427
:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/22(火) 19:19:49.39 ID:xeCJ2Z3N0
こんばんは 
みなさま、レスありがとうございます 

いつも読んでくださってありがとうです 
まとめてお返事させていただきますね 

まず、気分を害された方、ごめんなさい 
内容的にも、読んでて苛立つ気持ちも分かります 
私自身が、当時の自分を書いていて苛々するのですから 

今の私は、全く別の視点で自分を見ています 
詳しくはまとめて書きますので、よろしくお願いします





428:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 19:34:23.93 ID:xeCJ2Z3N0
今日は、回復までの過程を書く前に、 
洗脳についてのお話を書こうと思います 
これがないと、本当の意味での自立とは言えないので 

今までとは違った意味での、重い話になりますが、 お付き合いいただけたら幸いです

429:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 19:50:14.95 ID:Kr8vO6Cy0
待ってたよーおかえりなさい!パンイチで聞きますとも!

430:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 19:55:09.89 ID:xeCJ2Z3N0
>>429 
ありがとうございますw 
それでは、始めます 

今日の話は、ちょっと特殊な環境の話なので、理解しがたいところともあるかと思いますが、 
読み流していただけたらと思います 


私はここまで、あえて書くことを避けていた内容がある。 
それは、洗脳されていた、とタイトルで語っている本当の意味。 
細かく分類すると、マインドコントロールに当たるのかもしれない。 

もちろんまく吉に依存しきっていたのもあるのだけれど、ここで洗脳という言葉を使うのは、シューキョー的な背景があるからだ。 

431:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 19:57:10.46 ID:xeCJ2Z3N0
昔の私だったら、自分の信じているものを「シューキョー」と形容することすらなかった。 
他のシューキョーのような俗的なものではなく、真実の世界がそこにある、と信じていたからだ。 

そのシューキョーでは、いわゆる神の教えに絶対服従せよ、との戒めがあった。 
神が人生の全てで、神の仰ることには、完全に従わなければならない、というもの。 

432:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 19:57:40.28 ID:xeCJ2Z3N0
また、多くの戒めがあり、それを破ることは重い罪過を負う、ということを教えられてきた。 
神を喜ばせるために、人生を捧げる。 
これが、すべての基盤になっていた。 


まく吉と出会った時、私自身が、すでに非常に熱心な信者だった。 
カウンセラーになりたいと思っていたが、それも神ありきのこと。 

433:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 19:58:30.62 ID:xeCJ2Z3N0
つまり、人間が苦しみから救われるには、自分の足で立ち上がることが大切なのではなく、神に与えられた奇跡、恵みによるのである、という考え方。 
神に従うことにより、人生は良い方向に導かれる。 

もしも、苦境に立たされたとしても、それは神が与えた試練。喜ぶべきこと。そう本気で信じていた。 


すなわち、 
人生の全ては受動的だった。

434:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:03:06.10 ID:xeCJ2Z3N0
それが形成されたのは、物心ついた頃からだ。 
私の両親は熱心なシューキョー家だったので、シューキョーが教える「理想の家族像」を、子供たちに実行したのだ。 

一番最初の記憶として、幼稚園の時に、それはすでに行われていた。 
ぜんざい、というのはお餅を神棚に捧げたのち、食べられる正月の食べ物。 
それを食べることは、違うシューキョーにお供えしたものを、食べるということだった。

435:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:03:21.78 ID:xeCJ2Z3N0
幼稚園で、ぜんざいを食べる機会があった時、私だけには、特別なぜんざいが用意されていた。 

それは、丸い餅ではなく、四角い餅を使ったぜんざい。「夕子ちゃんはこれを食べて」そう言われた。 
私は、なぜ自分だけが、他の子と違うのか、同じものを食べていけないのか分からなかった。

436:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:04:15.22 ID:xeCJ2Z3N0
遠足で神社に行った時も、神社の鳥居をくぐろうとしたら、先生に止められた。 
「夕子ちゃんは、鳥居をくぐらないで、こっちから入って」 

なぜ、自分だけ同じ行動をしては、いけないの? 
幼稚園の私は、疑問に思いながらも、みんなに引け目を感じるようになっていた。 
こんな風に親からのシューキョー的な要求が多かったせいもあるのだろう、幼稚園の先生は、私を快く思っていなかった。 

疎まれ、虐待に近いことすらも、されるようになっていた。

437:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:05:02.33 ID:xeCJ2Z3N0
私は、何が悪いのか分からない。だけれど、私は嫌われている。 
自分は悪い子だ、人より劣っているんだ、そう思うようになっていた。 

その頃から、女忄生に対する恐怖や不信感が形成されていく。 

何か悪いことをすると、「神様に謝りなさい。なぜ神様の言いつけを破るの?」 
そのような叱り方をされていた。

438:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:05:24.74 ID:xeCJ2Z3N0
親の命令のすべては、神の命令が基準であって、私の善悪の基準は、全て、神様に好まれるか、好まれないかそれで決まっていた。 

それは、一般的な教育とは、毛並みが違う。 

「嘘をついてはいけない」など、道徳観念の同じものも多かったが、 
相容れないものも、多かった。

439:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:05:56.05 ID:xeCJ2Z3N0
小学生の頃、私の学校は、祭りに参加する学校行事があったのだが、私は参加することを許されなかった。 
他の神を祭る、という理由で。 

お祭りの日、私の兄弟は、みんなでベランダから花火を見ていた。 

休日は、学校の友達と遊ぶことも許されなかった。 
シューキョーの集会に参加することを第一にすべき、という方針だったから。

440:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:06:41.16 ID:xeCJ2Z3N0
私は、友達との約束を断ってばかりいたし、あれこれと普通と違っていのだから、いじめられる要素が強かった。 

