義親族

51: 名無しさん@HOME 2013/09/02(月) 00:56:57.65 0
義弟のところは上3人が男、どーしても女欲しい!と諦めきれずに4人目で待望の女。
上から小4、小1、幼稚園年長、2歳の4人兄妹。うちの子は女1歳半。

今年のお盆に義実家へ帰省したら、うちの娘が年長子の持っていたトミカに
興味を持ち、年長子も嬉しそうに「遊ぶ?」と聞いてくれたので一緒に走らせて遊んだ。
そのうち小1子も寄ってきて「これインプレッサ!これフェラーリ!」とかって
みんなでトミカで遊びだして娘もあか!ぶーぶー!とか言って大喜びだった。
そしたら、義弟嫁に泣かれた。
義弟娘ちゃんはいい子にお絵かきしてるのに誰も構ってくれない!
1歳娘ちゃんが唯一の女の子で従姉妹なんだから女の子同士で遊んでくれないと困る!
女の子なのにトミカの方が楽しそうとか信じられない!虐待!って言われた。

うちの娘、飛行機自動車電車大好き、体動かすの大好き、お絵かき絵本興味なしの腕白娘。
でも一応ぬいぐるみにおはようおやすみのチューしたり、髪の毛縛ったのを鏡で見て
「うふふv」って照れて笑うような女の子っぽいところもあるんだけど
帰省した時には動きやすい&涼しい(義実家エアコン嫌いだから)ように
ノースリープシャツ&短パンだったのも義弟嫁のカンに触ったみたい。
フリフリの可愛いお洋服来たうちの娘と義弟娘ちゃんが一緒にお人形遊び、
みたいなのがやりたかったらしい。
男の子たちがやたらとうちの娘と遊んでくれたのも、普段義弟嫁から
「義弟娘ちゃんは女の子なんだから一緒に遊んで男の子の遊びを教えちゃダメ」って言われてて
一緒に遊べないから小さい赤ちゃんと遊べるのが新鮮だったらしい。
旦那が義弟に「お前の嫁大丈夫か?」っていろいろ聞いたりしてたけど
結局2泊3日だったのを1泊で帰ってきちゃった。
「ここから車で1時間のイオンで1歳半娘ちゃんのワンピース買って着せましょう!」って
義弟嫁が泣きながら訴えるんだもん、怖いよ。
義両親は「男の子の親は大変だからねー」ってのんびり構えてるけど
男子親とか女子親とか関係ないと思う。何なんだあれ。
別にうちの娘がトミカ好きだろうがパジャマが電車模様だろうがいいじゃん、余計なお世話だよ。

長文での吐き出しごめん。あとフェイクちょっと入ってます。



4: 名無しさん@HOME 2013/09/01(日) 13:42:37.57 0
>>1
乙。

うちは義兄嫁がガッハッハ系のガサツな女性で困ってる。
以前は、物事をハッキリ言う分、裏表がないからまぁいいかと前向きに考えて
キツイ言葉やデリカシーの無い言葉も聞き流すようにしてたけど、
最近は子供が絡んできてそうもいかなくなってきた。
義兄のところは男の子ばかり4人もいるから、それぐらいで丁度いいのかもしれないけど
うちは一人娘で、思春期の難しい時期なのにデリカシーが無さ過ぎて。
娘が小6の時、従兄弟たちの居る前で「もう生理はきたんか」なんて普通聞く?
同じ女性として信じられない。
その場で抗議したんだけど「あらまぁデリケートね。ごめーんねー」だって。
その後も会っていきなり娘の膨らみかけた胸を鷲掴みにして
「お、出て来たな」なんて言うんだよ。
以来、娘は夫実家(義兄一家が同居中)には絶対行きたがらない。
夫からも義兄と義兄嫁両方にキツク注意してもらったんだけど、
義兄の方は「こういう女だから治らないし」って言うし、義兄嫁はしれっとしてるし。
だからもう娘には、行きたくなかったら来なくていいって言ってある。
私が娘だったらやっぱり嫌だもの。つか私だって本当は行きたくないし。
義兄嫁にだって思春期とかあったと思うんだけなぁ。
もしかしておっさんが女の着ぐるみ着てるんじゃないかとすら思うわ。


6: 名無しさん@HOME 2013/08/19(月) 17:38:10.56 0
コトメ夫婦が今年の春の転勤で隣の市に引っ越して来たんだ。
コトメには、乳児と幼児が一人づつ。地元じゃトメべったりで面倒見て貰っていたのが
突然の転勤でコトメもトメもびっくり。コトメ夫は総合職だから転勤もありなのは
当たり前って言うかコトメ夫転勤で東京から地元に来たんだし。
十年転勤が無かったので転勤ない人と結婚したと思っていたみたいで
転勤が決まった時に離婚させるってトメが相当暴れた。でも小さい子供が二人もいるのに
何言ってんだとウトにたしなめられて、転勤してきた経緯有。

