驚き



前編 後編

917::2015/04/19(日) 17:32:55.42 ID:
初めて相談なんだが、嫁の浮気相手が実の兄なんだが、頭が混乱してどーしたらいーのかどーしたいのかすらわからん




前編 後編

567::2016/05/06(金) 13:39:23.63 ID:
嫁と間男にころされかけた男ですが皆さん覚えてますか?
先月末に元嫁が出所して何故か俺の実家に行ったそうです。



前編 後編

104::2015/09/24(木) 17:23:39.89 ID:
嫁と間男とその他にころされかけたってのはここでいいの?



前編 後編

593:456:2014/02/01(土) 10:55:41
〆たあとで、書き込みすまない。
色々な意見を読ませてもらって次の糧にしたいと思う
すぐに対応しなかったのが悪いとか、
初期対応が遅すぎるとか言われているので弁明をしたい

仲人からも縁談終了の連絡を受けました。
その時に聞いた話なんですが
1ヶ月前、元今彼女家に元カノと俺との情報をかいた手紙が投函される
元今彼女家から元カノ母に確認の電話を入れる
元カノの状況を知り、元今彼女家で話し合い
10日前に俺に事実の確認を取る(=ここで初めて俺が知ることになる)
ほぼ同時期に元カノ母から電話を受ける。
俺が事実を知った時には、全て終わった後で手を打つような段階じゃなかった。

元今彼女家に手紙を入れたのか誰か分からない
元今彼女家から元カノ母に連絡を入れているので
元カノ家に対して、接触禁止、慰謝料請求が出来ないそうです

ここやよそで俺を非難する意見を見て、心が氏んでしまいました
当分、交際は控えようと思います。


前編 後編

456:名無しさん@HOME:2014/01/29(水) 01:15:11
2年前に5年付き合った元彼女との結婚の挨拶に彼女の両親に会いに行った
元彼女の父は、長女が結婚したばかりで、寂しくなっていて
次女である元彼女の結婚することに反対した
長い時間、挨拶に出向くも相手にされず、元彼女も不機嫌な父親を気にしていて先に進まず
元彼女のはっきりしない態度に嫌になって、半年の出張を期に別れた
その後、見合いして交際中で、3月くらいに結納を考えているところに
元彼女の母親から電話があり、元彼女が俺と別れてから鬱病になり仕事も辞めている、
父親も反省してもう結婚は反対しないから、一度、家に来てほしいと
俺は正直に、見合いをして、交際している相手もいる、
3月に正式に婚約を考えているところだと話した
元彼女の母親は、俺が他の人と結婚したら、娘が自刹してしまうので、考え直してほしいと
俺は、相手のある事なので無理ですと言った
元彼女の母親が、今彼女に別れるように話していることを今彼女の両親から聞いた
俺が、身の回りを整理するまで、お付き合いは考えさせてくださいって言われた
まわりでは、元彼女と納得して別れなかった俺が悪いと言う話になっている


前編 中編 後編

238:離婚さんいらっしゃい2013/10/17(木) 01:34:19
やっぱりあれだね
会社絡みなんてことは最悪だね
かさぶたをはがしつつここにアップしてくれてありがとう

ファミレスを出た元嫁が泣いていた気持ちの中にもしかしたらだけど
こんな思いをさせてしまった詫びの気持ちと同時に
あっさり離婚に応じて別れる夫の決断の速さに一抹の寂しさもあったかも知れないですよ
これは微妙な女心で間男に行くくせに別れる夫に少しだけで良いから粘って欲しいっていう
自分勝手なわがままというやつですw
こんな気持ちはもちろん間男にも言えないでしょうけど
実際元嫁がそう思ったかどうかは知りませんがそんな印象を受けました
きっと間男の車の助手席に乗っていながらそんなことを考えていたかもですよw



前編 中編 後編

44:離婚さんいらっしゃい2013/10/10(木) 18:04:13

携帯電話関連の兆候

?家の中で肌身離さず携帯電話を持っている。
?一緒に居る時にかかってきた電話に出ない。
?かかってきた電話に一人だけで離れた場所で出る。
?携帯電話を2台所有するようになった。
?携帯電話にロックをかけるようになった。
?携帯電話が常にマナーモードやサイレントモードになっている。
?こちらから電話をかけても、電源を切っている事が多い。
?こちらから電話をかけても、出ずに折り返しかかってくる事が多い。
?かかってきた電話の応対がよそよそしい。
?メールの着信があっても、その場で確認しない。
?発着信履歴やメールの送受信履歴などを常に削除している。
?携帯電話を操作している時に不意に近づくとすぐに操作をやめる。
?携帯電話を置く時には、表示画面が見えないように裏返しに置く。
?携帯電話の利用料金が急に増えた。
?ワンコールなどの着信が増えた。

身だしなみ関連の兆候

?服装が派手になった。
?化粧が派手になった。
?香水をつけるようになった。
?見慣れないアクセサリーをいつの間にか所有している。
?高価な*着、派手な*着等を着用するようになった。
?外出時に新しい*着に着替えてから出掛けるようになった。
?新しい*着が増えている。
?結婚指輪をしなくなった。