元々、田舎町で、ただでさえ近所づきあいが悪いと村八分になるようなところで育ったのもある。 
顔色を伺うことばかりだった。私は他の子と違う、異端なんだ、みんなより百倍いい子にしないと、嫌われる。 

いつも自己主張することなく、誰かについてまわっていたように思う。 
そうしていれば、いじめに遭うことだけは、回避されたから。 

441:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:07:41.58 ID:xeCJ2Z3N0
中学に入って部活に入部したあとも、休日の練習は認められなかった。 

熱心な部活だったため、私はそれが原因で、「なぜあの子は、休みの日に部活に来ないの?」と煙たがられ、しまいにはいじめられて、辞めてしまった。 

「**してはいけない」 
というのが大変多く、そして何より神を第一にしろ、という教えが根底にあった。

442:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:08:16.78 ID:xeCJ2Z3N0
私は中2のとき、一度だけ。 
中学生になって、一度だけ、シューキョーの集会に出るのをさぼって、友達と遊んだ。 

帰ってきたら、母は怒っていて、父には、「おまえは俺の子じゃない」と背を向けられたまま言われた。 
その時の衝撃は、大きかった。

443:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:08:43.32 ID:xeCJ2Z3N0
私は、それまで両親に従順で、ちゃんと言いつけを守ってきたのに。 
一度破っただけで、もうお父さんの子供じゃないんだ・・・ 

とても悲しかったことを覚えている。

444:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:08:58.71 ID:xeCJ2Z3N0
また、交際相手や結婚相手も同じシューキョーの人であるべきだとされていた。 
私の両親が、常識的に考えておかしな部分の多かった私達の交際をあっさり認めてしまったのは、そこにある。 

非常に狭い見解の中に私はいたのだ。 
そして、私が、まく吉と出会う頃には、それは「当然」となり、むしろ誇るべきことのようになっていた。 

445:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:09:24.84 ID:xeCJ2Z3N0
「人生とは、車で旅をする人のようなものです。真の信仰とは、ハンドルを神様に委ねること。 
あなたは、助手席に座っているべきであって、運転手になってはいけません」 

そのような説教があったと思うが、それが正しいと心の底から思っていた。 


一般的な常識よりも、シューキョーの常識が、私の中には植えられていた。 
そして、それが絶対だったこと、全ての行動に制限と指示を与えていたことが、洗脳という言葉につながった。

446:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:09:44.17 ID:xeCJ2Z3N0
この話は、過去の私への挑戦、とも言える。 
なぜなら、昔の私が最も愛したものを、否定し、洗脳と、(悪い意味で)呼んでいるから。 
そうした側面で、過去のことを振り返ると、ある一貫した事実が垣間見える。

447:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:11:22.41 ID:xeCJ2Z3N0
ひとつに、私と彼は、「神の前で結婚を誓い」、付き合い始めた。 

神との誓いは、絶対に破ってはいけないもの、裏切ってはいけないものと教え込まれていた私にとって、それは命よりも大切と思われるような、強い効力を持った「契約」だった。 

私は、その誓いに縛られていた。その誓いを守ることは、何よりも大切にすべきこと。

448:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:11:49.16 ID:xeCJ2Z3N0
付き合うことで、男女の概念が生まれた後、度々、その「契約」をまく吉は提示してきた。 

「私達が付き合うことは、神に従うこと」 
「別れるということは、神に背くこと」 

それが全ての判断の根源にあったと言っていい。

449:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:12:11.26 ID:xeCJ2Z3N0
まく吉は、私が高校の頃から、お告げのようなものを度々利用した。 
それは様々な場面で行われていたのだけれど、その一つを話したいと思う。 

私の目標は海外の専門学校に行くことだったため、私は高校3年生の1年間、交換留学制度を使って、渡米しようと思っていた。 
試験自体は受かったのだが、候補者は3人、結果抽選をして、私は当選しなかった。 

失望して、そのことをまく吉に話すと、まく吉はこう言う。

450:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:13:06.06 ID:xeCJ2Z3N0
「実は、試験を受ける前から、私には、夕子がアメリカに行けないことは、分かっていたんだよ。 神のお告げがあったからね。 
神様が、すべてが分かるまでは、言ってはいけないと仰っていたから、今まで言わなかったけど。夕子は、私のところに来るべきだって。 

私、まく吉の近くで英語を学びなさい、と仰っている。 
あなたたちは、神が結んだ者たちだから、離れてはいけないって仰せになっているよ」 

451:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:14:13.77 ID:xeCJ2Z3N0
このように、度々、 
「神があなたたちを引き離してはならない、と仰せられる」 
「誓いを守れ」 

その言葉を繰り返し、聞かせたのだった。 

また、短大時代に別れ話が出た時に、 
「わたし(神)との誓いを破ってよいのか、破滅の道を歩むことになるがよいか」と言われた私は、 

そこで自分の別れたいという意志を諦めてしまう。神という存在は、私にとっては絶対だったから。

452:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:14:38.40 ID:xeCJ2Z3N0
そのような形で、進学、結婚、将来の夢など、全ての決定に、シューキョーの教えである、 

「~することが、神のため」 
「~しなければ、神に背く」 

このような第一事項が念頭にあった。 

今現在の私は、当時自分が書いた、「神様のことを綴った何らか」を読むと、吐き気がして胸が痛くなる。 
当時の自分が気持ち悪すぎて、受け付けないというか・・・

453:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:16:06.70 ID:xeCJ2Z3N0
どんな感じかというと、全て何かをする時に、 
「これは神様に喜ばれることか?」ということがあった。 
「これは神様が望んでいるか?」 