私達夫婦が住んでいる隣の市の借上げ社宅に、決まってからはトメ・コトメともに
「お兄ちゃんがいるから大丈夫。面倒見て貰えるから。」と言っていたらしい。←もう一人の
自立したコトメ②からのちくり有。
でも私達に「よろしく」も「お世話になります。」もなしでいきなり
「三月○日引っ越しだから手伝いに来て。」と電話が来た。その日は息子の卒園式で
夫婦で出るから無理って返事をしたら、コトメに「え~妹の引っ越しと子供の卒園式
程度とどっちが大事?」と旦那に言ったそうだよ。
ここは私にとっても地元じゃないから面倒見てくれるような身内は無い。
夫婦二人でなんとかやりくりして子供二人の行事を回して来た。卒園式は私が役員だから
旦那がビデオを回すしかないんだよと説明するも「過保護だねぇ。」とコトメに言われた。
前もってこの日はどう?とか相談してくれたら、やりくりして旦那だけでも手伝いに行けたんだけどね。


21: 名無しさん@HOME 2013/07/03(水) 11:16:38.32 0
両親自営業・私20代 (既婚)・長男20代 (既婚)
の跡継ぎ予定の長男のことだが
・車を廃車にするx3(2年に1度程度)
・ジャンキー
・C型肝炎
・喧嘩・後輩社員に暴行x∞
・内、警察沙汰数回
・俺は誰よりがんばっている(仕事)
・俺は誰より正しい
・誰かに意見されるとふてくされてまともに会話できない
・自分のだらしなさを棚に上げて正論を言う
・都合が悪くなるといじけるor暴力
親に見放してしまえと言うが、他所で何をするかわからないから監視下に置いておきたいと言う。
もうすぐその長男の子供が産まれるのに心配。
実家の仕事が心配。
両親が心配。


6: 名無しさん@HOME 2013/02/28(木) 12:05:39.70 0
一年前に離婚した義兄、毎週のように休前日は日本酒片手に夫に会いに来て
元義兄嫁がメシマズで片付けできないヒス女だったという愚痴と、親権手放した子供
(4歳男児と赤ちゃん)への未練を泣きながら語り、寝落ちして泊まって帰る。
おかげでどこにも出かけられないし、何より鬱陶しい。
先週末は結婚記念日だから来ないでって前々から夫が頼んでたのにアポ梨で来て
「俺、心の内を他に話せる人がいないんだよ」って知るか!キモいんだよ!
もう我慢できなくて、義兄が愚痴愚痴言うたびに嫌味言ってやった。


134: 名無しさん@HOME 2013/04/25(木) 13:31:18.45 0
スレ移動を指示されたんで、流れ無視ですまん。
誰か俺がエネミーなのかどうか診断してくれる?

40代夫婦、結婚15年。中学生と小学生の2人男の子。
妻は俺の実家とは数年来疎遠になってる。
キッカケは酒乱のケのある父の勘違いから起きた暴言。
ただ、長男である俺が同居を選ばず、地元での仕事も選ばなかったことが根底にあって、その不満を妻に向けてる傾向があった。
長男なんだから帰省は一番に帰れとか、妻の実家に帰るのが多すぎんか、とかその程度ではあるけど。

ここ数年は俺と子供だけが年に3回実家に帰るくらい。
妻はそれすらイヤだそうだが、ガマンしている。
これはもう数年続いていて、よくも悪くもならないんだが。

俺は事業をやっていて女性職員に囲まれてる。
当然、忘年会やら歓迎会やらあるんだが、これがもう許せないらしい。

常識的な範囲の飲み会だし、俺もそれは辞めるわけにはいかんよ、というのだが、とにかく生理的によその女と旦那が楽しく飲むのはイヤなんだと。
あげく、イヤだと言ってるのに、理解しようとしないのはもう愛がなくなってるからだと。
これがキッカケで、今、妻は離婚宣言する手前で苦しんでる。

俺自身はどうかというと、何だこの状況?ってくらい、おいてかれてる感じすらする。
ちょっと病的にすら思うんだけど、これって俺が無意識に妻を追い詰める人間だからこうなってんのかな?
今はなだめてるところなんだが、本人がそこまでキツイんだったら、開放してやった方がいいのかね?


117: 1/3 2013/04/15(月) 11:19:45.56 0
自分の身内のことなんですが、相談があります。

多少のフェイク有で。

自分:長男、独身、彼女いない歴=年齢の30代、某都市で一人暮らし
妹:バツイチで再婚、別都市で旦那と生活、自分と2つ違い
妹の旦那(義弟):20代後半、大手企業勤務、有名大卒、エリート、初婚

妹夫婦の間でもめ事があり、旦那の真意というか、気持ちを聞いて、旦那と
話をしてみてくれないかと妹と実母から連絡があり、どうすればいいのかを
アドバイスいただければと。

以下、状況です。

妹は結婚するまで実家暮らし。
自分は実家から離れて暮らしていたので、メールのやり取りなどはあっても
年に数回の帰省時に会うだけのため、妹の旦那のことは、深くは知らないです。

とはいえ、私と妹、旦那ともに、仲が悪いとか、しゃべりにくいとかではなく
帰省時には、普通にしゃべりますし、旦那も私の実家にきて特に窮屈な感じが
あるというわけではなさそうです。
私の印象では、旦那はのんびりした感じで、多少クセがあるけど、温厚そうな
人という感じでした。

そんな妹夫婦も、数年前に子宝に恵まれ、妹は専業主婦として、育児に家事にと
大変そうでしたが、なんとか暮らしていたようです。


このページのトップヘ