修羅場


前編 後編

613
:名無しさん@おーぷん2014/12/04(木)18:24:29 ID:LXY
今後は旦那の身内のお祝い事にはタバスコ贈ればいいんじゃない?




前編 後編

561
:名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)22:49:39  ID:TH9
友人の旦那がやらかした。
友人夫婦は赤ちゃんが生まれたばかりで、それを祝いに遊びに来たらしい友人旦那従兄弟が
赤ちゃんにとタバスコを渡してきたんだそうだ。



前編 後編

682:最低人類0号2018/08/06(月) 14:02:49.34ID:bZKCS6yU0
大人になったよめが親に虐待されてるんだけど
どこに相談したらいいんだ?
原因は俺の親族だけど訴えたら金とれる?


前編 後編

709:名無しさん@HOME2018/07/29(日) 12:49:23.92 0
今が絶賛修羅場中
妹が壊れた
3ヶ月前に妹が飼ってた猫がタヒんだ
15年飼ってたやつでさ
タヒんでからも妹は猫を抱っこしたまま動かなかった

仕事も行かなくなったし
このままだとクビになってヤバイと思ってさ
嫁と二人で行って無理やり猫を妹から取って
共同墓地みたいなところに置いてきたんだよ

妹は暴/れるから俺が抑えて嫁が置いてきた
抑えてる間ずっと叫んでた
「まだタヒんでない」「寝てるだけ」「連れてかないで」
嫁が帰ってきた時には大人しくなったけど
ずっと「許さない」って泣いてた

それから仕事行くようになって安心したんだけど
妹が仕送り拒否り出した
俺たち家族さ子供三人いて妹の仕送りないと食べていけないんだ
なんとか頼んだらニコニコして「土下座ね」だと

ふざけんなって言ったら「いらないの?」だって
仕送りないと生きてけないの知ってるくせに
仕方なく土下座すると
「なんかすればいいんでしょ?感があるな」と言って次は嫁同伴
嫁も生活かかってるからなんとか同意してくれた

でさ今月は「仕送りの日ちょうど双子の幼稚園の参観日だね直接持っていくね」
とすごい明るい声で言われて修羅場中



前編 後編

44:緊急事態 ◆VKKmKMJP7g2006/08/31(木) 18:14:49
駄目だ…。電話したら嫁さんの親が出た。
今どこ?待ってるので早くと言われた…。
俺の親だけじゃなく、嫁さんの親までいたよ。
もう間違いないよ、このまま逃げたいよ。


前編 後編

15:緊急事態 ◆VKKmKMJP7g2006/08/31(木) 17:04:45
俺34歳嫁さん32歳結婚5年目の子供なし夫婦。
至急でアドバイスよろしく。
嫁さんからのメールで、今日大事な話があるから早く帰ってきて。
俺、ちょっと疚しい事がある。
三ヶ月前に出来心で一度だけの浮気を経験。
その後、会ったりはしてないがたまにメールが来たり
返事したりしてる。
むこうも既婚なんで、完全に一夜の浮気で済んでる。
俺、嫁さん大好きなんだよ、マジで愛してるんだ。
ずっと疚しい気持ちを抱えてきたわけだが…。
で、さっき届いたメールにびびりまくってる。
返信せずに悩んでるんだが、頼む、アドバイスしてくれ。
浮気がばれた?いや、ばれるような事はないはず。
大事な話とは何だろう?
こっちから暴 露するべき?
まじでどうしよう?


前編 後編

768: 関西女 ◆k6/FdTGUNs 2005/10/29(土) 17:32:20 ID:0dL4suG6
点滴に トランキライザーが入っているからねと 
看護師さんが教えてくれました 

最初「食べられない分だよ」って言われたから 
単なるブドウ糖かと思っていたのに すっかりダマサレタ 
今は 薬で精神をコントロールしたくなかったのに 悔しい 
インフォームドコンセントはどこへいったんだ あばれてやる 

