前編 後編

1: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 10:10:45.81 ID:2XK21bsD0
数年前までやってた。 

前スレ話一覧 
①ハーレーダビッド若坊主 
②檀家の居ない生臭坊主 
③木魚がぁぁぁぁぁ‼︎ 
④忘れ物を届けたらすごかった坊主 
⑤念仏無双 
⑥ドン引き肉 
⑦老婆の御詠歌 

番外編 人に言えない失敗 


以下、ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EAがお送ります





2: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 10:28:11.42 ID:SYb+wiQ60

6: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 12:42:17.26 ID:NcfOdqswi
さて、立ったからには書かねばねwww 
リクエスト受け付けます(・∀・)

8: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 13:07:24.24 ID:v810axLn0
次スレきたー 

引き続き楽しみにしてますよ!

3: ああああ 2013/11/24(日) 11:31:49.13 ID:QL5ggy9c0
幽霊に助けられた事とか、他に不思議な体験とかはない? 
あったら教えてください。

7: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 13:05:40.59 ID:5PmCdz6g0
>>3 
不思議な体験はちらほらあったけど助けられた経験はないかも。
不思議体験=オカルトなんだがな。

9: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 13:17:06.56 ID:NcfOdqswi
そういえば腐乱タヒ体の引取りは一件だけしか書いてなかったね。 
後は笑える会葬客か。わんこ爺さんとか居たな…そういえば。

10: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 13:19:20.49 ID:4yGXL1BmO
ヘタレさんと >>1 乙! 
なんか段々文章力が上がってる気がするんだがw

12: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 13:44:53.87 ID:NcfOdqswi
>>10 
上がっているのだろうか…。 
バカ丸出しな文章ですまん。

13: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 13:46:04.12 ID:NcfOdqswi
わんこ爺さん書くよ (`・ω・´) 

相変わらずもしもしからなので気長にお待ち下さい。

15: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 13:57:44.59 ID:NcfOdqswi
わんこ爺さん 

短いよ(´・ω・`) 


新人教育も一段落し、奴(新人)がウチの支部に配属になったばかりの話。 
別支部の応援で新人を連れてサブで仕事に入った。 
俺「あまり周りの先輩方に偉そうに言うなよ?」 
新人「わかってますよ」シレッ 
それが偉そうなんだよっ! 
俺「…まあいいや…何せワキガさんだけには臭いの事は御法度だからな」 
新人「あー…あの生物兵器…」 
俺「だからそれがダメだってんだ…」 
ワキガさんとは、この支部の支部長兼統括責任者のとてもとても偉い方だ。 
名前の通り生物兵器級のワキガの持ち主で、白いワイシャツも夏日なら一日で黄色く染め上げる程の破壊力だ(´・ω・`) 
すんごい優しいんだが…ワキガさえなければ…。 
基本的にはワキガさんは担当を持たないが(つうか持てないw臭すぎて)司会や花挿しともなれば先輩を上回る実力者だ。臭いけど。

18: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 14:12:07.34 ID:NcfOdqswi
臭いの話は置いといて。 
今回の通夜は地元でも郷士と称される方の式。かなりデカイ。まぁだから応援が必要な訳なんだが。 
勿論司会はワキガさん。 
先輩とは違う優しい音色のような美しい司会をされる…臭いけど。 


通夜も中盤、一般焼香が始まった。 
俺「只今御焼香のお時間でございます、未だお済みでない方はどうぞ前へ…」 
あれ?新人がいない。あいつ、何やってんだ! 



新人「あの、すいません…」 

ん?誰かと話してるのか? 





俺「ブッ⁇」 


そこには犬のぬいぐるみを抱えた寝間着姿の爺さんがいた。 
しかも何故かぬいぐるみにドーナツを押し付けながら何やら独り言を言っているwww 
ハードル高いな新人www

21: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 14:23:41.40 ID:NcfOdqswi
よく聞いてみると、ぬいぐるみはミチコという名前だそうだ。 
故人に会いに来た。 多分。 


介護で身に付けたスキルがこんなところで役立つとはwww 

これでは新人なぞ一溜まりもないw 
しかし無下に押し返す訳にもいかず、俺が付き添いをしながら焼香だけは上げてもらう事にした。 
通路を付き添いながら歩いていると 





爺さん「ミチコさん臭いね~wドブの様な匂いがするよ?w」 


や め ろwww 

会葬客、職員全員が凍りついたw 
何故なら既に会場はワキガさんのテリトリーだったからだwww 
俺「ささ、焼香おねがいしますねー(汗)」 
爺さん「ミチコさんあーんw」 
抹香食わすなwww頼むからwww 
必タヒに取り繕い、焼香台から離れて帰そうとしたその時… 





爺さん「あの子が臭いよ?」 




指差すなや~!www 


爺さん「僕目が痛くなったから帰る!臭い臭いよ~」 


たたた…。 


走り去ってしまった…。 
通夜菓子はしっかり掴んでいたが…。 
どうしてくれようコノ空気…(´;ω;`)

22: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 14:28:34.93 ID:NcfOdqswi
新人「嵐の様なジジイでしたね」 
しれっと何を他人事の様に! 
俺「帰る用意しとけ、逃げるぞ」 
しん「?」 
ワキガさんは自分の体臭に自覚がない。 
しかし、周りの職員の信奉は厚く、弄ろうモノなら何をされるか分かったもんではないのだ。 
(古株さんがやってくれたからね(´・ω・`)) 



自分の勤める会社で犯罪者の様に逃げ出したのはこれが最初で最後だった。 




67: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 18:59:58.51 ID:6GjbuYF80
>>22 
古株さんは何をやらかしたの?

68: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 19:10:47.32 ID:NcfOdqswi
>>67 
古株さん、ワキガさんの事を臭いを抜きにしても嫌いらしくて、ワキガさんのいる事務所に入るなり「細菌兵器!」と名指して叫んだらしい。 
その時は先輩が生贄になったみたいだ。

24: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 14:34:06.24 ID:NcfOdqswi
どうしたらそうなる…。 
腐乱タヒ体引取りprt2 

ポチポチ書いてきます。 
みんな変タヒ体好きすぎwww

25: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 14:40:28.29 ID:NcfOdqswi
どうしたらそうなる…。 




真夏のうだるような暑さの中、ヒンヤリ涼しい事務所でキンキンに冷えた麦茶をオバちゃんと飲んでた時だった。 


ガチャリ。 


先輩「うー…す…」 
溶けてますなwww 
俺「お疲れっす、麦茶飲みます?」ゴクゴク 
先輩「いらん、その代わりお前がいる…」 
何その鋭い目…やな予感しかしないんですけど…。 
オバ「あたし帰るね~w」スタコラ 
逃げた?やっぱヤバイやつか? 
大体オバちゃんが逃げたら最悪クラスのネタが入る。今回も例外ではなかった…!

27: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 14:48:48.11 ID:NcfOdqswi
先輩「汚腐乱巣旅行に当選しました。」パチパチ 
俺「」 
汚腐乱巣(おフランス)とは先輩と俺の間で使われる最上級腐乱タヒ体現場の事だ。 

真夏の腐乱タヒ体はマジでシャレにならん。 
腐敗速度もそうだが臭いのレベルが突き抜けてる。あと煮詰まってトロトロなのは確定だ…。 

先輩「さっさと用意しろやゴルァ‼︎」 
不眠不休で引き取りにまわってたから気が立って話にならん…(´;ω;`) 
俺「イエッサー‼︎(泣)」 
泣く泣く雲ひとつない青空の中、長袖のジャンバーとゴム手袋、前掛け、メガネの不審者扱い満載の格好でげんばへ向かう事になった…。

28: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 14:54:17.46 ID:AkLOkIX80
夏場の腐乱タヒ体なんて想像するだけでキツイわ

29: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 14:58:40.44 ID:/8BxrhjH0
そのレベルでも鼻栓出来ないのか....

30: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 15:04:07.42 ID:NcfOdqswi
詳しい情報は伏せるが、腐乱タヒ体は基本的には自杀殳か孤独タヒ、事件モノと相場が決まっている。 
自宅へ行くのだから孤独タヒは確定だろう。 
ケモノの様に尖った先輩を宥めながら現場へ到着した。 
(民家か…。) 
そこは閑静な住宅街。古い建売住宅が並ぶ一画にあった。 
(既にレベルMAXなんだが…) 
腐敗臭がとんでもない事になっている。 
恐らくは密室で亡くなったのだろう。でなければもっと早い段階で警察沙汰になっていても不思議はない。 
先輩「俺はこの引取りで連休に入る。下手は許さん」 
ハードル高ぇ━━(゚A゚;)━━!! 
俺「了解です…とりあえず中を見てきます。」 


32: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 15:07:50.58 ID:lnMuUqPw0
腐乱タヒ体の臭いを限りなくリアルに教えてくれ

35: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:23:39.50 ID:NcfOdqswi
>>32 
えもいえぬ臭いなんだが、これから書くよ 
前スレにも書いたが、先輩曰く「人間が絶対に受け付けない臭いの集合体」だ。

33: 下手人 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 15:26:07.49 ID:8yFBZuap0
民家から腐乱タヒ体を引き取る時って、現場の窓は閉めたままなの? 
それとも、開けて換気するの?

35: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:23:39.50 ID:NcfOdqswi
>>33 
開けないよ~。近隣に迷惑になるからね!

34: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 15:27:41.94 ID:/8BxrhjH0
幻臭てガチであるの?

35: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:23:39.50 ID:NcfOdqswi
>>34 
線香の匂いが鼻から取れない事はあったな。

36: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:25:51.64 ID:NcfOdqswi
ポチポチ再開。 

この先閲覧注意です。

37: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:38:11.94 ID:NcfOdqswi
玄関前に回り込み、毎度お馴染みの土足でヅカヅカお邪魔いたしますm(_ _)m 
(くあっ⁉︎) 
マズイ…暑いとは思っていたがここまでとは… 
外は炎天下、室内は体感45度は下らない…しかもこの臭い…。 
まとわり付く様な濃厚な腐敗臭。汚物とも刺激臭とも近いが、
呼吸をするだけで肺が腐れ落ちそうな異臭だった。 
(ヤベェw久しぶりに笑えてきたwww) 
現場は畳敷の居間と板間の台所、廊下を挟んで階段と水回りがある。 
(あちゃぁ~…) 
一番ヤバイ部類の亡くなり方だ…。 





廊下を真っ黒な液体と虫が延び垂れていた…。 
(まともなトコでタヒんでねぇな…。)

39: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:51:47.08 ID:NcfOdqswi
これは不眠不休の先輩にはキツイヤマかも知れない。 



(お邪魔しまーす…) 

ガチャリ… 


汚トイレですか…また凄いとこで…。 
黒々とした体液を踏み越えて、中を覗いて見た。 


なぬっ⁉︎ 


便器に体が嵌った状態で腐れ落ちていた。 
虫周期は4周目位か…。
頭皮も腐敗して滑り落ちて顔面の様相は口周りしか残っていない。 
胸元から腹部にかけては完全にウジの餌場と化して溶けただれていた…。 
内容物や排泄物は便器に流れ落ちたのだろうが、内臓までは幾ら便器でも受けきれない。身体も朽ちて傾いでいた。 
(そりゃ漏れ出すわ…どうやって引っ張り出すか…) 
冬場と違い(前スレ参照)皮膚は皮膚では無くなっている。 
アル中の様でもないので腐敗進行度は限界MAXだ。 

(一旦出て作戦を練ろう…) 




先輩、スンマセン一緒に逝ってくださいwww

40: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 16:59:50.13 ID:NcfOdqswi
俺「ブッファ亜ああ‼︎」 
マスクとジャンバー、ゴム手袋を脱ぎ捨て、全身びちゃびちゃの腐敗臭を纏う中年の出来上がりwww 
先輩「どうだ。」 
俺「どーもこーもねーっすね…」 

かくかくしかじか… 

先輩「…」ハァ… 
俺「マトモに連れ出すのは無理な部類っすね。喪主らしき女性と会ったので了解得て来ますわ…」 
先輩「待て待て…水道電気は来てたか?」 
俺「いや、あれは止まってますよ絶対」 
先輩「マジか…」 
兎に角時間も余りない。近隣住民の目もあるから中での処理は絶対だし窓も換気扇も回せない。勿論カーテンもだ。 
幸いトイレなので回りから動きを見られる心配はなさそうだが…。 
先ずは喪主らしき女性だ。

41: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 17:09:00.68 ID:NcfOdqswi
俺「すいません、○○会館ですが…」 
女「どうも…」 
俺「大変申し上げにくいのですが、御遺体をお連れするのに多少難しい状態でして…」 
女「はぁ、私中を見てないんです。見たくも無いし…」 
成る程…。そういう関係か。 
近しい身内だが付き合いは無い部類だな。 
よし… 
俺「正直申しまして、腐敗が進行し過ぎて持ち上げるのも難しい状態です。数回に分けて納棺させて頂きます。宜しいですね」 
女「早くして下さい。手順はどうでもいいですから!」 
おいおい、俺を汚物みたいに見るなよ…まぁ確かに臭いだろうがw 
とりあえず方針は固まった。先輩に報告に行こう。

47: ああああ 2013/11/24(日) 17:35:53.20 ID:QL5ggy9c0
>>41 
え?もう骨すら残ってのこってないの?

52: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 17:41:40.27 ID:NcfOdqswi
>>47 
違うようwww表現力なくてすまんwww 
関節が崩壊してバラバラになったんだyo! 
飯作ってきます。 
今日はおでんと大量の肉炒めさwww 
相変わらずこんなの書いても飯は喰える俺はやはり異端なのか…(´・ω・`)

53: ああああ 2013/11/24(日) 17:42:19.09 ID:QL5ggy9c0
>>52 
どんだけ放置してきたんだyo!

56: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:31:31.59 ID:NcfOdqswi
>>53 
タヒ後3週間だyo!暑さで超加速だZE!

