修羅場



前編 中編 後編

246:洗剤飯 ◆cBc8Y.8Lcw2008/07/02(水) 19:41:32
はじめまして洗剤飯と申します。
洗剤で米を研がれ続け、
腸炎と十二指腸潰瘍を患いました。

嫁はアム○ェイに手を出しており
『飲んでも安全』の売り文句を真に受け、
洗剤残留の食材を、食卓に出し続けており、
今日は、貯金の使い込みを発見し、
通帳を凍結して来ました。

嫁は昼から、おそらく調理器具の実演販売に、出掛けており、
いまだ電話が繋がりません。

以後宜しくお願いします。m(_ _)m




前編 中編 後編

146:洗剤飯 ◆cBc8Y.8Lcw2008/07/01(火) 21:29:10
皆さんのなりきり話が、
リアリティ有りすぎで、
背筋が寒くなってきました。(-.-;)

嫁が帰ってきました。

口紅とファンデーションを買ったらしく、
薦められたセリフが
『これ自然素材なの。食べても害が無いの。』
とのこと。
食えるなら、食ってくれって…。

怒鳴ってやりたいのをこらえて、
今日の病院のこと、病状のことを話し、
もう洗剤は止めろと、蓄積されたら、
後々ガンになりかねない。
わかってもらえないなら、
別居、離婚もあり得ると話しました。

嫁の反応は
『そういうのって、独身時代の不摂生が、
いま影響してるんじゃない?
コンビニとか、本当に良くないのよ。』

ダメだコイツ…。
医者の話しもわからん…。


前編 中編 後編

799:名無しさん@お腹いっぱい。2008/06/30(月) 05:02:46
前々回のスレで、
嫁が洗剤で米といで(洗って)る。と、
書いたものだが、まだ生きてるよ(T_T)v

しかし最近、
便に油が浮いてきた気がする…。

体に悪いと諭してるんだが
『農薬の方が体に悪い。』
と、のたまうんだぜ…。
今日なんか、
キャベツの千切りを洗剤で洗っていたんだぜ…。



前編 中編 後編

876:7692009/12/19(土) 23:50:45
1時間ほどで嫁実家到着。
道中で兄貴夫婦に俺が喋るから
座ってるだけにしてくれと頼み、了承。
玄関先であいさつするも、
一言「…入れ」とだけ言われ、
一応客間に通される。
ここからは対話形式で

親父「で?まず何か言うことないんかい!」

俺「その前に嫁子の姿が見えませんが?当事者には来てもらいたいですが」
親父「娘は昨日から飯も食えずに閉じこもっとるわ!
オノレどうせ他の女でも構っとったんだろうがコラ!
ちいと表でいや!行儀してやるわ!」
と俺の胸倉掴んで引きずろうとする。
そこで兄貴早速約束破る。

兄「オッサン落ち着こうや。これから弟と嫁子さんの話すんのに
本人おらにゃ格好つかんだろ?はや呼んでこい」
と静かに言う。
ちなみに兄貴は俺と11離れてる。
とある武道をたしなみ体はK1戦士のような男。
その兄貴が嫁親の手首を掴み
手の色が変わっていた。
親父「わかったから放さんか!なんだお前は!」
兄「あいさつ遅れましたが(俺)の兄です。
とにかく嫁子さんがとっても関わった話を
弟がするんで。
おってもらわにゃ話にならんのですわ」
ここでやっと嫁が部屋に入る。



前編 中編 後編

809:7692009/12/18(金) 23:53:51
>>798
ありがとう。


なんかね、嫁親が何言ってんのか知りたくて
遅いけど電話した。
話を聞くと、

①嫁が親に「俺が出ていった」と言って錯乱した感じでやってきた。
②何を聞いても意味不明なことしか言わない。
③さてはこのガキ浮気して逆ギレか?とあらぬ疑いをかけられていた。

まあ娘溺愛してた親父さんだから
泣かしたコト自体許せんだろうが
なぜ浮気なんだろう?
今すぐ家来て説明せいと怒鳴ってたが
明日伺いますといって切った。


親の出る問題でもなかろうに。
嫁が言わんなら俺が
明日洗いざらい嫁親に教えてやろう。



前編 中編 後編

769:名無しさん@お腹いっぱい。2009/12/18(金) 13:33:55
疲れたというか、心が壊れた。
嫁は普段から上から目線で俺に接する。
嫌だと思いつつも
家のことはきちんとしてくれてたから、
時々優しいからガマンしてた。

が、

昨日帰ったら、
俺の部屋がえらく綺麗にされてた。
ガキの頃友達からもらった手紙や
俺実家家族の集合写真など、
俺にとってかけがえのない物を
全てすてられてた。
前から俺の部屋だけは
構わなくていいと言ってたのに。

