前編 後編

124:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:19:05.27 ID:3e8lTqdb0
次の日、アントンに昨日のお礼を言おうと探していると、

バーン!という音と共にドアが開いてご機嫌アントンが出社してきた。

私「昨日はありがとうございました。ご馳走様でした。」
ア「ええよええよ。」
(営業男出社)
ア「晴美は妹みたいに可愛いから、また飲みに行こうなぁ」

もちろん最後のは営業男に聞こえるくらいのデカイ声。


『出来る女』スキルに『年下に慕われる女』が加えられた。





126:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:19:41.95 ID:3e8lTqdb0
始業開始10分。
アントンによばれた。

今日中に好きな人はいるか、どんなタイプが好きか聞いてくれという。

「好きな人はいるか」はまぁいいとして、
「どんなタイプが好きか」を聞いてどうするのかと思った。

今更どうあがいても、アントンはアントン。変われない。

でも昨日奢ってもらったので素直に「了解です」って返事した。

130:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:21:59.03 ID:ttbNPJJH0
>>126

『角刈りで太った女の人が好み』って言ってあげたらよかったのに

127:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:20:19.07 ID:3e8lTqdb0
席に戻るなり、営業男が「アントンの次のターゲットお前か?」って笑ってた。
知らぬが仏って言葉の意味がこれほど理解出来た瞬間はない。


営業男も外出し、アントンには帰りまでに聞いときますと報告した。

128:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:21:06.49 ID:3e8lTqdb0
昼休み、「アントン恋する乙女大作戦(通称AKO)」の報告会をした。

友近さんが、「よく食べる人がタイプって事にしろ」って言った。
アントンの良い所を金持ち以外で探したらそれだったらしい。
するとベテランさんとクリステルが「でも、アントン騙してちょっと可哀想」とか言い出した。
ベテランさんはまだしも、クリステルはアントンにすごく意地悪されてたのにどこまでも優しい人だ。

129:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:21:44.57 ID:3e8lTqdb0
でも友近さん曰く、私たちから仕掛けたわけじゃない。
アントンから晴美に勝手に相談してきただけだし、どちらにせよアントンは振られる。
その期間を延ばしてるだけという事だった。
私も賛成した。
私が頑張ればアントンも幸せ、皆幸せ、万歳だという事。


とりあえず、続けようということになった。

131:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:22:15.93 ID:3e8lTqdb0
15時頃、営業男が帰ってきた。

私は見積もりを作るよう頼まれた。ちょっと溶けたミルキーを貰った。
ミルキーを食べようとすると、アントンに呼ばれた。

アントン第一声「ミルキーちょうだい」。

もちろん渡した。

これ以上アントンに呼ばれたくなかったので、AKO会議で決まった事を報告した。

「営業男は良く食べる人がタイプらしいです」


アントンがニンマリした。キモかった。

132:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:22:59.73 ID:3e8lTqdb0
次の日からアントンは営業男が事務所にいる日は、私たちと食べるようになった。
もちろんどっかで買ってきたお弁当やパン。

ベテランさんが「ほんとよく食べるなぁ」というと
「うん。私食べるの好きやねん」ってキモイ笑顔にデカイ声で答えてた。

133:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:23:29.90 ID:3e8lTqdb0
アントンは結局、ベテランさん達にも営業男の事を相談してた。
クリステルをあれだけいじめといて、よく相談出来るなと思った。
しかも、アントンは私にとんでもないミッションを言ってきた。


その日のアントンの食べた量を営業男にそれとなく報告しろという。

135:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:24:06.09 ID:3e8lTqdb0
誰もアントンの食べた量なんか聞きたくない。
ましてや、本当は何の関わりもない営業男に聞かせるのは酷すぎる。
しょうがないので、適当に「了解しました」と返事した。

すると、何故か営業男から突然

「最近、アントンと一緒に食ってんの?アイツ何食べてんの?」
と聞いてきた。

137:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:24:54.89 ID:3e8lTqdb0
いきなりの展開にビックリしたが、これ幸いとアントンのミッション通りアントンの昼食摂取量を報告した。
もちろん本当に大食いだったので、営業男も驚いてた。


「マジで?アイツ何になるつもりやねんwww食いすぎやろwww」


こんな反応アントンに報告出来ないので、唯一のAKOメンバー友近さんの指示を仰ぐことにした。

138:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:25:27.46 ID:3e8lTqdb0
友近さんを給湯室に呼んだ。
これまでの経緯を話すと、「ちょっと嬉しそうな顔してたって言ってたら?」と危険な事をいう。

