前編 中編 後編

514: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/22(火) 23:06:30.05

46

少し落ち着いてきただろうか。

これは相談ではない、フラバで苦しんでるわけでもない、昔語り風のただのネタ話。
ネタ師スレに居るような者ではない、私のネタはこれ一つ、創造力がないから次作もない、そんな私のネタを聞いてみてほしい。

因みに私のプロバイダはよく規制がかかるので、途中で切れたら、まあ、そこまでと思って欲しい。
またはポツポツと途切れながらも投下するよ。
あと、私は皆が嫌いな、まとめから流れてきた者。
矢口の事件を興味からググり、東卵に行き着いて、そこからあちこちのまとめサイトを知り、2chにキダン板なるものを知ったROM暦せいぜい1年ぐらいの新参者。
恋しちゃならない既婚者だが、俺の話を聞いとくれ。

時代背景はそうだな、いまから少し前のお話。

事が起こったのは、あるいは始まりは、携帯電話がまだ普及してない頃。と言ってもそれほど昔ではない。
ポケベルからPHSに切り替わり始めたぐらいのあたり。
PCのCPUがP2で、ファミコンのカセットのように基盤に立ってた時代。

高校を卒業して、都内に就職、今では高卒はありえない会社になってしまったが、当時はまだ高卒の先輩や同期が数人いた。
会社の寮に入り、同室の先輩に新宿の場外馬券に連れて行かれて薦められて買ったのがミホノブルボンの単勝だった。

2年少し本社に勤務し、21の3月に実家と同県の支店の総務に異動した。
ここはもともと県庁所在地だった関係で、支店の統廃合をまぬがれた店だったが、町自体は閑散としたところ。

そこで高校の同級生に会う、名前はみどりとしておこう。もちろん仮名だが。








516: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/22(火) 23:23:46.71
何が言いたいんだこいつ


517: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/22(火) 23:25:33.64
まあ、書いてくれ


518: 726 ◆wFp.IA5bAQwf 投稿日:2014/07/22(火) 23:27:44.08
俺も見たい
まぁ書いて下さい


521: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 20:16:28.04
早い時間に紫煙いただいてたのですね、ありがとう。
すぐにPCを切って寝てしまいました。
では、昔語りを続けさせてください。まあ、ネタですが。
12

この後に嫁になるみどりとは、高校時代ほとんど話したことがなかった。
地元のジャスコに就職したまでは当時の文集で知ってはいたが、こちらの街の勤務とは全く知らず、駐車場で車から降りた自分に、昼休みで外から帰ってきたみどりに呼び止められたのがきっかけ。

今にして思う、ここが運命だった。ここに来るまでに信号にもうひとつひっかかっていたら、車を止める場所が違っていたなら、ドアを開けるタイミングがあと少し遅れていたら、おそらく知り合わなかっただろう。
あのジャスコはこの後、数年で無くなったから。

そうそう、先に言っておくが、このネタ話に弁護士や興信所や探偵は出演しない。
当時はそんな人たちにどうやったらコンタクトがとれるのか分からなかったし、そんな「つて」も無かった。
無知を晒せば、不倫に「慰謝料」が発生することを知ったのは大分後のこと。

さて、付き合い始めてから翌年だったその頃に起こった大震災やオウム事件を見て2人して恐ろしいねと話し合ってたのを覚えてる。
ただでさえ、自分が最初に勤めていた本社は日比谷線沿線だったので、支店でも大騒ぎだった。
おそらくその頃から結婚を意識し始めたんだと思う。
それでも22や23では若すぎると、まだ私自身は結婚したいと思わなかったが、数年後に会社の役職はそれまで平社員だったのが主任という肩書がついてやっと結婚してもいいかなあと1つの区切りをつけた。

プロポーズのいきさつや結婚式の件はバッサリ切ることにする今となってはあまり良い思い出ではない。


522: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 20:17:46.62
つづく…


523: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 20:29:37.44
843

どうもこの会社の悪い癖なのだが人生の何かの区切りをつけると必ず異動を出す。
次の年の3月に本社への異動が出た。

本社にまた戻るのでそれはそれで悪くない気分だったがここで嫁が仕事を辞めない、ついてこないと言い始めた。
多分当時仕事が面白くなりはじめた頃だったんだろう、同僚ともずいぶん仲が良かった。

異動が出て約1週間で次の住むところ決めなければならないのだが、嫁とそんな話をして結局住む処が見つからず、当時はかなり緩い管理状態で結局のところ、転居届を出さずに会社の独身寮に入ることができた。
会社としても住むところが見つけるのに手間取って、それまで食住をカバーしようという程度の認識だったのだろうか。
結果、金曜日の晩に元々住んでいたアパートに戻り日曜日の夜に独身寮に戻る、そういう生活を続けることになった。

