前編 後編

147: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:01:47.20 ID:PJeCvqQ0
それからあっという間に当日が訪れた。
オレの地元から車で約2時間。
待ち合わせの場所はマー達が泊っている民宿の近くだった。
その日はエイジも一緒だった。
エイジ『その日の夜に待ち合わせて、結果が散々やったら一人で帰るんしんどいやろwwwwwwww?』

エイジはそんなこと言いながらついてきてくれたww
オレの車で2人大声で歌いながら目的地に向かった。
エイジも外回りの営業で待ち合わせから程近いところまで担当を持っていた。
道がわからないオレには心強いパートナーだった。





148: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:07:13.68 ID:PJeCvqQ0
待ち合わせの時間は21:00。
待ち合わせ場所近くに30分前くらいに到着。

エイジ『営業先のねーちゃんと遊ぶアポをとったから、オレの事は気にするなww!思う存分気持の丈を伝えてこい!!あかんかったら電話してこいよ!!』

オレの車はエイジに任せて、オレは待ち合わせ場所の浜辺を目指して歩いた。

オレはマーにメールを入れた。
オレ【もう近くまできてるよ^^歩いてます^^】

マー【ほんま^^?ほんならマーもそろそろ向かいまーす^^】

149: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:09:07.68 ID:PJeCvqQ0
しかし、待ち合わせ場所は予想したよりも暗い。
どこにマーはいるんや?? ほんまに見えへん。。。

オレ【マー、どの辺??暗くて見えへん^^;】

マー【ちょっと暗すぎて怖い。。ケータイの明かり見えへん???】
そして辺りを見渡すと微かな光が!

マーに電話をする。
オレ『マー、わかる???ここやで!!!!』

マー『あ、わかった!!』

そして二人は再会した。真っ暗やみのなかでww。
でも声はあの日のあのマーの声だった。

150: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:13:27.49 ID:PJeCvqQ0
オレ『ちょっと明るいとこいこうやww、、、、』

マー『そやね、、、暗すぎて怖い、、、、、』

そういうとマーはオレの手を握ってきた!
オレはえっ?!と思ったが、怖いという不安から無意識に繋いできたのかなぁと思った。
とりあえず明るい所にいかないとと思いその手を引いて、電気のついた休憩所?みたいなとこにたどり着いた。
そこにはあの日となにも変わらないマーがいた。二人の顔は完全に緩んでいた。なにかしら安堵感のようなものも感じた。
マーから握ってきた手はまだ繋いだままだ。
そのままちょっと明るい浜辺の方に歩いて行った。
いろんな話があるかと思ったが、メールで近況なんかは話してたし、昔話もしていた。二人は特に話もしないで浜辺に座った。

151: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:16:29.03 ID:PJeCvqQ0
オレは告白しようと思っていた。
以前メールで『大阪に好きな人がいる』と話したことがあった。
マーはそれを自分だとは知らない。切り口はそこからと思っていた。

オレ『あんなー、オレ大阪に好きな人おるっていってたやん??、、、』

マー『・・・・うん・・・・』

それから先の言葉がなかなか出てこない、、、、長い沈黙が続く、、、、、
今までいろんな子を口説いてきたのに、肝心な時に言葉にできない、、、、くそー、、、、ヘタレ、、、、

オレ『ふぅ・・・・・』

マー『・・・・・・・』

オレ『・・・それな・・・・』

マー『・・・・・・・』

オレ『・・・それなー・・・、マーやねん!!!』

マー『・・・・・・・』

152: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:18:30.77 ID:PJeCvqQ0
オレ『ふーーーーーーーーーーーー』

マー『・・・・・・・・』

オレ『マー、ごめんな、オレ今までこれがずっと言いたかってん。勝手に自分だけすっきりした感じになって悪いけど、好きで好きで好きで好きで堪らんかってん。』

オレ『でも、マーには大切な人がおることも分かってる。だからこの気持ちに応えてくれなんては言わん。会ってくれて、告白聞いてくれてありがとうww!』

マー『・・・うん・・・』

マー『・・・気持ちに応えなくていいの・・・・??』

オレ『ん?どういうこと??』

153: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:20:31.94 ID:PJeCvqQ0
マー『・・・・正直悩んでる・・・・マーは木村君と付き合ってる。でもこうやってソウちゃんとメールして再会もした。そんで気持ちが凄く揺らいでる・・・・・』

