修羅場

23: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/27(水) 01:38:11.60 ID:T64oDRvr
ダラダラとこんな時間にかく。
酔ってるしフェイクもよく入れきれなくてグダグダだったらごめん。

私が成人するくらいに両親が離婚した。
それは別に構わない。幼稚園くらいからずっと元父は帰ってこなかったから。
ただ、タイミングが悪かった。弟が高校3年で受験前にあの男は引っ掻き回しやがった。
そして数年、あの男はまたやらかしやがった。



853: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/24(日) 09:39:58.41 ID:tvcU5zSP
先日、友人と買い物してた時の話。

店舗にある商品紹介してた画面付きのDVDプレイヤー。
そのディスクを入れる部分の蓋を小学生位の子が、開けたり閉じたりしてた。
そうしたら、蓋の部分を思いっきり開けてしまい破損。
逃げようとした子を引き止めて、一緒に謝ってあげるからお店の人に謝ろう?
って言ってたら、脇から凄い勢いで突き飛ばされた。

中腰だったのが災いしたのかバランス崩して変な体制で横の棚に衝突。
飲み物の棚だったので、上から缶やら瓶が降ってきてヤバかった。

友人と近くにいた店員に助け出されたけど、
眼鏡壊れたし、服は割れた瓶の破片だらけで塗れてるし、腕は痣だらけ。

突き飛ばしたのは子の父親で、父親曰く、自分は犯罪者らしい。子供を誘拐やら恐喝したらしいよ。
友人と他の人の証言で即刻、助かったけどさ。
悪意ある行為だったので、すぐ警察行き。

人間ってとっさの時には頭をしっかり隠すんだなぁって思った。瓶の直撃とかシャレにならないし。


849: 名無しさん@HOME 2013/11/22(金) 20:14:55.85 0
長いし死人が出るので注意。

11年前兄が交通事故で死んだ。
目撃者、証拠などから相手の25歳男の信号無視が分かったがそれ以外も酷かった。
反省の色なしで、通夜に来たがヘラヘラ笑ってた。
「お互い運が悪かったッスねー俺も怪我してんスよ」と言いながら包帯アピール。
両親は落ち着いた表情で「それは大変でしたね、死んだら楽になりますよ」とだけ返した。
加害者は「いやー親が悲しむんで死ねないッス、結婚も決まってんで」とまた笑った。
加害者と話したのはそれが最後だった。

やっと落ち着きを取り戻した3年前、また辛い日々が始まった。
車で3分の距離に加害者家族が家を購入、引越してきた。
わざと選んだ場所ではなく事故のことなど忘れていたらしくたまたまだった。
双子の男女の子供と妻と加害者の4人家族。
両親は近所で買い物ができなくなった。
私も実家に帰る度切ない気持ちになった。

地獄は今年の春に終わった。
加害者は一般道を80㎞で信号無視し停車中の大型トラックに正面から突っ込んだ。
意識がある中苦しんで数時間後に亡くなった。

一報を聴いた母が泣いたのが修羅場だった。
家族の誰もが因果応報だと思ったし加害者家族には申し訳ないがホッとした。
なのに母はあれからしばらく元気がなかった。
しかも初盆に加害者の墓参りに行ってたらしい。
母の気持ちが分からない。

気持ち悪い終わりかたで申し訳ない。


747: 名無しさん@HOME 2013/11/22(金) 14:52:19.25 0
地元の人間が見たらばれると思うがフェイクが下手なのでそのまま書きます
祖父母が線路沿いに大きな土地を持っていました
当時、駅のある場所は祖父の土地より1km位離れていました
駅周辺は、マンションや住宅も出来て賑やかになっていましたが
駅前は道も細く、バスターミナルもできない状態でしたので
祖父の土地に移転したいと申し込みがありました
幹線道路と線路の間の土地を鉄道会社に一部売り一部賃貸に出しました
新しい駅には、大きなショッピングモール、駐車場、駐輪場、バスターミナルができました
便利になったので両親は家を建てて祖父母と住んでいました
果樹園をやっていた土地だったので家を建てる時に、果樹を一部残して、多くの桜を植えてくれました
基幹道路と駅前の間には祖父の土地があって、旧駅のあった道を通って迂回する形になりました
基幹道路の沿いにはマンション、住宅ができましたが迂回すると20分掛かり
祖父の土地を通ると5分で行けることでその住民たちが祖父の土地を無断で通るようになりました
人が通るくらい、いいだろうと両親も思っていましたが、たばこの吸い殻、ごみの放棄がひどく
迷惑していました
マンションの自治会から桜の開花の時に借りたいと言ってきたので片づけをする条件で貸しましたが
宴会を始めて、ゴミを放置したので文句を言うと細かいこと言うな言って父を殴ったので
仕方なく門扉を付けて通行禁止にしました


