旦那



前編 後編

647:529 ◆vrGX8yV2SvkB2011/07/12(火) 13:30:24.02
ご無沙汰してました、震災直後あたりに夫が危険厨だった者です。
離婚に向かって話し合いをしていたのですが、問題が出てしまって現在足踏みの状況です。

被曝して奇形児を生むような嫁はもういらなかったらしく、
(もうここの県民と他日本人とでは住む世界が違うそうです)
離婚はすぐにできると思っていたのですが、
何を思ったかこちらに来て具体的な離婚話をすると言われました。

猛暑の中、長袖長ズボンに帽子サングラスと枝野マスクをしてきたのには呆れました…。




前編 後編

529:名無しさん@HOME2011/03/24(木) 20:56:16.03
ちょっと愚痴。

旦那が危険厨だった。


私の実母は原発被災地在住。

昨日実父に「落ち着くまでもう連絡しないでほしい」と言われて、びっくりして訳を聞いたら
旦那が母に電話であることないこと吹きこんでいたらしい…。

「もうそこの県は永遠に人間の立ち入れない場所にする予定、今住んでいる人間は犠牲になってもらうつもりで県全域に避難勧告を出していない。」
「ニュースでの数値は嘘で10分の1にして発表している。絶対爆発するしチェルノブイリ以上になる。」
「もう天皇陛下も逃げだしたって知ってます?」
「知り合いの医療関係者がそこから逃げ出してきたそうですよ?」
「以前野菜を送ってきたことがあったが、これからは一切お断りする。(誰もこれからも送るなんて言ってないのに)」
「避難してもこちらの家を頼ってくることのないように。せめて被曝前だったら考えたが。(私はこちらにこいと誘ったが一度断られた)」など…。

気が小さく臆病な母はニュースを見ては毎日おびえて涙ぐんでいるらしい。

こんなことぐらいで、とは思うけど離婚を考えてしまいそうになる。



前編 後編

487:4032008/09/15(月) 18:19:48
度々の支援、ほんとに嬉しいです。
皆様の想像力、すごいですっ!!
続きます。

結局、そんな事の繰り返し(汚家での状況は変わらず経過)で2年が過ぎた。
ある日、元ウトから「見せたいものがあるから、帰って来い」と指令があった。

有無を言わせない元ウトなので、万障繰り合わせて、元エネ夫と、ねね県へ行くと。
車に乗せられ、3000メートル級の山々を望む「ど・田舎」の150坪の土地を、嬉しそうに披露された。


一人語りの元ウト。
「ここに家を建てる。ムチュコタン、わかってるよな?」と。
元エネ夫に「どういう事?」と目で聞いてみたけど、おどおどするばかり。

この件があって、このままだと、元ウトのリタイアを待たずにあの「ねね県」で「あの元ウトメと同居」だと、危機感を感じた。


前編 後編

403:sage2008/09/15(月) 17:24:52
流れ豚ギリ、しかも、スレ違いかもしれませんけど、
元エネ夫(だと思う。膿家脳もかなり濃い)との過去話を投下します。
長文になりそうな予感がするので、すみません。


大学時代から付き合ってた元エネ夫、私が大学を卒業するとすぐに、プロポーズ。
後で知ったんだけど、元エネ夫の両親が、私の大学卒業を待っていたかのように言い出し「パパンとママンが結婚しろ」って言ったからプロポーズしたそうな。
元エネ夫の意思でプロポーズしてくれたわけじゃないらしいorz

卒業した年の秋に結納。
卒業の翌年の初夏には、結婚いたしました。


元エネ夫、サラリーマンで 3つ年上。義実家が絡まなければ、良いヤツだった。
元ウト、小さい会社を運営するが婿養子。タヌキじじぃ。

元トメ、家事能力ゼロ。汚家作成能力、最強。
元コウト、当時大学生。私の2つ年下。唯一の味方だった、と思う。


結婚が決まるまで、1回しか会った事のなかった元ウトメ。汚家ではあったが、そこそこ良い人達。
元エネ夫も、元ウトメにいろいろ口出しされそうになると、軽く諫めて元ウトメの事を、そこそこ上手に扱っていた。

が、しかし。
結婚が決まり、お式の準備段階に入ると「何かがおかしい」と感じ始めた。
元エネ夫の実家は、赤の事を「ねね」と呼ぶ地方(以下、ねね県)。
私の実家は、某政令指定都市。元エネ夫は、転勤で首都圏。

元ウト「わしも会社をやっており、式は、こちら(ねね県)でやってもらう事になる。日取りは、わしの誕生日にした、はっはっは、めでたいめでたい」と。
うちの父も母も「おまえは貰ってもらう身なんだから、あちら様の意向に文句を言わないように」と。