マーは最近のオレのメールで、もしかしたら今日は告白されるかもしれないというのは予想してたみたいだっだ。
しかしマーの気持ちの変化にマー自身がついていくことができなかったようだ。

オレ『なんか、ごめん・・・』

マー『ソウちゃんが謝ることじゃないねん、マーがフラフラしてるから悪いねん。。。。』

オレ『・・・今日は朝まで一緒にいていいかな・・・?』

マー『・・・うん・・・朝までいろんな話しよ・・・』

2人は浜辺で明るくなるまでいろんな話をした。
マーはやっぱりあのころのままだった。オレの大好きなマーのままだった。

154: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:26:14.01 ID:PJeCvqQ0
そして日は昇り、砂浜は徐々に明るくなってきた。
そろそろ別れの時だ。何の答えもでないまま。
最初は思いを伝えることだけでいいと思っていた。
それから何度かやり取りをしている中で、なにかしら期待してるオレがいたのも間違いない。
答えは「白」か「黒」のどちらかだ、と思っていた。
しかし答えは「グレー」だった。これでは諦めようにも諦めがつかない。
オレはここまできたらという思いで最後にぶつけた。

オレ『また、会ってくれへんかな・・・?』

マー『・・・・・・・』
マーはまだオレの手をしっかり握っていた。

オレ『マーの答えが聞けないままじゃ先にも進めないやんww、、、』

マー『・・・うん・・・そやけど・・・・』
マーの中での葛藤もわかっていた。

オレ『来週、そっちまで行くから。』

マー『・・・・でも・・・・うん・・・』

オレ『その時に決めてくれたらいいから。だめなら来なくてもいいし。』

マー『・・・うん・・・』

オレは話しながら決意を固めた。
オレはとことんまで行こう。マーを傷つけるかもしれない。
木村を傷つけることになるかもしれない。
でもこれ以上このままではいられない。
オレの勝手ワガママだと思うがもう決めた。

オレ『迷惑かかるかもしれんけど、来週いくから。』
マーはまだオレの手をギュっと握っていた。

マー『・・・うん・・・』

155: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:29:01.59 ID:PJeCvqQ0
オレは最後にマーの手をしっかり結びなおし、マーとマーの友人たちが泊っている民宿まで送って行った。
いろんなことを考えながら、とぼとぼと歩いてエイジと別れた場所に向かった。
そこには仮眠を取るエイジの姿が。もう7時か。

オレ『、、、たっだいまっwwww』
オレは車のボンネットを手のひらで叩いた。
ボンっ!
エイジ『?!?!?おー、どやった??』

オレ『んーーーまだなんとも言えんなーーーwwwwww』

エイジ『なんじゃそれwwwwww?』

オレ『帰りにゆっくり話するわwwwwせっかくこんなきれいな海まで来たんやから遊んで帰ろうぜwwww!!』

エイジ『最初からそのつもりですわwwww』

156: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:30:35.79 ID:PJeCvqQ0
そのあとオレをエイジは近くの海を行き、その時二人で夢中になっていたスキム(波打ち際のサーフィン)をして遊んだ。
スキムをやるには、遠浅が適しているのでまさにぴったりな浜辺だった。
二人はいろいろポイントを変えながら、いろんな波を乗り倒した。
たまに頭ん中にマーがチラつく。この浜辺にいるのかも?なんて考えたり。
もしかしたらもう二度と会えないかも。そんなことも考えたりした。

157: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:32:20.98 ID:PJeCvqQ0
エイジ『そろそろ帰りますかぁー』

