友人



前編 後編

570:名無しの心子知らず2011/01/20(木) 00:13:33ID:dXaWEbfn
ちょっとセコケチとも違うけど息子にマジギレされたので。
息子(現中3)の同級生の子の母親でもう10年の付き合いになる友達がいる。

おっとりして良い人なんだが自分の娘を溺愛「〇〇ちゃんは本当に可愛い
から」とか人前で堂々と言うタイプ。まあそれはまだ良い。ただ私とその人
は本当に仲が良いんだが子供同士は幼稚園時代から大きな喧嘩とかは無い
もののどうも馬が合わないようで今同じクラスなのだが会話すら一度も
無いらしい。
ここから本題。住んでいる県には中3になると大多数の子が受ける模試が
あるんだがその模試会場から家まで結構な距離がある。当然車でしか
行けないんだがある日電話がその友達から当日どうしても都合が悪いから
娘の送り迎えをついでにして欲しいと頼まれた。OKしたんだが
OKした途端話が変わりついでに娘の友達もお願いと言い出した。
ついでだし良いよと言ったんだけど息子は露骨に嫌そう。
ちょっと喧嘩になりつつ何とか息子を説得して送り迎えしてやったのが
大体2か月前。そしてつい先日またその模試があったんだけど今度は
私と旦那の都合が前日急に悪くなった。流石に前日の夜だから
子供も携帯もってないから急にだれとも連絡つかないと言うし
こないだの事があるからその人に電話して頼もうとしたら
「娘が〇〇君を車に乗せたくないって言ってるから。ごめんねー。」
とか言い出した。それは我が家も同じですがな。結局息子が近所の
友達の家に直接交渉して事なきを得たんだが、失礼にも程があるだろ。




前編 中編 後編

956:玄関に食器 ◆jCA4cM.rys2009/05/28(木) 17:17:18ID:G+dyE5d6

自分もリロってなかった。恥ずかしい。

昼過ぎに先日やってきたAさんの親戚と言う人が今日も数人引き連れてやって来ました。
もう初っぱなから皆さん偉い剣幕。
とにかく私が悪いらしい。
親戚宅には見合い中のお孫さんがいるらしいく、
「あんたの壊れた皿は元には戻らんが、家の孫の未来がかかってるんだよ!」
とか言われた。
それ聞いたら本気で泣けてきて
「あの食器、戦争だって乗り越えたのに。お爺ちゃん頑張って守ったのに!
Aさんからは謝罪もないのに皆でいきなり怒鳴りつけるなんて…」
って泣いてしまいました。最後は言葉にならなくて顔覆ってたら
「あんたも色々事情あるだろうけど、とにかくなんとかしてくれ」
って帰ってきました。本当に意味が分かりません。ご近所も弁護士さんに任せます。



前編 中編 後編

368:2192009/05/26(火) 07:40:02ID:bYc+GlyG

おはようございます。
朝6時半に玄関前の植え込み奥に紙袋に入った食器発見です。
触ってないけどたぶん全部入ってる。


アドバイス受けて、0時30分になっても
「明日よく探したら?手伝うから」
ってメールくれたAさんに
「Aさん優しいね。ありがとう。泥棒にAさんの爪の垢飲ませたいよ!
思い入れある品だから泥棒も返してくれれば警察につきださないのに!」
ってメール返しておいたんだけど。
警察には連絡済みです。
何故かAさん映ってる防犯カメラを一緒に見て貰うんだ。
旦那を休ませちゃって申し訳ない。娘はウキウキだけど園に連れて行きます。


前編 中編 後編

219:名無しの心子知らず2009/05/25(月) 17:36:23ID:IFORl+Ez

このスレだとよくある話だけど、ママ友に食器盗まれたっぽい。
その食器、昨日の夜使ってる。
今日の昼にママ友を何人か呼んだのが、唯一の来客。
んでさっき晩御飯の準備しようと食器棚開けたらないの。
祖父母の代から使ってるノリタケとかがない。
今日はお洒落レストラン風欧風カレーなんだよ!昨日娘と一緒に仕込んだんだよ。
カレー皿使えないの困るじゃん!
くそー!これから『警察に相談』メール送ってやる!


前編 後編

577:5462014/08/31(日) 18:46:52.42
行くのが当たり前になっていて、友達にも自慢しているようなので今年はなし、と言ったら泣くかと…。
行くたびに、子供連れならあそこが楽しいと思うよ、と提案してくれるのでうちの子は「知らないよその子」ではないのだと思っていました。
いつも二人で過ごすときは何してるの?と聞くとゴロゴロしてるかなあ。と答えるので、暇が潰れて嬉しいのかとも思っていました。
人数でなく家族の数で割るのは、昔他の友達夫婦も交えて遊び始めた頃に他の奥さんが言い出した事で、当時子供達が皆小さかったから数にも入らないしねと思ってそのままでした。
同僚夫婦もそのうち子供ができたらお互い様だと。私が人数割りにしましょうと言ったら、他の子持ち家族から不満が出そうですし。

