生活


【1/2】 【2/2】


106: マサトのおっさん 2011/03/05(土) 09:45:12.37 ID:M1EnXEnB0
それ以降は特に大きな出来事もなく高校進学 

メイ16歳高2、俺30歳の年、マサトのおっさんにある出来事が起こる 





【1/2】 【2/2】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/05(土) 06:13:46.92 ID:M1EnXEnB0
先週だけどね 
姪っ子が結婚した 
誰も読みたかないだろうけど、思い出を書いていこうと思う




【1/2】 【2/2】

417: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/04(金) 00:15:32.69 .net
ダラダラ文章ですが最後まで書いてみます。ただ姪さんや会社関係で嫁と関係ない分に関しては書かずに少しでも早く終わるようにしますのでお付き合い頂けると嬉しいです。 

個人特定については場所と作品は伏せる形で進めさせてください。 
たぶん道民でもマイナーな場所だから大丈夫!と思いたい






【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】


42
: :2007/10/18(木) 19:45:18.57 ID:
どうでもいいがELTの男の方って言ってたら別の方向に行ってたな




【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】


464
: :2007/10/17(水) 16:17:58.20 ID:
ただいま。 
まさかスレが残っているとは!!




【1/4】 【2/4】 【3/4】 【4/4】


1: :2007/10/17(水) 09:59:55.97 ID:
ニートを経て去年からコンビニでバイトをしてるんだが、 
昨日、とんでもない新人が入ってきたんだ。 

俺、ハジマタ!



【1/2】 【2/2】



298: :2006/10/12(木) 03:50:32.06 ID:
その日は全然眠れなかった。 

次の日、昼前くらいにKから電話がかかってきた。 

K「何してるの~?」 
俺「さっき起きた。。。昨日明け方だったしね。」 
K「そうだよね~、ごめんね。あんな話もしちゃって、重かったでしょ。。ごめん」 
俺「あのさ、K、今から会えないか?」 
K「いいよ~。すっぴんだけどそれでもいいかね?ww」 
俺「化粧しても変わんねーだろwww」 
K「会ったら刺すね」 
俺「今は反省している」 

会ったとき、Kは前日のことが嘘かのようにやっぱり、やっぱり明るかった。 
なんとなくお茶して、だらだら街を歩いて、ふと足を止めて言った。 

俺「昨日の話蒸し返して悪いとは思ってるんだけどさ、これからどうするんだ?」 
K「どうするって?」 
俺「一生こんなままで過ごすわけにはいかないだろ。Kのこれからだってあるんだs」 
K「うん…そうだね。。。」 
俺「君の家庭に口を出すのは出すぎているかもしれないけど、 
  このままじゃ絶対よくないんじゃないのか?」 
K「うん、それはすごく思うんだ」 






【1/2】 【2/2】


1
: :2006/10/12(木) 01:38:55.91 ID:
つまらん話だが暇なやつだけ聞いてくれ。 
いろいろあった恋からようやく一年が経って、気持ちの整理をつけたい思いから 
なんとなく書いてみる。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。 
なんだかんだでバイトを転々としながらようやくとある小さな会社の正社員になった。 
社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになりなんとか頑張れていた。 

そんな中、仕事の出張でちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。 
6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。 
実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。 
空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。 



このページのトップヘ