生活

415 :2012/04/18(水) 02:54:52.03 ID:
そして俺たちは大学生になった 



ごめん今日はこれまで・・・ 
おやふみ







【1/2】 【2/2】


170
 :2011/09/03(土) 16:37:25.14 ID:
>>1がいた間病院送りとか死者とかはでなかったのか?自殺がいてもおかしくなさそうだが





【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】

423 :2007/05/22(火) 09:11:47.37 ID:
女「大丈夫、大丈夫…大丈夫…」 
女「……」 
男「お~っす、お待たせ」 
女「あ、うぅん、全然待ってないし」 
男「そか、なら良かったぜ。で、何買うんだ?」 
女「え?…あ、えっと…う~ん、と服とか?」 
男「何で疑問系なんだよ。まぁいいや、行くか」 
女「あ、うん……えい!」 
男「ぬぁ?!な、なんだ急に腕なんか組んで」 
女「い、いいよね?…これくらいなら///」 
男「いやまぁ…いいけど///」 




男 (こいつ以外とあるなぁ…って俺は何考えてんだ、アホか?!///)


【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】

56
: :2007/05/22(火) 03:09:28.39 ID:
男「は…?」 
ヤン友2「は?じゃないだろ…一応これでもものすごい覚悟して言ったんだぞ」 
男「いや、あの…え?だって、お前…なんで?」 
ヤン友2「知るか……///」 
男「……」 
ヤン友2「……」 
男「……」 
ヤン友2「だ、黙るな!」 
男「す、すまん」






【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】

288
: :2007/05/21(月) 23:17:01.80 ID:
男「なぁおい、何があったんだよ!」 
ヤン友2「なんだっていいじゃん」 
男「よくねぇよ! なぁまさか、あいつに…女になんかするんじゃないよな? だとしたら頼むよ、やめてやってくれよ!」 
ヤン友2「別に、私は知らないし…」 
男「なぁ、俺にしてくれよ?! だからあいつは許してやってくれよ、な? な!?」 
ヤン友2「……っ!!!」 
男「お前ならなんとか口聞きできんだろ?だったら今すぐ俺に……」 



パンッ! 






男「……え?」 
ヤン友2「バカ、野郎……バカバカばぁか!死ね!」 
男「お、おい!待てよ、待ってくれよ!!」 






男「なんでお前が泣いてんだよ…訳わかんねぇよ」



【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】

1: :2007/05/21(月) 14:53:07.62 ID:
男「げ、補習か」 
女「まぁまぁいいじゃんいいじゃん!」 
男「お前も補習なんだろ?なんでそんな元気なんだ」 
女「え、だって友くんも補習みたいだったし///」 
男「ふぅん、良かったじゃん」



【1/2】 【2/2】

378
: :2011/11/21(月) 20:19:45.47 ID:
続いてこれも書いてあったので、載せます。 
(当時、私はまく吉を「旦那さま」と呼んでいたらしい・・・もう忘れていました) 





【1/2】 【2/2】

1
: :2011/11/18(金) 13:17:50.34 ID:
あの出来事から、ずいぶん年月が過ぎたので、客観的に当時の記憶を見られるようになった。 

そんな過去の思い出を書こうと思います。 
遅筆ですが、ぼちぼち書いていくので生暖かい目で読んでください。


このページのトップヘ