黒い話


前編 後編

488:可愛い奥様2012/07/07(土) 21:58:26 ID:TF9jwoDK0
女のインナーの刺青、ある意味物凄く威圧的だようw
うわ、明らかにヤバい世界の住人じゃんって
単なる全身和彫りなんかよりよっぽど総毛立つわ



前編 後編

413:可愛い奥様2012/07/06(金) 21:06:28 ID:c3IPuZWD0
前の夫と特殊な金貸しというか身請けに近いことをやってた。

借金で首が回らない人の肩代わりをして、元の条件よりかなり好条件で返済させる。
その代わり、返済までの期間にある程度「体で」払ってもらう。
返済滞ったり返せなくなったら、体で払う分を上乗せする。
ここまで行くと、行為くらいではすまされない(内臓売ったりではないけど)
たまにトンズラする人もいたけど、誰も逃げ切れなかったからそれはそれで楽しめた。

商売ではなく完全に夫の道楽で壮大なプレイという感じ。

私は、体で払ってもらうことそのものより、
滞納or逃げた人追い込む → 必タヒの謝罪 →お仕置き の一連の流れや、
債務者のその後を調べて彼らを眺めているのが好きだった。

今の夫はその債務者の一人。改造してある。ある意味、黒い過去でなく現在進行形w



前編 後編

146:名無しさん@HOME2012/12/30(日) 07:19:10.64
秋に式上げたばっかりの嫁に離婚したいって言われたんだけど、原因が俺の周辺にあるらしく納得できないので聞いて欲しい

嫁と俺はお互いに三十代前半
結婚相談所経由で知り合った
現在は嫁の実家で要介護な義母と三人暮らし、義父は亡くなっている
嫁が「私のお母さんなんだから面倒みたい」といったので昼間の介護は任せているが、
せめて夜は休んでもらおうと、帰宅してからは俺が主体で行っている



前編 後編

146
:名無しさん@HOME2012/11/20(火) 19:38:42.33
キライでいつも見下してる義兄嫁が私より充実してて辛い。


前編 後編

413
:可愛い奥様2012/07/06(金) 21:06:28 ID:c3IPuZWD0
前の夫と特殊な金貸しというか身請けに近いことをやってた。



前編 後編

758: 黒リボン ◆G7VblDF8ss 2010/01/07(木) 20:07:33
黒リボンです。お待たせしました。旦那とこれからの話もかねて食事に行っていました。 

コトメ子亡くなったときの病院でのひと悶着なんですが、コトメの自爆で始まりました。 
義実家暴露大会終了間近にこの日のことを口止めしときました。 

次の日に朝一で病院に行って決戦だな〜こりゃと思っていたら明け方に旦那から連絡。 
それがコトメ子の訃報でした。 
病院に行くと号泣しているコトメ。 

「後は私がお世話します。」 
とコトメとふたりきりになった。 

コトメ最初は無言だったけど次第に本領発揮。 
「まだいたの?」とか「慰謝料ほしいから離婚ごねてるんでしょ。ずうずうしい」から始まり。 

私「どうして昨日コトメ子ちゃんがタヒんだって嘘ついたの??私大変だったのよ。みんなに怒られて」 

コトメ「バカじゃないの??考えれば分かるでしょ。子どもがタヒんだってあんたなんか葬式に呼ぶわけないじゃない。 
もっと頭よかったら大恥かくことなかったのにww 
別にチクッたっていいけど、誰もあんたの言うことなんか信じてくれないわよw」 

私「そっかあ。でも私の言うことは信じてもらえないかもしれないけど、コトメちゃんの言うことは信じてもらえるよね」 

おもむろに病室の扉が開き、そこには旦那、ウトメ、コトメ旦那、コトメのウトメ。 
コトメ、最後の最後で油断した。「ケッ!!」って叫ぶくらいだからよっぽどびっくりしたんだね。


前編 後編

565: 名無しさん@HOME 2009/12/21(月) 17:08:26
命にかかわる話なんで嫌いな人はスルー推奨。 

コトメが出産。 

出産祝いに菊の花と真っ白いテティベアに黒いリボン結んで贈っといた。 
夫にも緑の紙(未記入)に黒いリボンかけてテーブルに置いといた。 

 私がストレスで流産したときに場違いな色とりどりの花束よこしたこと忘れてませんよ。 
コトメ、超難産でビラが破れちゃったそう。生まれてきた子も集中治療室入ってる。 

コトメ子には何の罪もないから自分のやったことはDQどころじゃすまないと思ってる。 
自分語りスマソ。



前編 後編

171:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/06/16(木)
戻りました。

どうすれば良いかを考えている時にふと、ブルーシートの中が気になりました。
作業服の男性.が消えたってことは、もしかしたら、骨が消えているんじゃないか?
それをTさんに伝えてシートをめくって頂きました・・・骨はありました。
じゃあ、作業服の男性.と関連はないのか?また分からなくなってしまいました。
奥様にも促され、一旦リビングに戻ることにしました。
その場で丁寧に合掌をして室内に戻りました。


Tさんも奥様も先程の偶然を想像以上に勘違いされ、
私の事を漫画の退魔師みたいな風に思っている期待感みたいなものがひしひしと伝わって来ました。

私はそういう事が出来る僧侶ではないこと、
先程のことは単なる偶然であることを正直に言いましたが、
これまでのストレスもあったのでしょう、
それでもさっき目の前で出来たから的な解釈をされた様でした。


お茶を頂、改めて整理をしようと提案しました。
まず、去年の夏か秋に骨がみつかり、それから不可思議な音や窓の揺れ、先程の男性.が現れる様になった。
しかも、骨は写真に写り、触れる実体物なのに役場の職員が来た時に限って消えていた。

「他にはありますか?」

Tさん
「あの・・・誰もいない場所から人の声が聞こえることもあります」

「どんな風に、何を言ってるかわかる感じでしょうか?」

Tさん
「あー、とか、うーん、とかそんな感じの男性.の声だよなぁ」
と奥様に同意を求めました。

奥様
「ハッキリした人の会話みたいなのは聞いたことないんですけど動物の泣き声とも違うんです。
主人の言うような人だって思えるような、人の声に聞こえる声なんです」

「で、先程のお庭での件ですが、私には作業服を着ている様にみえたんです。
様にというか、灰色の作業服がハッキリみえました」

Tさん
「私がこれまでみてきたのは、さっき言った通りいつも汚れたTシャツ着てます、なぁ」



前編 後編

87:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/06/16(木)
身近じゃない人に聞いて欲しくて、でも書いて良いのか迷ってます。
九州在住の某宗派の現役の僧侶なんですが、
先日ちょっとビックリした事に遭遇して自分でも混乱してるんです。
需要があれば書こうかとも思ってますが・・・

このページのトップヘ