前編 中編 後編

367:前スレ858 ◆jQpivhkGCc2007/05/15(火) 20:58:13
いろいろと心配をしていただいてありがとうございます。

結局夫は兄の住所を母に教えてしまいました。
母が兄宅に来て、「お母さんももうお父さんと暮らすのは耐えられない。毎日殴られているのよ」
玄関で言っていきました(ドアは開けませんでした)。

わたしたちがいなくなって父のボウリョクは母一人に向かっているようです。
兄が仕事中だったので一人で対応したのですが、なんとか追い返すことができました。


その後兄姉とも相談して、実家に電話をして、もう私たちとは関わらないでくれと宣言するつもりだったのですが、
父のほうから「あのうるさいがき(娘)は2度とつれてくるな、お前たちも育ててやったのに連絡ひとつ入れない
親不孝ものだ、3人そろって頭を下げて詫びを入れるまでうちの敷居はまたがせん」
と泣きたくなる位嬉しい絶縁宣言を逆に貰ってしまいました。


告訴の件は見送りです。本当はきちんと告訴したほうがいいと思うのですが、せいぜい執行猶予がつく程度なら、
これからさき私たちと娘が両親と関わらずにすむ方法を選びました。
 
夫とは離婚を前提に話を進めるつもりです。
「早く帰っておいで」とお花畑メールが来ますが、その裏で母に居場所を教えていたなんて本当に信じられない。



前編 中編 後編

70:前スレ8582007/05/10(木) 23:37:17
まだ兄姉とも連絡がつかなくて、ここに書き込ませてもらって少し落ち着いてきました。
ありがとうございます。

夫は怪我をした娘をすぐ病院に連れて行ったそうですが、診断書とってないので明日病院に行って来ます。
父が灰皿を投げつけた後、母がごめんねごめんねと娘に泣きながら謝っていたそうです。
その姿を見て両親を責められなかったそうです。

でも、それがあの人たちのいつものやりくちなんです。
私たちがボウリョクを受けていたときも、あとになって「守ってあげられなくてごめんね、ごめんね」と泣きながら自分だけはいい人になる母親でした。


近所ではボウリョク夫とそれに耐えるけなげな妻をずっと演じてきた母です。
だから夫婦そろって子供たちは絶縁したのに。

言葉と受けた障/害をみせるだけでは理解してもらえなかったのか、本当に悔しい。
優しい人だと思っていたけど、結局は957さんの言うとおり、母と同じ自分をよく見せたいだけの人だったのか。


前編 中編 後編

858:名無しさん@HOME2007/05/10(木) 22:16:03
今日夫はGW振り替えで休みだった。
娘を連れて遊びに行っていたのだが、帰ってきたら娘のうでに包帯、泣き疲れてて目が腫れ上がってる。

夫いわく、娘が生まれてから一度も私の両親に会わせていないのでこっそりつれていったと。
最初は初めて会う孫娘に舞い上がっていた父が、何かの拍子にいきなり切れて娘にむかって灰皿投げつけ腕に当たってひび。


何回も話したよね、私の右耳が聞こえないのは父になぐられたからだって。
私の姉がかるく足を引きずって歩くのは父に床に投げつけられたから。
兄は額に傷が残ってるけど実は体中に残っている傷も、父のボウリョクから私と姉をかばったからだよ。


まともに食事もさせず、中卒で十分だと高校からは学費すら出さなかった。不憫に思った祖父母が出してくれたよ。
姉が18歳で高校を卒業したら泡風呂屋に売ろうとした親だよ。

結婚前から兄弟そろって親と縁を切って、結婚式には兄姉が親代わりとして出てくれた。
絶対に私の親とは関わるなと何度もお願いしていたのに、なんで勝手に娘を連れて行く?!

「それでも親なんだから」とか言うな。「娘ができたから親を許せる」なんて勝手に決めるな。
娘ができてからますます実両親は許せないよ。
娘に同じ思いをさせたくなくて両親に住所も電話番号も教えず絶縁していたのに、馬鹿夫は連絡先を教えてきた。もう馬鹿すぎて何もいえない。


やつらと絶縁して平和に暮らしていたのに居場所もばれてしまった。
これからどうすればいいのか頭がぐちゃぐちゃして何も考えられない。



前編 中編 後編

898:1092007/11/07(水) 17:08:34
エネスレ60の109です。
スレ違いだったようなので、こちらに続きを書き込ませてください。

年末年始に妊娠7ヶ月(今は5ヶ月後半)で300㌔離れた義実家に行くのは子に危険だと説得して、年越しを義実家で過ごしたがっていた夫は納得してくれて義実家参りはなくなりました。