100: 名無しさん@HOME 2013/11/16(土) 22:05:30.58 0
別居中だった父が脳梗塞で倒れていたのを見つけたのが修羅場。

土曜日の夜飲みに行こうと約束していたのに場所きめてねーや、と金曜に電話するも電源が入ってませんコール。
おっかしーなーと思いながらも、夜中まで仕事だったので土曜の朝に一人暮らしのアパートへと。
鍵かかっていたので、隣にある大家さんにあけてもらおうとするもまさかの不在。
電気メーター回ってるから室内にいるはずなのにどうしようかと悩んだあげく、警察に電話したらすぐ来てくれどーにかこーにか窓から入ってくれて倒れている父発見。
すぐ救急を呼んでくれたけど、その時心配した母と祖父母が鉢合わせしたのが追加で修羅場。
胃がぶっ壊れるかと思った。


719: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/21(木) 11:47:10.84 ID:iOLUK+oT
母は23で結婚し、25で私を産んだ。27で父が心臓発作で突然死した。
父方の祖父母から母は責められ、殺人を疑われ司法解剖まですすめられた。(もちろん病死だった)
失意のなか母は幼い私を連れて実家に戻り、衰弱して2年ほど療養した。私はその間母方の祖父母に育てられた。
小学校に上がる直前に、母は再婚し養父と3人で暮らし始めた。
養父はとても優しく、養父方の祖父母も、その後産まれた弟とも分け隔てなく可愛がってくれていたので、実の父親について気にせずのほほんとしてた。
結婚式の直前、実の父親の写真と共に事の顛末を教えてもらい、当時まだ今の私より若い母の身に起きた修羅場にびっくりしたよ。
いきなり6才の父親になる決意をした当時27才の養父(初婚)もすごいと思う。
本当に色んな人に助けられて私の今があるんだな、と感謝しています。


439: 名無しさん@HOME 2013/11/20(水) 16:15:35.01 0
2~3日前の修羅場
3日前に浮気がばれて旦那が激怒した。結婚前に「お互いに飽きちゃったら浮気しちゃう~?」と言ってたのに
自分の発言に気をつけてもらいたい
あんたが婚前に浮気不倫OK発言をしたから浮気してるのに。
旦那は「お前がそんな汚い女だとは思わなかった」と私を家から追い出した
家の名義は私だからお前が出てけって話。今は実家のPCで書き込んでいる


610: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/19(火) 10:10:06.67 ID:7hm93RLz
虐められてた奴に職を貰ってそこで働いてる俺は恥もプライドもないのかもしらん。
小中とクラスの男子(DQN)に良く虐められていた俺
殴られたり暴言で中傷罵倒されたり登校拒否寸前だった。
さらに陰湿で、クラスの可愛い子や自分と同じような不良仲間には笑顔で接してるおかげでクラスからは人気者
教師からの信頼も厚いと言う理不尽極まりない存在だった。
早く卒業したいと思い不登校になりそうなくらい辛い精神を抑え無事卒業

高校専門学校と、中学以降からはいじめもなくなり平和な人生だったがここでまた修羅場
社会人になって会社につとめて4年。プログラミングの仕事で先輩が大きいミス、取引先と会社に大きな打撃を負ってしまい
事もあろうかすべて俺の責任にされた。
勿論黙ってる訳もなく、反抗して自分じゃない節を全て上司や先輩、社長に言ったが
長く勤めてる先輩に対して信頼の壁は厚く、俺の意見なんて「あ~あ~聞こえない」状態

会社を辞めるハメになって暫らくして同窓会の誘い
中学に俺を虐めてたやつも来るだろうしいきたくなかった。
更に一時的とは言えニートになってしまったので尚更。
集まる人数も少ないから来てくれと念を押され同窓会にいくことに

続きます


360: 名無しさん@HOME 2013/11/19(火) 13:20:45.91 0
まだ、女性用のブリーフとかが無い時代。
ドライブ中、後ろから車で衝突され怪我をし
救急車で運ばれ、ジーンズを脱がされた時に
旦那のブリーフをはいているのを見られた時。
(替えが無かったので借りた、そしてスネ毛の処理をしていなかった)


あと、隣の夫婦と間違われ
隣夫婦の不倫相手の親から盗撮されたのも修羅場だった。


106: 名無しさん@HOME 2013/11/17(日) 01:04:19.63 0
寝る前に投下。
二十歳の時、友人(同い年♀)と二人でチャリ旅に出た。本格的な重装備で10日位、寝食はキャンプと自炊。
旅が始まって3日目くらいに、荷物で重くなったチャリで山道をを登りつめた。
相当しんどかった為、あとは下るだけだ!とテンションMAXになり、ひゃっほーとか言いながら坂道を20キロ/h位で滑走。
気持ちいい!自然最高!とか思ってたらスリップして身体が飛ばされた。顔面から着地。前歯二本が綺麗にパキッと折れた。

そこからてんやわんやで、たまたま通りかかった車に乗せてもらい、号泣しながら(笑)歯医者へ急行。
応急処置をしてもらい、気持ちも落ち着いたので、前歯無いまま旅を継続することにした。
ただ、強打した前歯とズル剥けになった腕が猛烈に痛い。
その晩のキャンプを適当な空き地に設定して、テント張ってたらどこからかオバサンがきた。
「ここ○理教の土地なんよ、まぁオバサンが天○教の人に言うといたるわ」
と言って去っていった。


このページのトップヘ