驚き

202: 名無しさん@HOME 2014/05/25(日) 14:37:59.45 0
ちょっとこのスレに書きたくてたまらない
友人のプロポーズ話を聞いてしまった…



883: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 21:07:20.68 ID:ohGMCVzK.net
小学校の頃の話。どっちかと言うとほのぼの系かも。

算数の時間、先生が「紙を1回折ったら折り目は2本。2回折ったら3本になる。
では、3回折ったら何本になる?」
とみんなに言った。級友は1回で2本、2回で3本だから、2本づつ増えるものと思って
ほとんどが「5本」って答えだった。しかし俺はたまたまその前の晩、同じことを実験した上で、
「2の折った数の乗数-1」という公式が成り立つことを知っていたので、一人だけ
「7本!」と答えた。みんな「えー、何言ってんの?」「バカじゃね?」とかボソボソ言ってるのが聞こえてきたし、
先生も知ってたのか知らなかったのか「先生も5本だと思うけどなー」とか言ってた。
しかし俺は意見を変えなかった。7本と言ってるのはクラスで俺一人。

そしてクラスの前で先生が紙を折って実験。結果は俺の言う通り。

しかしそのとき俺一人だけがその公式を発見していたということより、帰宅してからこの話を父にしたら
「自分がこうと思ったら付きとおすのは大事なことだ。よくやった」と言われた方がうれしかった。


921: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/05(水) 15:50:27.14 ID:lwq9hCWC.net
合コンで警察官の男が来ていた
相手側の女性の一人からの「警官ってモテそうなのに、彼女いないんですか?」の一言から、警察官の恋愛事情が話題になった
休みがあまりないことや内部規律が厳しいことからなかなか出会いがないとのこと
すると男側の一人が「しかも婦警ってみんなブスだしなw」と言い出した
そこから男も女も盛り上がり、「婦警はゴリラみたいなのか女捨ててるヤツしかいない」「普通のOLでは下の上レベルが美女扱いされる」など言いたい放題
警察官の男ははじめは黙って聞いていたが、突然きっぱりとした声でこう言った
「いや、美人はいるよ。その辺の女よりも絶対綺麗な子もいるし、サッパリした性格でみんなカッコいいよ」
そして、そいつの同僚とその奥さん(元警察官らしい)の写真をスマフォで見せてくれた
確かに超美人だった、女優と言われても驚かないくらいの
その場にいた全員「マジか・・・」と絶句していたけど俺は警察男GJその同僚GJその奥さんGJと思ったね
まあ俺は駅前でゴリラみたいな婦警さんを見たことがあるけどね
いつも笑顔でいい娘そうだった、少なくとも俺の数倍は強そうだった


973: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/07(金) 19:23:28.57 ID:87hhGAbJ.net
社長同士が仲が良い同業他社のA社の業績が最近良いらしい。
社員がすごく頑張っているらしく、新しい取引先とかバンバン開拓してるらしい。

うちの社長はそれが非常に羨ましいらしく「A社の社員は良く働くのになんでうちの社員は……」と愚痴ばっかり言ってた。
みんななんと反応してよいのか困ってたら、先輩のBさんが静かに切れたらしく「社長のカリスマ性が違うからじゃないっすかね?」と言い放った。

以降社長は社員の前で愚痴は吐かなくなった。


988: 俺は勇者だろ@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 11:02:33.46 ID:HcOC5WOb.net
スレも終わりに近いが 俺の武勇伝を聞いて欲しい

今年の夏のことなんだが
姉の子供の4歳の誕生日プレゼントを買いに おもちゃ屋に行ったんだ
その店にはテーブルがあって 絵本が読めるスペースがあったんだが
そこで姪と同じくらいの女の子が一人で絵本を見てたんよ
その近くの棚で 商品を手に取ったりしながらも その女の子をちらちら見てる怪しい男がいたわけ
男は商品を戻して違う商品を手に取ったりしてたんだけど
明らかに商品じゃなく その女の子のほうに意識が行ってる
怪しいと思って見てると 男が女の子の後ろから近づき 声をかけ
手を引いて 出入り口へと向かって行った

俺は本能的というのか・・・
このままじゃヤバイことになってしまうと感じた

すぐに店員(A)に伝え その店員が他の店員(B)にも話し
Bが店長に伝えてくると言い去っていった
そうしてるうちに 男と女は店から出て行くところだった

俺は車に乗り込まれたら手遅れになる そう言って
店員Aと外に出て行ったんだ

A「待ちなさい! その子をどこに連れて行くつもりですか!?」
男が立ち止まり 振り返る
俺は中学生の頃から柔道をやっており 高校では地区大会ではいつも優勝
全国大会ではいい結果は出せなかったが 県大会ではいつも上位
それなりに強いと言う自信があった
相手が武器を持っていないことを願いつつ
最悪 自分が怪我をしたとしても女の子は助け出す そういう気持ちでいた

