コトメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

531: :2014/09/26(金) 20:45:27.10 0 ID:
コトメ家族が毎日毎日家にやってくる。
トメ、ウトに甘やかされて入りびたり。
もう何もやる気が無くなってしまった。
今もマゴトメが赤ん坊連れて1階に居座ってる。
もうイヤだ、コトメ家族の顔見たくない。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

19: :2010/09/06(月) 14:00:33 0 ID:
テスト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

898: :2010/07/20(火) 12:26:36 0 ID:
結婚する時(5年前)に、義実家から徒歩10分にあるウトが所有する築30の
戸建てに住むように言われた。
コトメ夫婦に住わせるはずだったけど、古い家なので拒否されたらしい。
交通の便も悪いけど、家賃は只にしてくれるというので、自分たちの家を
買う費用を貯める為に同意した(ウトメの干渉は無く快適だった)
家は好きにいじっても良いって事だったので、少しでも快適に住めるように
夫と二人で毎週日曜大工。
ボロボロだった網戸や壁紙も業者に頼らず自分たちで洗浄し、貼り直し、
私は嫁入り道具としてフローリングカーペットやキッチンカウンターを
購入して洋風に改装。
で、半年ほど経って、家を見に来たコトメが家に住みたいと言い出した。
そんなバカなと思ったが、ウトメがコトメの味方になり「元々義実家は長男、
別宅は娘に相続する予定だった」からすぐに出るよう言われた。

怒り心頭。すぐにウトメのしらない場所に引っ越した。
勿体なかったけど、怒りの方が勝ったので網戸は元のように数カ所穴を開け、
壁紙は剥いで、追加した家具や家電は勿論自分達の新居に引っ越し。
コトメから夫の携帯に「フローリングは?カウンターは?」ってメールが
何件も入っていたみたいだけど、全て「自分で買え」と返事。
一度私の携帯にかけてきて「ちょっとw酷くない?」って言うので
「え?置いていく訳ないでしょwばっかじゃね」で、その後着信拒否。
いまだにコトメ夫婦はボロい家のまま、そこに住んでいるらしい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

118: :2014/08/27(水) 21:19:02.32 0 ID:
前に書いたら乞食とか書かれたんだけど本当にみんなそう思った?
この前娘の誕生日で義妹からはお金しかなかったから旦那に文句を言ったら別居になりそう
旦那にも乞食みたいに言われたどうして?
余裕があるならいいじゃない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

932: :2014/08/21(木) 06:45:27.53 0.net ID:
コトメの飼ってる多頭飼いの犬が可哀想だ。
躾してないので、無駄吠え、おしっこをそのへんでする
盗み食い等々する犬が五頭。
これをマンションで飼ってる馬鹿なコトメ夫婦。
子供がいないのでこの犬達が子供だと言い張るが
いくらペット可でも五頭はひどいと、不動産会社から警告が来たんだって
これまでも隣近所から文句を言われたけど、今度は三か月以内に
犬を減らすか退去するかどっち選べって言われて、ぶちぎれて我が家に来た。
一戸建てだから犬を預かって欲しいってさ。そんな躾のできてない犬を新築の
我が家に引き取るわけないじゃないか。しかも私は喘息もち。
ちゃんと理由を言ったのに「この子達を殺せって言うのか!」と怒鳴るから
「犬を飼える一戸建てを借りればいいのでは?もっともその前にしつけ教室入れたら
どうですか?」と言ったら「うちにお金が無いのを知ってるでしょ!動物愛護協会に
訴える。」と言って帰って行った。躾もして貰えない、小型犬だからって散歩もいかない
ドッグフードももったいないと人間の残り物を食べさせられてる犬の方が可哀想だ。
一応地域の犬猫の里親のボランティア組織に連絡はしたので
今後は電話が入ってるはず。匿名でお願いしたので私とはわからないだろうけどね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

595: :2011/07/16(土) 10:18:37.59 0 ID:
解決したとは言い難いけど、方向性だけは決まったので報告させてください。
一カ月くらい前に 体重写メで夫とトラブったものです。
体重表の写メはコトメの嘘でした。
でも嘘つかざる得ないようなところまでコトメを追い詰めたと夫とその親から責められました。
おかげでこの一カ月近くコトメは上機嫌でした。
夫と喧嘩してる中で、結婚してすぐ病気するなんてワケあり商品つかまされたなど言われました。
リコールだなリコール商品回収もんだなど 電化製品やペットショップで買ったペットに例えられて屈辱でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