「前から気になってたんよ。
大掃除のついでに捨てたよ。
いつまでも古いモンに
こだわらんでもいいんじゃない?」
と言われた。

捨てたと言われた途端、
何の感情も湧かなくなった。
声も出す気にならなかった。
俺の反応に違和感を感じた嫁が
何やら言い訳してたが
何も聞く気にならなかった。

今朝嫁が泣いて土下座してたが
相手にせず家を出た。


俺が悪いのか嫁が悪いのかもい知らん。
ただ奴とはもう一緒に過ごす自信はない。



愚痴すまんね。



前編 後編

487:4032008/09/15(月) 18:19:48
度々の支援、ほんとに嬉しいです。
皆様の想像力、すごいですっ!!
続きます。

結局、そんな事の繰り返し(汚家での状況は変わらず経過)で2年が過ぎた。
ある日、元ウトから「見せたいものがあるから、帰って来い」と指令があった。

有無を言わせない元ウトなので、万障繰り合わせて、元エネ夫と、ねね県へ行くと。
車に乗せられ、3000メートル級の山々を望む「ど・田舎」の150坪の土地を、嬉しそうに披露された。


一人語りの元ウト。
「ここに家を建てる。ムチュコタン、わかってるよな?」と。
元エネ夫に「どういう事?」と目で聞いてみたけど、おどおどするばかり。

この件があって、このままだと、元ウトのリタイアを待たずにあの「ねね県」で「あの元ウトメと同居」だと、危機感を感じた。


前編 後編

403:sage2008/09/15(月) 17:24:52
流れ豚ギリ、しかも、スレ違いかもしれませんけど、
元エネ夫(だと思う。膿家脳もかなり濃い)との過去話を投下します。
長文になりそうな予感がするので、すみません。


大学時代から付き合ってた元エネ夫、私が大学を卒業するとすぐに、プロポーズ。
後で知ったんだけど、元エネ夫の両親が、私の大学卒業を待っていたかのように言い出し「パパンとママンが結婚しろ」って言ったからプロポーズしたそうな。
元エネ夫の意思でプロポーズしてくれたわけじゃないらしいorz

卒業した年の秋に結納。
卒業の翌年の初夏には、結婚いたしました。


元エネ夫、サラリーマンで 3つ年上。義実家が絡まなければ、良いヤツだった。
元ウト、小さい会社を運営するが婿養子。タヌキじじぃ。

元トメ、家事能力ゼロ。汚家作成能力、最強。
元コウト、当時大学生。私の2つ年下。唯一の味方だった、と思う。


結婚が決まるまで、1回しか会った事のなかった元ウトメ。汚家ではあったが、そこそこ良い人達。
元エネ夫も、元ウトメにいろいろ口出しされそうになると、軽く諫めて元ウトメの事を、そこそこ上手に扱っていた。

が、しかし。
結婚が決まり、お式の準備段階に入ると「何かがおかしい」と感じ始めた。
元エネ夫の実家は、赤の事を「ねね」と呼ぶ地方(以下、ねね県)。
私の実家は、某政令指定都市。元エネ夫は、転勤で首都圏。

元ウト「わしも会社をやっており、式は、こちら(ねね県)でやってもらう事になる。日取りは、わしの誕生日にした、はっはっは、めでたいめでたい」と。
うちの父も母も「おまえは貰ってもらう身なんだから、あちら様の意向に文句を言わないように」と。



前編 中編 後編

367:前スレ858 ◆jQpivhkGCc2007/05/15(火) 20:58:13
いろいろと心配をしていただいてありがとうございます。

結局夫は兄の住所を母に教えてしまいました。
母が兄宅に来て、「お母さんももうお父さんと暮らすのは耐えられない。毎日殴られているのよ」
玄関で言っていきました(ドアは開けませんでした)。

わたしたちがいなくなって父のボウリョクは母一人に向かっているようです。
兄が仕事中だったので一人で対応したのですが、なんとか追い返すことができました。


その後兄姉とも相談して、実家に電話をして、もう私たちとは関わらないでくれと宣言するつもりだったのですが、
父のほうから「あのうるさいがき(娘)は2度とつれてくるな、お前たちも育ててやったのに連絡ひとつ入れない
親不孝ものだ、3人そろって頭を下げて詫びを入れるまでうちの敷居はまたがせん」
と泣きたくなる位嬉しい絶縁宣言を逆に貰ってしまいました。


告訴の件は見送りです。本当はきちんと告訴したほうがいいと思うのですが、せいぜい執行猶予がつく程度なら、
これからさき私たちと娘が両親と関わらずにすむ方法を選びました。
 
夫とは離婚を前提に話を進めるつもりです。
「早く帰っておいで」とお花畑メールが来ますが、その裏で母に居場所を教えていたなんて本当に信じられない。



前編 中編 後編

70:前スレ8582007/05/10(木) 23:37:17
まだ兄姉とも連絡がつかなくて、ここに書き込ませてもらって少し落ち着いてきました。
ありがとうございます。

夫は怪我をした娘をすぐ病院に連れて行ったそうですが、診断書とってないので明日病院に行って来ます。
父が灰皿を投げつけた後、母がごめんねごめんねと娘に泣きながら謝っていたそうです。
その姿を見て両親を責められなかったそうです。

でも、それがあの人たちのいつものやりくちなんです。
私たちがボウリョクを受けていたときも、あとになって「守ってあげられなくてごめんね、ごめんね」と泣きながら自分だけはいい人になる母親でした。


近所ではボウリョク夫とそれに耐えるけなげな妻をずっと演じてきた母です。
だから夫婦そろって子供たちは絶縁したのに。

言葉と受けた障/害をみせるだけでは理解してもらえなかったのか、本当に悔しい。
優しい人だと思っていたけど、結局は957さんの言うとおり、母と同じ自分をよく見せたいだけの人だったのか。

このページのトップヘ