仕事関連の兆候

?急な「残業」「付き合い」などの理由で遅い帰宅が増えた。
?休日を教えなくなった。
?休日出勤をするようになった。

パソコン関連の兆候

?パソコンにパスワードを設定してロックするようになった。
?パソコンに触れさせなくなった。
?パソコンの操作中に近づくと、画面を切り替えたり電源を切る。
?履歴を常に削除している。

生活関連の兆候

?帰宅後すぐに風呂に入るようになった。
?帰宅時に石鹸の匂いがする。
?食事の好みが変わった。食事に手を抜くようになった。家事をしなくなった。
?金遣いが荒くなった。クレジットカード類の利用が増えた。
?知らない鍵を所有している。
?外食が増えた。
?せ*的関係を拒むようになった。回数が減った。自分本位になった。
?手や体に触れるのを嫌がる。
?同じコップや箸、スプーン、フォークなどを使わなくなった。
?避妊具を隠し持っている。避妊具の数がいつの間にか減っている。
?今日はどこで何をしているの?明日はどこに行くの?など、こちらの予定を詳しく聞いてくるようになった。
?テレビ等で浮気や不倫の話題が出ると無口になる、テレビから目をそらす、チャンネルをすぐに変えたりする。
?家族との会話が少なくなった。
?こちらの質問等に逆切れするようになった。
?今まで付き合いのなかった名前の人と頻繁に付き合うようになった。

その他の兆候

?毎週、同じ曜日や時間帯に外出する事が増えた。
?同窓会や懇親会などの集まりの回数が増えた。
?自宅の電話に間違い電話、イタズラ電話、無言電話などが頻繁にかかってくるようになった。



前編 中編 後編

14:離婚さんいらっしゃい2013/10/06(日) 10:17:24

五年前、嫁が取引先の男と一年以上不倫してたの判って、悲惨な修羅場をくぐって離婚。
慰謝料と、相手の会社から“迷惑料”受け取ったけど、手をつける気にならず銀行に置きっぱなし。
この八月、元嫁と、再婚した不倫相手が一緒にいるところに偶然バッタリ。
元嫁、信じらんないくらい綺麗になってた。もう36だけど。

で、子供二人連れてた。
どうも、って言葉交わしただけで、何も話さなかったが、幸せオーラが伝わってきた。
一週間くらい落ち込んだ。


「不幸になればいいのに」って考えで頭が一杯の自分もイヤになった。

俺は離婚以来、女に無縁。この先も多分同じ。

「身軽で良いね」なんて言われるが、仕事しか能ないけど高給取りでもない、
イケメンでもない40歳じゃ、このご時世、再婚もキツい。

スンマセン愚痴.でした。



    

455:はじめまして名無しさん04/12/17 08:54:51 ID:???
どれ、一つ クマー だとして釣られてみようか。

妻に対して自分が叩かれる事で妻の怒りはおかしくないよ安心していいんだよ
と言う事を伝えたいとしたら、それなりの配慮を踏まえて書かないと。

自分のこれまでの愚行で現在妻がメンヘルになってんだとしたら
家族としてしてやれる事をクリニックの医師に色々相談して
それこそ自分が妻に対する考えを改める事に専念するだろ。

まともに配慮出来ずに書き込んでるとしたら、耐えられなくて
ただ他人に頼ってるだけじゃないか?

素直にすべて吐露する事は己の罪の許しを請う、教会で言う懺悔みたいなもんで
楽になりたいからだろう。
お前さんはまだ楽になったらダメなんだよ。



    

352:昔 ◆JRps2MHPuE04/12/15 00:58:42 ID:???
仕事を変わる。
親兄弟親戚と縁を切る約束は、
実行されなかった。
すぐには無理だと、妻をなだめた。
妻も仕方ないね、と言った。
親父は心臓が悪いからと
あまり働かなかったので、
実際の仕事は、
俺1人でやっていたようなものだったからだ。
別の仕事を決めたら
婚姻届を出そうねという妻に、
待っててくれというしかなかった。

俺の仕事は建築関係で、

手がけていた現場が終了した日に
俺はケーキを買って帰った。
「仕事終わったぞ。明日から職探しだ!」
「おつかれー!婚姻届も出しちゃったよー!」
妻が戻って来た。
長女は踊りまわり、
2歳になろうとしていた長男も
真似をして大騒ぎした。

「こらー!下の家に迷惑だよー」
と子供たちを叱りながら、
妻は本当に嬉しそうだった。
その夜、長いレスは終わりを迎えた。

しかし、俺は妻に大嘘をついていたのだ。
翌日からの現場も決まっていて、
俺は簡単に「親父との仕事」を
やめることができないことをわかっていた。
俺がしたのは、親父に
「別居したんだから給料を出せ」
という交渉だった。

このページのトップヘ