感動

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 中編 後編

82: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 21:22:10.18 ID:HwC5CvCWa.net
鈴木との電話を終えた俺はそのまま佐藤に電話しようかと思ったが
本当かわからないし本当だったとしてもそれを問いただしたところで解決すると思えなくなりするのを辞めた

モヤモヤした気持ちが残っていたがその日はそのまま眠りについた

次の日
学校に行っても幼馴染の姿はない
鈴木は俺を見つけて
鈴木「おはよう、大丈夫?」
と言ってくれた

昨日一方的な勘違いで怒鳴ってしまったのに俺を気遣ってくれて申し訳ない気持ちと感謝の気持ちで一杯になり朝から泣きそうになった


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 中編 後編

35: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 17:25:46.08 ID:aZXs2Eel0.net
戻りました

鈴木「は?見られてたの?めっちゃ恥ずいんだけど」

俺「ごめん、やっぱ泣いてたのか…でもなんで?」

鈴木「よくズケズケと聞けるよね笑」

俺「あっごめん…」

鈴木「まぁいいよ、見られちゃったんなら話すけど誰にも言わないでよ?」

俺「もちろん」

鈴木「誰にも言ってないんだけどさ、私田中君(仮)が好きなの」

俺「お、おう」

鈴木「でねこの前勇気出して話しかけたんだけど、そしたら田中君が幼馴染とメールしてるって言っててさ」

俺「うんうん、それで?」

鈴木「それだけだけど?」

俺「!?いや、泣いてた理由は?」

鈴木「あーなんか俺君に幼馴染の事で言われた時にそんなことで幼馴染に腹立てて学校来れなくなるほど追い詰めてたって思ったらなんか自然と笑」

俺「えっ幼馴染が学校来なくなったの鈴木関係ないって言ったよね?!」

鈴木「まさかそんなんでそうなると思わなかったもん」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 中編 後編

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 15:29:57.32 ID:aZXs2Eel0.net
昔付き合ってた幼馴染の親から10年以上ぶりに連絡が来た時の事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

 2013/04/09(火) 13:23:48.06 ID:7yKr5nIG0
6月。

いよいよサヤカは東京に行くことになった。
新幹線の時間を聞いていたので俺はサヤカを駅まで見送りにいくことにした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前編 後編

46
:名も無き被検体774号+ 2013/04/09(火) 00:39:56.78 ID:7yKr5nIG0
これは10年ほど前のお話。
全然ハッピーエンドじゃないので悲しいお話が嫌いな人はスルー推奨です。
大筋は実話ですが、会話に関しては私自身が体験したことじゃないことも多いのでその部分は創作になります。

登場人物
俺(ゆうすけ)
フツメン
背高い
サヤカのことを小学校の頃から好きだがなかなか言い出せずにいる。

サヤカ
アイドル事務所にスカウトされるほどの美少女
時期はモー娘、アクターズなどの全盛期
背ちっこい 多分Cかっぷぐらい



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    

498: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/05(土) 00:11:38.75
つづきます 

こうして嫁父とのセカンド・コンタクトは予想外の嬉しい方向で終えることができた。 
玄関で嫁家族に挨拶して玄関でると嫁が追いかけてきた 

嫁「俺さん帰りますか?」もうすでに深夜零時まわっていた、嫁と合流してから10時間近く経っている 
俺「帰ろうと思います」まだ嫁と話したいけど流石にね 
嫁「ちょっと待っててください」玄関に戻る 
嫁「あと2時間は私大丈夫ですよ~、父が許可くれました」 
俺「???親父さんが??」 
嫁「はい、俺さんなら大丈夫だから良いってw」 
嫁「俺さん父に気に入られた初めての男性ですよw」 
俺「なんかありがたいですね・・・」 
嫁「あと2時間しかありません、どこ行きますか?」 
俺「嫁さんが良ければドライブは?」 
嫁「いいですね~」 

嫁が俺の助手席にのるとき玄関あけてご両親が顔出した。 
俺は外に出て「2時までには必ずお返しします」と言って軽く会釈した 
嫁は窓あけて「ちょっと出かけてくるね」と手を振ってた。 