57: ああああ 2013/11/24(日) 18:39:02.63 ID:QL5ggy9c0
>>56 
自杀殳とかタヒんだあとロクな目に遭わないらしいじゃん。

42: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 17:17:09.92 ID:NcfOdqswi
俺「先輩、OK貰いましたよ」 
先輩「よし、ナイスだ。新人にドライアイスを追加で持たせる様に連絡を入れた。後は頼む、限界だ…」 
仕方ない、不眠不休でこの暑さ。しかも腐乱タヒ体だからな…。お疲れっすwww 




新人「持ってきましたよ…くさっ俺さんくさっ」 
俺「うっさいわ。お前、先輩と交代な。ほれ、着替えだw」 
新人「」 
固まってないで早く着替えろwwwお前も同じ臭いにしてやるわwww 




納体袋と大量のドライアイスBOX、桐棺に防臭剤とストレッチャー。目張りテープ。後は不審者2人で再突入します。 
(新人は初ダイブだwww)

43: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 17:21:02.31 ID:NcfOdqswi
新人「暑っ何ですかこれ、くっさ‼︎」 
うるさい!周りに聞こえるだろうが。 
俺「前と一緒だと思うな。今回はフレッシュに腐敗してるからな」 
新人「何ですかフレッシュって…(泣)」 
早い速度で腐敗が進行してるので体組織の水分が蒸発していないためドロドロなのだ。 
まぁ、説明するより見た方が早かろう。 
吐くなよ、いい加減w

44: 不良 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 17:23:31.45 ID:LoKREFws0
戦地の防疫部隊みたいに全身を包んだ服が必要だな。 
ガスマスク付きで。

45: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 17:25:07.49 ID:ZC1kcn8e0
酸素ボンベ欲しい感じだな

46: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 17:34:02.86 ID:NcfOdqswi
再度ガチャリ… 
新人「…グァバぁ…」 
俺wwwwww 
なんちゅう声をwwwまぁ吐かないだけマシだ。 
新人「僕にはどうしていいかわかりまぜん…お任ぜじまづ…」 
俺「アホか…」ケリッ 
とにかくどこから持ち上げたものか…。 
殆ど生け花のように骨盤からぶっ刺さっている… 

よくよく見れば見るほどどうすればこんな形で嵌れるんだ…(;´д`) 

とりあえず脚を…ポ□リ…あれ? 
じゃあ肩を…ガタリ…え? 
仕方ない背骨を直接掴んで…グシャ…(;´д`) 
全て崩壊したんですが…。

49: ああああ 2013/11/24(日) 17:37:55.21 ID:QL5ggy9c0
>>46 
oh・・・creazy

50: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 17:38:45.22 ID:NcfOdqswi
崩壊する度に汚汁がはねかえって来る… 
くせ~よ…(;´д`) 
どのみちある程度は覚悟していた事だ。 
崩れ落ちた部位を新人に渡して納棺させる。 




あれ?頭蓋骨……どこ? 



タンクの裏かな~wそれとも便器の下かな~w… 

便器の中…………………ですよねー(;´д`) 

手を突っ込むにはキツイ…流石の俺も躊躇うわ…笑えない…。

51: ああああ 2013/11/24(日) 17:41:14.04 ID:QL5ggy9c0
>>50 
タヒ因は何ですか?

56: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:31:31.59 ID:NcfOdqswi
>>51 
タヒ因は自杀殳でした。ワザワザトイレで首を吊ったみたいです。

54: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 17:53:13.11 ID:fhDbowuF0
はねかえって来るおしるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwこれはwwwwwwwwwwwwwwww

56: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:31:31.59 ID:NcfOdqswi
>>54 
真っ黒なドブの底のヘドロみたいなのがびちゃびちゃくるぜw

55: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 17:59:41.47 ID:Sp1Fj2sV0
俺の疎遠な身内も病気で孤独タヒして、運悪く俺が立ち会いに行くハメになったが 
涼しい秋に腐敗してない状態でも吐くレベルで臭かったぞ 
どうやらタヒぬ直前に血便撒き散らしたせいらしいが、あれ以上の臭さに立ち会うとかどう考えても無理だ‥

56: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:31:31.59 ID:NcfOdqswi
>>55 
お疲れ…。それはかなりきつい部類だね。 
内臓腐敗が進行してるので見た目よりかなりエゲツない臭いだったはずだよ。 
真夏の引取り…察してくれwww

58: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:42:05.64 ID:NcfOdqswi
むむむ…。どうするべ…。 
致し方ない…。いざ、ヘドロ沼へ! 



ずぶびぶちゅちゅちゅちゅび。 

ぬぁああああいいあぁ!←気合w 
俺「どるるぁあ!」 
取ったどー‼︎ 


あれ、眼窩に指入れちゃった…(´・ω・`) 
許してくれ…(;´д`) 
俺「ほれ、これで終わりだ。」 
新人「…ゔゔぅ。(泣)」 
サッサとドライアイスで固めてジッパーを上げてしまおう。 
防臭剤をぶち込んでから 
棺の蓋を目張りテープでぐるぐる巻きにしてストレッチャーに乗せた。 

グズグズ… 

中でまだ崩壊するか…(;´д`) 

俺「出るぞ…!」 
新人「ぶぁい」ハァハァ 



60: ああああ 2013/11/24(日) 18:44:44.76 ID:QL5ggy9c0
>>58 
目の所に手って、不謹慎だけど、なんかボーリングの玉みたいだな。

61: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:46:03.27 ID:NcfOdqswi
>>60 
正に。あれはホントに悪い事したお(´・ω・`)

63: ああああ 2013/11/24(日) 18:48:26.93 ID:QL5ggy9c0
>>61 
でもレバーをぐいっと引いて流すよりは良かったんじゃない?

65: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:56:15.11 ID:NcfOdqswi
>>63 
水が止まってたからね。タンクの中も多分腐れてたと思うよ…流石に流すのはねぇ(;´д`)

59: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:44:17.43 ID:NcfOdqswi
その後の事は詳細は書けない。特定されかねないからね(´・ω・`) 
ただ、御遺体はただ焼いて骨になるだけだった。 

新人はその後2日は使い物になりませんでしたwww 



62: ああああ 2013/11/24(日) 18:46:27.64 ID:QL5ggy9c0
>>59 
トラウマスイッチon!の状態になったんですか?

65: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:56:15.11 ID:NcfOdqswi
>>62 
あいつはそんな繊細な奴じゃないよwww 
処理が下手くそで身体中に臭いが染み付いて役立たずになったんだw

142: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 07:29:16.37 ID:GOnhHkth0
>>59 
この後の部屋は、特殊清掃がやるのかな

143: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 07:33:19.96 ID:LchaRGTAi
>>142 
そうだね。あれを現状回復させるんだから恐れ入ります…。(´・ω・`)

64: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 18:49:15.07 ID:Sp1Fj2sV0
これだけ不思議な体験やキツイ体験してると 
やっぱり生タヒ観に変化ってあるのかな?

65: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 18:56:15.11 ID:NcfOdqswi
>>64 
まぁ人間タヒに際は大切だな、と思うようにはなったね。 
どれだけ苦しくても自杀殳はしないよ!

69: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 19:11:27.83 ID:/8BxrhjH0
>御遺体「ァ亞ぁ嗚呼亜ァああァ」 


>⁈‼︎⁇⁈☆@#? 

>遺体が喋った! 


みたいな現象て他にもある? 
ファイナルデスジェネレイションて映画で 
タヒ後血管の収縮で手足がいきなり動く 
と言っていたけど本当?

70: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 19:14:41.92 ID:NcfOdqswi
>>69 
あるにはあるね。 
あまり目立つ様な現象ではないけどタヒ後硬直が解け出した時なんかはストレッチャーから腕がびよんって横に跳ねたりしたよ。 
あと屁だな。しかも長いんだ。筋肉が閉まらないから細く長く屁がでるお。

71: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 19:17:43.84 ID:/8BxrhjH0
>>70 
人体は奥深いね.... 

ひと段落したみたいだし取り合えず乙 

せっかくの休日だしあとは休んだら?wwww

72: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 19:21:54.95 ID:NcfOdqswi
>>71 
ありがとwww 
リクエストはうけつけてるからね~ノシ

75: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 20:20:03.80 ID:NcfOdqswi
事件ですよ 




TVでも報道された事件の御遺体を引取りに行く事になった。 
ホントに行きたくないのはこの類…。 
何故なら100%司法解剖されているからだ…。 
あと、想像の斜め上の状態で亡くなられた方も多数なんだよな…(´・ω・`) 
*特定怖いのでかなりフェイク入れて書きます

76: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 20:20:28.76 ID:pDvNEhFa0
ヘタレ葬儀屋さんはスプラッタ映画観てもやっぱり平気なの?

80: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 20:37:56.12 ID:NcfOdqswi
>>76 
平気だねwwwだってこちとら生ですからwww表現力足りない映画なんかはつっ込んじゃいますね(´・ω・`)

78: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 20:30:11.58 ID:NcfOdqswi
簡単に言うと、コンクリ詰めだ。 
状態にもよるけどエグさならTOP5には入る。 
今回は県警までお迎えに上がる事になった。 
相方は勉強も兼ねて新人を連れて行く事にした。 

俺「吐くなよ」 
新人「なら呼ばないで下さいよ!」 
俺「勉強だw」 
新人「前の白骨タヒ体で懲りましたけど。」 
(前スレ参照) 
実は白骨タヒ体から日を余り空けずにお迎えに上がる中々のハードスケジュールだった。 
実はこれは先輩からの司令で、いつまでも遺体に慣れない新人をショック療法的にエグい御遺体を体験させる計画だった。 
先輩相変わらずの鬼具合www素敵www 


俺「さて…今日はメインはお前だ。頼むぞw」 
新人「わかりましたよ…」シブシブ 
まぁ無理だろうがな…(´・ω・`)俺も不安なんだしよ…。

82: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 20:39:46.86 ID:/8BxrhjH0
コンクリ.... 


思いつくので三つほどある

86: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 20:52:26.35 ID:fhDbowuF0
>>82 地域的には東名九か?

89: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 21:00:46.77 ID:/8BxrhjH0
>>86 
具体的な名前出すのはやめようぜ

87: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 20:58:07.58 ID:6GjbuYF80
フェイクも入れてるようだけど、特定しようとするのやめてほしいわ。
それでこのスレが終わったらつまらん。胸の奥に仕舞っといてくれ。

91: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 21:17:54.99 ID:9BP3xwej0
>>87 
禿同 
このスレ楽しみにしてるし、まだまだいろんな話聞きたいし、そういう人もたくさん居るだろうから、特定して終わっちゃったら悲しい。

88: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 21:00:44.95 ID:eA/yMaTK0
んだ、フェイク入る時はもういっそ別次元で起きた話しだと思って聞こうず

92: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 21:24:11.84 ID:NcfOdqswi
何だが荒れてるな…www 
大丈夫だよ、四次元杀殳法(古)並みのフェイクぶっこんでるからねwwwwww 
ばれたらばれたで仕方ないよ。当家と故人には申し訳ないが坊主はどうでもいいwww

96: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 21:57:01.67 ID:NcfOdqswi
新人「失礼します。御遺体の引取に参りました」 
担当「ああ、この間のw今日も大変だね」 
新人「へ?」 
(あちゃーwwwコレは強烈だわwww) 
新人「‼︎」 
そこには人体とは思えない状態の僅かな頭髪と圧着したように変形した遺骨、腐敗し切った肉体の一部があった。 
コンクリ詰めにされるお方が大体どんな方かは想像にお任せするにして…。 
(えー…コンクリートは剥がれてるよね?) 
担当「宜しく」 
俺「失礼します」 
中々の腐敗臭である。恐らくは全身コンクリ詰めで淡水にでも沈められたのだろう。 
頭蓋骨が割れずに引っ付くとか意味が分からん…。(見た目がね) 
担当「コンクリートとの癒着が激しくてね」 
要らん情報だわ…(;´д`) 
コレは強烈…。何か皮膚に落書きの後が… 
見なかった事にしよう…。 
あれ?新人は? 



新人() 

軽く血の気を失いかけてますなwww 
俺も大概ヤバイからコレは早めに引き上げよう。 
俺「こら、早くしろ」 
新人「はい、すいません…」 
簡易納棺を済ませ、なるべく臭いが出ないように目張りを入念にチェックする。 
俺「ありがとございました」 
担当「お疲れ」 


ガラガラガラガラ… 



新人「すいませんでした。」 
お、珍しいなwww 
俺「あれは無理だw俺でも一瞬固まったしな」 
新人「実はかなりヤバイのを想像してたんですが、遥か斜め上の物体でした…」 
俺「気にすんな、あれ見たら他のは人間に見えるだろう」 
新人「それはありえません」キッパリ 
可愛くねー!一瞬でも気を許した俺が馬鹿だったわ(`皿´) 

この御遺体は、出元がアレなんで本部とシャクレ支部、後はワキガさんと先輩のパワーシフトで対応するとの事だった。 




そういえば落書きあったしね。 
あんだけ腐敗して残り続けるのを見て少し感傷に浸ってしまった。 






97: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 21:59:28.06 ID:NcfOdqswi
追記 
あまりにエグいので描写を手抜きしてしまいました…。書いてて晩飯戻しかけたわ… 
すまん。

98: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:09:56.31 ID:Qx9hJtOi0
想像つかないと思うので絵を描いてみた。 
848a3424-s

イメージして頂けるだろうか。

99: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 22:10:50.76 ID:kAAItAZP0
>>98 
なんか和んだw

100: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:12:06.88 ID:Qx9hJtOi0
>>99 
あれ?和む? 
肉団子的な感じを出したんだが…絵心ない人間ですまん。

106: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 22:31:05.14 ID:TGTm3YW30
>>100 
仕事柄部品になった人体ばっか見てるから団子状の遺体だと回収が楽そうw 

って腐敗して原型留めてないんだよねぇやっぱ大変だわ

109: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:37:16.17 ID:Qx9hJtOi0
>>106 
研究関係か? 
昔金に困ってホルマリン漬けの仕事を廻して貰った記憶がwww 
現役時代でも中々の体験だったよ

101: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 22:15:59.30 ID:qBGKlnem0
コンパクトに丸めてあったのな。

103: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:22:57.85 ID:Qx9hJtOi0
>>101 
分かってくれたか(・∀・)

102: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 22:19:58.70 ID:cB0TS9230
よくわからなくてモヤモヤしてたからスッキリした! 
>>1 さん、他の方々も凄すぎる。幾ら貰えても私にはできないわ…て、女はいないよね?

103: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:22:57.85 ID:Qx9hJtOi0
>>102 
いるんだな、これがwww

113: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 22:47:53.98 ID:9BP3xwej0
落書きって、ご遺体に?コンクリに?ちょっと内容が気になる……… 
特定されないような内容なら、教えて欲しい

115: 名も無き被検体774号+ 2013/11/24(日) 22:54:36.25 ID:YKEJol5A0
>>113 
落書きというのは比喩で、ワイルドなアートのことだよ

116: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:55:34.50 ID:Qx9hJtOi0
>>113 
背中に金太郎だが何だかの落書きが彫り込んであったんだwww

119: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 23:10:51.64 ID:9BP3xwej0
>>115 >>116 
ぁあ、そういうことか!!納得!ありがとう!