それでアントンが本気になったらどうするのかと聞くと、
「アントンはあぁ見えても、ほんまに好きな相手には奥手やから大丈夫や」との事。

心配しながらも、アントンに報告した。

139:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:25:58.66 ID:3e8lTqdb0
アントンは「ムヒョッ」ってキモイ笑い方した。
「ム」の時にいつも以上に顎が出てた。
でも、本当に営業男を好きになった頃から、アントンは暴れなくなった。

恋の力って凄いって思った。

140:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:27:12.63 ID:3e8lTqdb0
AKOのおかげもあり、平穏な日々を過ごしていった。
ベテランさんとクリステルには、いい加減にしろと言われていたけどAKOは解散しなかった。
最初は嫌だったが、アントンミッションを友近さんが答えを出してくれ、私はそれを実行するだけだので、結構楽だった。


が、事件は起きた。

141:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:27:44.45 ID:3e8lTqdb0
ある日、年末も近づき今年も平和に終わるかなぁと思っていた12月中旬。
久々にワンマン社長が「皆で飲みに行こう」と言ってきた。
私は暇だったのでOKした。
ほかの人も営業男もOKした。


もちろんアントンもOKした。

142:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:27:54.66 ID:2GqM5NoR0
アントン手のひらの上で踊らされてる。。。

143:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:28:43.08 ID:2GqM5NoR0
と思ったら事件ですか

144:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:28:43.35 ID:MlkTbHS10
ここまでで女は怖いって改めてわかった

145:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:28:53.70 ID:3e8lTqdb0
いつもの居酒屋到着。
いきなりの集合でも、集まりの良いメンバー。和気アイアイと飲んでた。

そしたら何故か結婚の話になった。
独身組は結婚願望があるのかとか。

私はハッキリ「あります!」と答えた。彼氏居なかったけど。

営業男は「したいですよぉ。でも良いと思う人は皆結婚してたり、彼氏居たりするからなぁ」って言ってた。

聞かれてもないのにアントンが「私は今フリーだし」って言ってた。
無視されてた。


するとワンマン社長が営業男に「どんなんがタイプやねん。」って聞いた。

154:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:32:20.26 ID:R1JbvvyvO
>>145

【無視されてた。】

糞ワロタwww

147:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:29:45.91 ID:3e8lTqdb0
はい、ここからが事件です。



営業男「クリステルさんみたいな人がいいです。何で結婚してるんすかぁ」




怖くてアントン見れなかった。

148:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:30:18.88 ID:MlkTbHS10
晴美逃げろw

149:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:30:28.34 ID:3e8lTqdb0
とにかく私はトイレに逃げた。
そしたら、トイレのドアをトントンされた。
絶対アントンだと思って開けたら、猪木の顔真似したベテランさんだった。
アントンは帰ったらしい。

帰る前にクリステルを思いっきり睨んで帰ったらしい。



クリステル・・・ごめんなさい・・・。

150:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:30:42.38 ID:cERRRkBs0
((((;゚Д゚)))))))

151:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:31:27.73 ID:3e8lTqdb0
とりあえず、社員一同は一致団結してアントンからクリステルを守ることにした。

ここで営業男がある告白をしてきた。

聞くところによると、アントンが営業男を好きなことは営業男も知ってた。
でも、気づかない振りをしてた。
自分のせいで、こんな事になって申し訳ないので何か出来ることがあれば言ってくれという事だった。

153:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:32:00.12 ID:3e8lTqdb0
ベテランさんは「じゃ、アントンと結婚してくれ」と言った。
無茶苦茶すぎる。

営業男はもちろん「無理です。嫌です。」って断ってた。
そりゃそうだ。

とりあえず、問題が起こらないことを祈りつつ、その日は帰った。

155:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:32:45.33 ID:3e8lTqdb0
次の日からさっそくアントンのクリステルいじめは始まった。
アントンのいじめ方は、内側からズンズンくる。
人の心をボロボロにして喜ぶタイプのいじめ方だった。

何かある毎に、「高卒のくせに」とか「貧乏人は金稼ぐの必タヒやな」とか。
仕事と全く関係ない事でズンズンくる。

こないだまで恋の相談してたくせに、記憶障害なのかと思った。

159:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:34:38.47 ID:R1JbvvyvO
>>155