体全体が高揚する感じというのかどこかフワフワする感じと言えばいいのかな? 
久々に感じるドキドキとでも言えばいいのか。 

嫁は暗い車中でみるとキレイな横顔がより引き立つ 
外灯とか対向車のライトとかで一瞬、浮かび上がる嫁の顔が凄く印象的だった。 

嫁を乗せて他愛もない話をしながら特に目的地もなく車を走らせた

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    

417: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/04(金) 00:15:32.69
④感謝します。こんなに④頂いて嬉しいです。 

ダラダラ文章ですが最後まで書いてみます。ただ姪さんや会社関係で嫁と関係ない分に関しては書かずに少しでも早く終わるようにしますので週末までお付き合い頂ける人はお付き合い頂けると嬉しいです。 
本日、脱いでる人には残念ですが脱ぐ出来事ないです。 
ごめんなさい。 
個人特定については場所と作品は伏せる形で進めさせてください。 
たぶん道民でもマイナーな場所だから大丈夫!と思いたい 

つづきます。 

嫁の撮影した画像を嫁のカメラで確認するけど見づらい・・・すると嫁がSDカードをipadに取り込めば見れますかね?と言った、リサイズすれば見れるかもしれない。 
そう伝えると嫁はカメラとipadを持参して俺のテントに来た。 

嫁がipadにデータ読み込ませてる間、俺は珈琲のむ準備してた。 
なんとなく緊張する決して広いとは言えないテントで嫁と二人かぁ。。。 

嫁「読み込みできました!これです」とipadを俺に渡す 
ipad で見た限りでは嫁は露しゅつやシャッタースピードなどまだ手探り状態のようで普段はプログラムモードで撮影してるんだろうなと推測した。 
そこで俺ならこう撮るという感じで教えて嫁も分からないこと質問する、俺答えるという感じでテントで過ごした。 

なんというか嫁といるのが居心地よいと感じる自分がいた。 
最初の嫁ではなく今の嫁に対してだけど趣味が同じで好きな被写体も一緒だと異性でも意気投合するんだなと認識できた。 

嫁のリアクションも素直で教え甲斐があるのも理由のひとつだと思う。 
風はドンドン強くなるので今日はもう撮影無理かもしれないなぁと考えてると嫁が話だした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    

348: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/03(木) 08:56:31.13

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    

299: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/02(水) 12:02:11.56
取り急ぎですが投下しますね。昼はこの後用事あるので1本ですが。 
時間みつけて書いていきます。文章がダラダラと長く簡潔にまとまらずすみません。 

続きます 

結局、会社は3日休んだ。 
その間に吹っ飛んだ仮歯跡の治療した程度であとは自宅でひたすら休んでいた。

出勤したけど青タンと若干の腫れは残っていて会社の人には心配させてしまった。 
ウチの会社には先々代から働いてる通称「長老」と呼ばれるベテランと先代から働いてる総務経理のベテラン通称「トミさん」の二人がいる 

この二人がいてくれるお陰で現場の悩みは「長老」、経理の悩みは「トミさん」に頼る事が多い。 
他の社員に相談できない事もこの二人にはアドバイス仰ぐことも多く色んな意味で助けてもらってる人達です。 

出勤したときに長老から「若(俺の呼び名)ケンカしたのか?」 
トミさん「若ちゃん(トミさんはこう呼ぶ)どうしたのケンカ?」 
俺「いや、転んでしまって」 
トミさん「若ちゃん休んでる間に仕事たまってるから頑張ってね」とハッパかけられる 

こういう時は仕事でも忙しいほうが気持ちも切り替えできて仕事たまってる方が良かった 
その後、数日間は嫁一家の事は考えることもなく平穏に過ぎた。 

ある日、現場から会社に戻ると 
トミさん「若ちゃん宛に電話来てたよ、これ相手の電話番号」 
メモにかかれた電話番号と相手の名字には心当たりなかったが仕事関係の人かもしれないので電話した 

すみませんが昼はここまでとなります。時間みつけて続き書いて投稿します。?ありがとうございます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    

253: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/11/01(火) 00:47:40.73
俺は遭難してた女を見棄てたら結婚してた。

このページのトップヘ