黒い話

338: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/06(木) 00:32:10.08 ID:3COTMAWO
別に犯罪告白とか修羅場とかではない
単なる脳内の話

別スレにも書いたけど、親父が入院してる
正確にはしてた
先月に死んだ
絵に描いたような職人で、腕は確かで緻密な仕事
でもバカっつーかアホ
家内制手工業っての?零細企業だから職人兼営業的な感じで走り回ってる最中に
迷子のインコとかボケ老人とか拾う、そういう人

実の兄貴が口から生まれたような口八丁手八丁な詐欺師
実際服役もしてた
同じばぁちゃんの腹から産まれたとは思えないような兄弟
叔父貴の娘が二人まともに嫁に行けたのはウチの親父の
お陰だよ
嫁入りの支度だって全部揃えたのはウチのお袋だよ
田舎の自営業にしちゃ頑張ったと思うよ 二人で2千万近いんだからな
勿論親父の了解済み

二年近くの入院生活で従妹たちが一度も見舞いに来なかったのは、キチガイの
叔父が暴れるからだって知ってるさ
自分の女房だって包丁もって追いかけて切りつけるイカレポンチだからな

でも義理は義理だろ?って思うわ
叔父に隠れて、どんだけアリバイ工作しても、親父はもう後遺症で
意識も定かじゃなくても顔見せに来るのがスジだろ



390: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/15(土) 10:43:14.99 ID:sPCqsk60
15年以上前の話。
新聞配達のついでに、毎朝小さな商店に忍び込んで売上の一部を盗んでた。

今だったら間違いなく逮捕LV。

毎日2~3000円を10日くらい。
早朝にもかかわらず何故店のシャッターが空いていたのかは謎だったが、今思えば申し訳ない。


過去に万引きをしていただとかは、冗談半分でネタにする事はあるが
この話だけは絶対に言えないです・・・


199: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/28(火) 20:54:21.79 ID:FKnBrX1Z
高校1年の時、親友が遠距離彼氏にあてた手紙を、代わりにだしてあげると言って預かったけどださなかったこと。今でも持ってる。


267: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/10(月) 07:13:54.22 ID:I3M4M+Ms
小学生の頃、自分からいたずらされに行っていた事。
小学校4年生の頃、男子数人からわりと酷い虐めにあった。
すれ違いざまに叩かれたり、罵声を浴びせられたり、物を捨てられたり、ふざけて服を脱がされて裸にされたりしていた。
先生は解っていても放置だし、先生からも嫌われていて、「あなたがどんくさいから悪い」みたいに言われ、親に話しても「勉強で見返せ」といわれて誰も助けてくれなかった。
特にしつこい男子二人は家の近所で必ず帰り道待ち構えていて二人がかりで毎日殴られていた。
その途中で小さい洋品店があってそこのおじさんは逃げ込むと必ず助けてくれた。
校門から走ってそこに逃げ込めるかどうかが毎日勝負だった。
おじさんはいじめっこを怒って助けてくれ、お菓子もくれるけど、必ずちょっと胸を触ったりしてくる。
嫌だけど、男の子二人がかりにボコられるよりずっと私にとっては楽だった。
いじめは小学校卒業まで続いて、今ではあのおじさんも卑怯な大人だったんだなと思うし。
触られるくらいで済んだのはよかったなと思うけど、それでもいじめてきた相手が男の子だったのもあって、長い間男の人とは付き合えなかった。
今は結婚して子供もいるけど、小学校時代の事を思い出すと物凄い怒りがこみ上げる事がある。
どうして男子達は教室でひっそりしていた私を毎日殴ってきたのだろう。
何で先生はいじめっ子を放置したんだろう。
親はどうして助けてくれなかったんだろう。
そういう恨みみたいな物が未だに底に眠ってる。
いたずられてるのが解っていて自分から行ったくせに、おじさんも大嫌いだった。
今が平和で幸せだからこそ、人にはこんなドス黒い感情がある事をとても言えない。
自分の子供がいじめにあったら絶対話をしっかり聞いて守ろうと思ってる。


165: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/15(水) 18:13:32.14 ID:Nw8EUCxw
継父(初婚)と母(×1)が結婚し、兄と私(4歳違い)は母の連れ子だった。
しかし、母の妊娠が発覚したことで父と母を取られる!と思ってものすごく反抗しまくった。
ちょうど中学2年生の時で、反抗期に乗じて髪を染めたりタバコとかいろいろ馬鹿なことをしていて、
学校にも行かずに友達とか年上の彼の家に泊まり歩いていた。
父がお堅い仕事をしていて、父に補導されたことがあったりもしたんだけど
その都度汚い手で触るな!とかものすごい酷いことを言って困らせた。
私の母は元々体が丈夫じゃなくて、私の荒れ具合に心身共に疲弊していたせいで、
めまいか何かで倒れた時にテーブルにお腹を強打してしまい、結果亡くなった。
検死か何かの結果、倒れる前に既にお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまっていたらしく
心労と赤ちゃんが亡くなっていた体調不良でめまいで倒れる→お腹を強打→大量出血で意識不明だったそうです。
母が亡くなって身寄りもなかった兄と私をそのまま育ててくれたんだけど、
数ヶ月経った時、夜中兄に起こされて父の部屋をそーっと覗きに行ったら母の遺影の前で
声を押し殺して泣いていた。
そこで初めて私が母と赤ちゃんを殺し、父と母の幸せな関係も壊したと実感した。
それ以降は生活態度を改めてちゃんと勉強して大学を卒業後結婚し、
父にも孫の顔を見せてあげられたし親孝行できたんじゃないかと思う。
でも旦那には私の過去は絶対に言えない。