酷すぎ…

157:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:33:28.03 ID:3e8lTqdb0
周りが注意しても、聞く耳持たない。

あいかわらずヘンテコな『出来る女』で
「部下に注意して何が悪い!」とキレる。

クリステルも人間なので、100回に1回は計算ミスしたりする。

そういう時のアントンは「高卒、足し算教えたろか?」とか口出ししてくる。


そんな執拗なイジメが続いて、クリステルも皆も限界だった。

160:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:34:50.14 ID:3e8lTqdb0
そんなある日、ベテランさんが社長のお供で出掛ける事になった。

普段ベテランさんが金庫の管理やお金を合わせてたけど、帰りが遅くなるので社長もベテランさんも、その日はクリステルに任せてた。

社長はともかく、ベテランさんには居てほしかった。
何か不安でしょうがなかった。

162:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:35:56.53 ID:3e8lTqdb0
会社の金庫は入れるものが少ないのにデカイ。
私が入れそうなくらいの大きさ。
銀行印とかも、その金庫に入れてたんだけど、金庫を開けると銀行印が無い。

焦って探すクリステル。
皆も一緒に探した。
アントンだけは知らん顔してる。


金庫を隅々まで探しても見つからなかった。



証拠はないけど、私も友近さんも犯人はアントンだと思った。

163:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:36:15.88 ID:cqb5KCeX0
>>162

クリステル爆発しそう

164:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:36:34.50 ID:i+U22YaA0
>>162

これは凄い…

165:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:36:37.45 ID:3e8lTqdb0
アントンは「だから貧乏人に金庫とか任せるから」とか言ってた。
ちょっと泣きそうになってるクリステルを見て、友近さんが強行突破に出た。
アントンの机にいき、横の引き出しを開けようとした。
もちろん抵抗するアントン。
必タヒの2人を見て、どうしていいか皆分からなかった。
もう会社の事務所じゃなかった。修羅場だった。


その時、社長とベテランさんが帰ってきた。

168:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:37:15.23 ID:3e8lTqdb0
社長は「何や?どうしたんや?」って感じだったけど
ベテランさんは何となく分かったみたいだった。

アントンと友近さんと所へ行って、理由を聞いてた。

そしてまず私に「あんたの机の中、探していいか?」って聞いてきた。
もちろんOKした。

ベテランさんは一人一人に承諾を得ながら、社長の机まで探して廻った。

最後にアントンの所にいって、「探していいな?」って言った。



ベテランさんの顔には、何の表情もなかった。

169:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:37:47.58 ID:3e8lTqdb0
アントンは無言で椅子から立ち上がった。

一つ一つ引き出しを開けていくベテランさん。

途中で動きが止まった。手には銀行印があった。

無表情のまま金庫へ直した。

そしてアントンに「どういう事?」って聞いた。



あんな怖いベテランさんを始めて見た。

170:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:38:10.33 ID:cqb5KCeX0
ベテランマジイケメン
イケウーマン?

171:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:38:24.49 ID:i+U22YaA0
ベテランさんに惚れた

172:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:38:27.19 ID:jiD0g/8N0
ベテラン乙

173:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:39:02.32 ID:3e8lTqdb0
ちょっと焦ってたけど、さすがはアントン。

「私じゃないし。クリステルが入れたんやろ?」ってクリステルを睨んでた。

コイツ本当に凄いと思った。

事務所の空気は重くて真っ黒で、耐えられなかった。
アントンが来るまでは、とっても楽しくていい会社だったのに。

悲しくて悔しくてちょっと泣いた。

175:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:39:35.73 ID:3e8lTqdb0
そしたら、クリステルが「私、辞めます」って言い出した。

社長はずっと黙ってた。

ベテランさんが
「社長、ここまできたら今後何が起きてもおかしくない。
誰が必要で誰が不必要な人材なのは分かってるはずですよね?」

って言っても社長はずっと黙ってた。

178:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:40:17.24 ID:R1JbvvyvO
>>175

社長www

179:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:40:18.45 ID:3e8lTqdb0
重い沈黙が続いて、終業時間になった。

やっと社長が口を開いたけど、ビックリする内容だった。

「ベテランが言うことも分かる。
でもアントンさんは俺が世話になった人に頼まれたから辞めさせるわけにはいかん」

その言葉を聞いたとたん、アントンは普通に「おつかれさん」って帰っていった。

180:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:40:20.75 ID:HY64b40z0
>>179