111: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:43:07.61 ID:Qx9hJtOi0
事故体の引取に関しては書いてなかったか…。 
実は一番引き取り数が多いのは交通事故なんだよね。 
そのなかでも一つぼっちで回収に向かった話を書きます

114: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 22:53:39.93 ID:Qx9hJtOi0
血と涙 




深夜搬送の当番に当たって数回連続スルー(引き取り無し)を喰らい、そろそろ来るな…と気をつけていたら案の定夜中に携帯が鳴った。 
古株「一本入ったで。」 
俺「はい、メモしますチョイ待ち」 
古株「これ、一人では無理ちゃうか?タクシー会社の寝台車も多分アカンぞ」 
俺「行くだけ行きます、最悪病院なら人も居るし親族もいるでしょ」 
何故タクシー会社の寝台車が無理かと古株さんが言うのか。それは出血。 
余りにひどい場合は拒否される事も多い。 
向こうは運転のプロであって遺体のプロじゃないからね(´・ω・`) 
一応自社の寝台車を用意して行く。 
ビニールシートとサランラップも持って行く。 

深夜搬送は基本ぼっちだから寂しいな…

117: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 23:00:44.69 ID:Qx9hJtOi0
いくら病院でもほぼ即タヒ状態の御遺体の場合、なるべく綺麗にしてくれてはいても、出るものは出たりしてますからね。 
検視解剖(だったかな?)に廻される場合は意外と綺麗に帰って来てたように思える。 
(あの病院のナース苦手なんだよな…) 
考えても仕方ない。急いで病院に向かう。

120: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 23:14:56.27 ID:Qx9hJtOi0
処置室から直接搬出との連絡が入り、裏口に寝台車を着けて親族と挨拶をする。 
俺「この度は突然の事で、誠にご愁傷さまです。」 
恐らくは母親であろう若い女性が対応した。 
母親「すいません、ウチのバカの為に…」 
俺「いえ、大丈夫ですよ、それより奥さんの方がお疲れでしょうに」 
母親「あんなの息子でも何でもないです。人様に迷惑掛けて勝手にタヒぬんだから…」 
口では強気な言葉を言うが、目には涙は見せないものの瞳は泣いていた。 
息子はバイクで速度超過を起こして車と接触、横転してここに運ばれて来たとの事だった。 
早速御遺体の確認をしに部屋に入る…。 
コレは…。左脚は完全に潰れてペシャンコ。骨も開放骨折して突き出ていた。 
内蔵の損傷もあった様でかなり綺麗にはされていたが傷口からの腐敗は時間の問題だろう。顔は辛うじて擦り傷程度で済んでいたが首が多分折れてる…。 
(納棺の時に触るか…曲がったままは可哀想だ)

122: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 23:23:59.80 ID:Qx9hJtOi0
傷口からの血は少し滲み出していた。 
(処置甘くね?こんなもんか?) 
周りには看護師が居ない。母親に移乗を頼む訳にもいかないので逡巡していると。 
母親「この布団に移したらいいんですかね?」 
俺「そうなんですが、大丈夫ですか?」 
母親「これも母親の私の至らなさから来たものです。やらせて、葬儀屋さん」 
俺「わかりました。」 
(俺のかーちゃんも俺がタヒんだらこう言ってやるのだろうか…(´・ω・`)) 



いきますよ、 


いち 


にの 



さん 


ドサ。 

やはり頭側は重いから代わるべきだったか…。一緒に息子と母親はストレッチャーの上に乗り上げてしまった。

123: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 23:29:14.36 ID:Qx9hJtOi0
あれ?動かない。大丈夫か?肩でも抜けたか? 






いや、そのままにして置こう。 




母親は傷まみれの息子の顔を撫でながらひたすら静かに泣いていた。 
口では強気だったがもしかしたらこうする機会を待っていたのかもしれない。 
誰かが、何かが背中を押してくれないと泣く事も出来なかったのだろう。 



血は縁よりも深く、涙は海よりも深い。 

いつか何処かの坊主が話していた言葉を思い出した。 



146: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 09:57:43.79 ID:kfGIM/In0
>>123 
母子家庭育ちで兄弟を事故で亡くした自分としてはくるものがあるなこの話は

148: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 12:17:10.98 ID:2Ew1r7XOi
>>146 
突然のタヒは誰しも受け入れ難いもの。 
どんなに孤独でも自分は一人ではない事を覚えていて欲しいんだ。(´・ω・`)

180: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 21:42:42.20 ID:1xB16IAh0
>>123 

おっさんバイク乗りだが、思わず涙が溢れたわ。 

亡くなったお袋にも、心配かけたんだなってさ。

183: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 21:53:54.24 ID:MAoo9Zcm0
>>180 
そう感じて貰えたら幸いだ。 
先にも書いたが、血は縁(えにし)よりも深い。代え難いもんだ。

130: 妖怪 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 23:36:24.52 ID:LoKREFws0
もうすぐ年末だけど、クリスマス時期とか、年末年始に葬儀ってあるの?

131: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/24(日) 23:39:44.37 ID:Qx9hJtOi0
>>130 
関係なくやるね。大晦日、元旦から数日は炉によっては休みだから式はあげないけど引取りやドライアイスの交換や見積りはバリバリやりますよ

132: 奴隷 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/24(日) 23:46:43.72 ID:LoKREFws0
月や季節や曜日によって、特に忙しい時期ってあるの?

137: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 06:26:31.68 ID:MAoo9Zcm0
>>132 
季節の変わり目や寒暖の差が激しい日、あと満月の夜は変タヒ体がやや多かったね。

145: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 08:12:33.56 ID:SquSdFrvi
親父の納棺の時、会館の人が洗髪・洗顔・タヒ化粧してくれたんだが 
厚化粧にもならずすげー自然で血色もあるような仕上がりで 
親父寝てるんじゃないか?ひょっとしてこのまま起きるんじゃね?って錯覚した 
手やら頬を触ったらやっぱり冷たくて現実に戻ったけど(´・ω・`) 
今でもその時撮った親父の顔はスマホに保管してあるよ 
とこの前3回忌終わった俺が言ってみる

148: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 12:17:10.98 ID:2Ew1r7XOi
>>145 
葬儀屋の腕次第だけど、亡くなったら病や義歯の取り外しで頬が痩けてしまい勝ちだから、脱脂綿で出来るだけ生前の面影に近付ける様に努力してたね。 
化粧ももしかしたらそこいらの小娘より上手いかも知れん…。

149: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 12:26:13.48 ID:2Ew1r7XOi
会社の昼休みが短いのでリクエストのガイドラインを。 

①笑える坊主 
②変タヒ体引取 
③葬儀屋の致命的ミス 
④オカルト体験 

③は身バレる可能性が高いのでフェイク率高いよ。 
聞きたい事があれば随時受付中。 
坊主ネタはインパクト薄いかも…前スレに濃いの持って来たからね(´・ω・`) 
では仕事頑張ってきます(´・ω・)ノシ

155: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 16:08:16.25 ID:AyF1h9c10
④で!

158: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 17:44:55.96 ID:v0JBINwxi
お疲れ様です。 
仕事終わりました(・∀・) 
④オカルト体験を書きます。 
仕事場での不思議体験です。 
移動中にポチポチ書くよ。

159: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 17:59:44.97 ID:v0JBINwxi
辻敢當 




ある夕間詰めに当家に納棺をしに向かっていた。 
(狭い道だな~。擦りそうだ…) 
ワンボックスに棺を積んでいたので仕方ないが、地図で見るより遥かに狭い。 
(あれ、行き止まり?) 
うーん、どうしようか。さっき来た道に 
脇道があったな。地図上でも繋がってるしもしかしたらこっちが正解なのかも…。 
狭い道をバックで戻り、脇道に車を振る。 
(やっぱりこっちか。) 
脇道に入って暫くすると道幅が広がってきた。 
(あとは…と) 
この先は丁字路。どちらだったかな… 
実は結構な方向音痴でこの様な事はままある。 

ガサゴソ… 

新人に見られるとバカにされるので詳細地図を一冊後部座席に隠しているんだよ… 

(えーと、あれ?何処やったんだ?) 
シートベルトを外して後部座席に乗り掛かる様に後ろを向いた。 





俺「ふぁッ⁈?」

161: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 18:10:52.00 ID:v0JBINwxi
今の時間は17時40分位のはずなのに、車の後ろは朝靄が掛かった様な青白い光景が広がっていた。 
(なんだこれΣ(・ω・`ノ)ノ !?) 
急いで腕時計をみてもやはり夕方の時刻を示している。 
前を見たら前は綺麗な夕焼けが見える…。 
(なんかヤバイな…やばいセンサーがビコビコ鳴ってる…(゚A゚;))

163: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 18:18:16.10 ID:v0JBINwxi
センサーには素直に従うのが俺流のオカルト処世術だ(´・ω・`) 
とにかく丁字路のどっちかに入ろう! 
今更地図などに用もなく、シートベルトをしてアクセルを踏み込む…! 
が、いくら広がったとは言え路地に変わりはない。 
(スピード出せネェ(;・`д・)) 
しかもこの丁字路、カーブするギリギリのラインに石柱が立っていて一発で曲がれない…。 
(くそ、とにかく左だ!) 

キュルキュルキュルキュル…! 

何度か切り返して左に曲がれた。 
(そういや、夕焼けと朝靄の境界線て…) 
こんな状況でも人間好奇心は捨てられないwww振り向いてみたwww

164: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 18:42:52.90 ID:v0JBINwxi
そこには不思議な光景が広がっていた。 
丁字路の壁側にある石柱に朝靄が吸い込まれていた。 
(はぁ?) 
と言うか流れ込んでいる…。 
(何だがすごい光景を見てる気が…) 
時間にして何分だろうか、もしかしたら数十秒かもしれない。 
最後の朝靄が石柱に吸い込まれて、辺りは夕闇に変わった…。 


ぶるるっ 


今更ながらに寒気を覚えて本来の仕事を思い出した…納棺だ…。 
とにかく戻りたくないのでひたすら道なりに進むと、目的地の当家があった。

165: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 18:56:48.67 ID:v0JBINwxi
するべき事を終え、お茶が振舞われた。 
納棺中も気になり続けていたあの現象の事を聞こうと思ったが、
まさか信じてはくれまいw自分でも半信半疑なのだから。 
どうしても気になるのであの石柱について聞いてみた。 
俺「あの、今日来る時に迷いましてw」 
喪主「ウチは地の者ばかりの古い地域ですからね、狭かったでしょw」 
俺「いや~あの丁字路の石柱に当たりそうになりましたよwあれはいつからあるんですか?」 
喪主「あれは私達が産まれる前から在る物で、石敢當と呼ばれる沖縄や九州の魔除けらしいです。」 
俺「はあ。イシガンドウ…」 
そこでピンときた。 
ある時に天台宗の偉い坊さんにこの地域には辻敢當(つじがんどう)なる魔除けが点在している事を聞いた事がある。 

それだっ‼︎ 

俺「なるほど。そうだったんですか」 
冷静を保ちながら独りごちていた時に… 



嫁さん「あの、あんな遠回りで来られたんですかwwwそんな事しなくても国道から二つ入ってきたら直ぐですのにwww」 

俺「…」 



俺の方向音痴さえなけれはあんな不思議な体験をせずに済んだ事は口が裂けても当家には言えない…(;´д`) 





167: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 19:10:55.85 ID:v0JBINwxi
①笑える坊主 
シリーズ化しつつあるがw 
身ばれしない程度の笑える話を。 
a麻雀クズ坊主マッスルさん 
b夜に華咲く坊主 
c念仏無双再び 
d鎮魂歌を聞かせて候 
こんなもんか。(´・ω・) 
d

175: 名も無き被検体774号+ 2013/11/25(月) 20:02:33.37 ID:53UGx7jk0
dが気になるが、念仏無双のあの坊さんも気になる~

177: 忍法帖【Lv=9,xxxP】(1+0:8) 2013/11/25(月) 20:17:35.96 ID:OhUtJOxJi
全部欲しいが 
まずはd 
かなあ

185: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 21:56:22.71 ID:MAoo9Zcm0
では、鎮魂歌を聞かせて候。 
始めます。 
ポチポチ書くよ。 
オチは無いかもだがお付き合いおば。

187: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 22:05:16.23 ID:MAoo9Zcm0
鎮魂歌を聞かせて候 




珍しく事務所に一人でお留守番していた時に社長が来た。 
社長「お、俺君丁度いい所に!」 
(うわ、最悪…) 
俺「何でしょうかw」 
社長「難しい事になってね、司会を交代して欲しいんだ」 
俺「はい?」 
司会なら先輩もいるしワキガさんもいるじゃん(´・ω・`) 
今更俺に振る理由なんて変タヒ体か何かか? 
素直に思った事を口に出してみた。 


社長「向上心の無い事を口にしないっ」 
俺「すいません…」チッ 
社長「理由はともかく、受けてくれるねっ」 
俺「…はい。」 
理由はともかくってそこが一番大事じゃろがいっ‼︎

188: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 22:12:42.78 ID:MAoo9Zcm0
まぁ理由としては月間の休暇日数が労基に引っかかるから先輩とワキガを休ませねばならない。 
しかし旧い宗派の式が一件入り、経験者が先輩とワキガと俺しかいないから無理にでもやらせる。との事だ。 

何が難しいか…!難しいのはお前の脳味噌の中身だ二代目‼︎ 
最初から休みをくれさえしていれば…! 