それが昨日なんですが、先ほど夫から
「昼間爺ちゃんが肺炎で入院したと連絡が来たから、今週末お見舞いに行こう」とメールが来ました。
長距離運転に備えて、オイル交換や空気圧を点検してから帰ってくるとのことです。

夫の頭の中では、妊娠7ヶ月での長距離移動は危険=5ヶ月での長距離移動はまだ大丈夫。
肺炎で入院している所に妊婦がお見舞いに行く=初の曾孫が楽しみな爺ちゃんが元気になる。
という風になっているようです。

エネスレでは私自身の問題も色々指摘されて、気をつける点もいっぱいあって
もっと心に余裕を持とうって思ってたけど、なんか疲れました。
でも夫には話さなきゃ解らないだろうから、今度こそ怒らず、喧嘩を売らず、
冷静に静かに、夫に解ってもらえるように穏やかに話をしたいと思います。

「もし肺炎がうつると困るの。薬も飲めないし、赤ちゃんにも負担がかかっちゃうんだ。お爺ちゃんのことは心配だけど、お見舞いは一人で行ってもらえないかな?ごめんね」って感じで良いんでしょうか?

旦那が私との見舞いを諦めてくれる、良い台詞があれば教えてください。



前編 中編 後編

375:1092007/11/07(水) 13:10:26
>>109です。文章下手です。夫と話し合ったので報告させてください。

子が危険という話をしたらあっさり年末年始の義実家参りはなくなったけど、果たして私の言うことがちゃんと理解されたかは謎です。
前提として夫は親戚中仲の良い付き合いの濃い家、逆に私は祖母が超クソトメで親戚中を不幸にしまくった為、親戚付き合いの全くない家庭に育っています。

夫からすると、義母や親戚からしょっちゅう荷物(新米とか高級海産物とかイヤゲ物ではない良い物)が送られてきているのに、年末年始に挨拶もしないなんて・・・と言うことらしいです。

でも私がそれらを送ってくれと頼んだことは一度もないし、
逆に送ってもらって気を使ってお礼の電話をしなきゃなのが苦手で
送ってきて欲しくないのが本音だと言ったのですが、
「皆親切で送ってきてくれているし、親戚付き合いはそんなドライな物じゃないんだよ」とか言い出すし。

「お礼を言われたいから送ってきてくれるなら送ってきて欲しくない」と答えると
「君はどうしてそんなに悪いほうに考えちゃうんだろうね」と悲しまれてしまいました。


前編 中編 後編

109:名無しさん@HOME2007/11/06(火) 09:59:37
私の旦那は私より料理作りも片付けも家事一般が上手で、
頼まなくてもすぐにやってくれる・・・というか私が旦那から「これして」と指示されるくらいに家のことをやってくれるけどエネだ。

去年結婚して、初の年末年始は旦那に言われて仕方なく義実家に滞在した。
旦那の学生時代の研究室の飲み会にだって、旦那が言うから参加した。

義実家帰りに道中で一泊したけど、旦那は宿についた途端に風邪で寝込み
私だけ夕食を食べ、私だけ温泉に入り、帰りは旦那が助手席で寝込む中雪山越えも含む5時間以上の行程を私ひとりで運転して帰った。

それもこれも「来年は二人で過ごそうね」という言葉を信じてたから。

今年は、私が妊娠したので最初で最後の二人きりの年末年始。
義実家に行かない分で浮くお金でデパートの御節とか頼もう!なんて
わくわくしていたら、旦那は既に義実家帰省+友人との飲み会を計画していた。

義母が私に会いたくて会いたくてしょうがないそうだ。
「去年は二人で過ごそうって言ったのに!」と怒ったら
「だって年末年始とお盆しか帰省できないんだし、皆が君に会いたがってるのに」
私は別に会いたくない。義実家も旦那友人も良い人たちばかりだけど
とにかく人数が多いし方言がきつくて半分くらい訳わからないし、息が詰まって苦しくて気疲れするのが嫌。

年末年始は家にいるとか、二人きりで旅行するとかしたいのに。
私の実家は隣の市だから帰省もしないし、ウチの親は「結婚って旦那さんの家優先のそう言うものよ」とか言う。

旦那は「また帰りに途中のどこかで一泊すればいいでしょ?」とか言う。
なんで私の希望が義実家のついでなんだ。なんで平気で約束を破るんだ。
なんで義実家の希望が私の希望より優先されてしまうんだ。
年末年始には7ヶ月だから、おなかが痛いと嘘言ってドタキャンしてやりたい。


このページのトップヘ