159: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/13(月) 15:46:38.15 ID:OtQmpHyp
他人から見れば本当にどうでもいい話だけど小学生のときの話

俺は子供のときからものすごい音痴で歌がまともに歌えない。だから学校の歌のテストは死ぬほど嫌だった。
でも小学校二年生の時の歌のテストは今でもトラウマ。
「来週は歌のテストです。先生は歌の上手さで決めません、一生懸命やってるか見てます」とか担任が言うからさ、俺は家で一週間一生懸命練習したんだよ。
カーチャンと一緒にさ。家に帰ったらずーっと歌ってた。結局上手くならなかったけどさ「一生懸命やれば大丈夫」って本当に信じてたんだよ。
んでテスト当日先生の前で一生懸命歌ったらさ、大きなため息ついて「○○君、本当に練習した?」って呆れるように俺に聞いたんだよ。
その場は平静を装ったけど、学校から帰る途中悔しすぎて泣いた。カーチャンには「上手くいった」って嘘ついた。家族にも友達にも話したことのない話。
大人になって色々悔しい思いはしたけど、これは今でも時々思い出して悔しさで眠れなくなる。

息子が合唱の練習を家でしてて思い出したから悔しくなって書いた。ちなみに先生は良い先生ではあった。俺も嫌いじゃなかったし。


150: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/10(金) 23:48:03.06 ID:qpB9Lpqt
昔、親父の愛人に誘拐されたことがある。
俺は小六で、日曜日に図書館に行く途中、無理矢理車に押し込められた。
驚いて「いやいやいや……え?何?」みたいなことしか言えなかったけど、中途半端に田舎だから仮に声を上げても誰も来なかっただろう。
そのままどこかの掘っ立て小屋(割りとしっかりしてた)に連れていかれて、
「あの人(親父)はどこなの?」
「あなたがいなければ」
とか質問責めにされた。
ただ、親父は行方不明でずっと家にはいなかったし、何も答えられなくて困った顔するしかなかった。
相手も情緒不安定だったのかずっと泣いてたし、本当に俺をどうこうしようなんて思ってなかったのかもしれない。夜には諦めて帰してくれた。
誘拐って言っても半日位だし、周りに迷惑掛けると思い込んでたから誰にも言ってない。
ただ、相手も追い詰められてたんだろうな、と哀れに思った。

ここまでが前提。


126: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 17:57:44.53 ID:FINlWJQJ
小学生くらい残酷なので動物好きな方は注意
両親共働き、父からは恐怖教育?受けていた
腹いせか何かはわからないけど、捨て仔猫を見つけては〆ていた。
今はなんでそんな残酷な事したのか後悔ばかりしてる。

ある仔猫を苛めていた時通りすがりの犬を連れてる大人さんから何してるの?
(石を投げていたが大人さんからは見えない)
俺 別に
大人さん近寄り初めてわかる
こんな事しちゃだめ、自分が石投げられたら痛いだろう?
今から私(大人さん)がキミに石を投げたらイヤだろう?
仔猫は助けを求められないんだよ。
キミがイヤな事をされても誰からも助けてもらえなくなるよ。
こんな感じをもっといい感じでで悟られた。
泣きながら悟られている間、大人さんの犬はネコを襲うなどしなく、石が当たっただろう場所をペロペロとしていて、それ見ててまた泣いた。
仔猫は大人さんが抱いていった。
それから動物を苛めなくなった。
今はネコと犬がいます。罪滅ぼしには到底ならないけど。
どうしてあの〆てしまった仔猫ちゃんを可愛がってあげられなかったのか本当に馬鹿な私。


120: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08(水) 02:28:18.80 ID:XPiGgYOY
既婚者の男性と付き合っていた
派遣先で仲良くなり、仕事場でいろいろな相談に乗ってもらったりするうちに
相手の優しさにつられて関係を持ってしまった
悪いと思いつつ、男性に優しくされたことのない私はつい彼の優しさに甘えてずるずると連絡を取るようになった
ある時、家族板のまとめブログを読みながら、自分が相談女だったんだと気づく
相談女達が家庭を壊していった話を読むうちに、自分のしていることが幸せな家庭を壊すことだと実感した。
そして、末路はほぼ離婚と慰謝料、自分が幸せな家庭を壊してしまうことへの恐怖で吐きそうになった。
自分の想像力の低さと、家庭を壊してまで彼を愛する気持ちがないと実感した。
とりあえず彼には連絡をとらないと言い、着信拒否をした

自分の顔は本当にブサイクだし、私の周りの人は私が男性と関係を持ったことがあるとは微塵も思っていないだろう
身の丈に合わず火遊びした事実は周りの誰にも言えない。


12: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/13(金) 23:04:32.58 ID:zZdDh7YZ
小さい頃、母は父のことを「兄さん」って呼んでた
物心ついた時には「兄さん」て呼んでたのでそれが普通だと思ってた
もちろん父が母の兄だということはないし、私も父は母の兄ではないことは理解してたし普通にお父さんと呼んでた
一度だけ友達のお母さんが「兄さん」発言を聞いて「えっ?!」てなってたけどむしろなんで驚いたのかがわかってなかった

気づけばいつの間にか母は父を「お父さん」と呼ぶようになっててあんまり気にしてなかった
でも私にも彼氏が出来てそれなりにいちゃいちゃしたりしてるとふと「兄さん」が気になって
もしかして、母には兄はいないしあれはそういうプレイだったんじゃ…と思ってる
そうだったらなんかやだな、とちょっと気持ち悪く思ってるのに気付かないふりをしてる

最早記憶も薄れてるし定かではない
プレイだったという可能性を考えると、気にはなるけど親兄弟に確認することもできない

ここまで書いて、墓場まで持ってくほどの話か?とは思ったけど他では言えないので投下


このページのトップヘ