オレ『・・・そやなww、、、、』

なぜか切ない気持ちになる。
家路に向かいながらオレはマーにメールを入れた。

オレ【昨日、いや、今日はありがと^^オレたちは今から帰ります^^来週はそっち行きますわww^^】
オレはあえて明るい感じでメールを入れた。

マー【こっちこそありがと^^ マーも今帰ってる途中^^一人寝ちゃってるーー】

と、来週については全く触れてない感じだった。

158: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:35:08.33 ID:PJeCvqQ0
帰ってからもマーとのメールのやり取りは続いた。
しかし、無理やり明るさを繕うようなぎこちないやり取りだった。
そして金曜の夜、仕事を済ませ、服を着替え、車に乗り込んだ。
待ち合わせ時間は土曜の9時。
今からじゃなくても間に合う時間だ。
しかし、オレは少しでも早く行きたかった。
理由はよくわからない。とにかくオレは向かった。
高速を飛ばしながら、景色を見ていた。
帰りにはどんな風にみえてるんだろう。そんなことを考えてたと思う。

160: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:37:42.04 ID:PJeCvqQ0
AM1時くらいに到着した。
マーの家の近くの線路沿いに車を停めた。
着いたことをマーにメールで伝えた。

オレ【もう着いちゃった^^; 今から車で寝ますわーww】

マー【わかりました。おやすみなさい。】

いつもになく愛想のないメールだった。
でもマーの心情を考えると当然の反応だと思う。
それからオレは返信はせずに、ただ明日の9時を待った。
時間の経つのは長く感じた。
しかしオレにとって最後の待ち合わせとなるかもしれないと考えると、長く感じることをありがたいと思った。
少し寝ようかとも思ったが、全く寝れず、コンビニに行ってもなぜか気が滅入る。
車でマーのことを考えていよう。ずっと朝まで考えていよう。
そして一睡もできぬまま朝を迎えた。

162: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 18:41:06.53 ID:PJeCvqQ0
待ち合わせ時間の9時も近付き、オレはマーにメールをした。
オレ【おはよー^^】

マー【もうしばらく待っててね。】

マーは来てくれるんだ。まずはホッとした。
しかし彼女の中での葛藤や罪悪感を考えるとオレも辛かった。
でももう後には引けないし、引かない。
待ち合わせの時間になった。彼女は車の前方から来るであろう。
オレは彼女を待った。しかし、バックミラーに彼女が映る。
あれ?後ろから?

マー『おはよ。おまたせ。。。』

オレ『おはよ。マーの家ってこっちやったっけ・・・?』

マー『・・・なんか・・・正面から行くの恥ずかしくて・・・大回りしちゃった・・・ww』

164: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 18:44:30.64 ID:TfJtbgwo
乙ですww
そろそろクライマックスかな?

165: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:27:31.24 ID:PJeCvqQ0
>>164

もうちょっとお付き合いください。

166: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:28:51.54 ID:PJeCvqQ0
オレ『そかww とりあえずどうする?、、、、お茶でも飲もっか?』

そこから程近い所にあるファミレスに入った。
ここはオレがまだ大阪にいる時にみんなで来たことのある所だった。

オレ『懐かしいなぁーww』

マー『そっか、昔みんなで来たことあるもんねーーww』
飲み物を注文すると、早速本題に入った。

オレ『・・・で、考えた・・・?』

マー『・・・・うん・・・』

167: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:30:52.06 ID:PJeCvqQ0
しかし彼女と話を進めていてもはっきりとした答えは出てこなかった。
これからの事も含めて考えたいという彼女の大きな問題は「結婚」だった。
マーは付き合うなら「結婚」を視野に入れて付き合うと言っていた。
それは前から聞いてたことでオレもその考えは知っていた。
オレと付き合うということは、最終的にこの大阪を離れるということになる。
彼女はどうしても大阪を離れたくなかった。
彼女は長女だった。3つ下妹がいる。ご両親も健在だ。田舎のような「養子取り」問題もない。ご両親も娘の幸せを一番に考えてる。じゃあ何が問題なのか?
彼女は長女である「責任」を背負っていた。
彼女の家族は本当にみんな仲良しだ。話を聞いていても羨ましいほどだった。その家族と離れることは考えられないらしい。将来誰かと結婚しても実家の近くに住んでいたい。
そしてご両親の面倒をみるのは長女の役目だと思っている。
だから結婚して苗字が変わっても家族の長女としての「責任」を全うするのが自分の役目だと考えてる。
これはマーの価値観であるから誰がどう言おうが仕方がないことなのだ。

168: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:32:50.49 ID:PJeCvqQ0
自分の気持ちプラス家族のこと。
これを考えると彼女の頭の中はグジャグジャになってしまって、自分がどうしていいのかすらわからなくなってしまっていた。