でも考えてほしい、結婚してからほぼ毎晩のように嫁とことをしていたのにそれが月曜日から木曜日がなくなるのだ。
20代半ばの男には辛い状態だった。

余談になるがいまだに嫁以外の女を私は知らない、風俗も未経験、そんな感じでもう40代を迎えてしまった。

もちろん嫁がこちらに来ることもあった。
当時出来たばかりの恵比寿にもいったし、銀座で初めてハーゲンダッツを食べた。特にディズニーランドは何度も行った。

泊まるときはいつもビジネスホテルだった。不思議と同伴旅館を使ったことがない。
当時よく泊まったホテル浦島は今はもうないようだ。

当時の年齢としてはお金は結構あったほうだと思う。二馬力で働いていたし、独身寮は食費光熱費込みで3万弱で済んだ。

そんな生活が1年以上も続く。今ならば考えられないほどのぬるい人事管理だった。

さてこの借りていたアパートの近くに、農業をやってる人が必ずお世話になる組織が賃貸をやってるアパート群があった。
この辺のアパートと言えば全部が一戸建て。私の借りていたアパートはそことは違ったがやはり一戸建てのアパートだった。
当時2Kのアパートに嫁1人が住んでいたという状態。

ここまでが前提。


530: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 20:46:43.74
つづく…


534: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 21:18:17.67
184

もう一つ先に間男のことをいってしまうと年齢は知らない、おそらく5、6歳上。独身。
組織の賃貸物件の管理者か何かだった。
この時期の役職などは本当に知らない、調べるどころか誰にも聞いていないので。

苗字を宇神としておこう、もちろん仮名だが。

発覚は悪く言えば告げ口、教えてくれたのはこの農協のアパートのひとつの奥さん。

私は当時GPZの400Rを乗っていて、この奥さんの旦那さんが900を乗っていた。トップガンのトムクルーズだね。
一緒にツーリングとかはしなかったけれど、道端でバイクの話やツーリングでどこに行ったといった話をする程度には仲が良かった。
もっとも私自身はそのアパートにあまり住んではいなかったのだが。

で、奥さんの話によるとその日トイレの汲み取り口のフタが割れたらしく、その男が交換しに来たそうだ。
それが午前中。ところが夕方の3時になってうちのアパートからその男が出ていくのを見たそうだ。

なおかつその次の日の晩には旦那が、その男がうちのアパートに入っていくのを見たらしい。
奥さんは一発で浮気だとわかったらしい。
夫婦で話し合った結果、まず私に話をするべきだと決めたそうだ。

金曜日の晩に大体定刻で帰ってくるのが分かっていたから、前の道のところで奥さんが待ち伏せていた。
こーゆー時は田舎の1時間に二本しかない電車が役に立った。

ここは褒めて欲しいのだが当時の私ととしてはよく頭が回った
何をしたかというと嫁が帰ってくる前にゴミ袋を漁ったのだ。

当時燃えるゴミは土曜日1回しか回収がなかったから1週間分のゴミがゴミ袋に入っていることをとっさに思いついた。
見つかったのはゴム。当時使っていたのはピンク色の物しか私は知らなかったが、でてきたのはなんていうか茶色、包み紙もあった、2つ。
F1チームのロゴをここで見るとは思わなかった。

当時ゴムを買うのは私だったが、正直ここら辺の薬局で見たことがないものだったよ。


535: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 21:31:39.36
>>534
ベネトンかよw

つづく…


537: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 21:46:19.35
9

ここでいうところの証拠を集める、という考えはなかった。なんというか確認だけがしたかった。
近所の人に待ち伏せられて、道端で聞かされたことを鵜呑みにすることもできなかったし、その気配も当時は分からなかったから。
だけど、その奥さんの話を疑うよりも、何か自分の目で確認しなきゃ、というのが先に立った。ある意味素直でした。

当時はクールにあることがかっこいいと思いこんでいた。菊池秀行の小説を好んで読んでいたので、ゴムを見つめる表情だけは秋せつらだった。
だからなんというか、ドキドキバクバクという他の人が言っているのようなことはなかったんだ。
いやもしかしたらあったかもしれないが、冷静に振る舞おう、普通に振舞おうというのが頭にはあったのは覚えている。