つづく


111: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/13(月) 18:40:50.46 ID:sxKzSIcD.net
二十代前半のとき、ひょんなことから昔のクラスメイトが引きこもりしてるって友達から聞いて
言い方悪いけど遊び半分でそいつの実家に様子見に行った。
その子とは家近かったし、昔はよく遊んでたからね。その子のおばさん曰く、部屋に籠って口もきかないらしい。
私が遊びに行ったときも部屋に籠って顔見せなかった。だから超適当に昔の話とかして、お菓子いただいて帰ろうとしたら
おばさんが千円くれて「これからも遊びに来て、ドア越しでもお話してほしい」と言われた。
当時若かったし、千円というと大金に近かったから、ほぼ毎日その子の家にいって私のバイトの話とか彼氏の話とかしてお菓子いただいて帰ってた。
一年くらい続けたら、髪ぼっさぼさで青白い顔したその子が部屋から出てきた。おばさんは泣いて喜んでいた。
まさか千円がほしくてやっていたとは言えなかった……。その子は、それからバイトとかして見合いで結婚した。


270: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 23:00:50.28 ID:FPVGc5s8.net
友人A→手が掛かる時期の子持ち
友人B→独身

久々に3人で会おう、ということになり子育て中で外出もままならないので、Aが自宅に招いてくれることになった。
迷惑にならないように、当日は早めに切り上げて…と思い、Bにその思いを示し合わせておこうと連絡したら「大丈夫だよ☆私はいつもA旦那が帰って来るまで、子どもと遊んでいるし、長居しても問題なし!」と返信があった。これにはウヘァ…。

私自身、現在妊娠中でBから「子育ては舐めない方がいいよ!」と言われ続け、アホかとスルーしてたが、こういう背景があったのか。
このおかげで今後の付き合い対策ができそうだ。


200: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 14:55:15.29 ID:7gOFhidt.net
何年か前の話なんだが
卒業後、大学のゼミの友人たちと2年ぶりくらいに会って飲みにいった時
在学中は「ほんわか毒舌系」みたいなポジションだった女の子が
毒舌通り越してただの性悪クソババアになってた

職場に自分より年配の男性後輩が入ったらしいが、よくわからんけどムカつくんだってさ
定時過ぎてもその後輩がいると「定時すぎてんのに何でいんの?」って口に出して言ったり
(別にツンデレ的な優しさではなく「働き者アピール(笑)」だと彼女は解釈しているらしい)
その他、結構な嫌味を口に出して言っているらしい

それだけでも十分どん引きなんだが、極めつけが
「そんだけ私ひどいこと言ってんのに全然怒らないで謝るの、マジキモイ」
意味がわからなすぎる・・・繰り返すがツンデレとかそういうのでは絶対にない
性悪クソ女のいじめに大人の対応されて逆ギレしてる構図じゃないか

その子がその時女グループの話の中心になってたから、周りはとりあえずうんうん聞いてたけど
すぐ隣の男グループは「あの話なんなん?」「ついてけない」と言ってた、そりゃそうだわ


188: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/12/27(水) 13:25:04 ID:5c+/8wdc
間違いメールで冷めた話。
当時付き合っていた(元)彼氏から

「( ゚∀゚)彡ひんぬー!ひんぬー!」
「うpまだー? ( ・∀・)」
「ひんぬーは僕らに夢を与えてくれてるよね!」

という、ひんぬーへのパッションメールを私に誤爆した。
最初、某板のうpスレかアンカスレにのっけられてるのかと
思ったが、どうやら純粋に誤爆した模様。
返信として、「死ね、市ねじゃなくて死ね」か、
「死ねばいいと思うよ」と返そうかと思ったが、落ち着いて
「乳が無くて悪かったですね」と返しておいた。

その後、元彼から誤爆だった事の説明と謝罪メールが
届き、その送り先の友人(私と彼氏との共通の友人)からも
お詫びメールが来たが、

「貧乳悪くないよ」

泣いた。


169: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/12/27(水) 10:28:53 ID:p3AMt8tf
デートの約束をしていた彼。

親類が危篤という知らせが入り急遽病院へ向かう事になった。
「こういう事情で会えなくなった。」といった時に、
「俺とだって今日会えなければ俺が事故で死んでもう会えなくなるかもしれない。」
と、俺とのデートを優先しろと言われた。

本当に死んでくれ、と一瞬ではあるが心の中で思った。


このページのトップヘ