木村の実家は関西ではない。
しかし木村は実家に帰る使命はない。オレは実家に帰っている。稼業もあることからここからは出られない。
現実的に考えて、こういう話は結婚にはつきものだ。
そんな現実を彼女は真正面から受けて一人で悩んでいるのだった。
オレになにができるだろうか・・・。
ただ、そういうことをすべてなしにして考えたとしたら、オレのことを好きなってくれているみたいだった。
木村とのこともあるので、すごく遠まわしな言い方だがそうみたいだ。

169: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:34:41.12 ID:PJeCvqQ0
マーはあの海のことを木村には内緒にしていた。
もちろんオレと会ってたなんて言えるはずもない。
しかしマーのまじめな性格上、彼氏に内緒にする罪悪感はなによりも苦痛だった。
頭の中をいろんなことが混同して彼女はついに泣き出してしまった。

それをオレはどうしてあげればいいのか・・・?このまま身を引けばマーは楽になるのか・・・?
オレはマーと木村の間に割って入ったことを後悔し始めた。

170: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:36:00.14 ID:PJeCvqQ0
ファミレスを出て、行くあてもなく車を走らせた。
彼女は多少落着きを取り戻し、普通の話や昔話をしながら、車からの懐かしい風景を二人で観ていた。
マーはオレの手をしっかり握っていた。
軽く食事を済ませ、さらに車を走らせた。空は夕方になろうとしていた。
二人共答えを出せずにいた。そんなとき、オレはある場所に向かった。

171: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:40:08.55 ID:PJeCvqQ0
しばらく走るとその場所についた。

マー『・・・へーーここ綺麗やねーーー・・・』
そこからは明かりが点き始めた街が一望できた。

マー『ここって??』

オレ『ここはー、警察に怒られて、ツレに泣かされたとこww』

マー『はっ?????????なにそれ????』

オレ『wwwwwwwwwwオレにもいろいろ思い出があんねんww』
マーは全く分かってはなかったけど、優しく笑ってくれていた。

マー『・・・・あのさ・・・・今日はずっと一緒に居ていい・・・・?』

オレ『・・・うん、オレは嬉しいくらいやけど、マーはいいの・・・?』

マー『・・・うん、一緒にいたい・・・』
「今日は」一緒いたい・・・。今日は・・・。
あえてそこは考えずに、泊まれる場所を探した。

172: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:42:30.78 ID:PJeCvqQ0
結局泊まれる場所はホテルくらいしかなかった。
もちろん手を出す気はない。
ちょっとした飲み物などを買ってホテルに入った。
イヤというほどホテルには入っていたが、こんなに緊張したのは初めてだ。

ホテルに着くとなぜだか、煩わしい現状を忘れてしまったかのようにリラックスできた。
いつかの修造の部屋で楽しく遊んでいるかのようだった。
ただ一つあの日と違うのは、オレとマーの手が繋がれていたということだった。

173: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:45:41.67 ID:PJeCvqQ0
それからテレビを観たり、話をしたりと楽しい時間は過ぎて行った。
お風呂にも入ったが、もちろん別々で。
ベッドに横になり、いつかの浜辺のように二人は手をつなぎ、いろんな話をしていた。
と、突然、マーが泣き出した。

オレ『・・・・ど、どうしたの?・・・』
マーは泣いたまま何も言わない。
マーはまたどうしていいのかわからなくなったんだろう・・・。
オレは何も言わずに、マーを抱きしめた。
マーもそれに答えるかのようにオレにしがみついた。

オレはキスをしたかった。しかし我慢した。
今の状態でマーにキスをしたとしたら、木村に申し訳ないと思った。
オレはマーを抱きしめたままホテルの部屋の天井を見つめていた。
天井には安っぽい光が交錯していた。

マーはそんなオレの首筋にキスをした。
ズルイと思ったが、今のマーの状態を考えるとオレは何も言えなかった。
ただ黙って天井の光を見ていた。

174: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 19:46:48.41 ID:NRL1Y1Yo
パンツ脱いでもいい?