*宗派の内容は割愛しますね。 
ホントに旧い宗派で寺院数が少ないので

189: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/25(月) 22:23:44.20 ID:MAoo9Zcm0
他支部からの応援は見込めない…(´・ω・`) 
ウチの支部には初代タヒ体処理班と現役処理班がいる魔窟と呼ばれる支部だからね…。 
仕方ない、オバちゃんの出番だ。 


prrr… 
俺「貴女の心の癒し、俺です」 
オバ「はいはいwつぎ言ったら切るよw」 
俺「なんかすいません…」 
オバ「で?仕事かな?」 
俺「旧宗(仮)の仕事です。」 
オバ「やだw行くわそれw」 
?何だこのテンション…(´・ω・`) 
まぁ来てくれるならそれに越したことはないしな。 
オバ「ドスコイちゃんも入ってもらうよね?」 
俺「はぁ、まあ…」 
オバ「じゃあよろしく~」プツッツーツー… 

腑におちん…最近は俺が呼んだら臭いだのやれ客が少ないだの…文句が多いのに… 

ドスコイはいらないんだが…(´・ω・`)

222: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 12:25:53.78 ID:FVORHhBwi
オバちゃんの機嫌を損ねたくはないので、仕方なくドスコイにも連絡を入れてシフトを組む事にした。 
サブはどうでもいいから新人でいいや。 

式の内容は、90数歳で大往生された男性の故人。喪主はその息子で既に70過ぎの壮年の男性だ。親類も高齢の方が多く一般会葬はあまり見込めないが、御長寿の家計の様で親類がかなり多い偏った式の内容だ。 
俺「やり易いかな。ただ、あの寺よく分からんのだよな…」 
旧い寺院は数ヶ寺が集まって一つの寺の名を持つ場合がある。 
その中でも偉い寺から下っ端までキッチリ格付けがされているのだ。 
俺「塔頭(たっちゅう)さんとは面識無いな…どうするべ」 
見積書には○○寺 塔頭 △△院と記されていた。 

とりあえずオバちゃんに聞いてみよう。

224: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 12:30:24.81 ID:FVORHhBwi
補足。 
塔頭とはその寺の中でも一番偉い院の住職さんの事だ。 


268: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 22:48:19.77 ID:rr6DcVKz0
>塔頭とはその寺の中でも一番偉い院の住職さんの事だ 
これは一般的には違うね 
一番偉い住職(方丈)以外の院住職を塔頭というほうが多い 
ここは珍しいタイプね

269: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 22:51:48.66 ID:8LkTDXj2i
>>268 
そうなのか、不勉強で申し訳ない。 
界隈の寺ではみな塔頭が筆頭院だったもので…(´;ω;`)

235: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 19:08:19.67 ID:8LkTDXj2i
通夜当日、オバちゃんに塔頭について聞いてみた。 
オバ「超男前のロマンスグレーボイスの方よw」 
見た目かよ…(´・ω・`) 
俺「そうじゃなくて…どんな方なのかなと…」 
オバ「凄く優しいし~」 
もういいです…。 
仕方ない、寺打ちで確認しよう。(´・ω・`)

236: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 19:15:09.76 ID:8LkTDXj2i
開式20分前には塔頭は来場された。 
(なるほど…草刈○雄顔負けのダンディだぜ…) 
禿頭(とくとう)ではあるが凛々しい眉としなやかな睫毛…ちきしょう…オバちゃんが惚れ込むのも致し方ない…! 
塔頭「今日は宜しくお願いします…」 
(声までダンディかよ…完璧じゃねーか!) 
俺「俺と申します、お初にお目にかかります。」 
塔頭「いやいや、楽になさって頂いて結構w中々に○○会館さんは礼儀がしっかりとなさっておられるw」 
(あんたのその口振りが固いんだよ!) 
何故かオバちゃんが入れ込む塔頭に変な対抗意識を出してしまった…。(´・ω・`) 
いかんいかん…仕事の話をせねば…。

237: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 19:23:28.69 ID:8LkTDXj2i
俺「一般会葬のお客様よりもご親族が多く参列されておりますので…」 
塔頭「御当家とは長い付き合いでしてな、よく理解しているつもりです。アナウンスは見計らって此方で合図しますので。」 
俺「ありがとうございます、それでは宜しくお願いします。」 
塔頭「あ、そうそう、法話の時間を少し長めに頂いても構いませんか」 
俺「はい、時間的なものはお任せ致しますので」 
塔頭「ありがとうございます」フカブカ 


この時点では恐ろしくやり易い住職のテンプレの様だった…。 
この後の事など全く予想だに出来ないでいた…。

242: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 20:10:27.18 ID:8LkTDXj2i
寺打ちもスムーズに終わり、いよいよ通夜式の開式である。 

俺「故・△○様、九十悠数歳の天寿を全うされました…(長いので割愛)…御導師様のご入場に御座います…」 

か~ん、か~ん、か~ん… 


ヤベェ…惚れる…超絶上手いしエエェ声… 

あまり大きな声では言えないが、坊主によって念仏の上手い下手はかなり幅がある。 
過去の坊主の中でも一、二を争う手練れだ…。 
まず声のトーンがヤバいwww 
ラジオで深夜の大人な番組のMCの声を聞く様な深みのある声、息継ぎ一つも読経の一部ではないかと思う程の華麗さ。 
会館に響き渡る低音。 

一瞬アナウンスのタイミングを逃してしまいそうななったw

243: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 20:21:12.33 ID:8LkTDXj2i
親族が多い為、少し変則的な焼香にはなったが上々の流れだ。 
(そういや法話の時間長めとか言ってたな…) 
俺「オバちゃん、マイクのスタンド外してあげて」 
オバ「…え?」 
ダメだこりゃ…(´・ω・`)完全に惚けてるwww 
俺「ドスコイさん、マイク…」 
ドス「…え?」 
俺「仕事しろ…」 
ドス「あぁハイハイ。」ドスドス 
(静かに歩けとあれ程…!) 

ドスコイさんがマイクのスタンドを外し、塔頭に渡す。 
塔頭「えー、今夜は○△さんのお通夜式に参列頂き有難う御座います」 
(マイクを通すと尚の事ロマンスグレーだな…(´・ω・`)) 







塔頭「今日は○△さんの為に歌を歌いたいと思います…」 







は? 




はああァああ? 
聞いてねーよ‼︎

247: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 20:59:08.98 ID:8LkTDXj2i
まずもって理解が出来ない…(゚A゚;) 
何より格式を重んじる宗派の、仮にも塔頭が歌だとっ…! 
斜め上にも程があるわwww 


俺「…⁈」 
塔頭「司会さん、BGMを切って下さい」 
オバ「早く!」 
(?) 
完全に毒されとる…(;´д`) 
仕方ない…流れ的には切るしかないな… 




もうどーにでもなーれ☆

249: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 21:19:42.13 ID:4eaFfdzp0
クソワロwwww 
その場にいたかったわwwww

250: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 21:49:17.22 ID:8LkTDXj2i
BGMを切ったついでにこっちのマイクも切ったったwww 
後は好きにしてくれwww 
オバちゃんが使い物にならない時点でもう無理www 
新人「あのオッさん何言ってるんですか」 
お前居たのか…(´・ω・`) 
俺「もう知らん、歌うんだろwww」 
会葬客、親族もポカーン… 
無音の会館に響き渡る塔頭の咳払いwww 


~��~♩ 
(歌の内容は割愛) 
エエェ声なのは分かるが…www 
それはないわwww 
内容を要約すると、戦中の特攻に向かう青年が内地に残る家族と恋人に宛てた内容だ。 
いやいやwwwいい歌だし気持ちは分かるがケツこっち向けるなwww

251: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 21:55:16.76 ID:tySOolkd0
ナルシスト坊主だなw

252: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 21:58:43.02 ID:8LkTDXj2i
多分歌の佳境(?)にはいったのだろうw 
やたらロマンスグレーがシャウトしまくるwww 
知るかwww 
完全に棒立ちの俺を尻目に桃色吐息のオバちゃん…(´;ω;`) 
あんた、今日のギャラ払いませんから。 


多分終わったであろう歌の後、しれっと神妙な顔をして塔頭が此方を向いた。 
(出来たらそのまま帰ってくれ…(´;ω;`) ) 
しかしそこからの話が長い長いwww 
要約すると。(要約多くてすまん) 
自分の父親(先代住職)と故人は戦中に同じ部隊に配属され、数少ない生き残りだったそうだ…。 



その話だけで良くね? 



歌の意味、あるの?

253: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 21:58:49.50 ID:r9AKZKtm0
年に一度の靖国詣で 

って歌い出しの曲かな?

254: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 22:00:40.12 ID:8LkTDXj2i
>>253 
近いが違うなwww 
俺の前々職は介護だから理解出来るマニアックな軍歌だwww

255: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 22:01:34.48 ID:NFHn6BSU0
生臭よりある意味すごいww

256: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 22:10:03.31 ID:8LkTDXj2i
ひとしきり話をし、腕時計を見てから話を適当(マジで)にまとめて周りに頭を下げて勝手に退場して行った…。 


てめぇ、今すぐアイアンクローだ…! 


などとは口が裂けても言えない…(´;ω;`) 


式を終えてヘタレの俺は控え室をチラッと覗いてみた。 

なに満足そうなツラして茶菓子食ってやがる! 



通夜が終わっては完全に俺の負けだ…。 
なんだかんだでいい式だったんではなかろうか…(´・ω・`) 








二度と草刈○雄似のジジイは信用しないと心に誓ったのは草刈民代には内緒だ。 





257: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 22:11:32.21 ID:fjH15jtE0
面白かったー

261: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 22:28:10.15 ID:EO7xp7RE0
ダンディ過ぎる坊主も考えものだな‥

262: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 22:29:34.80 ID:8LkTDXj2i
>>261 
生臭に比べたら式自体は成立したからね。まだ許せる範囲だわwww

263: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 22:36:03.57 ID:NFHn6BSU0
そういえばピザすぎて通常サイズの棺桶に入らなかったご遺体とかないの?

264: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/26(火) 22:42:31.53 ID:8LkTDXj2i
>>263 
一番すごかったのは元関取の故人だねw 
特大棺で全長175までだった希ガス。 
最近は中々サイズに合わない御遺体が多いのではなかろうか(´・ω・`) 
余談だが、タヒ後硬直が解けると関節が弛緩して生前の身長よりも15cmは高く(長く)なるからね。

270: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 22:52:27.49 ID:3WynpeVI0
>>264 
ワイ若いころ海水浴場で救助員やっとったんやけど 
やっぱり関取には苦労した 

ジェットに乗せると傾くし浮き付けて引っ張っても進まないし 
結局漁船呼んで回収したンゴw 

272: 名も無き被検体774号+ 2013/11/26(火) 23:21:49.77 ID:NFHn6BSU0
>>264 
そうなのかー。そりゃ大変だ 
少し前までアメリカの肥満研究してたんだけど、向こうの棺桶はもはや正方形だとか、肥満用の特大棺桶の業者が儲けてるとかいろいろあってさw

278: 名も無き被検体774号+ 2013/11/27(水) 05:22:40.03 ID:urc+aH5MO
>>264 
父が亡くなった時は、180cm以上もある人だったから自宅通夜の翌朝に棺に入れるのが大変だった。 
膝を曲げようとしても体がカチカチになってるもんだから 
葬儀屋さん2人がかりで温タオルで関節をマッサージしつつ力ずくでゴキッゴキッとするんだ。 
その度に父の頭頂が棺に押し付けられて反りかえったりして 
高校生だった私はいたたまれなくなって「やめてぇ、もうやめてぇ!お願い!」と号泣しながら叫んでしまってた。 
そんな中で黙々とマッサージと膝曲げを続けた葬儀屋さんたち… 

ある程度大人になってから、あの時は葬儀屋さんに申し訳ないことをしたと思いました。 
>>1さんに謝っても仕方がないけど 
ごめんなさい。 
そして、一生懸命に棺に納めてくれてありがとう。

286: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/27(水) 12:18:16.61 ID:kAXql4wui
>>278 
出来るだけスマートに納棺したいけど故人の身長や体格はしょうがないからね。 
なるべく御遺体を傷つけないやり方で皆さん頑張ってるよ! 
ご遺族の気持ちは察して余りある。 
謝る必要なんてないさ。

296: 名も無き被検体774号+ 2013/11/27(水) 20:07:47.20 ID:4jf9lejd0
新卒で葬儀屋目指す俺にアドバイスください

299: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/27(水) 20:54:26.94 ID:vLyBdsbm0
>>296 
新卒で葬儀屋になるのはあまりオススメしないな(´・ω・`) 
業界が業界なんで潰しが効かないからね。 
人生経験を積んだ結果の選択肢としての葬儀屋ならオススメするが。 
ウチも新卒を何人か取ったけど、職歴を重ねた新人とはどうしても差が出てしまって苦労の連続だったよ。 
それでもやる意思が強いなら影ながら応援するよ‼︎

316: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/27(水) 22:48:31.13 ID:vLyBdsbm0
坊主の生態観察記録
夜に華咲く坊主 
※僧侶の全てがこうではないからなw注意! 




引き前の昼間、昼食を賭けた仁義なき大富豪を先輩、古株、俺、新人、何故かドスコイの五人で繰り広げていた。 
引き前(前スレ参照)だけでも暇なのに、式の一切がない凪の様な一日だ。 

俺「給料日前に奢る金など無いわ!大人しく高給取り二人がタヒねやっ!」 
先輩「お前の本心はよ~く分かった!お前は上がらせん!必杀殳の8切り!」 
古株「ワシ勝ったら○○亭のとんかつ弁当特盛なw縛りwww」 
新人「いい中年が血眼でなにやってんですか…上がりですwww」 

しねー‼︎ 

ドス「ごち。上がり。私も○○亭のとんかつ弁当特盛と唐揚げで☆」 

貴様っ!ちゃんこ作れや‼︎ 





コンコン… 


誰だ⁈今忙しいんだが‼︎ 
(人はそれを暇と言うwww) 


俺「おい新人お前上がりなんだから出ろ」イライラ 
新人「負け犬の癖に」 
俺「まだ負けて無いわ!」 
結局暇になった新人が来客を出迎えに行った。

317: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/27(水) 23:03:33.89 ID:vLyBdsbm0
坊主「お、暇そうだなwww」 


全員「⁈」 

何故あんたがそこにいる…! 

坊主「俺も混ざろうか?負けたら昼飯なんだろw俺も昼飯まだなんだw」 
私服姿の坊主を見る機会がほぼない上、用もないのに葬儀会館に現れる坊主なんてまずいない。この人を除けば…。 

見た目は禿頭ではなく、短髪の白髪混じりの中年、見た目は中の上。 
念仏の腕は近隣随一との呼び声高い名倉(ネプの名倉似なので以下名倉)さん。 

先輩「なにしに来たんすか」 
名倉「今日はひやかしだwww」 
古株「今日は暇やねん、茶でも飲んでけやw」 
俺「ドスコイさん、椅子と茶」 
ドス「とんかつ弁当は?」 
黙れ!動け!とんかつは忘れろ! 
新人「どうぞ、汚いですが」 
お前、まともに事務所掃除したの見たことないぞ…(´・ω・`) 
名倉「お、悪いねw」ガタリ 
古株「で、何やねん、飯タカリに来たようには思えんが?」 
名倉「古株、今日の晩暇か?」 
古株「暇やな」 
名倉「じゃあこいつら連れていつもの店に来いよ」 
古株「ええんか?」 
名倉「こいつら面白いしなw奢りだwww」 



え? 


今何と? 

お ご り ? 



キキ━(((゚∀゚)))━タタ!!

332: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/28(木) 12:22:19.67 ID:DTu6iURJi
先輩「あがりっ」パシッ 
古株「あ、ワシもwww」 


え? 
会話しながら隙見てあがりやがって! 

