舅・姑

288: 名無しさん@HOME 2010/10/06(水) 05:34:49 O
出産して一時間後に凸られた時の迷言たち。

『仕事休んで来たのよ(キリッ』

『陣痛の時、叫んだ?私の時は一度も叫ばなかったわ(キリッ』
祝いも何もなく手ぶらできて『ジュースいる?』



産後しばらくして、旦那の不貞行為が発覚。その際の義母の迷言。
『○○(旦那)は子供ですが許してやって下さい』←ここは普通。

私が簡単には許せないし、暫く実家におりますと伝えると、
『あなたはいつまで子供なの?勝手すぎませんか?』



もう嫌だ。正月は会いたくない。



274: 名無しさん@HOME 2010/10/05(火) 13:22:40 0
たわいのない会話トメとは無理
だんなたんの動向を知りたがるので教えてやってるが
数分後だんなたんが同じ話をしていると初めてきいたかのような反応
「えー、そうなの?知らなかった、びっくり」みたいな
イラッとくる

別に嫁に興味ないならないでいいから
私もトメに興味なんてない、関わらないでくれ
依存気質の干渉大好きトメの話を聞くたびに
そんなにムスコ命なら結婚とか望まなきゃいいのにと思う

神助が言ってた
「娘が子連れで離婚して帰ってきてほしい」って感じで
「息子が子連れで離婚して帰ってきてほしい」と思ってるのか

ムスコの不幸を願ってるなんて人としてサイテーだ


248: 名無しさん@HOME 2010/10/04(月) 09:20:21 0
うちの夫は、少し長髪です。不潔だったりヤンキーだったりするわけでなく
たんに扱いやすい&ずぼらでそこにいきついただけです。
トメは「○○ちゃん(←ちゃん付け)、髪の毛長いわ、長すぎよ!」って
うるさいです。「床屋さんを知らないのね、教えてあげるわ…!」とまで
言ってきました(私たちは夫実家のある地域にUターン婚です)。

「うるさいなー」「ほっとけよ」と応えていただんなです。
先日私が都会に日帰りで行き、行きつけの美容院に行ってくるときに
ふと「嫁子と同じ美容院に行ってみたいな」とだんな。デートがてら先日
2人ともおしゃれにカットしました。

トメの感想は
「私が言ったとおり、私が言ったから、○○ちゃんが短くした…!
」(勝ち誇る)です。

いらっとする私が心が狭いでしょうか。


238: 名無しさん@HOME 2010/10/03(日) 19:12:59 O
あああああモヤモヤ。実母が肺がんの恐れがあり、今月赤さんが生まれるが、これない。ちなみに里帰りなしです。
それを言ったら義母は退院日に来てくれるそうな。
そしたら、
『実母より私の方がいいでしょ~☆★』だって。何かすごく嬉しそう。モヤモヤ。
元々うちの実母嫌ってて私にさりげなく嫌味言ってくる。
普通私に言うか?
別に私はあんたらの家に入ってるわけじゃない。
名字変えただけ。
なんかもうやだな。赤さんと二人で遠くに行きたい。


226: 名無しさん@HOME 2010/10/03(日) 11:36:39 0
家は子どもがいるので、子どものしつけとトメへの反撃兼ねて子どもと会話する。

「これ、おいしいね~」と子どもに言って肯定なら「ね~♪」とニッコリ。
「これ、美味しくないよ」と言おうものなら「そういう言い方は良くないね、
自分はあまり好きじゃない、ちょと口に合わないとか言えばいいんだよ。
自分の口に合わなかったら黙って残せばいいし、人が作ってくれたものに
文句言うのはお行儀が良くない、下品だよ。」って感じ。

うちのトメはクチャラー気味で、さらに和食の時に手に持って食べるべき器(ご飯茶碗含む)を持てない。
で、なぜか左手を膝において変な姿勢の犬食いをする。
汁物のお椀でさえ、具だけ食べる時は置いたまま、汁を飲むときだけやっと持つけど
お箸を縦ににぎったままの下品な持ち方。

ダンナもそれを受け継いでいたのを、ダンナには結婚直後からうるさく言っていたので治ってきたが、
今でもたまに出る、なぜか子どもにもそれがたまにでるので、その時には「左手はどこへ行ったの?!」と
ちょっと厳しく言い、器を持たせる。トメもあわてて左手を出すという具合。

ご飯茶碗をテープルに置いて犬食い、刺身の醤油が入った小皿も遠くに置いたまま
醤油垂らしながら口に持っていく犬食いとか絶対子どもには許さん!