943: :2011/06/22(水) 16:03:20.53 0 ID:
半分以上は私が悪いのかもしれないけど夫がプチエネミー。
病気をして短期間で劇太りしたんだけど、
手術をした後徐々にだけど体重は戻ってきた。
見た目明らかに太ってるけど、やっぱり体重の数字は言いたくなくて
コトメに聞かれても適当にごまかしてた。
例えば 本当は70キロだったけど、その時は60キロ台かな~という感じに。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

157: :2014/09/20(土) 02:19:33.47 0 ID:
以前このスレに『ウトメの介護からコトメが一方的に逃げていて腹が立つ』
という内容の書き込みをしたものです。
コトメはウトメから暴力を振るわれたり虐待されたりしていて
まだ子供の夫もわけがわからないままそれに加わっていました
(参加しないと夫自身にも危害が加わりそうだったとのこと)
夫と教育に差をつけて育てられたと主張し
介護をしないと宣言して逃げ回っていました。

こちらとしては介護をしないのはまあわかるが費用くらいは分担してよという思いでした。
しかしそれもできない、する必要が無いと言われてしまい困っていました。
埒が明かないので法テラスなどを考えていましたが、
法テラスはあたりさわりない話しかできないよと聞き電話帳に載っていた弁護士事務所に電話してみました。
電話だけで説明したところ場合によってはコトメさんに介護費用の分担を請求出来るかもしれません。
○○や××の書類(介護にかかったお金を証明できるもの)をもって相談に来てくださいと言われ、そうしました。

それからまずは内容証明の手紙を送ることから始め、
それでも応じてもらえないので費用請求の訴えを起こすところまで発展しました。
結果、無事コトメさんから介護費用の負担分を受け取ることができたので報告します。
半年以上ずるずると長い手続でしたが弁護士事務所に相談してよかったです。

ちなみに裁判所の判断では
・コトメさんの虐待に関する過去のトラウマは証明もできないしそもそも時効なので主張できない
・鬱ということで病院から診断書が出ているが親と長く離れて暮らしていて親が原因という合理的な証明はない
・教育に差がついているのは確かだが介護とはまた別の問題
・コトメの個人資産だけ見ても今現在我が家より裕福な経済状態にある
みたいなことを言われました
(もっといろいろコトメが費用を払うことについての正当性を言われましたが割愛)

今までかかった分の半分を受け取ることができて非常に助かりました。
これからかかる分もきょうだいできっちり半分ずつ出すと取り決めてあります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

433: :2013/12/06(金) 07:59:58.17 0 ID:
朝から失礼します。
ウトメの介護からコトメが一方的に逃げていて腹が立ちます。

コトメが言うには弟(うちの夫)と私は差をつけて育てられ
コトメだけ虐待されたり、それにうちの夫が加わったりして
心身ぼろぼろになり、逃げるように家を出てほぼ縁を切っていたということです
確かに夫は中学から私立で大学まで親のお金ですすみ、
1年遊学(就職せず海外の語学学校などに1年通う)もさせてもらったようです。
コトメは高校の時に祖父母が見かねて学費を出し、大学は奨学金で通ったとのこと。
ウトが介護になった時にコトメを読んで私たち夫婦も交えて話をしたのですが
ウトメ&夫はコトメに暴力をふるったり差別してきてことを認め
手をついて謝りました。
それでもコトメはウトメの介護はしないと言って帰ってゆきました。

我が家はウトメ宅と超近距離ではありますが夫も私も働いていて子供もいるので
我が家だけに金銭的負担や介護労働がかかってくるのは不可能です。
ウトはもう寝たきりでトメも入退院を繰り返す状態で
施設に入れるお金を早々に工面するか介護そのものを家族がしてあげないと生活できないのです。
今は私と夫がかわるがわるやっていますが限界です。
お金も全然足りません。

続きます

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 中編 後編

818: スレ56-575 ◆32Vf2kZlwc 2009/09/22(火) 17:08:12 O
コテトリ合ってるかな?
二年近く前のエネスレ56-575でお世話になった者です。

あれから無事娘を出産しました。
以来夫はいい父親・いい夫でいてくれました。

このページのトップヘ