俺「…」 
仕方ない、負けは負けだ…(´・ω・`) 
今晩の酒を考えたら安いもんだwww 

俺「みんな決まりました?」 
俺以外「おー。ゴチになります!」 




え?何これ… 
昼飯で8800円…⁈ 

俺「ふざけんな!人の足元みやがって!」 
先輩「勝負の世界は非情だ…w諦めろw」 
新人「中年のクセに往生際の悪い…」ハァ… 
俺「ぐぬぬっ」 

名倉さんの分も何故か支払い、諭吉さん一人と悲しい別れをする羽目になってしまった。 

名倉「じゃあ何もなければ5人であの店来いよ~w俺くん、ゴチwww」 

結局飯をタカリに来ただけだったんではなかろうか…(´・ω・`) 





そして狂乱の夜を迎える事になる。

365: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/29(金) 22:37:55.32 ID:eshHgKUvi
名倉さんの奢りの合図に皆浮き足立つwww 
新人「やっぱりあれですか、いいお店とかですか!」 
古株「お前、酒飲まれへんねんからどうでもええやろ」 
新人「酒の美味い店は総じて飯も美味いんですよ?」 
古株「知るか…」 
古株さんの機嫌を損ねては元も子もない…! 
先輩「お前は黙れ」 
俺「古株さん、酒の種類はどんな感じっすかwww」 
疲れるわ…(;´д`) 
古株「焼酎がメインでな、おでん屋さんや」 




え…。 

先輩以外ポカーン… 


先輩「お前達が食った事のないおでんだ、期待していい。つうか顔に出過ぎだろw」 

先輩の舌はそこそこ信用できるから大丈夫だろう。 
(俺が1番舌はいいので。) 
ドス「ごめん、私今日は仕事入ったからかえるね…、一緒に飲めなくてゴメンね☆?」 

早く帰れwww 



それ以降電話も無く、深夜番もない四人が名倉さん御用達のおでん屋さんに向かう事になった。

366: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/29(金) 22:45:36.40 ID:eshHgKUvi
下戸の新人にワンボックスを運転させ、繁華街から少し離れた場所で車を停める。 


(いい匂いだwww間違いないなwww) 

私事だが、学生時代は永らく割烹でバイトをしていたので、そこいらのエセ美食屋には引けを取らない。 
先輩「お、わかるかwww」 
俺「間違いないないっすねwww」 
新人「早く行きましょう!」 
これだから最近のゆとりは…(´・ω・`) 

ガラガラ… 


そこには京都にでも出向かなければまずお目に掛かれない空気と、澄んだ出汁に抱かれたタネ達が爺さんの箸につつかれながら出迎えてくれた。 




名倉さんとその両脇にいる小娘達はこの際無視だ(´・ω・`)

367: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/11/29(金) 22:46:27.53 ID:eshHgKUvi
充電が! 
すまん明日だ!

369: そーぎや 2013/11/29(金) 23:19:34.49 ID:QHwBD+iW0
おつかれ! 
続き期待してるよー。 


あるあるネタでも。 

司会「住職御入堂です」 
入口から厳かに入ってくる住職… 
皆が合掌してお迎えして静まり返った式場… 

「(住職を指さして)…ままぁ、はげぇ~!」 

と2歳くらいの子が…!!((( ゚д゚ ;))) 


みんな笑うに笑えないし、お母さん真っ赤だわで、可哀想だったw 
子供に悪気はないだらうけど、何回か見る光景だw 

怒らない住職で良かった(;´Д`)

373: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】(1+0:8) 2013/11/30(土) 11:15:33.36 ID:it4je8b60
>>369 
ハゲ… 声出してワロタwwwww

374: 名も無き被検体774号+ 2013/11/30(土) 12:38:31.57 ID:Uu7vYunq0
>>369 
普段から人に向かって指差ししても平気な顔で叱ることもしない親なんだろう。その程度の親と躾られてないクソガキだったってだけ。 
親に同情する必要なんざないわ。

381: 名も無き被検体774号+ 2013/12/01(日) 00:09:16.24 ID:qGN5ww500
>>369 
それ、うちの姉が言ったらしく30年たった今でもネタにされてるwww

385: そーぎや 2013/12/01(日) 08:23:22.62 ID:1QEePsZI0
>>381 
そりゃ、この先も延々言われ続けるぞw 


でも、ほんと葬儀場って親の躾がよーくわかるよ。 
3、4歳くらいでもちゃんとおはようごさまいます、とか挨拶できて、式中もおとなしく座ってる子もいりゃあ、座ってられずロビーで走り回り流血事件起こす子もいるw 


まぁもっとヒドいのは会食の席で親族とも会話せず、端っこでスマホいじってるようなヤツだがw 
コミュ能力ない奴は親の葬儀のとき大変だぞ!?

414: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/02(月) 17:33:21.38 ID:OE5n3a80i
こんばんわ(´・ω・`) 
やっと上司とのマンツーマンから解放されました…。 
休日返上で働くなんて何という社畜の鑑w 
事後処理を済ませたら帰れるので続きを再開したいと思います。 
永らくお待たせして申し訳ありません。

424: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/02(月) 20:32:21.98 ID:+mkZfdlH0
名倉「おう、来たか先に始めてるぞーw」 
既にほろ酔いか…。 
つうか横のギャル(タヒ語)は何なんだ… 
名倉さんの両脇には、明らかに水商売ではない普通のJK位の小娘達が名倉さんの腕に絡みついていた…。 
(キ○バクラでもこんな待遇ないぞ…!) 
娘A「パパ~こいつらなにーw」 
娘B「うわ、古さんちーっすwおひさー」 
古株「おひさーwww」 






誰?このおっさんw 

あのふてぶてしい古株の面構えは何処へ行ったのか、ベタ甘ジジイが孫か娘をイヤラシイ目で見ているかの様な面構えw 
(この人を尊敬するの辞めよう…(´・ω・`)) 

しかし!飯は必ず美味い筈!

425: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/02(月) 20:49:07.16 ID:+mkZfdlH0
古株と名倉を尻目に隣の座敷に座り、先輩と俺で適当に見繕う事にした。 
何せここの売りはおでん。しかも生湯葉を使った希少な食べ方をさせてくれる。 
※これ以上は店に迷惑かかるから内緒だwww 
また、小鉢のシジミの粒胡椒焼の美味なる事(((゚∀゚)))ウマ! 
酒飲みには堪らないシチュエーションがそこにはあった。 

下戸の新人とキ○バクラ名倉を除けば…。 



新人「最近のコンビニおでんもこんな感じですよね」モグモグ 
先輩「だからお前はバカ舌だと俺君に言われるんだ…」 
新人「俺さん、皆が言う程凄くないでしょwタヒ体の危険度と腐乱周期はバッチリ嗅ぎ分けますけど。」 
それは舌と一切関係ございません。 
後で殴るから舌噛んで待っとけ‼︎ 
先輩「お前は知らんだろうが…今までお前を連れてった店は基本は古株か俺君が紹介してくれた店だ」 
新人「嘘でしょw」 




ガンッ 

俺「殴るぞ」 
新人「殴ってから言うとかホントに…!」 
俺「うっさい。この店は俺も知らん。つうか値段とタネがいい意味で釣り合ってない。めっけもんだ。ね?先輩」 
先輩「名倉は気に入らんが店は気に入った!食えるだけ食って、飲むだけ飲んだらトンズラだw」 
俺・新人「合点www」

464: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 07:05:38.47 ID:qpLMxOFBi
先輩のトンズラ指示が出たので名倉さんは古株さんにお任せして飯を堪能させてもらう事にする。 
先輩も俺も飲み出すとあまり食べ物は口にしなくなるクチだが、ここのおでんは別格だ(・∀・) 
俺「美味いっすねwww」グビッ 
先輩「絶品だな」チビッ 
新人「うひゃいっす!」バクバク 

………。 

おでんでよく白飯をガッつけるな…(´・ω・`) 

(さてさて、あまり今回の財布を放置していても失礼だし…挨拶はしっかりしないとな…) 










何してんの…?

467: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 07:18:35.26 ID:qpLMxOFBi
そこにはカウンターで座りながら小娘達が名倉さんに 普通にあーん☆したり胸に挟んだおでんをあーん☆させたりしていた…。 
つうか、店の雰囲気台無し…。 


俺「⁈」 

名倉さん…(´;ω;`) 
その両手…直撃じゃないですか…。 
小娘達の腰に手を回しつつスカートの中に明らかに手を突っ込みながらイチャついてやがる…。 

俺「古株さん古株さん!」 
古株「んあ?どうやw美味いやろw」 
俺「いや、飯は最高なんですけどね…これは…」 
古株「ん?お前もやりたいんか?好きやなwww」 
俺「違いますよ!(うらやましいけど。)」 
古株「ええねんええねん、いっつもこんなんやからwww」 
古株さん曰く、今日はまだ居酒屋だからこの程度だが、個室の店に行った日にはこんなもんではないらしい…。 


裏山タヒ刑とはこのことか…。 


人に道を説き、導く聖職と言われる坊主がただのスケコマシジジイだとは…。 
(予想はしてたが…) 
確かにイケメンでええ声してるけど…。 
やはり女はあんなええ声で耳元で囁かれたらイチコロなんだろうか…。 

俺「適当なところでお暇しますんで」 
古株「なんや、今からクラブ行くのにw」 
そんなの聞いて同席出来るかwww 



夜は更けて行く。

468: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 07:32:58.68 ID:qpLMxOFBi
一旦席に戻り、先輩に報告。 

かくがくしかじか…えろえろ。 

先輩「wwwわかった!」 
何を笑うことが…(´・ω・`) 
先輩「ジジイのコマしが健在なら次はないなw」 
俺「へ?」 
先輩「間違いなくお持ち帰りだwww」 
いやいや、あの人もう60過ぎてますよ⁈ 
ブラザーももうブラザーソウル出せないでしょwww 
新人「飯が不味くなります…」 
俺「流石に同感だ…酒が不味くなる…」 
先輩「そうか?絶倫なのは健康の証だろ、いい事じゃないかw」 
俺・新人「職種によるでしょ(´・ω・`)」 
先輩「この業界、坊主に倫理や道理を普通に求めるだけ損するからな」 
※坊主の全てじゃないですよ‼︎ 
俺「はぁ…なんとなくは…」 
新人「所詮坊主も人の子って事じゃないですか」バクバク 
まだ食うか…痩せの大食いめ… 



娘A「あん、もう…wだめよw」 
名倉「そんな事、下の口は…(自粛)」 







飯が不味くなるとあれ程。(´・ω・`)

475: 名も無き被検体774号+ 2013/12/04(水) 11:35:05.01 ID:4vopvuIN0
少女達の容姿がどのぐらいのレベルだったのかが重要なトコだな

477: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 12:13:19.97 ID:95dlC+qwi
>>475 
一人は小柄で清純そうな感じ? 
今で言う能年玲奈みたいな顔だったような…。 
もう一人は若かった時の内田有紀似の少し肌黒い感じのだった。 
二人ともかなりの美人ちゃんだったのは間違いない。

478: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 12:20:49.20 ID:95dlC+qwi
俺「先輩…はじまっちゃいましたよw」 
先輩「だなw古株の嬉しそうな顔見ろよwww」 
古株さんは他人がするのを見るのが好きなマニアなのは知っていたが…(´・ω・`) 
目の前のイチャイチャをニヤニヤしながら見るジジイも中々エグい。 
俺「そろそろ帰りません?」 
先輩「まだ飲み足りんだろ?もう少し待てよw」 
新人「おでんおかわりしてください」キリッ 
俺「マジで帰りたい…」 
先輩「タダ酒飲めてんだから我慢しろやwww」 
俺「(´・ω・`)」 
ええい、ままよ!皆残るのなら飲み倒してボトルもキープしてやる! 


もうチーム名倉は見なかった事にして飲み倒す決心を固めた。

479: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 12:35:32.36 ID:95dlC+qwi
それから何時間経っただろう。 
かなり酔ってしまったのは覚えている。 

名倉「おー、そろそろお開きにしようかw楽しんだか~?」 
一同「はーい、ありがとうございます!」 

名倉さんがマスターにお勘定をしていると、小娘達が名倉さんに擦りよっていく。 
娘A「もう帰るの~?」 
娘B「私もパパともっと居たい~ぃ」 
(最近の娘どもは…親が泣くぞ…) 
名倉「わかってるわかってるwこれからゆっくりできるところに行こうなwww」 
娘達「やだ~wパパwww」キャハハ 


古株さんは酔い潰れた様でタクシーで先に帰ることになり、クラブは無しになりそうだ。 

名倉さんと娘達は黄色い声を上げながら夜の街に消えていった…。 

新人「あのジジイ、2人同時に相手出来るとか鉄人ですね。」 
先輩「あのオヤジ、アナコンダの二つ名持ちらしいぞwww」 
新人「アナコンダwww」 
俺「あんなジジイにはなりたくないですね~w」 
先輩・新人「あれはないなwww」 


先輩「さて、次どこいく?」 
新人「僕女の子いる店に行ったことないんですよね」 
俺「未経験か?www」 
新人「…」 
(なんかすまん…(´・ω・`)) 
先輩「わかったわかった、じゃあ新人w風呂行こう風呂www」 
新人「おふろ?」 
俺「たまにはイイっすねwww」 
(財布保つかな…) 
先輩「筆下ろしじゃーい!」ガシッ 
新人「‼︎」←気付いたらしいwww 
俺「行くぞ~!イェーイ!」 
新人「嫌だ!嫌だー!そんなので喪失なんて嫌だー‼︎」ズルズル 







482: 名も無き被検体774号+ 2013/12/04(水) 14:04:31.42 ID:/B+GfVbI0
お風呂代は先輩持ち?

