお兄さんに古新聞を渡しながら「ここにある分とアレもお願いできるかしら?」とトメを指差し言った。
業者のお兄さん「アレはちょっと困ります」(真顔)
トメ「嫁子!!あんたっ!」と顔を真っ赤にしながら「私がいないとこの家だって息子ちゃんだってさびし……ふじこふじこ」と真剣に自分の価値について語るので、「あら、やだわ。お義母さん。お義母さんの好きな冗談ですよ」

業者のトラックが走り去る中、トメ「あぁ……」

ちょっとドキュかもしれませんが、すっきりいたしました。


798: 名無しさん@HOME 2007/04/14(土) 18:48:07
私の実家では、祖母が母をひどくいじめていて父は知らんぷり。
母がその苛立ちを、いつも娘である私にぶつけていたので
大学進学で家を離れるまで常にぴりぴりした空気の中で生きてきたよ。

結婚して妊娠してトメが同居するように迫ってきた時、
「私自身が嫁いびりする姑のいる家庭で辛い子ども時代を送ったので
 わが子には絶対、同じ思いをさせたくないから」ときっぱり断りました。
そしたらトメが自分も苦労したとかごちゃごちゃ言い出したので
「あなたのお姑さんはもう死んでるんでしょう。
 私の祖母はまだ生きていて母をいじめているんですよ。
 死んでいる悪魔より生きている悪魔の方がたちが悪いんです」
それからもう何も言ってこないな。
賞味期限の切れた食品を送りつけてもこないよ。


746: 名無しさん@HOME 2007/04/13(金) 10:10:17
いつものように嫌みと自慢三昧のトメに、娘(トメにとって孫)が抗議した。

「ばあちゃんはおかあさんひとりにお炊事もお洗濯もお掃除もやらせてるよね。
それなのにお母さんには優しくしてあげないんだね。
お母さんが泣きそうになってもいつもガミガミ言うよね。
わたしだってお手伝いしてるのに、ばあちゃん忙しいっていってテレビ見てるよね。
ばあちゃん、村でも評判の働き者だったんじゃないの?」

「あたしはもうたっぷり働いてきたからもういいんだよ。
『情けはひとのためならず』って言うんだ。
若い頃には苦労して働かないと、人間がダメになる」と偉そうに言うトメに、

「『情けは人のためならず』っていうのは、よその人に優しくしておくと
巡り巡って自分に返ってくるから、
他人には情けをかけておきなさいっていう意味なんだよ。
ばあちゃん、小学校でも中学校でもいつも一番だったんでしょ。
頭がいい人が、間違ったことを言っちゃダメだよ。」と、娘。

「情けはひとのためならず、巡り巡って自分のためなんだから、
お母さんのお手伝いしたらばあちゃんにもいいことあるよ。
ぼけないために体も手先も動かした方がいいっていうしさ、
さあ、ばあちゃん、いっしょに庭の草を引っ張ろう!」

と、娘はいやがるトメをコタツから引きずり出して、
庭の掃除に駆り出してくれた。


このページのトップヘ