ギスギス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

927: 887 2007/03/06(火) 20:17:31
仕事で立て込んでいる間に、いろいろレスが・・・。
ちょっとした話で書いたんだが。争っていても絶縁にならないので。

正直、嫁の家も金はあるけれど4人姉妹、俺は一人っ子で、
親父は俺の顔も覚えていないうちに(大人になって会う機会は何度かあったけれどね)
籍を抜いていて、俺は母の家のあととりとして
全財産を受け継ぐ予定。俺の子も一人息子がいるだけ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

887: 名無しさん 2007/03/06(火) 09:01:36
うちは金も家も親がずいぶん出しているが仲が悪い。
(家は結婚時に建ててもらった。金全額と土地だして、俺たちで建築。
名義は親になっているけれど。金は嫁が直接もらっていて俺には把握しきれない)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

986: 名無しさん 2016/04/14(木)15:01:20 ID:Hlj
うわー。私って母親そっくりだったわ。
今気がついた
大嫌いだった母親と
反面教師にしないといけないと思ってたのに
あー今気がついた
こんな母親だったから嫌いだったんだ。
心から反省してくれたことなんかない


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

954: 名無しさん 2016/04/14(木)09:52:34 ID:Hlj
子供に恨まれた顔で登校されてしまった
こんなことは初めてかも

朝の出掛け前の喧嘩、兄ちゃん6年生が3年の弟におもちゃの弓矢で打たれ、兄が矢を破壊
水筒にお茶を入れてる間のちょっとした時間だった

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

255: 名無しさん 2005/10/24(月) 09:46:31
俺の実家も母親が洗う皿はベトベトでちゃんと洗えてないような感じ。
家で嫁が洗うのを見ていて、洗い方の違いが分かった。
嫁はしっかり汚れやぬめりが取れるのを確認するような感じで洗って
すすぎも泡が無くなるのを確認しているのに対して
母親はスポンジで一拭きしかしない。
すすぎも流水かタライに貯めた水に1回潜らせるだけだった・・・。
実家にいた時の食事が恐ろしいと思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

215: 名無しさん 2005/10/23(日) 17:31:27
嫁の夫実家へ対しての不平不満ってみんなどうやって解決してる?
参考にさせて欲しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

833: 774 2015/04/06(月)10:47:27 ID:0FO
主人を養護したくなるほど、私の性格がきついんだと思います…
頭金を出してくれた義両親の権限で壁穴を直すように言ってもらおうかな、
と思ってる事がもうね…
こうやって追い討ちかけるところが勘にさわるんですよね。あぁ…
会話のない日々を過ごして、主人からすりよってきました。
そっけない態度をすると寂しそうな顔をするんです。
それを見ると、もういいかな、かわいそうだなと思ってしまい普段通りに戻ってしまいました。
仕事大変だし、嫌な思いさせ続けるのもよくないなって。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

182: 名無しさん 2015/04/03(金)23:41:18 ID:1Qk
壁ドンされた。拳大の穴が空いた。
これで4箇所目。

私はあなたのわがままで子作りを我慢してた。と言うか、
あなたが理解してくれるまで待ってたよ。
やっと治療の許可くれてあと一歩のところまでこれた。
なのに、あなたは仕事のストレスやちょっと腹が立っただけで私に当たるのですか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

933: 名無しさん 2008/06/07(土) 13:11:10
お前ら同居してるか?同居してないから理解できないんじゃないか?
毎日、ぶっちょ面の2人に挟まれてみろよわかるから。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前編 後編

904: 名無しさん 2008/06/07(土) 12:04:15
嫁とお袋の仲がぎすぎすして居心地が悪い。
仲良くやってたはずなんだが、出しゃばり叔母のせいで
暗雲たちこめてしまってさ。
本人同士じゃない第三者が原因ってのが頭にくるよ。
で、俺が一番辛い目にあってんだよな。やってられん。

このページのトップヘ