驚き

359: 愛と死の名無しさん 投稿日:2013/01/17(木) 10:03:00.51
主人が不幸だった結婚式。

・新婦は主人の高校時代の部活の先輩
・結婚してから数年たっていて主人は新郎とも顔見知り。

挙式披露宴は無事に終わったが、披露宴が終わると
新郎「おい、○○(主人)二次会やるんだけど何も決まってないからお前幹事な。今から店決めろよ」

土曜日の夜に土地勘もない場所で、数十人の宴会が出来る店探しに使われ、やっと探し出すも1番年下だった為飲み物運んだりとほぼ飲み食いもできず、会費だけはバッチリとられてヘロヘロで帰ってきた主人。

主人は気づいてなかったけど元々パシリっぽい使われ方してたし、そのあともイザコザあって無事CO。



328: 愛と死の名無しさん 投稿日:2013/01/15(火) 01:04:08.87
私の結婚式なんですが
あまりにも口出ししてくる姑さんに辟易して何もかもやる気を失ってしまい
さらに夫になる人は口ばかりで何もしなかったし、親の顔色みてばっかりの役立たずだったので
「本気でまかせるってことね、いいよ好きにするよ」と宣言して

「地域の嫁になるのですから地元で式をやります」と、親と親戚に頼んで
前から ○○(地名)の嫁入りって行事をやりたがってた方々にお話しし町内会と役所を巻き込んだ
地元のジジババにもちあげられてNoと言えずに、地元神社での式と公民館での披露宴OKした。
衣装なんか、姑が着せたがってた衣装たち消えで、借りものだけどすごいうちかけになった
姑が選んだ花嫁衣装じゃないってだけで私は大満足

思う存分やっていい、皆さんに祝っていただきたいという大義名分の下
朝8時花火があがり、家から花嫁行列。
市の広報の人とか地元TVとかアマチュアカメラマンまでいっぱい来ました
9時ごろ地主さんの家の御庭でなんかの儀式と食事会
そして10時から神前で式の後、地獄の披露宴
普通でも4時間位やつような土地なんだけど、10時間くらいやった。

当時は超めずらしいマグロの解体ショーとか地元中学の吹奏楽部が生演奏とか小学生のマーチングバンドとバトントワリングとか
餅つきとか、鏡割りとか、神輿とか、社交ダンスとか、修験道の人がほら貝ふくとか、政治家がくるとか、大衆演芸とか演歌とか
日が暮れてからのキャンドルでライトアップとか〆は提灯と松明行列だったらしい。
同じ地域に住んでるとはいえ、リーマン家庭でマンション暮らしで地域に疎かった夫一家と親族と来客は憔悴してた
何も知らずに参加する側は地獄だよね
私は楽しんだけど。

20年もったけど離婚記念カキコ


290: 愛と死の名無しさん 投稿日:2013/01/10(木) 16:37:23.28
同僚がクリスマス婚をした。

クリスマス婚というだけで微妙だったのだけど、場所が海の見える式場。
写真とブーケトスは海の見える庭で。
披露宴では新郎新婦によるデザートの取り分け。各自記念写真とお礼の言葉付き。
帰りも庭を通ってお見送り。

そして親戚の子供にインフル完治前の子がいて、その子からインフルエンザ感染。
とにかく年末の忙しい時期に職場がインフルエンザが蔓延した。
ちなみに同僚は正月休みに行く新婚旅行が中止になると困るので、会社を休みやがった。

私も見事に感染し、熱が3日間39度から下がらず入院した。

仕事初めに出勤した同僚はインフルに感染した人に「あー、うちらの愛の力をもってしてもインフルになっちゃったのかー。」と言い、現在総スカンらしい。
明日から会社に行くのが色んな怖い…。


121: 愛と死の名無しさん 投稿日:2012/12/17(月) 00:19:05.64
不幸ってわけじゃないのだろうけど、

だいぶ昔の話。友人の披露宴で余興を頼まれた。
私達が選んだ曲は当時流行っていた「てんとう虫のサンバ」。
当日、まず新郎のお友達から、ということになって、そこで彼らが歌ったのが「てんとう虫のサンバ」。
それから私達が、「え?」という雰囲気の中「てんとう虫のサンバ」。
さらに新婦の身内という女の子たちが「てんとう虫のサンバ」。

新郎のお友達はわりと初々しく歌いあげて会場は盛り上がり、
私達が歌った時点で会場は露骨に困惑した雰囲気。しらーっとしていたと思う。
女の子たちの歌は三回目ということもあって、そういう方向では大受けだった。
ちびっこもいて可愛かったし。

ただ、かぶってるって知った時は生きた心地がしなかったよ…


36: 愛と死の名無しさん 投稿日:2012/12/05(水) 13:20:13.51
自分自身の結婚式の事

ごく近い身内だけで結婚式を挙げた(両方の両親と兄弟だけ)
神前で式を挙げて、写真だけを撮るという簡素な物でした。

そこで親族の写真を撮る時にカメラマンに何度も
「花嫁さん笑って!」って言われ続けた事がすごく嫌だった
私は口が小さくて、昔からあまり表情が豊かな方じゃない。
黙ってるとよく「怒ってる?」とか「何考えてるかわからない」って言われた。

自分では一生懸命にニコニコしてるのに、何度もカメラマンに「笑え」って言われ
怒りの顔に変貌していくのが自分でもよくわかった。
結婚式の集合写真はその後に捨てた。
表情の無い顔で悪かったわよ!