でも 先生も 見かねるくらいだったんだと判った 
何も話してないのに バレるんだね 
顔に書いてあったのかな 「シツレンシマシタ」って 

眠い気がする でも 目がさめたとき「夢じゃなかったんだ」って 
もう一度 思い知らされるのが いやだ こわい 

眠るなら永遠に眠りたい 
でも生きなければ 眠っていては 彼に会えない 
どうしても 生き延びる



前編 後編

556: 大人の名無しさん 2005/09/26(月) 03:17:50 ID:t/qAakZM
>>551
です。
皆ありがとう。ではお言葉に甘えて。 

今月腕を失ったんだよね。 

簡単に状況を説明すると、道路を飛び出した子供を左手で掴んで自分の右手にパス。
逃げ遅れた左腕がトラックのどこかに挟まれてグチャグチャ。 
壊タヒする可能忄生があったんで切り取った。 

何の問題もないと思ってた。痛かったけど。
昔手話を学んだ時に障害なんて単に特徴にしか過ぎないと分かっていたし。
片手になって不便になっても日常生活は十分こなせるし。
子供の両親から神扱いされたし 
俺も「二本ある腕の一本なくしただけで一つしかない命すくえた俺っていい男じゃん」なんて一人悦に入っていた。
「足じゃないから来年のWCで君の国を倒すのに問題ない」と能天気に看護士に馬鹿言ってたよ(関係ないが海外在住)。 

その後怖くなった。
見舞いに来てくれた友人に同情される度に怖くなった。 
可哀想と言われる存在になった事に気づいたよ。 
ベッドで寝てても腕は生えてこないからといって通院に切り替えてもらって、職場に復帰した。
上司も部下も腫れ物を触れるように扱ってくれる。 
幾ら大丈夫だと言っても、今までのように無理な注文は誰もしてくれない。 
自然体で明るく振舞っても「私でよかったら幾らでも相談にのります」なんて言われる。



前編 中編 後編

56: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:43:51.52 ID:s8S6PYXy0.net
次の日の朝、7月19日。 

家族3人で担当医師のところへ行くと、カウンセリングルームへ通された。 

その部屋には俺ら3人のほかに医師やコーディネーターさんなど7人くらいいた。 

直感で良くないことなんだと思った。 

良い知らせなら担当医師1人で充分だ。 

悪い知らせだからこそ、フォローするためにこんなにたくさんの人がいるんだろう。 

医師がゆっくり説明しだした。 

腎臓も良くならないし、感染症のせいもあってか肺炎がどんどん悪くなっていっている。 

ついには最後まで頑張ってた移植したばかりの肝臓もつられるように悪くなり始めた。 

正直言ってここでこうして話している間にも心臓が止まってもおかしくない。と 


3人とも何も言葉が出ない。 

妹は医師の顔をじっと見ていた。 

父親はずっと下をうつむいていた。 

俺は「もう何もできることはないんですか?」ときいた。 

「いえ、まだ試していない治療もあります。もちろん私らはあきらめてはいません。」 

そういうと一呼吸おいてから 

「ただ、、、さっきも言ったようにいつ心臓が止まってもおかしくない状態です。だからもし、心臓が止まったとき、、、どうしますか?蘇生しますか?、、、一度止まってしまうと、お母さんの場合は内臓がボロボロなんで正直言ってそこから回復するのは厳しいです。」 


医師は顔を上げている俺に向かってそう言った。 

俺は父親のほうを見た。 

父親は目を真っ赤にして、震える声で搾り出すように「できるとこ、、、まで、、、やってほしい、、、よな?」と俺に言った。 

つまり心臓が止まっても蘇生して欲しいということだった。 

俺も気持ちは一緒だった。



前編 中編 後編

 29: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 00:27:03.89 ID:s8S6PYXy0.net
引越しの日程も決まり、5月31日入院の日を迎えた。 

なぜか母親は、俺や妹や父親よりも後に、最後に家を出ようとしてた。 

俺は玄関先でドアを開けたまま、早く行こうと促した。 

母親は家の中を軽く見回して、フゥとため息をつき、猫2匹に「ちょっと行ってくるからね。いい子にしとかなあかんよ」と言って猫2匹の頭を指でちょんとつついた。 


病院へ着き、入り口にある車椅子を借り母親を乗せた。 

車椅子を押しながら自動ドアを抜けるときに言った。 

「今度ここを通るときは、たぶんお母さん歩いて通れるで」 

母親は嬉しそうに笑っていた。

このページのトップヘ