176: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:49:06.12 ID:PJeCvqQ0
>>174

風邪をひくといけないので脱がないでください

175: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:47:56.92 ID:PJeCvqQ0
それからどれくらい時間が過ぎたのだろうか。マーは眠りに落ちていた。
オレは昨日から寝ていなかったにもかかわらず、眠ることはできなかった。
ただマーの寝顔を見ていた。
しばらくするとマーが目を覚ました。

マー『・・・いつの間にか寝ちゃってた、、、ww』
マー『ソウちゃんは何してんの、、??寝ないの??』

オレ『マーのイビキがうるさくてww』

マー『ウソっ?!』

オレ『ウソやってwwせっかくマーがそばにいるから寝るのがもったいなくてww』

マー『ww何言ってんねんww恥ずかしいから見んといてwwww』

オレ『言ったオレがはずかしなったわ、ww、ww、ww』

そのあとまたいろいろ話をしていると、マーは再び眠りに落ちた。
オレは結局寝れないまま朝を迎えた。

177: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:51:36.74 ID:PJeCvqQ0
二人はホテルを出て、朝食がてらにファミレスに入った。
オレはとにかくマーと一緒にいたかった。場所なんてどこでもよかった。マーの気持ちもたぶん同じだったと思う。
それから答えの出ないまま夕方になった。
もうそろそろ帰らないといけない時間だった。

オレ『また、会いに来ていい・・・??』

マー『・・・うん・・・』

オレ『また来週の土曜も同じ場所で待ってるね。』

マー『・・・うん・・・』

そのままマーを家まで送って行った。
昔マーを送って行った時と風景は何も変わっていなかった。
でも二人の関係は大きく変わろうとしていた。
マーは車から降り、家に向かった。オレは彼女が見えなくなるまでそこに留まった。
完全に見えなくなくなると、大きなため息をつき、車を発進させた。

178: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:53:10.93 ID:PJeCvqQ0
帰り道はいろんなことを考えていた。
どうにかしてマーと一緒に居れる方法はないか。彼女の苦痛をどうしたら取り除けるか。オレにできることは何か。
そんなときにケータイにメールが入った。

マー【気をつけて帰ってね^^ありがとう】
ありがとう?オレはその意味がわからなかった。

オレ【はーい、寝んように気つけるわ^^】
軽くメールを返した。オレは何も考えずに家に帰った。

179: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:55:04.02 ID:PJeCvqQ0
それから数日後、仕事も終わりかけた夕方にマーからメールが入った。

マー【やっぱりソウちゃんとは一緒にいれません。ごめんなさい。】

想定していなかったわけではない答えだった。
しかし、オレはすぐマーのケータイに電話をした。
しかしマーは電話をとってはくれなかった。
何度かけてもとってはくれなかった。
メールをした。

オレ【話したいから電話に出て】
しばらく待っても返信はなかった。

180: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 19:56:19.04 ID:PJeCvqQ0
こうなったら今から大阪まで行こうと思った。今から出れば夜には着く。
向かおうと思った時に、メールがきた。

マー【いろいろ考えたけど、これ以上木村君に黙ってることもできないし、裏切ることもできません。ソウちゃんとのことはいい思い出として心にしまっておきます。ありがとう。】

オレはいつかのように動けなくなった。
もうこの恋も完全に終わった。多少の安堵感のようなものもあった。
この数年が走馬灯のように思い出された。

181: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 20:00:45.09 ID:PJeCvqQ0
メールの返信をしようと思ったが、何も思いつかなかった。

それから家に帰り、マーのことを考えてた。
フラれたオレはすんなり諦めるべきだった。しかし納得ができなかった。
好きなもの同士なのに一緒にいれないなんて。
オレは大人げないとも思ったが、マーだけは諦められなかった。
オレはマーにメールをした。

オレ【電話していい?】
するとオレのケータイが鳴った。マーからだった。

オレ『・・もしもし』

マー『もしもし、、今日は電話に出なくてごめんね。、、、』

オレ『そんなことはどーでもいいよ、それよりもう絶対無理なん?、、、、』

マー『・・・・』

マー『・・・うん・・・やっぱりこれ以上木村君を裏切るようなことはできない。』

マー『ソウちゃんのことは好き。でもやっぱり大阪は離れられへん。』

オレ『・・・・そうか・・・』

マー『もうソウちゃんにはメールもしないし、電話もしない。ほんとにわがままでごめんね。』
このときのマーはいつものか細い声ではなく、しっかりと信念を持った自信のある声だった。