486: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 17:21:54.51 ID:TU3TvXWyi
>>482 
先輩と俺で新人の分を折半したお。 
多分24000円位だった気がする。 


492: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 18:17:42.67 ID:TU3TvXWyi
四角いタヒ体 



あれは暑い梅雨の時期だった。 
新人が現場を仕切るだけの力を持ち出し、式のアナウンスも次第に出来るようになり出した頃、一件の仕事が入った。 
prrrr…ガチャリ 
俺「○○会館で御座います…はい…はい…(中略)…分かりました。よろしくお願い致します」 
新人「入ったんですか?」 
俺「ああ、シフト的にお前だな」 
先輩は休み、古株さんは自宅葬で二日は帰って来ない。俺も雑務が溜まっていた上、二日後には休みに入る。 
俺「少し変わった仏さんだ。着いてってやろうか?」 
新人「大丈夫ですよw」 
俺「そうか…自宅の風呂で溺タヒしてても行けるとは…成長したな…よよ落涙www」 
新人「助けて下さい…」 
俺「え?大丈夫なんだろ?www」 
新人「もう今度から電話も僕が出ます‼︎俺さんに取らせたら変タヒ体ばっかり当たりますし!」 
俺「そりゃ助かるわw」 
新人「…チッ」 
俺「一人で行くか?」 
新人「…お願いします…。」 
俺「そうだろうそうだろうwww」 
新人「チッ」 
てめえ。( ゚Д゚) 




と言う事で、またまたコンビで引取りです

499: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 21:58:01.04 ID:zdyr65j00
今回着いて行く理由は変タヒ体以外にもう一つ。 
日蓮系の宗派のテリトリーである事。 
これがなかなかややこしい。仏壇を一目見て新人が理解できるとは思えない。 
(結局学会だったので取り越し苦労だったんだが) 
なんだかんだで後輩想いだな…俺w 

車を走らせて数十分、隣市のとある市住へと辿り着く。 
いつかの話にも出したが、エレベーターが有るか無いかはタヒ活問題なので即確認w 
(よかった…古いけどあった…。) 
新人「なに焦ってるんですか?いざとなったら階段でも問題ないじゃないですか」 

馬鹿め…いくらタヒ後2日でも溺タヒは何があるかわからんのだ。これだから新人は…! 
何か俺の変タヒ体センサーがピコピコいってるが、この際新人には内緒にしておこう。 
その方が毎回面白いリアクションしてくれるしなwww 


とりあえず雨も降り出した事だし、ご遺体の確認にいきましょうか。 

俺「行くか」 
新人「今回は僕がメインですからね、僕が行きます」 
俺「そのつもりだから大丈夫w」 
新人「では、いきましょうか俺さん」 


エレベーターで目的の階へ到着する。 
廊下を歩いて行くと、人集りができていた。 
(臭うな…) 
恐らく身内の者であろう女性たちが開け放たれたドアの前でハンカチを口や目に当てながら佇んでいた。 
(新人当たりだなw) 
新人「あそこですかね?」 
俺「そうらしいな…」 
新人「失礼致します、○○会館で御座います。この度は誠に御愁傷様で御座います」 
俺 ペコリ 
親類「あら葬儀屋さん来られたわよ!ちょっと早く見てもらってよ!」 
小太りの親類のオバハンががなる。 


(こりゃやべーなwww) 

新人「…くさ…」小声 
俺「今のは聞かなかった事にしてやる…」 
新人「俺さん、気づいてたんですか?」 
俺「フロアに上がった瞬間にな。どうする?先頭は俺が行こうか?」 
新人「バカにしないで下さい!今回は僕が行きます!」 






無理すんなwww

500: 名も無き被検体774号+ 2013/12/04(水) 22:02:36.06 ID:UwreTw9W0
先輩らとは今でも交友はあるの?

503: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 22:08:20.16 ID:zdyr65j00
>>500 
よく飲みにいくよ! 
ホントに稀に変タヒ体引取りをバイトで手伝いするしねwww 
勿論社長公認だがwww 


501: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/04(水) 22:05:22.28 ID:zdyr65j00
そこは一般的な市住でまだ小綺麗な内装だった。居間にある四角い黒々とした物体を除けば…。 

新人「⁈」 
俺「失礼致します」 
そこにはタヒ後二日とは思えない程壊タヒした肉と水分を含んで黒々とした皮膚。 
小さな浴槽で座っていたであろう体育座りで固まった老婆の姿が四角い箱寿司の様な形で固まったままブルーシートの上に乗った状態で居間に置かれていた。

504: ああああ 2013/12/04(水) 22:17:06.23 ID:vuA7kH950
>>501 
一体なにがあったの?

527: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/05(木) 19:27:25.99 ID:5/HHCpgQi
これはエゲツないな…。 
喪主の長女らしき女性に話を聞く。 
俺「失礼ですが、どのような状況で…」 
長女「はい、電話ではお伝えしたのですが…伝わりにくい内容でして…」 
そりゃそうだろう…(´・ω・`) 
要約すると… 
故人は高血圧を患っており足も悪い為、ヘルパーサービスを使いながら一人で生活していた。 
いつもはヘルパーさんのいる時間帯に入浴していたがその日は何故か一人で入浴し、心筋梗塞を発症そのまま溺タヒした…と。 
ただ、追い焚きをしたままの状態だった為火傷と壊タヒ、腐乱のトリプルコンボが成立したとの事だった。 

なるほど…そりゃ豆腐餻みたいになるわ。 


俺「この状況はこちらでも想定の範囲外でして、一般的な納柩準備しか御用意出来ておりません」 
長女「では母は…」 
俺「一旦会館に必要な物を取りに戻りますので、暫くお待ちください。」 
長女「分かりました…」 



さて、どちらが取りに戻るかな。

570: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 06:59:54.58 ID:axpL5t3C0
新人「じゃあ僕が取りにもどりましょうか」キリッ 
俺「バカ言え…担当が残るのが当然だろう」 
新人「」 
正直どっちが戻っても問題はなかったのだが、気に入らないので残す事にした。 
俺「しっかり喪主と話をしとくように」 
新人「はい…」 
俺「そんな不安そうな顔してたら当家も不安になるだろうが…嘘でもいいから澄まし顔しとけ」 
俺にはスカしたツラするだろう…(´・ω・`) 
新人「何かあったらTELしますんで」 
俺「わかったわかったw」 
新人「出て下さいよ?絶対ですよ⁈」 

お前は小学生かwww 

寝台霊柩車に乗り込み、会館まで資材を取りに戻る事にした。 
往復と用意で最低一時間半は掛かる。 
運転しながら考えてみると…あいつ… 
ある程度腐乱現場には立ち会っているから無茶だけはしないと思うが、今回は親類も見ている事を念頭に仕事をしないといけない事…わかってるのかな。 
俺「大丈夫だろw」 








prrrr… 
鳴らすのはえーよwwwまだ10分経ってねーよwww

572: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 07:16:33.30 ID:axpL5t3C0
俺「もしもし?」 
新人「問題発生です!」ヒソヒソ 
俺「は?問題も何もないだろう」 
新人「かくかくしかじか…」 
俺「wwwマジかwww」 



新人の話によると、近隣住民から異臭の苦情が来た。 
出来るだけ臭いを抑えるようにして欲しいし、親類一同も参ってしまっている。 
との事だ。 
俺たちが行った時点で全ての窓は全開にされていたから相当遠方まで臭いは拡散しているとは予想はついていたが…www 
新人はできる範囲で窓や換気口を締めて回り、臭いの拡散を防ぐ対策を取った様だ。しかし次は親族が臭いで吐き気を催して早々に退散してしまい現在御遺体と密室デート中らしいwww 








男あげてるなwww

579: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 14:51:57.00 ID:axpL5t3C0
絶賛デート中の新人はおいといて…www 

あちゃー、混んでるwwwマジかwww 
すまんな新人www到着は二時間後だわwww 







~二時間後~ 
再び完全装備の俺は、故人と新人がいる密室へとやってきた。 
但し空は曇天、湿度も上がり出した…。 
(新人大丈夫かな…) 
流石に心配になってきたwww 
扉の前には親類が待っていた。 
俺「お待たせしました。うちの館員は…」 
長女「中で待っていると思います…多分」 
可哀想にwww放置プレイも追加かよwww

580: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 15:03:43.57 ID:axpL5t3C0
ガチャリ… 




わお、フレッシュな腐敗臭だなオイwww 
俺「おーい新人、待たせたなw」 
あれ、新人がいない…どこだ? 
まさか逃げたか…? 
周りを見渡してみると、ベランダに人影が…。 
てめえ…逃げてベランダに隠れやがって…!やることやってんだろうな! 


ガラガラ… 

俺「おい…」 
新人「ゔぁい…」 
俺「www」 




哀れ新人…www 
新人の真っ白だったシャツは黒茶色い水玉模様に染め上げられ、黒のネクタイの結び目辺りには吐瀉物の白い筋が…www 
新人「俺さんが来るまでに関節を伸ばそうとしたんですが…」 
俺「そうか…wよく頑張ったなwww」 
新人「笑い事じゃないですよ…」 


とにかく仕事を再開しよう。 
まずは新人のシャツと俺のジャンバーを交換だなwww 







無事納棺も終わり、梅雨の小雨降る中、ネ果にジャンバーという変人青年の顔色は蒼白だったのは言うまでもない。 



581: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 15:06:48.21 ID:axpL5t3C0
追記 

新人は関節を伸ばそうとした時に、腕が腹部に癒着していることに気付かずに関節を持ったところに身体の中から汚汁が吹き出し、全身に喰らったらしい。 
その後吐瀉物をぶちまけた様だwww

584: ああああ 2013/12/07(土) 17:10:30.93 ID:f2KmCzi20
>>581 
新人さんはどうなったんですか? 
やっぱりトラウマスイッチON!になったんですか?

587: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 19:38:39.48 ID:axpL5t3C0
>>584 
シャツとネクタイは買ってあげましたよwww

582: 名も無き被検体774号+ 2013/12/07(土) 15:10:30.31 ID:saFnIK090
そりゃ吐くわ~

586: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/07(土) 19:36:50.73 ID:axpL5t3C0
新人は意外と変タヒ体以外はしっかりしてて、一年くらいで一人前に仕事をこなせるようになった逸材なんですよ(´・ω・`) 
ネタ的には吐いたのは多分記憶にあるだけでこれまでかな…。

588: 名も無き被検体774号+ 2013/12/07(土) 19:44:22.03 ID:sGxMpziX0
優しい先輩だなぁ‥

595: 名も無き被検体774号+ 2013/12/07(土) 23:17:23.16 ID:Nm1gOqzi0
じゃ次はオカルトか笑える坊主を

608: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 21:34:00.18 ID:w7iHvmMsi
では、オカルトというか…未だによくわからない経験をひとつ。 

ぽちぽち書くよ

609: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 21:49:33.44 ID:w7iHvmMsi
増える 




仕事であるお寺に打ち合わせをする為に出向く事になった。 
正直余り乗り気ではない。 
依頼してきたのがシャクレだったのも大きいが、葬儀屋が寺に出向く時は大体変な頼まれごとや厄介事を押し付けられる事が多かった。 
(めんどくさいな…しかも知らない寺だしな…正直帰りたい…) 
ただ、これも仕事の内。面通しが出来るだけでもラッキーだと自分に言い聞かせながら車を走らせた。 
到着した寺は、坂道が緩やかに続く旧市街地の中程にひっそりと佇んでいた。 
(なかなか年季の入ったお堂だな…補修もされた形跡もないのにしっかりしてる) 
広さは余りないが手入れされた砂利道と裏手に続く松林が奥行きを出していた。

610: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 21:59:39.16 ID:w7iHvmMsi
さて、離れにでもいらっしゃるのかな? 
ウロウロ…キョロキョロ… 
俺「すいませーん。○○会館ですが、どなたかいらっしゃいますか?」 

……。いない。 

(シャクレの野郎…‼︎アポ取りしとけよ!) 
完全に肩透かしを喰らってしまい、時間もぽっかり穴が空いてしまった。 
(折角だから中を散策させてもらおうかな…もしかしたら境内の中にいるかも知れないし…) 
今考えても毎回センサーが発動する時は変にポジティブ思考でウロチョロしてるんだよな(´・ω・`) 
(松林の先はお墓かな…?しかし綺麗な廻廊だ…見た目よりかなり広いな…) 
軒や甍を眺めながら涼しげな中庭を抜けて松林の入り口迄やってきた。

615: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 22:21:32.21 ID:UNsHxze80
松林は山門側からはわからなかったが下に下る階段があり、その下に墓地があった。 
(成る程、傾斜の分下が広くなってるのか…) 
かなり急な石段を足元を見ながら降りて行く。 
(歩きにくいな…) 
階段は真ん中辺りで一度折れ曲がる形で連なり、踊場の様な場所に桶や柄杓等といった用具と水場があった。 
水場を横目に階段を降りて墓が居並ぶ墓地まで来てしまった…。 
誰もいない…。 
春の彼岸も近いためか墓には色とりどりの墓花と手入れされた墓石が良く見えた。 
(ついでだしな。拝んで行こう) 
墓地の左奥手に積み上げられた無縁仏の墓石が見えたので、これも何かの縁だろうと手を合わせた。 
(線香も持たずで申し訳ない。) 

……よし。 


戻るか。

617: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 22:52:03.75 ID:UNsHxze80
その日は結局住職とは会えなかった。 
シャクレに連絡したが、どうも行き違いで急な用事が入ってしまったらしい。 
(仕方ない。出直そう。) 
住職の都合に合わせて数日後に再度こちらから伺う形になった。 
(時間もぽっかり空いたままだな…帰っても今日は暇だし) 




ガサゴソ…。 



(お、あったあったw) 
それは枕飾りなどの仕事で使う線香では無く、完全な趣味で購入したお高い線香だった。 
(後、確かこの辺に…) 

ガサゴソ… 

(これこれw) 
ミニサイズのお鈴、鈴棒、ふとん付w 
折角なのでもう一度無縁仏に線香を上げて帰ろうと考えた。 
人探しのついでに手合わせしただけの不精は居心地も悪い。 
(水場の下に六地蔵さんも居たな…) 
少し線香も多めに用意し、また中庭を抜けて松林の階段まで来た。 
折角水場があるので桶と柄杓もお借りして階段を降りた。 
まずは六地蔵さん。 



ち~ん… 
ひとしきり線香を上げ、目的の無縁仏さんへ。

618: 名も無き被検体774号+ 2013/12/08(日) 22:57:32.04 ID:Ladj0q6C0
>ミニサイズのお鈴、鈴棒、ふとん付w 

いんきんかな?

620: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 23:04:35.79 ID:UNsHxze80
>>618 
引磬ではなく、ホントのお鈴だよw 
手のひらサイズで可愛かったから仏具屋に安値で売って貰ったんだ。 
今は新人が使ってくれてる筈…。多分。

619: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 22:59:55.62 ID:UNsHxze80
(さっきはすいませんでした、改めて線香を上げさせてもらいますね) 

ちーん… 


(ふぅ…) 
俺「よっこらしょ…と」 



あれ? 


あれ? 