なので、「神様もそう言ってる?」と、まく吉に聞くようになっていた。

454:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:17:12.54 ID:xeCJ2Z3N0
まく吉「-―するよ」 
「神様もそう言ってる?」 

まく吉「-―だよ」 
「神様がそう言ってるなら、そうする」 

こんな感じで。 
すべての決断に、神の許可というものを求めていた・・・といえばいいのかな。 
私はまく吉にも依存していたけれど、最も依存していた相手は、神という名前をしていた。 

455:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 20:27:10.88 ID:R1ULUKKN0
信じる者は救われる…

456:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:27:14.16 ID:xeCJ2Z3N0
ここで、実家に引き取られてから、数ヵ月後の日記を載せます。 
(この頃、カウンセラーに指示されて、日記をつけるようになっていた) 

これは今の私が読むと、すごく気持ち悪いです、「神様」連呼の自分が怖いです。 
また、それとは別に、病んでしまった私と、両親の折り合いや、親の葛藤も伝わるのではないか、と思います。

457:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:27:42.17 ID:xeCJ2Z3N0
6月**日(日) 

午後、父が(シューキョーの)集会から帰ってきて、こう言った。 

「おまえの友達に会ったぞ。(頭を指差して)ココが今ちょっとおかしいから来れないんだって伝えといた」 
ひどい。 

「具合悪いのは(胸を指して)心だよ」と言い返した。 
「それじゃあ肺が悪いと思われるんじゃないか」・・・本当にどうしたものやら。 

458:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:27:56.17 ID:xeCJ2Z3N0
その後、私の顔写真を見て、「うわっ幽霊みたいだな。こわ~」と言った。 

本人はおどけているつもりか知らないけれど、こっちは本当に傷つく。 
「ひどすぎる!」と言い返した。 

母はそんな私たちを見て、「ほんと、こうゆうふざけ合ってるのを見ると楽しいわ」と言った。 
・・・本当に心が痛んでるんですけど。言い返せただけましかもしれない。 
父は確かに良いところもたくさんあるが、口が悪過ぎる。

459:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:29:08.85 ID:xeCJ2Z3N0
また、私が加工した写真を見て褒めてくれたが、決して嬉しくはない。 

評価主義はもううんざりだ。しかし、父は別に悪い人ではない。 
ただ、それらの言葉は今の私には耐えがたい。 

460:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:29:25.86 ID:xeCJ2Z3N0
その後。 
まく吉に泣きついて、今日の分の日記を読んでもらった。 

「うつが治っても、家庭環境が同じだとまたうつが再発するから、これはちゃんと言ったほうがいい」と言われた。 

「神様もそう言ってる?」と聞いたら、うんと答えたので両親のもとへ行った。 
そうして、今日の分の日記を(・・・耐えがたい。まで)読んでもらうことにした。

461:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:29:58.70 ID:xeCJ2Z3N0
父はそれを読んで、「俺だって我慢しとるんや!くそったれ!もう夕子とは口をきかんでいいわ」と言って二階に駆け上がって行った。 

母は無言で私の背中をちょっとぶっきらぼうになでた。 

その後、数分後父は戻ってきて、私に「ごめんね。俺が悪かった」と言ってくれた。 
それから私がお風呂に入っている間、私の心の病について話しているみたいだった。

462:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:30:42.27 ID:xeCJ2Z3N0
お風呂から出た後も苦しみが続いたので、横になってお祈りした。 
少し落ち着いた。 
夕飯の時、私は黙々とご飯を食べた。ずっと神様の名前を呼びつづけた。 

そうして、ご飯を食べ終わった後、私は父のそばに行って言った、 

「頭をなでてもいいよ」

463:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:31:11.73 ID:xeCJ2Z3N0
そうしたら、頭をなでてくれた。 
「よしよし。かわいい、かわいい、小さい頃はこうやってよくなでてやったなぁ」と言っていた。 
安心した。 

「頭をなでてもいいよ」と言えたことに、神様に感謝した。

464:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:31:29.15 ID:xeCJ2Z3N0
両親にちゃんと理解してもらうために旦那さまが弁解者になってくれたことも、感謝だった。 
両親も、支える辛さがある中で、それでも私の気持ちを受け入れてくれたことに感謝した。 

全て備えてくださった、神様に感謝する一日だった。

465:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:31:46.82 ID:xeCJ2Z3N0 
これを書いた後、再び父の元に行き、 
「感謝してるんだよ。ありがとうね」と言って父の頭をなでた。 

それから母にも抱きしめて、「感謝してるんだよ」と言った。 
「分かってるよ」と言ってくれた。 

今日はよく眠れるといいな。神様、ありがとう。

466:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:32:47.27 ID:xeCJ2Z3N0
転載は以上です 


私の両親は、当然だけれど、心中して帰ってきた娘に対して明らかに困惑していた。 

そこまで生活が荒廃していたというのは知らなかったのだから。 
帰ってきた私はパニック発作を度々起こすし、幼児返りを起こすしで、以前までいたはずの、「しっかり者」の娘は幻想に消えてしまった。 

なぜ病んでしまったのか、相当頭を抱えただろう。 
私の前では泣かなかったけれど、両親は、泣いていたと思う。

467:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:35:19.17 ID:xeCJ2Z3N0
今日はシューキョーの側面から、当時のことを書きました 

このことも含め、今後私がどのように親と関係を修復していくのか、まく吉への依存心、シューキョーの教え、 
それらからの、解放と自立を今後書いていこうと思います 

とりあえず今日書き溜めた分は以上ですー

468:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:36:48.40 ID:xeCJ2Z3N0
今回の話は、私にとっては書きたい話ではありませんでした 
一番胸が痛いところだから 

今の私は両親に感謝しているし、出来れば批判的なことは書きたくありませんでした 
それに、子供の頃にシューキョーやってるということで、いじめられた経験があるので、 
人に話すのが怖かったのです 

でも、ここを書かずには通れないかな、と思ったので書きました 

469:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 20:37:38.43 ID:M2f1IicY0
夕子たん。。。(´;ω;`)

470:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 20:42:57.81 ID:R1ULUKKN0
怖いね。その時の夕子たんに 
「神様がコロせって言ってるよ」って言ったら、誰かコロしてたの??

471:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 20:45:57.65 ID:r7O2BHLfi
がんばったね 
無理せず続けて欲しい

472:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:49:48.93 ID:xeCJ2Z3N0
>>469 
なんだか、小恥ずかしくて、泣き絵文字が、なんか照れてしまいます 

>>470 
それはないですね 

まく吉<<神様 っていうところがあって、 
その神様の教え、という中には「人をコロしてはいけない」などもあったので 

>>471 
優しい言葉をかけてくださって、ありがとうございます 

>>471 
レスつけてくださったみなさん、ありがとうございます

473:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 20:50:07.84 ID:kCeZGPi80
乙。読んでて心が痛かったよ。 
早く自立と解放編が読みたいです…

474:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 20:53:11.36 ID:R1ULUKKN0
自分をコロしてはいけないって教えはなかったの?

475:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 20:54:22.94 ID:xeCJ2Z3N0
>>473 
こんな重い話を読んでくださってありがとうです 
書き始めて5日、まったく爽快感のない話でごめんなさい 

次こそ、自立と解放編書きますね!!

476:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 21:01:14.19 ID:xeCJ2Z3N0
>>474 
それは、ありましたね 
一応、ジサツは罪、とははっきり教典にないのですが、黙認上で 
だから、まく吉はタヒぬタヒぬ言っても、結局タヒななかったのかもしれません 


ちなみに私は、心中を図った時の心境をこう綴っています、 
(色々USBを漁っていたら、心中10日後に書いた文章が出てきたので) 

(ああ、やっとだ。やっと、楽になれる) 
私はタヒの恐怖よりも、楽になれることの喜び、そして神様への罪責感よりも、タヒねることの喜びを思った。 

です

477:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 21:03:33.40 ID:xeCJ2Z3N0
さてさて 

私は茶碗蒸しを食べるのですよ 

今、寒いので居間でこれを書いてるんですが、母がやたらこっちを見てきますw 
最近PCに向かってばかりだから、心配してるのかも 

478:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 21:26:43.68 ID:zNw9CXl4i
夕子はそのまく吉と結婚して夫婦生活の方は何日ペースでしてたの? 
男忄生経験は1人だけ?

479:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 21:28:00.96 ID:MWwkkAcB0
うおおおおついに生夕子たんに遭遇だああああ。茶碗蒸し:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。 

一つお願いなんですが、たまに幼児夕子たんVerの語りを混ぜてもらえないでしょうか 

私はね、茶碗蒸しを食べるんだよ。ぎんなんがね、とってもキラキラしてて、まるでお星様みたいなんだよ。みたいな。 

480:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 21:50:52.35 ID:xeCJ2Z3N0
>>478 
夫婦生活は、全くなかったですね 
まく吉薬の影響でry だったのです 

ただ、私相当病んでたので、してないのに、妊娠したんじゃないかって悩んで検査してましたw  
実際、半年以上、ストレスで女の子のものが止まってたので 
今思うと笑えるんですけど、当時は処〇受胎的なものがあったらどうしようかと思っていたのですよ~コワイですよね 

>>479 
幼児verの語りですか! 
回復までの間に、かなり子供っぽい発言連発してる日記とか残ってるので、それをちょいちょい載せるかもしれません 

>>479さん、私の子供っぽかった頃のしゃべりまねるの上手ですw

481:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 22:12:25.83 ID:Kr8vO6Cy0
おらは今の夕子ちゃん語りが良いである。幼児語も可愛いけど、 
無理してしちゃうと、何か萎える…しかしシューキョーと親ざ合わさると子供はスポンジの様に吸収しちゃうんだね。 

子供時代をもっと楽しく過ごせたと思うと、気の毒だなぁ。

482:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 22:15:27.41 ID:VTVOG3Nf0
追いついた 
マジで涙が出てきた。 
これから幸せになって

483:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 22:28:20.54 ID:xeCJ2Z3N0
>>481 
今幼児語で書こうと思っても、やっぱり書けないんですよね 
あの頃だけのものだったんだなぁって実感します 

きっと、子供時代に親に甘えられなかったから、 
あの時期にたくさん甘えたのだと思うのですよ 

>>482 
幸せを願っていただいてありがとうございます 
長文、読んでくださって嬉しいです

484:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI 2011/11/22(火) 22:49:12.45 ID:xeCJ2Z3N0
それでは、今日は寝ようと思います 
みなさまも、ゆっくり休んでくださいね 

明日また来ます 
おやすみなさい

485:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 22:49:50.74 ID:M2f1IicY0
おやすみなさい

488:名も無き被検体774号+2011/11/22(火) 23:54:36.48 ID:0ISuvowLO
これから夕子が幸せになってくの望んでるよ 
応援してるからな 

おやすみ

490:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 02:03:09.56 ID:cIHOp5hL0
しっかりしろよ。 

神仏ってのは人の中にしか居ないもんなんだ。 
神社仏閣にも、空の彼方にも、地の底にも、別次元にも、御神体の分子構造の隙間にも、どこにも居ないんだ。 

幸せって何だ?幸せってのは生きる事を満喫する事だ。 
(生きるとは?ってとこから考え始めるとダメね) 

