修羅場

898: 1/2 2013/11/12(火) 17:30:33.20 0
当方クソ田舎住まい
数年前にデカイ道が出来て交通の便がよくなると
マンションが建ち始めた
やがて人が住むようになると結構な人が住むように
なったがルールを破る人が多かった
たとえばゴミ置き場に時間外にゴミを置く事
はこの辺では禁止されている

ここは猿や狸が出てくるので夜に置くとゴミを
散らかしてしまうため自治会長である父がマンションの
人たちに言いにいくと
「自分じゃないから知らない」
と言って全く話をしてくれないらしい
結局マンションの管理人と話し合いをして
マンションの人たち専用のゴミ置き場を作り
自分達で管理することになった



866: 1/3 2013/11/12(火) 04:11:44.30 0
他の人ほどすごい修羅場じゃないけど・・・。

中学のとき、担任は30代中ごろの男の先生だった(以後A)。
かなり熱血漢で生活指導の時に張り切るタイプ。当然生徒の人気もない。
自分は真面目な女子生徒。というかいい子ぶりっこで、教師の言うことを従順に聞く。
文化祭とかイベントの実行委員みたいな係をする機会が多かった。
イベントの準備で担任Aと接する時間が長く、他の子が部活に行ってしまうと二人きりになることも。

Aは職員室の他に自分の部屋(フェイクだけど理科教師なら理科準備室みたいな)を持ってて、
少数での話し合いは大抵その部屋だったので、そこで二人きりになることが多かった。
ちょうど高校教師が生徒を襲うみたいなドラマが話題になった時期で、
友達には密室二人っきりで大丈夫なの? とか言われたが、
当人は至って真面目に話とか作業をしてるだけだったので、変なこと言うなーと思っていた。

でもそれが1年くらい続いて、だんだんプライベートに口出しされたり、
どの男子を好きかとか聞かれるようになってウザく感じ始めた。
更に一度、「ここ暑いです」と言ったら「暑いなら上着ぬげば」と言って、
制服のブレザーのボタンを2つくらい外されたことがある。
さすがに嫌だったけど「直接触られてないし肌を露出してるわけではないし、
嫌がるのは自意識過剰だ」と自分に言い聞かせていた。
今思えばバカだけど、子供だったのでかわすこともできず、
A自身がよく「他意はないのにセクハラ扱いするのは自意識過剰」とか言ってたので、
拒絶するのは恥ずかしいことのように思ってたんだ。


20: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/24(木) 21:42:25.73 ID:7w9pxpXX
誰もいないかな。つい昨日家族全員で修羅場ったので初カキコ。
昨日妹が塾から帰ってくるなり部屋に閉じこもってうわーんと号泣。聞きかねた母親は妹に事情を聞きに行った。
しばらくすると母親が「ふざけるな!」と激怒しながらリビングに戻ってきた。その時点で私めちゃくちゃびびる。
因みに私高3、妹中3、両親共にいい歳。
本文長いと怒られたので続きます。


762: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/09(土) 13:18:02.39 ID:KZAfxycA
小さな修羅場だが、先週末に職場でヒヤッとさせられた出来事があった。

同僚女性A(30代,既婚)は、昼休み中だけでなく仕事中も暇さえあれば喋っている。
その内容は自慢話(娘が可愛い、旦那がイケてる)か愚痴(痩せない)で、
聞かされる側はハッキリ言って疲れる。
ただ、Aは話しながらも自分の仕事はきちんとこなすという器用さを持っており、それは凄いと思う。
周りの人間は仕事しづらいので迷惑しているが。

そして、先週末もいつものように暇が出来たAは後輩相手に話していた。
「うちの娘が演劇を習っていて今度発表会があるんだけど、見に来ない?
○○会館でやるんだけど…そこで演じられるって凄い名誉な事なんですよ」と。
そうしたら後輩は「そうなんですか。凄いですね。広いんですか?」と言った。
しかし、そのあと急にAはアタフタしだして、
「そ、そうだね。なんというか娘はヒロイン級の役だよ」と言って、
その場から立ち去ってしまった。
後輩は勿論、俺を含め周りの人間は『??』という感じだったわ。

Aは数分後に席に戻って来たがずっとイライラし通しで、
内容は分からなかったがブツブツと文句を言っていた。
そしてAは急に、実は娘がヒロインではない事、本当はヒロインをやるはずだった事などを語り始め、
終いには涙ぐんでいたので手に負えなかった。

俺の隣の席の上司が「後輩は○○会館が広いんかと訊いたのに、
あいつ(A)は娘がヒロインかどうかを訊かれたと思ったのか」と呟いていた。
俺はそれを聞いて、そういうことかと納得したわけだが、
今更Aに伝えるわけにもいかず黙っていた。