ほんととんでもない女だな

183:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:41:11.68 ID:R1JbvvyvO
>>179

みんな辞めちゃえ

181:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:41:00.02 ID:3e8lTqdb0
それからちょっとして、ベテランさんと設計さん2人が辞表を提出してた。

クリステルも辞めていった。

その後もどんどん辞めていって、新しい人が大半になりアントンがますます調子に乗った頃、


私と友近さんも辞めた。

185:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:41:35.93 ID:3e8lTqdb0
結局、ベテランさんは得意先だった所へ就職した。

クリステルは専業主婦になった。

友近さんも別の会社に就職した。

私は派遣登録をし、ボチボチ働いた



今でもクリステルとベテランさんとは年賀状のやりとりはしている。
友近さんとは、お互い忙しくなってだんだん連絡を取らなくなった。

186:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:41:40.92 ID:i+U22YaA0
>>185

アントン会社潰したのかwwwww

187:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:42:12.81 ID:3e8lTqdb0
私が今年35歳になり、なんかあの頃を思い出した。

ベテランさんとクリステルと同じ35歳鬼婚小梨生活してるけど、あの2人みたいに、素晴らしい人にはなれなかった。

仕事もそれなりに頑張って、常に笑顔でいるように心がけてるけど、やっぱりあの2人には適わないと思う。

190:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:43:04.87 ID:R1JbvvyvO
>>187

会社は?潰れた?

191:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:43:06.57 ID:3e8lTqdb0
その後、あの会社は潰れました。

ベテランさん情報です。

アントンはどうしてるのかわからないけど、3人からプロポーズされ続けてるんだろう。

おしまいです。



グダグダ文章読んでくださりありがとうございました。

189:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:42:54.10 ID:dSlCjJL70
でオチは?

194:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:44:03.52 ID:3e8lTqdb0
>>189

オチなくてごめんなさい。

でも、こんなとんでもない女が居たって事を聞いて欲しかったんです。

192:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:43:15.09 ID:ttbNPJJH0
アントンはどうなった?

193:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:43:41.55 ID:8Lge/zkQ0
>>1
も周りの人もよく頑張ったな

195:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:44:20.14 ID:cqb5KCeX0
アントンがどうにか不幸になりますように

197:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:45:27.45 ID:3e8lTqdb0
でも、未だに社長がなんでアントンをあんなに庇ったのか謎なんですよねぇ。

ベテランさんは、何か知ってるみたいだけど教えてくれないんですよ。

199:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:45:44.85 ID:R1JbvvyvO
>>197

コネは根絶しないと
会社の存亡に関わる

200:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:45:47.96 ID:e1rXSC0b0
>>197

上に立つ人の重要忄生
やっぱり管理職って仕事ができるとかの問題じゃないんだよな
ある意味人に対して冷酷さがないとできない
かといって情がないと下がついてこないし、本当に難しいよ

202:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:46:14.01 ID:L+fpD7eG0
>>197

社長が言えなくてベテランさんが知ってるって

愛人の子一択

ともあれ、お疲れ様でした。

201:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:46:02.75 ID:QY+/3zKWI
多分
>>1
は素敵な女忄生になってると思うよ

206:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:47:41.87 ID:3e8lTqdb0
>>201

そうだといいです。
ありがとうございます。

でもダメ見本と良い見本で、あの頃の事は色々学ぶことがありました。

203:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:46:20.00 ID:dIVVh3h60
お疲れー!
おもしろっかった。

205:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:47:12.68 ID:dSlCjJL70
お疲れ様です。おもしろかったし読みやすかったです。
ぜひその後に関してサグリを入れて欲しいw

208:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:48:42.20 ID:3e8lTqdb0
本当に皆様、ありがとうございました。

では、昼食作りにかかりますので消えます。

210:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 11:49:09.13 ID:HY64b40z0
面白かった!
清々しいくらいとんでもない女だな
仕事ができるってやっぱ学歴とか関係ないんだなと思うわ

216:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 13:22:46.47 ID:e2dfHSCw0
むちゃくちゃな会社だな
しかも倒産とか働いた意味がなくなるな

218:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 14:04:50.25 ID:+sXydk5T0
面白かった
アントンのその後が気になる

220:忍法帖【Lv=2,xxxP】2012/09/08(土) 15:08:54.00 ID:py4qRiKS0
面白かったけど、なんかスッキリしなかったな。
みんなが今幸せならそれがいいんだけど

233:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:39:08.41 ID:ZLAlwt6l0
結局社長とアントンはどういう関係なんだ?
アントン家は金持ちなんだろ?
なんでわざわざ小さい会社に入ってきたんだろう?

240:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:45:33.16 ID:3e8lTqdb0
>>233

アントンと社長の関係はよくわかりませんが、
アントンの親も娘の忄生格&能力はわかってたから、ほかの会社に入れたんだとおもいます。

でもアントンパパに、うちの社長は頭があがらないのは確かですね。

223:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:30:11.06 ID:3e8lTqdb0
1です。

アントンのその後はわかりませんが、暇なので
アントンの印象的だった事件を書いていきます。

思い出せる順に書いていきます。

224:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:31:27.30 ID:3e8lTqdb0
【アントンと洋服】

アントンと2人で飲みに行った時、店に着く前に
「ちょっと服見ていい?」とか言い出した。

ちょっとでもアントンと一緒の時間を少なくしたかったけど
「ダメです」とも言えず、高そうな服屋さんに付いていった。

あきらかにサイズが合わない服を選んで、店員さんに意味ない

ドヤ顔で、「試着」とだけ言った。

225:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:31:59.22 ID:3e8lTqdb0
普段から行ってる店らしく、店員さんも超笑顔で
「あら、いつもありがとうございますぅ」とか言ってた。

でも、その人以外はアントンの入った試着室を見てうんざりした顔してた。
こいつはどこでも嫌われてるんだと思った。

226:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:32:37.23 ID:3e8lTqdb0
そしたら、超笑顔の店員さんがアントンが選んだ服の色違いを持って試着室の外に立ってた。
サイズが一緒なんだから、色違いでも入るわけない。
アントンと知り合いになると、バカも移るのかと思った。

227:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:33:07.62 ID:3e8lTqdb0
誰が見てもサイズが合うわけもなく、試着しても無駄だろと思っていたら、試着室からさっきの店員さんに、

「ちょっと!色違い持ってきて!黒いやつ!」って言ってた。

結局、予想通り着れるわけもなく、脱いだ商品を試着室にほったらかしのまま出てきて

「襟元のデザインが気に食わんわぁ」
とか言ってた。

恥ずかしくて、早く店から出たかった。

228:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:33:38.01 ID:3e8lTqdb0
それからまたちょっと服を見て、「ふーん」とか言いながら出口へ向かい
「また来るわ。今日はこの子とご飯行くから」と言って出てった。
私は何でか「お邪魔しました」とお辞儀して店を出た。

そして、やっと飲みに行きました。

229:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:34:08.06 ID:3e8lTqdb0
【アントンとお弁当】

アントンも一緒にお弁当を食べてる時、あいつはよく人のおかずを食べてた。

皆でちょくちょくおかずの交換とかしてたんだけど、ベテランさんのから揚げは凄く美味しくて、皆好きだった。
よく多めに作って持ってきてくれてた。

230:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:34:49.89 ID:3e8lTqdb0
やっぱり貰うだけじゃ悪いから、皆で交換みたいな感じだった。
でも、アントンは始めてお昼に参加した日、から揚げを全部食べた。

「揚げ物って太る」とかいいながらも、ベテランさんの分まで全部食べた。

私たちのおかずも、普通に食べてた。

でも、皆大人だったから何も言わなかった。

231:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:35:28.35 ID:3e8lTqdb0
そしたらある日、「いつも貰って悪いからこれ、皆で分けて」とサンドイッチを取り出した。

しかもどこで買ってきたのか、豪勢なカツサンドだった。
5切れ入ってたので、一人一つづつと思ってたら、カツサンドの蓋に一切れだけ入れて、残り4切れは自分で食ってた。

「こいつ・・・」って思った。

結局、大人たちは「晴美、食べていいよ」と私にくれた。

悔しいけど、旨かった。

232:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:37:37.67 ID:6/yiEEtNO
アントンwww

234:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:40:11.75 ID:3e8lTqdb0
【 アントンと喫煙室】

会社の喫煙室には、でっかい机みたいのがあって、そこに煙を吸う装置が付いてた。
説明下手で解りにくいかもしれないけど、JTのコマーシャルとかに出てくるやつみたいなの。