219: 名無しさん@HOME 2010/10/03(日) 02:10:00 0
トメ、他人が好意でくれたものに対してボロクソ言ってたりする。
なんだか「これを有難がらず貶めるアタクシは送ってきた人よりクオリティが上」
とでも思っているかのような感じ。
外食でも、「ここあんまり美味しくないわね」が口癖。
美味しいと言ったら負け、「あまり美味しく無い=私は本当に美味しいものを知っているグルメ
=人間としてクオリティ上」な風情アリアリ。
私の前で直接うちや私の実家からの贈り物にケチつけたりはしないけど、
きっと余所ではボロカス言われてるんだろうなぁと思う。
でもまあ、本人の目の前で言わない分マシなのかな…
でも、他人に提供されたモノや食事をボロカスに言う時のトメの得意げ&意地悪そうな表情は大嫌い。


203: 名無しさん@HOME 2010/10/01(金) 20:34:29 0
少し前の話ですが失礼します。

義実家とは遠距離のため正月とお盆のみ帰省。
頻繁に顔出しもできないので、結婚してから義両親にそれぞれ
誕生日、父母の日のプレゼントを贈っていました。
お中元やお歳暮は盆正月にみやげ持参で帰ることもあって特に何も
していなかったんですが、今年のお盆は諸事情で帰省できないことに。
申し訳ないので会いに行けない代わりにと今年はお中元を送りました。
義弟家族も毎年帰省してくるので、みんなで食べてもらえればと思い
猛暑なので冷たいものがいいだろうというのと、義弟らが来るまで冷蔵して
保存しておけるのでアイスの詰め合わせを選択。

宅配便が届いたトメから電話があり、届いた報告とお礼だろうと思っていたら
アイスが美味しくなかったとの苦情だった…
口に合わなかったと散々言われた揚句、こんなまずいものにクール代上乗せして
送ってくるなんてお金の無駄、来年からは同じ物ならいらないと拒否されました。

「値段は知らないけど?クールでわざわざ送ってもらう品物じゃないわよ。
近所のスーパーのハーゲンダッツのほうがよっぽど美味しいわ~。
悪いけど同じのはもう送ってこないでね?処分にこまっちゃうから」

こっちも感情が上手く処分できなくて夫に愚痴ったら、今後トメには
一切何もやらなくていいって同じく気分を害してたんですが、
そもそもトメにっていうか姪っ子と甥っ子が喜んで大人達も一緒に、みんなで
楽しめるものをってことで、婆一人にやったんじゃないのに。




169: 名無しさん@HOME 2010/09/29(水) 12:59:38 0
うちの近居のトメの口癖は「だめよ~」と「いいじゃないの~」のコラボです。
こうやって使います。

私がダイエット成功したのを見て、「だめよ~」
そして「いいじゃないの~」と言いながら甘い菓子やジュースを出す
※トメは大デブ

私の外出用パンプスを見て、「だめよ~」
そして「いいじゃないの~」と、自分のババ靴をはかせようとする

私の献立を聞くや、「だめよ~」
そして「いいじゃないの~」と息子たん用の料理を押し付ける

私が用事があるのでそろそろ失礼しますと言うと、「だめよ~」
「いいじゃないの~」と拘束。私が帰ってこないのでだんなが
迎えにくると、うれしそうなトメ。

この「だめよ~」が結構、神経にクルのです。笑顔でほがらかに
言っているけど、否定ですから。


173: 名無しさん@HOME 2010/09/29(水) 14:53:44 0
ウトは亡くなり実家には67歳のトメが一人住まいで、娘は小学校1年生コトメ子は春に大卒で就職していて
うちもコトメ宅も共に偽実家から1時間ほどの所で、私の上司が義実家近くに住んでいてそこのお婆さんとトメが
普段からよく喋っています。

敬老の日に娘に電話をさせて「お婆ちゃん敬老の日おめでとう、お米を送ってくれてありがとう、おいしかったよ、
また送ってね」と、お祝いと送って来てくれた新米のお礼を言わせ娘上出来と思っていました。

すると上司に「うちの婆さんにお母さんえらく愚痴ってたらしいぞ」と言われ聞いてみると、コトメ子からも電話があり
「敬老の日だけどまだ若いから関係ないよね、来月のお誕生日にクッキーを焼いてあげるから来てね」と言うのだったそうで、
コトメ子はかわいい事を言ってくれるのにうちは年寄り扱いして物の催促しかして来ないと上司のお母さんに愚痴っていたそうです。

コトメ子は以前からトメと海外旅行にいったり頻繁に電話もしてるようだけど、私は電話なんてしても話す事なんて無いので
滅多に電話する事もないけど要らない事を言い廻りやがって、ムカツク。


160: 名無しさん@HOME 2010/09/29(水) 01:41:30 0
最近、旦那の転勤で北の国に引っ越してきた。
「退職して暇だから引っ越しの手伝いに行くよ~」と言っていたうちのトメ、
手伝ってくれたのはありがたいんだが、帰ってから「温泉ぐらい連れて行ってほしかった」
「退職祝いをしてくれなかった」「帰りに手土産を持たせてくれなかった」と旦那に愚痴っているらしい。

そりゃ手土産渡さなかったのは悪かったけどさ、こっちはトメの飛行機代も出して、
海鮮料理や寿司も食べに行って、近場の観光スポットに連れてったのに。
乳幼児2人抱えての引っ越しってだけでも大変なのに、
トメのご機嫌取りまでしないといけないのかとイライラする。


このページのトップヘ