神だろうが、何だろうが、人が何かしらの行動•思考に及ぶ際に、それを制限するものがあったとしたら、イコールそいつは不幸をもたらすもの以外の何ものでもなく。 

神が人を苦しめだしたら、そいつはもう神とは呼べない。 

最大の問題は、人は皆、意識(脳)を完全共有できないって点。 
百人いたら、百の神と、百の幸せがあるって事。 

さて、きのう見た若い娘のパ〇チラをオカズにオ〇ヌして寝よ。 
そこそこ幸せだな、俺。うん。

491:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 03:20:30.29 ID:jJb3A4Ix0
>>490 
神々しい話した後にオ〇ヌで締めんなw

493:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 04:07:54.21 ID:Y3T4LkcT0
そんな親とシューキョーの教えでよくグレなかったな… 

ところで「神が○○言ってる」とかお告げだとかって、まく吉みたいな奴が吹き回ってて良いのか? 
厳しいシューキョーだったら「そんな端くれが勝手に語るな」ってなると思うんだが…

495:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 07:45:47.67 ID:rDky3bbv0
ずっと読んでます 

ちょっと気になったんだけどまく吉って夕子さんと全く同じシューキョーではないんだよね? 
大元が一緒で別の宗派みたいな感じだと結婚は問題なかったの? 
いちお夕子さんも同じシューキョーでないとダメとしてるとは書いてはあるんだけど何故結婚が許されたのかな?と… 

あとそのシューキョーは結婚前の男女がふたりで会うこともダメと言われてなかったですか?初めてまく吉に会う時や会っている時抵抗なかったですか? 

共依存地獄ですね 
しかもシューキョーがその地獄を深めているように感じました 
早く夕子さんが立ち上がる話読みたいです! 
ゆっくりでいいので…

496:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 08:31:10.50 ID:GNXA42AS0
おはようございます 

レスつけてくださったみなさま、どうもありがとうございます 

>>490 
>神が人を苦しめだしたら、そいつはもう神とは呼べない。

本当にそうですね 
私も今は、そこそこ幸せですよ

497:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 08:37:02.36 ID:GNXA42AS0
>>493 
兄は見事にグレました 
私は兄がグレて親を困らせてる姿を見てきたので、グレることはできなかったですね 

お告げ云々ですが、シューキョーの中でも「シューキョー法人」を名乗っていて、割としっかりしたところでは咎められる行為かと思います 

まく吉は、色んな宗派に入っては、抜けて・・・を繰り返して、最終的には組織自体が小さいサークルに所属して、自分がリーダーになっていったので、咎める人はいませんでした 

本人曰く、とある宗派では、 
「神に愛されたカリスマ王子」と呼ばれていたらしいですよ

498:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 08:44:54.53 ID:cM1u5H6B0
>>497 
カ・リ・ス・マ・王・子で朝飯吹いた

499:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 08:46:39.20 ID:GNXA42AS0
>>495 
質問ありがとうございます 

シューキョーに関しては、 

       C 
   宗派A< 
       D 
大元< 
       E 
   宗派B< 
       F 

のように分かれていました 
細かく分類すると数十以上かもしれません 

私の家がCに属していたとすると、当時まく吉が名乗っていたのはDで、 
うちの両親的に、宗派が近いのでOKだったみたいです

500:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 08:49:47.36 ID:GNXA42AS0
>>495 
つづきです 

私が高校生の頃は、男女交際のあり方について、良し悪しの話はあまりされてきませんでした 
交際自体が、タブーのような雰囲気があったので、それ以前の問題でしたね 

なので、もちろん抵抗感はありました 

でも会うだけなら、割と似た宗派の別地域の人たちと集会があったりして、会って仲良くなることは良いこと、という風潮があったので 


まく吉も同じシューキョーだから悪い人ではない、という概念の方が強かったですね 

付き合った後は、交際はタブーだけど、結婚を前提にした交際ならば、 
むしろ誇るべきこと、と思い込むようになりました

501:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 08:51:36.93 ID:GNXA42AS0
>>498 
おばさま達に絶大な人気があったそうですよ 
口が上手なので、最初はどこに行っても、誉めそやされていたみたいです 

でもその内、めっきが剥がれて、抜けては別の宗派に行き、、を 
繰り返していたみたいですね

502:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 09:23:18.09 ID:WrXzEZxh0
いつも不思議に思うんだけど 
どのシューキョーも、どうしていろんな宗派にわかれちゃうの? 
しかも宗派間で対立したり争ったりしたりしてるし

503:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 09:29:18.37 ID:CbWbVfNQ0
>>502 
490で出てる

504:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 09:39:24.28 ID:RsU35Hul0
おはよう夕子たん  
茶碗蒸しは美味しかったかな?

505:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 09:53:22.85 ID:jJb3A4Ix0
夕子たんは自宅療養中?

506:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 10:08:52.73 ID:U2Lnt/fa0
大元ってのがだいたい分かってきた 
そーいえば中学の頃“正座したらダメ!!!”って子がいた 
その子、柔道の授業受けてなかったわ&確かに家庭環境があまりよろしくなかった

507:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 10:10:02.71 ID:SPvG8sLz0
今日は休日だしお休みなんじゃね?

508:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 10:11:20.90 ID:jJb3A4Ix0
確かにいたなークリスマス会や運動会に出ちゃいけない子

509:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 10:34:18.22 ID:rDky3bbv0
夕子さん、早速お返事ありがとうございます 

全く別のシューキョーの人と結婚よりご家族も抵抗ないですよね 
しかもまく吉口うまそうだし 

男女交際についても納得いきました 

私も親戚が夕子さん一家と同じシューキョーをしていますが、大変ですよね 
普通の幼少期や青春が送れないということはそのシューキョーに浸かりきっていれば問題ないのかもしれませんが、そこと心の距離を置いて他の世界を見た時自分が得られていないものや無意識の内に失っていたものの多さに苦しむのではないかなぁと思います 

そのシューキョー自体を否定するつもりはありませんがせめて自分が分別がつくようになってから自分でいくつかの選択肢の中から選んでいけたらよかったですね…

510:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 12:00:22.51 ID:GNXA42AS0
こんにちはです 

うっかりしてたら二度寝しちゃいました 

>>502 
宗派のリーダーごとに、重んじるものが変わるため、分派するというがあります 
それで自分のところが一番正しい、っていう身内びいきがあって対立があるんですね 

>>504 
おはようございます 
茶碗蒸し美味しかったですよ~カニ風味でした 

>>505>>507 
今日は休日ですよー

511:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 12:00:49.51 ID:GNXA42AS0
>>506>>508 
やっぱりいましたか、学校に1人くらいはいるのかな 
私は自分とはシューキョー違うんですが、体育の応援団に出られないシューキョーの友達を見て、ちょっと親近感がわきましたよ 

>>509 
そうだったんですね 
親戚の方がどれくらい熱心かは分かりませんが、あまりに行動規制が多いと心配になりますね 


子供に関しては、やっぱり分別がついてから教えて選択させた方がいいと私も思います 
理由の理解できない子供は、それで社会の摩擦に苦しむことで自分に自信のない子になったりします 
私のシューキョーで育った子には多い傾向です

512:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 12:35:03.36 ID:WrXzEZxh0
>>510 
>宗派のリーダーごとに、重んじるものが変わるため、分派する
確かに一般的な団体とかグループならよくわかるんだけどでもそれって、シューキョー団体としてどうなの? 
分派すること自体が教えにそむくことにはならないの?

513:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 12:44:38.91 ID:GNXA42AS0
>>512 
分派は、悪いとされていたと思います 
なので、それぞれの分派が、「自分のところが正しく、他が分派」と名乗ったり、 
あるいは、「あの宗派はもはや、神の意向に背いてしまった。原点に立ち返ろう、ここが真実」といったりでした 


そのシューキョー団体には、教典がまずありきで、その教典は真実というところがありました 
ですが、その教典は、色々な解釈が出来るようなものだったので、 
リーダーの解釈に基づいて、それぞれの組織が形成・運営されていましたね

514:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 12:45:56.07 ID:4w8qwKd70
それでも一応は大元は絶対って感じ?

515:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 13:06:57.89 ID:GNXA42AS0
>>514 
そうですね、大元は絶対、ですね 


今まく吉と離別した頃の話を書いていますので、 
もうちょっと書き溜めたら載せ始めますね。

516:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 13:12:45.30 ID:rDky3bbv0
私の親戚は子供達が思春期くらいに突然始まったらしく、今まで問題無かったこたが突然とがめられたり、制約されたので子供達は納得いってないようですが表面上は真面目にしています 
しかし小学生だった末っ子だけはのめり込み学校でも宣言して活動しているようです 

上の子供達は進学や就職まで親とシューキョーのことで頭を悩ませたりしていました 
中でも一番の悩みはやはり男女交際でシューキョー始めた頃には恋人もいたりして突然それも色々言われ、学校帰りに偶然同級生の異忄生と歩いていただけで咎められ、友達とのクリスマスパーティーや初詣もダメ、日曜日のバイトもダメと大変そうです 

色々な元二世の方のサイトとか見てきましたが苦労されてるなぁと思います 
夕子さんが自分の足で人生を歩いていく姿、傷だらけだろうけどたくましく思います

517:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:06:51.87 ID:GNXA42AS0
>>516 
大変だったんですね 

信じ始めの頃って、特に熱心になりがちで、子供にも強要することが多いみたいです 
親戚のお子さんたちが、これから親元を離れた後、健やかに成長することを願っています

518:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:08:40.31 ID:GNXA42AS0
では、続きです 

話は戻って、父とまく吉が激しい言い争いをした後。 
私とまく吉は、父の判断で別居することになった。 

私は当初、それこそ「ふざけんな、神様へ」に見られるようにまく吉に対し怒り、もう離れたいと思っていたが、 
それもまく吉がいなくなると、すぐに寂しくなってしまった。 

すでに重度の依存症になっていた。

519:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:09:22.77 ID:GNXA42AS0
当時書いたものを載せます 

別居して1日目 


まく吉がいない。 
どこを探しても、まく吉がいない。 
神様、悲しいよ。悲しくて悲しくて仕方がないよ。 
まく吉がいない。

520:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:09:43.10 ID:GNXA42AS0
辛いよ、神様。 
さっきまく吉から留守電が入ってた。 
「夕子の声が聞きたいので、電話ください」 

私だって、声聞きたい。 
私だって、電話したい。 

でも、神様は、しないほうがいいって言う。 
だから、私はそれに従う。 
だいすきで、だいすきで。 

でも、だめなの。 
依存しちゃ、だめなの。 
我慢・我慢・我慢。

521:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:10:21.77 ID:GNXA42AS0

2日目 

留守電に何件もまく吉の伝言が入ってくる。 
悲しげな声。 
抱きしめてあげたい、今すぐ飛んでいって。 

でも、できないんだ。 
うぅ・・・神様のぼけなすー

522:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:10:50.43 ID:GNXA42AS0
さびしすぎる 
もう、さびしくて、めっちゃさびしい 
もう、、ばかー 
誰に頼ればいいんだろ。。。 

迷惑かけたくない私と 
頼りまくりたい私と 
混乱・迷走中!!

523:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:11:10.56 ID:GNXA42AS0
3日目 

今日、黒の子猫が、家の近くにいたよ。 
私が近づくと、逃げちゃうの。 
4・5回繰り返して。 
それでも逃げちゃうの。

524:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:11:47.81 ID:GNXA42AS0
「エサあげちゃだめだよ」って言われて 
だけど、かわいそうで、かわいそうで。。。 
ポップコーンを、少しだけ、置いておいたよ。。。 

もう、なんか苦しいよ。 
まく吉に会いたい。。。 
まだ、2日しか経ってないのに。。。。

525:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:12:32.00 ID:GNXA42AS0
悲しくて、だけれど、頼ると依存になってしまいそうで;; 
結局、私は、ひとりぼっちみたいで;; 
もう、なんか嫌になっちゃった;; 

私とまく吉は共依存の関係にあったため、 
まく吉がいなくなった空白は、大きすぎるものだった。 
胸にぽっかり穴があいてしまって、まく吉の代わりの依存先を探していたようにも思う。

526:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:14:54.24 ID:GNXA42AS0
私は、まく吉がいなくなって、寂しさを紛らわすためにネットにどっぷり漬かっていった。 
主にチャットなどで誰かと話すことを好んだ。 

だけれど、私は正真正銘の精神障害を患っていたため、どうしても相手に依存しがちになり、離れていく人も多かった。 
そんな中で、私の依存を、受け入れてくれた人もいたのだけれど、その後、私はその人を1年以上に渡り、振り回してしまうことになる。

527:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:15:15.77 ID:GNXA42AS0
また当時の私は、心療内科に連れられていく以外は、外に出ることはできなかった。 
心療内科の待合室ですら、誰かに手を握ってもらっていないと、パニック発作を起こしてしまうくらいだった。 

当然、コンビニなどもだめだった。 
人がいるところは、ダメ。人工の光が強いところも、ダメ。

528:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:28:58.81 ID:GNXA42AS0
なので、ネットをしていない時は、カメラを持って、家の庭から見える景色や自然を写真に撮ることが、楽しみだった。 

その頃、私は自然に対して感動していた。 
引きこもっていたせいもあるのだろうけれど、全てが新鮮で、綺麗で、ドキドキの連続だった。

529:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:36:24.34 ID:GNXA42AS0
狭い庭でも、こんなに色鮮やかな花が咲き乱れていて、草にぬれた露の玉が自然の美しさを魅せてくれる。 
朝焼けや、晴れ渡るような空の青、青から赤へと変化していく夕焼けのグラデーション。 

それらが、あまりにも心を打って、世界はこんなに美しかったのだということに、改めて感動した。

530:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:36:58.19 ID:GNXA42AS0
また、以前まく吉と住んでいたところは、都会でコンクリートジャングル、 
夜空も黄色がかって明るいような場所だったけれど、実家から見た夜空はたくさんの星が瞬いて私の心を癒してくれた。 

庭で綺麗な石ころを探したり、小さなお花を見つけたり、そんなことが嬉しくてしょうがなかった。 
本当にもう一度子供になったみたいだ、と思った。

531:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:37:36.81 ID:GNXA42AS0
ちょっと休憩です 

今日、たまたまお昼がぜんざいでした 
昨日ぜんざいについて書いてたので、ちょっとびっくりしました

532:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 14:41:50.99 ID:dJ7126hV0
俺も似たような境遇だから読んでて心が痛い。 
貴重な体験談ありがとう。すごく参考になります。

533:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 14:43:19.52 ID:GNXA42AS0
>>532 
読んでくださってありがとうございます 
こんな話が参考になるといっていただけて、感謝です

534:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 14:50:53.22 ID:vrVHvdYc0
シューキョーやっぱり怖いですね 
神様崇拝はいいけど、恐れ多くも神様の名を借りて 
自分の考えを押し付けるとか怖すぎる

537:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:16:36.80 ID:GNXA42AS0
>>534 
そうですね、怖いなって思います 
熱心なところは、特に、、ですね

539:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:18:06.98 ID:GNXA42AS0
それでは続きです 

子供口調の私の日記、最後の転載です 


みんな聞いて聞いて! 
今日ね、すごいことがあったんだよ 
お庭に行ったらね 
この前ポップコーンをあげた、黒い子猫がいたんだよ 

すっごくかわいいから、私ついていったの 
そしたらね、道路にぴゅーって飛び出しちゃったの

540:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:18:42.26 ID:GNXA42AS0
そこは、なんと学校の通学路!! 
知ってる人に会うのが怖くて、ずっと避けてたレッドゾーン!!! 

すごく怖かったけど、黒猫がおいでって言ってるみたいだったから、 
思い切って通学路に出たよ 
すごくドキドキしたよ

541:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:19:10.75 ID:GNXA42AS0
黒猫を探したけどもういなかったよ 
昔よく通った道なのに、たくさんお花が咲いてるのを初めて知ったよ 

林の中も探検したよ 
そしたらね、大きな2本の木が支え合うように立っていたの

542:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:19:32.44 ID:GNXA42AS0
上を見上げると緑の葉が光を受けて、キラキラ、キラキラってしていたよ 
風がながれるたびに 
木の葉がさらさら、さらさらってささやくんだ 

それがあんまり綺麗で、眩しくて、感動したよ 
私、ずっと子どもの頃からここに住んでるのに、こんな木があるなんて知らなかったんだ

543:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:20:05.39 ID:GNXA42AS0
そのあと、怖かったけど、通学路をさらに進んでみたよ 

田んぼがあってね、しゃがんで見たら、ちっちゃいよつばのお花がいっぱい浮いてたよ 
私、田んぼ道はいつも通っていたはずなのに知らなかったんだ 
大発見!! 