あれ?…目、おかしくなったのかな…ゴシゴシ 
うーん、見間違いかな。 

何か無縁仏の山が一回り大きくなったような…。 
見間違いだろうな。 


あれ? 
やはりおかしい。最初に拝んだ時には正面には古い字掘りされてない墓石が並んでたはず…地蔵さんなんかいたか? 
でもセンサーがピコッてないんだよな…。 





ヤバさが無いのに違和感だけが半端ない。

621: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 23:13:02.37 ID:UNsHxze80
(気にしても仕方ないしな…どちらかと言うといい事したっぽいしw) 
見間違いと思って帰ろうと振り向いた。 




……ピコピコ来た…! 
背筋に異様な緊張感が…!これはダメなタイプの緊張感だ…。どうするべ(;´д`) 
(いい事したんじゃねーのかよ…‼︎) 
ここは敢えて走る事はせず、緊張感が無くなる距離を取ろうと早足(ほぼ走ったが)で桶と柄杓を持ち、お鈴を片手に歩き出した…。 

(oh…お高い線香全部忘れた…!) 
仕方ない…センサーと線香ならセンサーだ…(`;ω;´) 





多分振り向いたらヤバい系ですよね~…。

623: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 23:20:49.00 ID:UNsHxze80
油断した瞬間にセンサー鳴るとか理不尽だろうが…! 
必タヒに階段まで早歩きでたどり着き、踊場で柄杓と桶を返した。 
緊張感は去ったがお高い線香への後髪はあったので振り返って無縁仏の山を見た。 



チラッ 



あれ?何にもない。お高いんですが、あの線香…(´;ω;`) 
さっきまであったはずの線香の束が見えない。怖くなってきてお高い線香は諦めて早々に退散することにした…。 
だって怖いんだもん…(´;ω;`) 
墓の何かさんがいるなら使ってくれよ。 
お高いんですが。ホントに…。

624: 名も無き被検体774号+ 2013/12/08(日) 23:25:17.34 ID:k4f1G+oX0
高い線香って松栄堂あたりかな

626: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 23:37:17.18 ID:UNsHxze80
>>624 
メーカー言うとバレちゃうけどそんな感じの高級ブランドさwww伽羅配合のいいやつでした…(´;ω;`)

625: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/08(日) 23:34:16.34 ID:UNsHxze80
ヘタレの俺は無縁仏の山がどうなったかも確認せず、線香の所在も確認せずに境内を出てきてしまった。 
(なんだったんだ…あれ) 
背中にはビッショリの汗と寒気…。 
スーツを着てるから尚の事だが、少し蒸すので上着を脱いだ。 





⁈ 




なんじゃこれ…! 
多分線香の灰だろうが…。 









手形がついてました。無人なのに。クリーニングしたばかりのスーツなのに。触られた感覚は皆無なのに…。 



その手形は、引っ張るように指と指で摘まんだような形に見えた。 
手形かどうかは分からないし風もあった。 
何かの拍子に付いたのかも知れない…。 
そう思わないと色々怖いからそう思って寺を後にした…。 




結局後日に住職に会いに行ったのは先輩。 
俺は縁が無く、現場に入っていた。 



縁が無くて良かったのかも知れない。 

そんな気がする。 





終 

追記 お高い線香のお値段は一束諭吉さん二人はするよwww

631: 名も無き被検体774号+ 2013/12/09(月) 02:25:44.38 ID:iODuJl6F0
>>625 
もう一度、そのお寺へ行っていたらどうにかなってたのかな? 
行ってみようとは思わなかった? 
その後に行った先輩は何ともなかったの? 

…何か質問ばっかでゴメンとか思ったけど、そう言えばここ質問スレじゃんw

632: 名も無き被検体774号+ 2013/12/09(月) 02:39:32.01 ID:hMz6YWVA0
諭吉2枚もする高級お香を謎の存在に持ってかれたとか不憫すぎるw 
住職がかくれんぼして隙見てお香パクった可能性もあるぞ

639: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/09(月) 12:12:27.87 ID:7li/de1Ai
>>631 >>632 
あれから何度か行こうとしたんだが…。 
どうも折り合いが付かずに行けず仕舞いだったんだ。縁がなかったのか縁を絶ったのかはよくわからないや。

651: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/09(月) 17:49:41.82 ID:jSYTtevFi
では、俺が初めて最後のお別れの挨拶を泣き過ぎて出来なかった時の話をしよう。 
話は長くなってしまうかもしれないが、宜しく気長に頼みます。 

ポチポチ書くよ(´・ω・`)

652: 名も無き被検体774号+ 2013/12/09(月) 17:56:04.09 ID:Hr6jK0si0
泣きたくないから水分取るの控えとこう

653: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/09(月) 18:04:56.60 ID:jSYTtevFi
骨と手紙 





俺が一人前に仕事をこなせる様になり、先輩のフォローも要らない位にはなった頃の話だ。 
世の皆様はGWなる散財連休を楽しんでいる時。5月の頭なのにまだまだ寒かった様に覚えている。 
俺「また渋滞っすよ…嫌になりますよね」 
オバ「世の中は華のGWだしね~…」 
前の葬儀の事務処理をしながらオバちゃんと息抜きをしていた時だった。 
prrrr…ガチャリ 
俺「○○会館でございます…はい…はい…はい…宜しくお願い致します…」ガチャ 
オバ「入ったの?」 
俺「ヤバいっすね…どこもかしこも今詰まってるんですけど、ウチの会員みたいで…」 
※ウチも互助会的なシステムがあります。 
オバ「最悪返金して他社に振る?」 
俺「ありなんですけど、ウチでやりたいらしいんです…しかもココ指定で…」 
オバ「⁇珍しいわね…詳細見ていい?なんならこのまま入るけど?」 
(このまま入れる気マンマンですけど?) 

喪主は女性、どうも嫁さんの様で旦那(故人の息子)は他界している様子。 
親類は多地域に渡っているらしく、掌握は難しい。しかも故人(女性)の子供は8人おり、親類は膨大な数になりそうだ。 

あと、この会館で故人の旦那を送った経緯がある模様。

654: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/09(月) 18:25:36.00 ID:jSYTtevFi
(うーむ…) 
正直返金は上がうるさいので避けたい所だが…このまま行くと通夜が2日後になってしまう…。(友引を挟むからね…(´・ω・`)) 
とりあえずウチの会館でやる方向で見積りしに行くとしよう…。 


車で30分程の所に当家はあった。 
古い土壁造りの日本家屋。古い看板が掛かっており、昔は薬の問屋的な商売をされていたようだ。 

ガラガラ… 
俺「失礼します…。○○会館でございます。」 
「はーい」 
若い娘さんの声がして、清楚な感じの娘さんとすらっと背の高い青年が出迎えてくれた。 
青年「こんなところで申し訳ないですが…祖母の為にわざわざありがとうございます」 
俺「いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。この度は誠にご愁傷様でございます…」 
(見た目の割りにはしっかりして好感の持てる青年だな…。今時珍しい) 


古い旧家だけあって、土間と上がり框の落差も大きく、何だか薄暗い感じがするが、其処彼処に生活感、経年を思わせる古傷や擦り切れがあり、安心感がある家に思えた。

656: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/09(月) 18:38:55.12 ID:jSYTtevFi
見積りの内容は割愛するが要約すると… 
親族が多いので親族だけでやりたい。 
(喪主は付き合いが下手の様で、旦那がタヒんでからは尚更の様だ) 
故人の意向でウチの会館でやりたい。日程は任せる。 
(故人の)長女と次男が帰って来るまで出来たら待ちたい。 
(これは孫である娘さんや青年の意向) 
出来るだけ安く抑えたい。 
(正直、金が有る様には見えなかった) 


問題は…日程のみに絞られた。 
ウチの地域では荼毘に伏してからする骨葬はあまり歓迎されない。親族だけの式なら可能だろうが、問題は長女と次男の連絡が未だにつかない点だ。 

しかし、会館と斎場を押さえなければ話にならない。会館は既に最速の日程で確保は出来たが、斎場が取れない…。 
近場の斎場を虱潰しに当たるが、どうにも上手くない。 
日程調整をしていると、青年の携帯電話が鳴った。

668: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/09(月) 23:06:58.18 ID:l9coKiz00
どうも次男からの連絡で、北の最果てから飛行機で帰るから何とか二日後には間に合いそうだ。そちらの状況を教えてほしい。 
との内容だそうだ。 
その後には長女から連絡があり、東欧から最速で帰っても二日後だとの事。 




仕方ない… 


俺「正直申し上げまして、二日後には炉が空いておりません。会館も法事が入っておりご用意が出来ません…ご親類の到着をお待ちになられるのであれば、全ての条件を満たすのは5日後になります…。」 
嫁「それじゃあ義母は…」 
俺「ドライアイスで防腐に努めますが、正直申し上げて経験上お体が保つとは思えません…」 
(正直な話だ…無理なら他所に頼もう…) 
青年「構いません!先程伺った骨葬という形でも…!お願いします‼︎」 


正直な感想を言うと、こいつバカなの? 
というのが感想なんだろうが…。 
あんなに真っ直ぐな目で頼まれたのは記憶にない程久々だった…。 
何故だろう、即答で「わかりました」と 
答えてしまった。 
やるからにはかなりの障壁があるのは覚悟しなければいけない。 





これから青年との二人三脚とも言える長い長い準備と式が始まる。 

(割愛するけどね。)

692: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 18:44:14.57 ID:TYgku3ZNi
会館の日程を斎場に合わす為、ギリギリの調整が何とかついた。 
会館は一番小さい会場になってしまうのは前以て伝えたが、喪主の奥さんの歯切れの悪さにはあまり感心できなかった。 
何を言っても「はぁ」とバツの悪そうな返事しか帰って来ない。 
自然と窓口は青年に変わっていった。 
見積りや会館の設営など、段取りを進めて行く中で、彼や彼の姉、親戚は皆一様に故人を敬愛している様子が伺えた。 
先に亡くなられた祖父が大層厳しい人物だったらしく、孫や子がしかられて泣いていると抱きかかえ、「いいよ、大丈夫」と笑って慰めてくれる優しい方だったと口を揃えて言っていた。 
晩年は足が悪くなり、車椅子生活だったそうだが、料理や食べ歩きが好きでよく一緒に出掛けたそうだ。 
何故か自分の祖母に面影を移してしまう事が多々あり、自分は祖母にそれだけの触れ合いや楽しみを返して上げられたのだろうか…と考えさせられた。

704: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 21:19:31.03 ID:TYgku3ZNi
日は流れ通夜の朝。 
流れ的にはまず斎場に行き、故人を荼毘に付す。骨上げを終えてからのそのまま会館へ来て頂く流れになった。 
勿論霊柩車は俺が運転し、斎場まで送り届ける。 
自宅前からの出棺は何か、えも言えない雰囲気で執り行われた。 
俺もあまり経験はないが、荼毘に付してからまた通夜を行う。 
これは葬儀を体験した方なら容易に想像が付くと思うが、炉で焼かれて骨になった故人と再開した後、電照写真を見せられても冷めてしまう。実際の故人は既に骨壷に収まって小さくなってしまっているからだ。 

(なんだかな…。自宅を出る時に既にピークだったんだし…) 

そんな事を考えていると、青年が話し掛けて来た。 
青年「すいません、俺さん…」 
俺「何がですか?」 
青年「俺さんが骨葬を躊躇った理由がようやくわかりました…」 
俺「まぁ、仕方ないですよ。故人の意思は何物にも代え難い…だから君も押し通したんでしょ?自信を持ってw」 
青年「人間、生きて焼かれて骨になって…それで人の繋がりは焼けて無くなるのですかね…」 
俺「…」 
青年「すいません、何か偉そうにw」 
俺「いえ、素晴らしい感性を持たれた方だと感心してしまいました…こちらこそ申し訳ない…」 




飾った祭壇の前で2人きりでそんな話されたらグッとくるじゃねーか…(´;ω;`)

705: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 21:26:13.06 ID:TYgku3ZNi
通夜は滞りなく行われた。 
祭壇前にあるのが故人の棺ではなく、骨壷だという以外は…。 
(実際は右側の上座に鎮座してもらうんだが。) 
喪主の挨拶も程々に、通夜振る舞いが始まる。 
(さて、そろそろ明日の話でもしに行こうかな…) 
事務所から時間を見計らって控え室に向かおうとしたその時だった。 
中年男「どういう事だ!なぜ母さんがもう骨になってるんだっ‼︎」 
中年女「そうよ‼︎聞いてないわ‼︎せめて私達が来るのを待てなかったの!」 
喪主「あの…その…」アセアセ 


(予想はしてたけどな…(´・ω・`))

706: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 21:30:11.40 ID:TYgku3ZNi
遠方より来たりし血縁…。 
次男と長女。 
恐らく喪主ではこんな事になるだろうと思い、何度も釘を刺していたんだが…。 
(仕方ない…泥被るか…)テクテク 
俺「あの…」 
ガチャリ! 
青年「叔父さん叔母さん!」 
俺「⁈」 
青年「これは俺たち孫がばあちゃんの遺し」

707: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 21:30:44.11 ID:TYgku3ZNi
すまん誤爆だ…www

708: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 21:41:06.17 ID:TYgku3ZNi
青年「これは俺たち孫がばあちゃんの遺思を汲んで葬儀屋さんにも無理やり頼んだんだ!世間一般ではおかしい事だとも周りにも言われた‼︎それでもばあちゃんの好きにさせてあげたかったんだ!」ガバッ 

俺「‼︎」 

青年「お願いします‼︎どうか…どうか…!」 

青年は何の躊躇いもなくその場で土下座をした。 

俺たち葬儀屋は人に頭を下げる仕事だと思っている。 
だが、土下座をした試しはない。 
(後々したけどね…(´・ω・`)) 



さしもの実子である2人も海外に住んで母の面倒を孫や嫁に任せっきりだったのもあったのだろうか…。青年の気迫に気圧されて静まり返った…。 


中年男「青年がそこまで言うなら仕方ない…幸い近隣の方の目には止まらないようだしな…」 
中年女「そ、そうね…」 

(それでも噛み付いたら鬼だわw) 



何故そこまで祖母にこだわるのか、若い身空で頭を下げるだけの理由は彼からはまだきいていない。 
ただただ…此方の胸にはしっかりこの青年の為にもサポートしなければ…! 
という気持ちで一杯になった。

710: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 21:46:56.64 ID:HqRaLaTM0
青年に胸熱

711: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 22:00:59.57 ID:d8zJGEM30
青年「人間、生きて焼かれて骨になって…それで人の繋がりは焼けて無くなるのですかね…」 


全私が泣いた。 


人の繋がりって何だろうって、人が亡くなる度に思います…。

712: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 22:06:59.90 ID:TYgku3ZNi
今に思えば、故人には子供が8人。 
孫にも嫁や旦那、ひ孫もいた。そんな難しい話や人間関係を見せたくなかったのだろうか…。彼は一身に受ける事で丸く収めようと若いなりに考えて考え抜いた行動だった様に今は思う。 