その日も嫁と夜の行為はあった。
だただしどうしても一点だけ気持ち悪いというところがあった、だから一緒に風呂に入ってからしたんだけれど。

他のみんなとはちょっと違うんだろうか、それほど生理的に気持ち悪いというまではいかなかった。
他の板で言うところの処女嫁ではなかったから、他の男にすでに抱かれているという諦めもあったかもしれない。
女性からすると余計なお世話か。

だから嫁と行為をする時に気になったのは、嫁のそこかしこでその男の唾液がついたであろう場所で自分がその男の唾液や、あそこであれを舐めとるというのが嫌だなぁという点。
なのでその晩は一緒にお風呂に入ったんだ。

結果自分が帰った時は一緒にお風呂に入るというのが習慣になった。夏だったから都合が良かったというのもある。

この年は大変だったことも覚えてるなぁ、あちこちの銀行が破綻してたし、ウチの会社もどうなるかそんなことばかりを考えていながら日々生活していたんだ。
会社もリストラを始めたが、もちろん当時は若い部類だったからリストラ対象ではなかったけれども不安で不安で仕方がなくて。
だから子供を持ちたいとは思わなかった。


538: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 21:47:18.00
ここまできたら、続けてくれ!④


540: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 21:48:46.07
>>538
つづく…

を入れてからだろ!


541: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 22:25:16.02
846

その生活を約1月ぐらいやってからある日、今週は帰れないというふうに連絡を入れておいた。
どうしても決定的に自分の目で見て確認したかったんだ。

何をしたかというと、いつもの電車のさらに1本速く帰り、誰にも見つからないようアパートに戻った。
押し入れの上の戸袋のさらに上、つまり天井裏に入るところがあるんだが、そこに隠れた。

これが大失敗、真夏は過ぎたが暑さがまだ厳しくて本当に目が回っていた。
アパートに戻ったがクーラーは付けられない。アパートの中でじっと息を殺していた。

間男が来るかどうか分からなかったが、自分も勤め人なので、通常のスケジュールでしか張り込み?ができない。
来なかったら来なかったで、帰ってきたよと翌日とぼけて現れるつもりだった。まあ、いきなり大当たりだったのだが。

嫁が戻ってきたのは20時ごろ。無言で入ってきたが明らかに足音が2つ、玄関あがったときには2人で入ってきたとすぐにわかった。

この時にはさすがにドキドキバクバクと興奮していたよ。
でも、すぐに行為には至らなかった。普通に晩飯を作り始めて普通に食事をしているような会話が聞こえた。

この時間は長かったなぁ、本当に長く感じた。

会話が切れ初めて無言の時間が続いた、そうしてるうちに布ズレとゆうか肉体と肉体が擦れ合う音、そんなものが徐々に聞こえ始めた。
部屋から押し入れのある部屋の天井までは結構距離があるので会話の一つ一つほとんど拾えなかったんだが、まぁ旦那がいないうちにこんなことをしてという会話は聞こえた。

だけど暑い、クーラー効いていて下の隙間から冷たい空気がやってくるが、いかんせん上からは暑い空気がやってくる。

嫁がガマンしている、抑えている感じのあの声は聞こえた。
なんとか見たいという衝動に駆られたけど無理だった。戸袋のさらに天井裏だから扉が2つあるようなものだったからね。
何を考えていたかというと、ただただ暑い、早く終われ、時間よ過ぎろ、夜よ明けろ、そんなこと。


542: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 22:27:19.11
>>541 ④


546: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 22:51:50.48
つずく…


548: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 22:58:07.10
322

暗くて時間がよくわからなかったが、やることをやって2人とも風呂に入りに行った。
風呂場でもきゃっきゃ言いながら話していたのはよく聞こえた。

内容はまあいい。

すると話しながら洋服を着る音が聞こえ始めた。ズボンを履く音だね。
で電気が消えて真っ暗になって2人とも玄関を出て行く音が聞こえた。

ここで迷った、暑いし、いい加減気持ちが悪い。下に降りて風呂に入りたかった。
でも戻ってきたらどうしようとか、どっかに買い物か散歩に行ってすぐ戻ってくるのかとばかり思っていた。
で、やっぱりしばらくじっとしていたら今度は足音が1つだけ戻ってきた。
玄関から入ってくる音はどう聞いても1人分の気配しかしないし足音がしない。注意深く2人分無いかどうかをずーっと聞き入っていた。

ビニール袋のガサガサ言う音、洗い物の音、トイレに行く音。
その間鼻歌は聞こえるが会話が聞こえないやっぱり1人だ。

そうして自分がいる真下の押し入れを開けて布団を出して敷き始めた。
電気が消えて寝る。

そこからがまた長かった、自分も眠たかったがここで寝てしまったら何かの音を出してしまうかもしれないと思い必死に耐えて起きていた。
本当の暗闇。隙間から光もない本当に真っ暗だったよ。