お金や物を、絶対人より多く貰わない人達で、必ず多く出すか、皆に損をしていないか確認するので、今回ビールを持って帰れと言わなかったのでほっとしてたんです。
特に同僚に聞いたらいらん。で終わりだと思うし、夫はそう返されたら引き下がると思います。絶対損はしたくない人です。
タオル等は持ってきてと言われるし、掃除もするからそんなにお金かかっていないのではと思ってしまいます。幾ら払えばいいのか見当もつきません。
お買い得商品の情報交換していたし最近他へ旅行行ってないと言っていたので、今はこんなにかかるんだよ、特に家族連れは大変なのに別荘持っててお得だねと褒めたかったんです。

お願いされた事ですが、「親戚の子が遊びに来るのだけど子供がいないから玩具もないし何があれば楽しいのかわからない、あなたの子供が飽きて暫く見ない物でいいので
子供向けアニメのDVDがあれば貸してもらえないか」と言われました。快諾して準備はしていたのですが、夫がすっかり忘れていて気付いたらもう遊びに来た後でした。
あと、同僚が遊び終わったゲームソフトを貸してもらった時、貴方たちが持ってるソフト何か貸してくれない?と聞かれたのですが、うちは値段が下がらないうちに売ってしまうのでないと答えました。


前編 後編

547:名無しさん@HOME2014/08/31(日) 15:55:26.87
毎年、夫の同僚夫婦の別荘へ遊びに行くのが我が家の夏休み恒例行事。
大抵3〜4泊ですが、同僚夫婦にとっては嫌なものでしょうか?

我が家は私たち夫婦と小学生二人の4人家族、同僚夫婦は子供はいません。
初年は誘ってくれたのですが、翌年からはこちらか聞いています。断られた事はありません。
今年、夫が今年もいい?と同僚に聞くと休みが合うかわからないと答えたそうなので、同僚が休暇申請した後で日付を調べ、休みを合わせました。
同僚もいいよと言ったそうですし、奥さんも子供ともいつものように遊んでくれたので来てよかったと思いましたし、帰ってから
「長々とお邪魔してごめんね、4人家族で普通に旅行するとかなりの出費になるので助かっています。子供も毎年楽しみにしています。ありがとう。」と奥さんにお礼のメールをしても
返事は「また来てね」も「気にしないで」もなく、私の書いた事には触れない内容でしたが、メールは簡潔に済ませる人なので毎度の事だと思っていました。

が、後日、SNSを見たらフレンドが「親戚が子供連れてきて何泊もして、おもてなしを強要されてすごく疲れた!うちは子守り付のホテルじゃない!」という事を書いていて、同僚奥さんが
「そういう人達って、どうして自分達の為に喜んで尽くして当たり前って思えるんだろうね。自分達は絶対しないくせにさ。」と同意していました。
その時、私たち実は歓迎されてない?と思ったのです。思い返せば特に奥さんが時々そっけない態度だったような…。
他の友達家族も、同僚の家や別荘を定宿にしてたし、色々頼っても断られる事は滅多になかったから喜んでるのかと思ったのですが…。


前編 後編

513:連帯保証人 ◆eZVfCm53nI2007/07/15(日) 00:04:31
あの・・・
「極度額5000万円 保証期間5年」ってどういうことでしょうか・・・。


前編 後編

329:名無しさん@お腹いっぱい。2007/07/14(土) 18:28:32
女房に内緒で友達の連帯保証人になっている。
支払いが滞り始めたと、債権者から電話があった・・・。
どうしよう、女房にバレたら即効離婚。
誰か助けて。


前編 後編

134:  2011/11/04(金) 14:56:12.49 ID:LgOIUAUSO
それからも、毎日この事で悩んでいたが、誰にも言えなかった。 
誰にも言えなかったのは、私の中では「帰りたくない 」という気持ちがあったので 
誰かに「帰った方がいい」「帰りなさい」言わるのが怖かったから 

その意見が正論で、自分が勝手な事も自覚していたので余計に話せず逃げていた。 

マキコさんはまだ私を疑っていた。 
居酒屋の時みんなで馬鹿話してて、私は普通にしているつもりでも 

「1今日ノリ悪いね、何かあったっしょ?」 

など何回も聞いてきていた。 
私はその度に、はぐらかしていたが、回数が多くなるにつれ 

「別に何もないっすよ、別にのってるじゃないすか」 

と、少し苛立った返しをしてしまう事もあった。 
マキコさんはそれでも冗談で返してくれたが 
別に何も悪くないマキコさんに八つ当たりしてしまい、帰宅してから自己嫌悪していた。 

そうなるのが嫌で、忙しいふりをして若干マキコさんを避けたりもした 

話す時はいつも通り、ふざけたり冗談言ったりして、避けてるとは悟られないよう自分なりに頑張っていたが 

上辺の態度が嫌いなマキコさんにはそんな物通用しなかった

このページのトップヘ