その煙を吸うところが網目になってるんだけど、その机自体は決して灰皿じゃない。
机の真ん中に煙を吸うところがあって、ちゃんと台に普通の灰皿が置いてあった。
それなのに、アントンは煙を吸う所でタバコを消してたらしい。
よくタバコの葉っぱが詰まって困ると、ベテランさんが言ってた。


ベテランさんが「タバコは灰皿で消しましょう」って張り紙してたけど、

その後もずっとアントンは灰皿を使わなかったらしい。

ベテランさんが「ワザとかバカなのかわからん」って言ってた。

235:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:41:11.85 ID:3e8lTqdb0
【 アントンと優先座席】

これは、私が直接見た話じゃなく、営業さんから聞いた話。

出勤時、アントンと営業さんは一緒の路線だったらしい。
最寄り駅も一緒。

営業さんはアントンが居ることは分かってたけど、いつも気づかれないようにしてた。

朝、電車を待って並んでいると不機嫌なアントンが登場。
新聞で顔を隠して難を逃れたらしい。


電車が来て、ドアが開いた瞬間、アントンは列の先頭の人より早く電車に乗った。
電車に乗っても、すぐドアの横側に行ってちょっと邪魔になってたらしい。


そしたらお婆ちゃんが乗ってきて、心優しい人が「どうぞ」って席を譲った。

でもお婆ちゃんは「次で降りますから。ありがとう」って断った。

でも、譲った人もすぐには席には座れない。




それを見ていたアントンはすかさず座って、寝ていたらしい。

236:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:41:42.59 ID:3e8lTqdb0
【 アントンとアイス】

ベテランさんがピッチャーのビールをアントンにぶちまけた日、号泣して、大将にアイスを貰った。

次の日、どういう流れでそういう話になったのかは覚えてないけど、

アントンに「大将にアイス貰って帰りました」って言った。

そしたら「私も欲しかったぁ!アイスあるんやったら、もっと早く出せよなぁ!」って言ってた。

237:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:42:44.40 ID:3e8lTqdb0
【 アントンと俳優】

アントンは有名歌手や有名俳優にプロポーズされた事があるらしい。

お弁当食べてるとき、「有名俳優って誰ですか?」って聞いてみた。
でも「それは彼のプライベートもあるからひみつ」ってキモイ顔で言われた。

その後もアントンは「聞きたい?でも秘密」とか1人で言ってた。

ほんとは、どうでもよかった。

キリッとした眉毛で野生的でかっこいい。面白くて頭脳明晰。
誰それ?中途半端なヒントで全くわからない。


友近さんが小声で
「見た目のヒントからして『藤岡弘』やろうな』って言ってた。

クリステルが「あぁ!」って納得してた。


この2人のやり取りが、本気か冗談かわからなかった。

238:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:43:29.01 ID:3e8lTqdb0
【 アントンとホスト】

アントンの恋愛相談にのってた頃、よく5人で一緒に帰ってた。
そしたら、安っぽいホストが
「お姉さん達、今から僕に付き合ってくれませんか?」
って声掛けてきた。

アントン以外は無視してたけど、アントンは「え?」とか言ってホストとしゃべってた。
イライラしながらアントン無視して駅まで行くと、アントンがドスドス走ってきた。

そして第一声。


「やばい・・・告白された」って言った。



こいつほんとバカだと思った。

239:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:45:05.15 ID:JwOVmcTQ0
アントンwww
そこまで行くともうネタだなww

242:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:47:20.18 ID:3e8lTqdb0
>>239

アントンはよくクリステルに「その服かわいい!今度貸して!」って言ってました。
明らかにサイズが違うのに。

243:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:49:31.83 ID:i+U22YaA0
アントンwwww
決して関わりたくはないけど、聞く分には面白いなー

244:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:51:42.69 ID:3e8lTqdb0
【アントンと匂い】

そういえば、アントンは毎日じゃないけど、
1週間に2日は沼みたいな匂いがしてた。

一度、すごく臭くて気持ち悪くなって早退したことがありました。

245:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:53:32.97 ID:ZLAlwt6l0
>>244

だんだん人間じゃなくなって来てるなww
アントンwwww

246:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:54:44.99 ID:3e8lTqdb0
【アントンとdelete】

アントンは『delete』を「デレーテ」って言ってた。

お前が「デレーテ」されればいいのにと思った。

291:名も無き被検体774号+2012/09/09(日) 17:01:03.08 ID:E50meOEQ0
>>246

デレーテwwwww

247:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 16:57:00.02 ID:ZLAlwt6l0
>>246