指でそっとかき混ぜたら、くるくる、くるくるって黄緑のお花がまわるの 
それがとっても可愛くて、うれしくなっちゃった

544:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:21:20.45 ID:GNXA42AS0
わくわくして 
レッドゾーンをもっともっと、って進んだよ 

そしたらね、新しくできたおうちに大きなわんちゃんがいたの 
最初わんって吠えられてびっくりしたんだけど 
大丈夫、こわくないよってにっこり笑って、じーっと見つめたの 
そしたらね、鼻の先っぽを柵からつきだして、甘えてきたよ

545:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:22:29.02 ID:GNXA42AS0
なでていいよってゆってくれたの 
私すごく嬉しくて、ぎゅーってしたよ 
いいこだね 

私もきみのこと大好きだよって 
いっぱいなでたよ

546:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:23:17.43 ID:GNXA42AS0
わんちゃんは、うれしそうにいっぱいしっぽをふってくれたよ 

夕子のことすきだよって 
ゆってるみたいだった 

長い間いっしょにいたよ 
もっといたかったけど、あんまり遅くなるとお母さんが心配するから 
またくるからねって 

バイバイって手を振ったよ

547:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:23:45.44 ID:GNXA42AS0
そしたら、寂しそうにワンって吠えて、見送ってくれたよ 
またきてねって言ってくれたの 

お外に出るのはすごくすごく怖かったけど、 
外はキラキラしてて、すごく綺麗だった 
また来るからね

550:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:27:12.77 ID:GNXA42AS0
最初の3ヶ月は、庭より先に出られなかったのだけれど、 
この時、行動範囲が庭から、通学路まで広がった。 

こうやって、ちょっとずつパニック発作を起こさずに、外を歩けるようになったことに、感激していた。 
私が広場恐怖症を克服する、最初の一歩だった。

552:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:35:34.28 ID:GNXA42AS0
この頃、子供返りをしていた私は、ここでひとつ大胆な行動を起こす。 
私の今後に、大きな糧となった出来事。 

当時とある大手のSNSに登録していたのだけど、ネットを通じて、シューキョーで仲良くなった幼なじみ、中学・高校の友達とそこで再び連絡を取るようになった。

553:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:35:53.75 ID:GNXA42AS0
そして、今思うと、よく友人達が受け入れてくれたな・・・と驚きもするのだけど、支離滅裂な当時の日記を、 

(それでも、当時の私が、これは読んでもらっても平気かな?と識別したものを) 
そこに公開していったのだ。

554:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:37:02.88 ID:GNXA42AS0
自分のことを、リアルで仲良かった友達に話すのは、とても勇気がいることだった。 

私はシューキョーのことでいじめられた過去があったため、 
自分がシューキョーに入信していたことすら、知らせてない友達も多かった。 
まく吉と付き合っていたことも、短大進学時に、ごくごくわずかに話しただけだった。 

そんな友達に対して、心中だの、別居なんだの、と日記で書いていたのだから。

555:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:40:01.12 ID:GNXA42AS0
私の友達は、みんな優しくしてくれた。 
ドン引きしても、全然おかしくないような、そんな内容だったのに。 

「大変だったね」とか、「早く元気になってね」とかそんなコメントをしてくれた 
私は、それがとても嬉しかった。 
友達はみんな、「元気になったら、一緒に遊ぼうね」そう言ってくれた。

556:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:40:15.73 ID:GNXA42AS0
私は、家の外から出られなかったのと、女忄生恐怖症が再発してしまって、 
それは到底無理な話だったが、そう言ってくれる友達がいることに、本当に、本当に感謝した。 

私、何も出来なくなっちゃったけど、病気だけど、それでもみんな友達でいてくれるんだなって。

557:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:41:56.69 ID:GNXA42AS0
嬉しくて涙が出た。 
もちろん、それで離れていった人もいたように思うけど、ほとんどの親しかった友人は、私の日記を読んで、温かい言葉を贈ってくれた。 

自分のことを人に理解してもらうために、周囲の友人に、自分の気持ちを話す。 
それがずっと出来なかった私にとって、大きな、大きな一歩だった。

558:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:43:09.70 ID:GNXA42AS0
今日書き溜めた分は以上です

559:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 15:46:35.16 ID:vrVHvdYc0
お疲れ様でした

560:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 15:55:28.49 ID:WrXzEZxh0
超感動大作ですね(^ω^)

561:名も無き被検体774号+2011/11/23(水) 15:55:44.17 ID:EA1+ZSX0i
乙です 
僕もシューキョーで虐められたことあります 
だからほとんどの友達に言えません 
読んでて親近感湧きました

562:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 15:56:53.25 ID:GNXA42AS0
>>559 
ありがとうございます 
今日はこの後出かけますので、続きは明日になりそうです 

とりあえずスレは覗いてますので、レスは見てます、よろしくです

563:夕子 ◆UL6c7.AL3TJI2011/11/23(水) 16:00:37.56 ID:GNXA42AS0
>>560 
なんだか、ものすごく長文になってしまいすみませんです 
そう言っていただけて嬉しいです 

>>561 
一度、それでいじめられると言えなくなりますよね 
そして、そのことで問題があっても相談もできず、 
誰かにアドバイスをもらうことが出来なくなったり・・・ 

でも、大丈夫ですよ 
真剣に話したら、ちゃんと受け入れてくれる人は、いると思います


引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1321589870/ 
     






1000: 名無し@HOME