4: 名無しさん@HOME 2013/08/02(金) 17:28:27.26 O
>>1おつです。
久々に義実家いったら、まだまだてきめんだったDQN返し。

「お花に詳しい、女らしいワタシ」がだーい好きなトメ。
だから、植木職人を父に持つ・華道師範である私の母が嫌い。
そんな環境で英才教育された、しかもムスコタンを奪った「嫁」の私のことはもっと嫌い。

いつも我が家に突撃しては花を持参しクイズを出す。
私だって花は好きだけど、この世の全ての花を知ってるわけじゃないし
「このアジサイは何て名前(品種)だったかしら?」「このバラの原産はどこだったかしら?」
とか、知らねーよ!

もちろん、買ってきたトメは知ってるから、まぁ嫌みったらしくご高説をのたまうのたまう。
「あらっ、お母様お詳しいのに知らないの~?どこのお花屋さんでも売ってるわよ~?お母様お詳しいのに~(お気に入 りのフレーズ)」
「常識でしょ?常識!あ、ごめんなさい、私ったら、子供の頃からお花が大好きで~(以下、おしとやかトメ少女時代話の話。毎回言う)」
見栄なのか何なのか、持ってくるお花は高級そうなのばかりだし。
男系家族で花トークできなかったのね、あら可哀想な人ワロスワロスでスルーしてたんだけど
やっぱり週2ペースで来られるとイライラする。アポなしだし。

で、あるとき、鬼籍の祖父を侮辱しやがった。
「私なんか家事をパパっと片付けて、お庭のお手入れできるのに。お庭の手入れだけで半日かけるって、お爺様、要領悪すぎじゃない?」
職人なめんな。仕事の質が違うんだよ!
祖父が請け負っていた日本庭園と、ベランダ菜園をそのまま路地にしたようなトメの庭と を同列にされたこともムカついた。