27: 愛と死の名無しさん 投稿日:2012/12/04(火) 20:47:21.51
おれが行った悲惨な結婚式スペック

新郎:サラリーマン
新婦:OL兼セクキャバ嬢

出会いの場:セクキャバにて

結婚式の状況
新郎側が式場の勧めや新婦側の友人の忠告を断って、招待状を送るのを拒否
式当日、新郎側来賓である会社上司などがのきなみ欠席の空席
新郎のあいさつ『来賓のみなさまに日にちを間違えて伝えてしまった。申し訳ございません』
そのまま二次会でネタ話としてワイワイするがみな悲惨だとわかっててつっこまない
新婚旅行へ旅立つ⇒帰宅して離婚

ただ単に×つけただけの悲惨な結婚式だった


491: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/20(火) 10:16:24.20
たおぱんぱの流れを遮って。
昨日の話。
電車で隣に座った夫婦がエネ夫とその妻だった。
「あのさ、昨日のお袋への態度なに?」
「お前はいつまでたっても料理が上手くならないよな、お袋に訊けっつうのに訊きゃあしねえし」
「不味いとかじゃないよ、要は家庭的かどうかだよ、俺にとっては家庭の味ってのはお袋の味噌汁なんだよ」
「お袋が蹴っただの脚踏まれただの言うけどさ、年寄りの力なんてたかが知れてるんだよ、大騒ぎするお前が悪いよ」
「そうやって仲違いして楽しいの?」
というようなことを一方的に奥さんに話してた。
奥さんは黙って下を向いてて、返事をするでもなく、エネ夫を制止するでもなく。
すると、エネ夫の隣に座っていた女子高生二人組(私は奥さんの隣)が、突然「そういえばさー」と話し出した。
「うちのねーちゃんの旦那が超マザコンでさ、やれママみたいにしろ、やれママみたいに出来ないお前はダメだぐれーのこというんだー」
「うっそ、マジキモいんだけど」
「そんなにママがよければママと結婚しろっつーの」
「誰も犠牲の出ない、いい選択だわ」
エネ夫、女子高生の方を向いたんだけど、
「は?別におっさんの話じゃねーし、うちのねーちゃんの旦那がマザコンでキモくて最低って話だし」
「なに、おっさん心当たりあんの?」
そこまで言われて、エネ夫立ち上がって移動しようとした。
でも、奥さんは立ち上がらなかった。
おい!って苛ついた感じで声をかけるエネ夫、奥さんは少し経ってから立ち上がろうとしたんだけど、私は反射的に自分の鞄の中身をぶちまけた。
思ったより派手に散乱して焦ったw
でも奥さんと女子高生達が一緒に拾ってくれて、その間にエネ夫はいなくなってた。
拾いながら女子高生がGJしてくれたw
すいません、って謝ったら、「ありがとうございます」と泣き声でお礼をいわれた。
そのあとすぐ降りちゃったのでその後は分かんないけど、あの奥さんが幸せになったらいいなと祈願してカキコ。


61: 可愛い奥様 投稿日:2011/09/15(木) 14:06:46.99 ID:9X/NsN6h0
因果応報はやっぱりあると思う。
私は顔に大きな目立つ傷があって、子供の頃はいじめられた。
子供だから見たままをはやし立てるけど、子供だから見慣れてしまえば
何も言わない。
けど、しつこく罵倒してきたり陰湿な言葉の攻撃をしてくる子供が
どこにいっても一定数いた。
私は子供なりに人を見る目ができたと思う。

今、40代だけどその人たちの消息を聞くことがある。
陰湿にことあるごとに、言葉で私を傷付けた女子は、若い出産なのにダウン症の子を産んだ。
顔を見るたび、罵声を浴びせかけてきたガキ大将の嫌われ者は、離婚して酒びたり後に
40歳そこそこで死んだらしい。
もう一人の男子は、生まれた子供が難病で本を出版していたな。

長いスパンで見ると人を傷つける人は必ず運気を削ってる。


247: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/06/12(水) 16:35:14.46 ID:sqtgr/YV
30年くらい前、電話ボックスに財布を忘れたら
20分後にはもうなくなってた。
財布は彼女が卒業旅行で買って来てくれたブランド財布だった。
中身は3000円くらいしか入ってなかったけど。

車の小銭入れに残ってた800円でラーメン屋に入った。
味なんかわかんねーけどとりあえず腹一杯にはなった。
そのラーメン屋の駐車場におっこってたボックス入りのタバコに
折りたたんだ3万円が入ってたんだけど神様っているんだなあと思った。


17: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/04/08(月) 01:35:45.10 ID:qwDd2nGE
昔の職場は絵に描いた様な真っ黒な会社だった
その日も夜勤明けに上司から仕事押し付けられて、結局夕方まで仕事してフラフラしながら帰ってたら、帰り道で露出狂に遭遇した
少し前から近くで露出狂が出たという話は聞いていたし、危ない目にあうかもしれないから会ったらすぐに逃げろと言われていたけど
もう眠くてはよ帰って寝たいのに道を塞ぐ男に(仕事押し付けられたせいもあって)イライラが頂点に達して、脳内から逃げる選択肢が消えて、戦いのゴングが鳴り響いた
鞄の角(金属付き)を顔面に叩き込んで、悶絶する男を所かまわず蹴飛ばして、呻いてるのを見下ろして
「次は切り落としてよろしいですか?いりませんよね?」っておもむろに鞄からハサミ取り出したら、悲鳴上げて逃げていった
どう考えても過剰防衛だったのと人気のない道でハサミをチョキチョキしながら舌打ちするこっちのがヤバかった気がしたけど、眠気と怒りで正常な判断は出来てなかった
でも帰って寝た後に「なんてことをしちゃったんだ!」と死ぬほど焦ったのは内緒

それから露出狂は出なくなったけど、何故か小学生の間で口裂け女亜種の様な感じでしばらく噂になってた
話聞いて「何だか怖いな」って言った旦那よ、すまん、それ私だったんだ


このページのトップヘ