ただ目が慣れてくると屋根の開いている部分から外の光が少し漏れているのが見えた。それだけが救いだったな。
この時点で私は間男の顔をまだ見ていない。

この時まだ意識していなかったと思うが、頭の中で方針が決まったのはこの時だったと、今この文を書いていて気づいた。


この相手の男の目を潰す、ということだけを考えていた。


549: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 23:14:22.58
6

私は子供の頃、変な妄想をする子で、人間の体で無くなって1番辛いところは何だろう、 それから人間の体で無くなっても困らない部分はどこだろう?
なんてことを考えてる子供だった。

その答えは1番辛い事は目が見えなくなること。

ちなみに無くなっても困らない部分の答えは足の小指と薬指なのだが、まぁ無くなったことがないから本当のところどうかは知らない。

それともう一つ、それよりちょっと前に親戚からこんなことを聞かされていた。
警察は殺人事件だったり、被害者が瀕死の重体にならない限り本気で捜査をしない。だから喧嘩程度では警察は追ってこないから安心しろ、と。
何の根拠か知らないが自信たっぷりに言っていた。

ここから以下のようなことばかりを仕事中もずっと考えていた。

・瀕死になってはならない。
・殺すつもりもない(恐いから)。
・ただ目を潰す、ただし片目ではだめ、必ず両眼を潰すこと。
・かつ、犯行が自分とばれないこと。

で、潰すにあたって以下の心配事をしていた

・何で目を潰すのか?
・自分の指だと多分途中で怖くなってやり切れないかもしれない
・やはり道具を使うべきか?
・どんな道具を使ったらいいか?
・いや道具を使ったら計画性ありということで、捕まったとき罪が重くならないか
・ちょっとの傷だと治ってしまうのではないか
・ではやはりナイフか
・でもナイフだとまぶたを切るだけで終わってしまっないか
・では刺すか
・でも片目を刺した瞬間に次の目にいけないのではないか

人間悪いことをしようとするときには心配しなくてもいい事まで余計に心配してしまうもの。
所詮、大物にはなれない当時からヘタレな普通の人間だったよ。

結論から言えば自分の手製の道具を作ることになった。

内容は伏せておく、材料はホームセンターで売っていたステンレスの板と金切バサミ。
要はそれを押し付ければ同時に両眼のまぶたを突き破ることができるものだ。


551: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 23:48:32.96
849

鶏の胸肉を使って何度も試行錯誤しながらその練習をして、その道具を作ったよ。
胸肉が安かったからね。さらに皮をまぶた、身肉を眼球に見立てて練習できた。

このひと月は仕事中もネテモサメテモそればかりを考えていた。


で、また帰れないという週を作った

この時は19時ぐらいまでは部屋の中にじっとしていて、その後にいつものように天井裏に入ったんだが前回と同じ位の時間に嫁が帰ってきたようだが今回は1人だった
風呂に入ったんだが飯を作る気配がない。夕飯を外で済ませたか、今日は空振りか。

ふふふ、ヘタレだろう?この時一瞬思ったのはやらなくて済んだ、という安心感だったんだ。
道具を3枚も作っておきながらね。

ちなみに当時のシミュレーションとしては2人で出て行った後にこっそりと一緒に外に出て行って2人が分かれた時に後ろから…という計画だった。

が、だいぶ経ってから玄関が開くが聞こえた。
話し声はヒソヒソ。

嫁のお風呂は?という問いかけに風呂はいいやというのはよく聞こえた。
で、始まる。

いきなり真下の押し入れをガラッと開けたかと思うと布団荒々しく出して、まぁあの声が聞こえるわけだ。
で音が聞こえなくなったとと思ったら、静かになったと思ったら、布団を出す音がしてそのまま寝てしまった。
つまりこの男はこの晩泊まったわけだ。

なんだろうなこのときに初めてスイッチが入ったように思う。
絶対にやるという覚悟みたいなものがこの時芽生えた。

泊まるというか一晩一緒に寝るという行為が自分の存在価値を否定されたようで、多分プライドが許さなかったんだろうな。


552: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 23:51:57.44
溜めてないのか?


553: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 23:53:31.43
復讐の順番からすれば、嫁からだろ。
何で相手なのかね?


556: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/23(水) 23:56:24.36
>>553
相手を不幸で滅茶苦茶にするのが嫁への最大の復讐なんだよ
引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1405351106/ 
前編 中編 後編






1000: 名無し@HOME