喪主、長女、次男。青年を含めた4人と再度明日の葬儀の確認を行った。 
あの土下座を見た後だw誰も何も言わないw 
スムーズに確認も終わり、席を立とうとした。 
青年「あの、すいません」 
俺「なんでしょう?」 
青年「まだ書けてないんですが、ばあちゃんに手紙を書いてるんです。」 
俺「それはいい事ですね」 
青年「出来たら明日の式の終わりに読ませてもらいたいんですが…」 
俺「故人様も大層喜ばれますよ、お時間は作りますのでゆっくり思いを伝えて下さい。それでは失礼致します…」 


(ホントは明日の朝にでも喪主挨拶の後に孫から送辞をしてもらおうと思ったんだが…w先手打たれたわwww)

713: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 22:18:31.41 ID:TYgku3ZNi
何か全てが彼の思いを中心に回ってるんじゃないかと錯覚する程に彼の思いに飲み込まれたまま、式の当日を迎える。 

坊主に孫代表からの手紙があるから少し席を立った後に時間を頂きたいと伝えた。 
坊主「彼の事はよく知っているよ…いい青年になった。私も席を立たずに臨席させて頂こう。」 
俺「承知致しました…。彼は我々には眩しいほどに真っ直ぐで、正直見てられないですねw」 
坊主「正にw皆の優しさの結晶ですな…故人も喜ばれるでしょう」 
俺「今日は宜しくお願い致します」 
坊主「此方こそ」 
多分本当の意味で坊主にお願いをして頭を下げたのはこれが初めてだった様に思う。

714: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 22:28:52.89 ID:TYgku3ZNi
式は親族のみの至ってシンプルな葬儀だった。 




いよいよ青年にマイクを渡す。 
※フェイクはいれるが、ほぼ原文に近い内容に拙いながら書く。 

青年「ばあちゃん…まだ僕はばあちゃんがタヒんだなんて実感がないんだ…。 
だからこの手紙も書くかどうか迷った…。 
書いたら本当にばあちゃんが遠くに行く様に思えたんだ…。でも皆の代表で今日は頑張って書いたんだ。ばあちゃん…聞いてね…」 


青年「俺や姉ちゃんがじいちゃんや父ちゃんに叱られたら、いつもばあちゃんが優しく慰めてくれて嬉しかった…。 
俺たちが大きくなって家を出たり学校や仕事であまり話せなかったり疲れていた時には、必ず甘い物とお茶を持ってきてくれて話を聞いてくれたね…。 
足が悪くなってからは食べることが唯一の趣味になって、よくご飯を食べに行った。僕が仕事を始めてお金が出来ても、必ず「これはばあちゃんが払うから、あんたはもっと大事な時の為にお金を使うんだよw」と笑顔でたしなめてくれた。」

715: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 22:37:50.19 ID:NJJO6ZjN0
おかしいな……目から水が…………。゚(゚´Д`゚)゚。

716: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 22:40:41.74 ID:TYgku3ZNi
青年「だから僕は彼女と結婚する時の為にお金を貯めようと決心したんだ。ばあちゃんが生きてる内に晴れ姿を見て欲しかった…。 
身体がどんどん弱って老人ホームにお世話になりだした時、見舞いのお土産を僕たちに持たせて帰ろうとしたり、自分よりも僕たちを離れていても思ってくれていて本当に嬉しかった…。 
でも、それからどんどん食べたいものも飲みたいものも喉を通らなくなって痩せていくばあちゃんを見るのは…本当に辛かった…。 
顔を見るのも辛い日が続いてもばあちゃんはいつもニコニコしてたね…。 
本当はタヒぬ程辛かったのはばあちゃんなのに…‼︎」 

ここで流石の青年も嗚咽を抑えきれなくなり、一旦スピーチが止まる…。 


青年「…ばあちゃん、話したいことはまだまだ沢山あるけど、それじゃあばあちゃんも眠れないよね…w 
寂しくなるけど.悲しいけど…離れたくないけど…これでさよならです。 
ありがとう、ばあちゃん。安らかにお眠りください…」 







泣くわ!

717: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 22:43:01.61 ID:d8zJGEM30
あーーーーーーーーーーーーー。だめだ。泣けてたまらない。 
おばぁちゃんとおじぃちゃんに会いたくなって来た。

718: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 22:54:25.26 ID:TYgku3ZNi
既に俺の涙腺は決壊寸前の状態。 
俺「誠に…心に響く…お手紙ありがとうございました…。これにて故○○様、葬儀告別、閉会でございます…本日は。誠にご臨席ありがとうございました…」 




式が終わり、青年の元に話をしに行った。 
勿論あの手紙の事に礼を言おうと思ったからだ。 
あの手紙がなければ形式だけの葬儀になってしまったのは間違いないからだ。 
俺「本日はお疲れ様でした…。手紙、感動しました。」 
青年「はは…w実は昨日俺さんに啖呵切ってから寝ずに考えたんですけどね…書きたいことが多すぎて結局…」ガサゴソ 






喪服の胸元から出した手紙の中身は白紙だった。 




俺「………(泣)」 
青年「俺さん、どうしたんですか?」 
俺「ぃや、何もないっす…」 




白紙であれだけ人の心を打つ言葉を発せる 
表現力と心の叫び。全ては故人の生前の愛情の成せる技なのだろう。 







719: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 22:57:08.63 ID:TYgku3ZNi
ホント…文才ないわ…(´・ω・`) 
伝わったんだろうか…

721: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 23:02:38.15 ID:7hgt+mQM0
いあ、充分伝わりました。 
また、おねがいしますm(_ _)m

722: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 23:03:32.28 ID:jVqbFw1X0
この青年は将来大物になるわ‥

723: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 23:09:39.49 ID:9CgTiijj0
ヘタレさんのこの文章も、青年の手紙の如き破壊力で涙腺決壊しました・・・。 
大丈夫です、ちゃんと伝わっています。 
いつもありがとう、ヘタレさん。 
あなたとこのスレに出会えたことに改めて感謝。

725: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 23:11:37.57 ID:d8zJGEM30
ヘタレ葬儀屋さん 

伝わってます。 
涙、止まらないです。 
青年が、おばぁちゃんにどれだけ愛され、 
そしてまた青年がどれだけおばぁちゃんを愛していたか。 
家族愛っていいですね。 



そして、ヘタレさん。 

今日、供養は気持ち云々とヘタレさんに何度か励まして貰った 
レスを読んでいて気付いたのですが、 
私のIDが夫と私の名前、ラッキーナンバー、出身地が詰め込まれているIDでした。 
もうすぐ結婚記念日。その後すぐに一回忌。 
なんだか夫に気持ちが伝わるよってヘタレさんに励まされた後に気付いたから、 
なんだか、夫に気持ちが届いた様な気になりました。 

何回もカキコすみません(-_-;) 


珍妙なお話も待っています!

726: ヘタレ葬儀屋 ◆fcEtU5f4EA 2013/12/10(火) 23:17:30.43 ID:TYgku3ZNi
>>725 
たまには俺のオカルトが役に立ったのかなwww 
肌に触れる温もりは無くとも心に触れる温もりは必ずそこにある。それを彼は教えてくれたんです。

728: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 23:25:13.76 ID:d8zJGEM30
>>726 

心に触れる温もり…。 
ありがとうございます。 

この1年、本当に愛してるなら置いて逝かなかっただの、 
本当に愛してるなら何で逢いに逝かないだだの、 
夫が成仏出来ないのは私の所為だの、 
周囲から色々言われ過ぎていて、疲れていました。 

オカルト現象よく視るのですが、夫だけは直にはまだ視てなくて。 
ヘタレさんと関わってようやく不思議なパワーが動いたのかなwww 

ありがとう。今夜は少しは眠れる様な気がします。

730: 名も無き被検体774号+ 2013/12/10(火) 23:38:07.95 ID:7hgt+mQM0
>>728 
通りすがりのメンヘラだが 
自タヒは誰にも止められない、あの状況は本人も常人ではないから 
本当に病気なんだよ。 

そして、そんな言葉を吐く奴はあなたの友人でも身内でもない 
そういう人は切って、人を選んで付き合わないと 
自分がやられてしまうよ 

旦那さんはあなたを見守ってるさ

774: 名も無き被検体774号+ 2013/12/13(金) 15:09:49.24 ID:OA23oo030
このスレ見て葬儀屋に募集したら内定頂きましたw

776: 名も無き被検体774号+ 2013/12/13(金) 18:59:15.94 ID:Qo63yWbZ0
>>774 
おめでとう!

779: 名も無き被検体774号+ 2013/12/13(金) 21:09:24.53 ID:nPS2bBML0
>>774 
おめでとー 

しかし募集じゃなくて応募じゃないのかw

788: 名も無き被検体774号+ 2013/12/14(土) 02:09:39.45 ID:Oqp3G8tU0
>>779 
あせって間違えたw 
ニートからの就職だから頑張るよ

790: 名も無き被検体774号+ 2013/12/14(土) 07:56:35.39 ID:OJNsQ77L0
>>788 
がんばってー

923: ヘタレ葬儀屋 ◆nOF3IcFPOo 2013/12/25(水) 22:58:33.57 ID:tktUKhIl0
二人きりの時間を。 




とある首吊りの御遺体を引き取った時の話。 
身元引受は故人の姉夫婦だった。 
詳細は書けないが、生活に困窮しての自杀殳だった様だ。 
姉夫婦からすれば青天の霹靂もいい処で、うんざりした様子で書類や手続きを進めていた。 
(まぁ、毎度の事ながら…キツイな…) 
やはり厄介事扱いされると此方もキツイ。 
タヒ因からしてあまり込み入った内容も聞けない。 
俺「では、明日御出棺で宜しいでしょうか」 
姉夫婦「いいも何も出すだけ出して骨にするだけだろ…。」 
俺「…それでは失礼致します」 
姉夫婦「私たちも帰るから」 
俺「分かりました。」 


スタスタスタスタ…ガチャン… 


俺「ふぅ」 
新人「お疲れっす何か飲みます?」 
俺「熱い茶」 
オバ「はい、お茶」 
俺「あざっすw」 
オバ「私が言うのも何だけどせめて線香と蝋燭の守り位はして貰えたらね…」 
新人「でも吊りでしょ?疎遠ぽいし」 
俺「まぁ俺達がとやかく言える立場じゃないやなw人それぞれだしよw」 
オバ「そうね、色んな当家があるものね…」 


さて、そろそろ会館を閉めないとな… 





ガチャリ… 


「ごめんください…」

924: ヘタレ葬儀屋 ◆nOF3IcFPOo 2013/12/25(水) 23:10:38.35 ID:tktUKhIl0
誰だ?こんな時間に。 
今日はさっきの御遺体だけで霊安室しか使ってないから看板も何も出して無いんだが…。 


俺「どうされましたか?今日は通夜はございませんが…」 
女性「ここに◯◯が居ると…」 
俺「…?…あ、故人様のお知り合いですか?」 
女性 コクリ 

(こりゃまた訳ありっぽいな…) 
うら若い女性で故人の年齢からすると元嫁とも考えにくいし、娘にしては大人すぎる。 
ただの知り合いがワザワザ来るとも思えないし。 仕方ない、聞くか。 

俺「故人様とはどういったご関係で?」 
女性「娘です…見えないでしょうか…」 
俺「正直見えませんでした」 
女性「私は父が若い時に出来た子らしいので…」 
(らしい……) 
俺「ではお母様は…?」 
娘「去年亡くなりました。」 
俺「それは失礼な事をお聞きしました…」 
娘「いいんです」 
俺「では故人様のお部屋へご案内します」 
娘「はい…」 




あの姉夫婦…身内はもうイネーとか言ってたろうにしっかり連絡取ってるじゃねーか。(´・ω・`)

925: ヘタレ葬儀屋 ◆nOF3IcFPOo 2013/12/25(水) 23:25:26.99 ID:tktUKhIl0
娘さんは今日は霊安室に泊まるつもりで来たらしい。 
姉夫婦とは疎遠であまり連絡もなかったらしいが、今回は流石に連絡を入れてきたのだそうだ。 
故人とは赤ん坊の時に別れて以来数回しか会った事はないらしい。正直父親と思った事は一度もなかった。どこで何をしようがどうでもいい存在。母が生きていた時はそうだったと。 
何故姉夫婦が娘の事を俺に言わなかったのか、話を聞いている内に何と無く分かった気がした。 
姉夫婦は娘は来ないと思ったんだろう。 
だからわざわざ話を振って来なかった。 


霊安室には仮眠設備もあるが、若い娘さん一人が泊まるには中々勇気がいる。 
話をした分最初よりは幾分リラックスした様に見えた。 


俺「積もる思いもおありでしょう、私はこれで失礼します」 
娘「ありがとうございます」 





親子水入らずの時間が最後の一夜になるとは互いに思わなかっただろう。 

思い人ありて会おうとすれど既に無し 


続きの文は忘れたが、ふとその一節が頭に浮かんだ。 



朝までの時間、娘は何を亡き父に語るのだろうか。 



993: ヘタレ葬儀屋 ◆nOF3IcFPOo 2014/01/01(水) 14:24:28.11 ID:BfJOI4vgi
あと少しくらいは話書けるけど、次スレを維持するだけの数はもうないかもです。 
まさか初スレがこんなに長くスレを続けられるとは夢にも思いませんでした(・∀・) 
この書き込みを最後にまた名無しに戻ろうと思います。 
皆さんの温もりティを胸に今年も精一杯生きて他者とつながり続けようと思います。 




最後に皆さん。 
人は孤独を感じながら生きる生き物です。 
でも決して一人では生きていけません。 
一人で生きているつもりでも何かしら必ず他者とつながり、関わりながら歩んでいるのです。 
だからこのスレを読んで、命の重さ、残された遺族の気持ち、命は軽くないという事を少しでも少しでも感じてくれたら幸いです。 




ではまたどこかで。

994: 名も無き被検体774号+ 2014/01/01(水) 15:21:37.52 ID:e5heys+l0
ヘタレーーーーーーーーーーっ!!!!

998: 名も無き被検体774号+ 2014/01/01(水) 16:37:25.22 ID:eAHni19k0
ヘタレさんありがとう!!!!!

995: 名も無き被検体774号+ 2014/01/01(水) 15:46:21.54 ID:k/fpjnaB0
お疲れさま。 
色んなお話が聞けて、命の尊さを改めて実感したよ。頑張って生きて、天寿を全うします。 
ありがとうヘタレさん!

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1385255445/ 
前編 後編






1000: 名無し@HOME