しかしその日以来、心なしかAのお喋りは大人しくなってくれたので結果としては良かったかもしれんな。


777: 1/3 2013/11/09(土) 19:16:32.56 ID:j+HHypvQ
姉のお見合いとお見合い後が修羅場だった

彼氏なし、結婚する気なしの29歳の姉を心配したらしい父方伯父が勝手にお見合いをセッティングしてきた。
姉高校生、俺小学生の時に父が氏んでから父方伯父には何かと世話になったため、渋々ながら会うだけ会ってみることになった。

お見合いは姉・母・伯父夫婦で行ったので伝聞なのだが、相手はマザコン男・ザ姑な母・空気父という顔ぶれだったらしい。
相手母がべらべらしゃべりまくり、マザコン男はうんうん頷くだけ。
内容を要約すると「母子家庭育ちの卑しい女なんてアテクシの坊っちゃんには不釣り合いザマス。金がない分際で子供二人を大学まで出すなんて売春でもしてたの?おおいやだ」だと。


711: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/08(金) 10:32:31.57 ID:gOWMMIWX
プチなので短く。
元彼の車で河川敷へ遊びに行った所、駐めようとしてた場所をガラの悪い男性に横取りされる。
元彼、私に取り戻してこいと命令。
取り戻し交渉に行ったら、更にコワモテのおっちゃんが出てきた時が、私の修羅場。
なんとか穏便に取り戻したけど、元彼に「そもそも取られてんじゃねーよ」という態度をみて、更に脳内修羅場だったよ。


417: 名無しさん@HOME 2013/11/07(木) 13:46:27.96 0
学生の頃、知り合いの経営する喫茶店でバイトしてた
そこで常連の一人に告白された
すると別の常連も私を狙っていたらしく、常連同志でえらく話がこじれた
ついには刃傷沙汰一歩手前まで行き、二人とも顔にあざを作って問うてきた
「私さんが好きなのはどっちですか?!」
……すいません、私女なのでウホッの方はちょっと
修羅場1、ガチホモに男だと思われていて、どこのホモマンガだよな展開になってしまった事
修羅場2、告白された経験がそれっきりな事
修羅場3、さっきスーパーのトイレに入ろうとしたら店員に「そちらは女性用ですので!」とものすごい剣幕で止められた事
いっそちωこ生やしてきた方がいいのかな……


458: 名無しさん@HOME 2013/11/08(金) 01:45:52.66 0
他の人と比べると大したことないけど

小1のある日担任にいきなり保健室に呼び出された
真面目だったので呼び出されたことなんてそれまでなくて
何か悪いことしてしまったのかと思ってすごくドキドキした

そこで担任と保健の先生に
最後にお風呂入ったのいつ?いつもどれくらいの頻度でお風呂入ってるの?
とか色々聞かれて本当は週一だったんだけど2,3日前かなってウソついた
で、頭見せてねーって髪を掻き分けたり色々調べられた
頭上からはあーこびりついてるねーとか聞こえてきて恥ずかしくて死にそうだった

結果頭に虱がわいてることが判明
いつも頭が痒くてボリボリ掻いてるところが担任の目についたらしい
その後しばらく頭をかくと爪に小さい虫が挟まるのが地味にキツかった

個人的にはこの一連の流れに加えて
母に恥ずかしいって怒られたのが修羅場だった


637: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/06(水) 21:56:14.35 ID:dvJkL1vl
サークルの仲間に誘われて男女混合8人ぐらいで一泊の山行。
登山自体はチョロくて一泊するほどでもなかった。泊まった山小屋の親父が
まったく喋らなくて陰気で嫌な感じだった。
俺の経験では山小屋の親父って、愛想がよくて話好きが多かったのに真逆。

それから程なく、登山中の女性単独行の殺人事件が報道された。
山小屋の名を聞いて眩暈がした。俺らの泊まった小屋だった。
犯人は山小屋の親父。
ウィキみると、未解決ながらほかに数人の被害者がいるらしい。

過去に数人殺して、その後ひとり殺した強姦魔の炊いた飯を食って、そいつ
が眺めている横で男女雑魚寝していたのかと思ったとき。

オッサンの嫌な思い出です。


376: 名無しさん@HOME 2013/11/06(水) 21:15:38.18 P
なんとなく書きたくなったので書く。
初婚→離婚の話。(今は再婚している)

結婚2年目までうちには車が一台しかなかったんだけど
元旦那が異動して車通勤になったのを機に
私も自分の車を購入することにした。
ちなみに購入資金は自分の独身時代の貯金から。
軽自動車だからそう高い車でもないんだけど、
自分専用の車ってことで沢山カタログを取り寄せて
うんと吟味して決めた。
ところが納車の2日前に軽トラに撥ねられるというアクシデント発生。
しばらくベッドの上で動けなくて納車のことはすっかり忘れてたけど
ある時ふいに思い出して、元旦那に私の車どうなった?って聞いた。
そしたら近所に住んでる義姉が乗ってると言う。


このページのトップヘ