絶対に人の意見を聞かないタイプやねw

248:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:00:14.77 ID:HY64b40z0
>>246

デレーテw
いっそミサワでネタにしてもらいたい

249:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:01:22.07 ID:3e8lTqdb0
【アントンと針金ハンガー】

アントンは衣装持ち。さすが金持ち。

一度、あみあみのカーディガンみたいなのを着て来た。

バーンとアントン登場。

「おはよう!」って元気よく挨拶。

アントンが後ろを向いたら、ちょうど背中の真ん中あたりに針金ハンガーがひっかかってた。

何で気づかなかったのか。

あれで電車に乗ってきたのか。

椅子に座るときにやっと本人が気づいた。


でも「ちょっと!誰よ!ハンガー置いたの!」って怒ってた。

クリステルいじめの時だったので、めっちゃクリステルを睨んでた。

250:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:02:24.31 ID:egjCX0c/0
>>223
「印象的」を「好印象」と読み間違えたでござる(´・_・`)

254:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:07:42.71 ID:3e8lTqdb0
>>250

アントンに好印象はなかったでござる(´・_・`)

255:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:13:41.14 ID:egjCX0c/0
>>254

だよねwwwwwww

…ほんとにね

251:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:02:32.25 ID:gRfj5Tbf0
アントン今40代後半?

救えねえな

257:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:19:06.53 ID:3e8lTqdb0
【アントンとタバコ】

そういえば、アントンはタバコを吸う時の吸引力が凄かった。
で、煙を吐く勢いも凄かった。
ほんとに怪獣みたいだった。
ほかの人が同時にタバコ吸い始めても、アントンはいつも優勝してた。


しかも吸う時に、フィルターが湿ってるのか「チュー」って音がしてキモかった。

258:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:23:38.18 ID:3e8lTqdb0
【アントンと名前】

これは書けなくて悔しいんですが、アントンは10年前にはめずらしくちょっとしたキラキラネームでした。
漫画に出てきそうな名前でした。
すっごく可愛い&珍しい名前でした。

思いっきり名前負けしてました。

260:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:24:41.89 ID:SWJb2/Rd0
ここまでゴミクズキモイとすがすがしいな

ベテランさんのようにいい人がいる反動かなにかなのか…

262:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 17:29:51.44 ID:pyDc7xmc0
アントン化け物だなw

268:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 20:41:05.33 ID:MZYW/tfO0
デレーテは糞ワロタ

270:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 22:00:20.00 ID:2s6xaxFE0
この話をドラマチックにしたのは
アントンというその名前そのものだな。

271:名も無き被検体774号+2012/09/08(土) 23:18:09.27 ID:EDIGH9fyP
>>270

普通は猪木だからな

274:名も無き被検体774号+2012/09/09(日) 00:20:55.27 ID:B/q1WFqY0
ほんとに「とんでもない女」でびっくりした
統失かなぁ

どんな恩義があろうとこれはクビだろ
とんでもない女ととんでもない社長がいた話、だな

285:名も無き被検体774号+2012/09/09(日) 12:37:38.66 ID:TzmRkm1ki
どの様にして会社が倒産までなって行ったのか知りたいなー。
ま、アントン絡みだろうとは誰もが想像出来てるけどさw

301:名も無き被検体774号+2012/09/10(月) 23:51:42.97 ID:akRogEIaO
>>1
です。
なんか、こんなチンケな文章がまとめとかに載ってびっくりしてます。
創作等のご意見がありますが、多少は創作です。
楽しく読んで頂きたかったので多少の創作は入れました。
でも、アントンの存在は本当です。
私がアントンを憎く思ってたのも確かです。
えっと…結局のところ女忄生メインで書いた理由は、私を含め全ての登場人物が「とんでもない女」なわけで…。
意図が伝わり難かった事をお詫びします。
最後の印象的な部分が余計でしたね(^^;)
ては、今度こそ本当に消えます。

302:名も無き被検体774号+2012/09/11(火) 10:07:05.14 ID:Ggm+zI8Fi
>>301


303:名も無き被検体774号+2012/09/12(水) 00:15:18.63 ID:8R0EWZ9UO
>>301

面白かったぜ

288:名も無き被検体774号+2012/09/09(日) 13:28:13.32 ID:Nvq9JMeB0
デレートクソワロタ
面白かったよお疲れ様!

引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.net/news4viptasu/1347065517/
前編 後編






1000: 名無し@HOME