オレ『・・・そか・・、、、、』
オレは泣いていた。真っ暗な部屋の中でケータイを握って泣いていた。

マー『ほんとにごめんね。バイバイ、、、、』
電話は切れた。マーは泣いていなかった。

182: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 20:03:54.92 ID:PJeCvqQ0
オレは布団をかぶり声が漏れないように泣いた。
完全に終わった。もう二度とマーには会えない。
こんなに辛いとは。こんなにマーのことが好きだったとは。

そして、どれだけか時間が経った。30分ぐらい経ったころだろうか、ケータイが鳴った。
涙で霞んだ目でケータイの表示をみると、、、、、マーからだった。
えっ?!なんで?!

オレ『・・・・マー?、どうしたの、、、、?』

マー『、、、、、、、う、ぅ、ぅ、、、』
マーは泣いていた。

オレ『・・・どうしたの?・・・』

マー『、、、うぅぅ、、、木村君と、、、、別れてきた、、、、』

オレ『えっ、、、、!?!?どういつこと、、、、、!?』

マー『、、、うぅ、、やっぱり、、、ソウちゃんのことが、、、、、うぅ、、好き、、、、』

オレ『・・・・・』

マー『、、、これからは、、、ソウちゃんと、、、ずっと一緒にいたい、、、、』

183: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 20:05:03.99 ID:PJeCvqQ0
マーはオレに別れを告げた後、木村に電話をしたらしい。
木村にも別れを告げたのだった。
そしてオレとのことを話したみたいだ。
以外に木村はすんなり聞き入れて今度会ってちゃんと話が聞きたと言ってたらしい。
マーはすべてをフラットにして、もう一度考えた答えがオレと一緒になるということだったようだ。
それは大阪を離れる決意も含めて決断していた。
マーは木村との話がすべて終わるまで会うのは待ってと言った。

184: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 20:06:23.31 ID:PJeCvqQ0
木村はマーの両親にも気に入られており、マーの母親は木村とマーは結婚するものだと思っていた。
しかし、オレとの電話を切った後、娘の尋常ではない泣きっぷりに母親は問いただした。
母親はまさか別れるなんて思ってなかったし、大阪を離れることを決意したことに母親も動揺していたらしい。
しかし、母親も冷静を取り戻し、娘の決断を祝福した。
オレと会えることを楽しみにしてくれたという。
それからマーは木村と直接会って話をした。
電話ですんなり別れ話を聞きいれた木村だったが、直接話をしたときにはボロボロ泣いていたらしい。

185: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 20:07:45.54 ID:PJeCvqQ0
すべてが終わりオレは大阪に向かった。マーに会いに行った。
待ち合わせ場所はいつかと同じ、マーの家の近くの線路沿いだ。
金曜、仕事が終わり、その足でオレは大阪に向かった。
前と同じくらいの時間に着いた。やはり寝ることはできず、朝を迎えた。
待ち合わせの時間に彼女は来た。オレのバックミラーに彼女が映った。
彼女は照れたように笑っていた。

186: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 20:10:37.93 ID:PJeCvqQ0
書き貯めしてた分は以上です。
後日談というわけではないですが、その後から今に至るまでを書いていきたいと思います。
気長にはなりますが、お付き合いいただけるとうれしいです。

188: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 22:18:10.25 ID:YKymejMo
マーとの出会いが14年前ってこと?

189: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 22:24:05.60 ID:tWir4IDO
>>188

そうですね。今から14年前に出会いました。

190: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 22:29:34.43 ID:YKymejMo
>>189

それなら今、38くらい?

191: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 22:39:23.20 ID:tWir4IDO
>>190

そうですね、今年38歳になります。

192: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 22:41:36.36 ID:T/uLQR6o
悲しい話はないよな?

193: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 22:45:54.38 ID:tWir4IDO
>>192

先についてはお話できませんが、悲しい話は好きではありません。

194: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 22:46:09.66 ID:YKymejMo
俺の読解力がないのかもしれんがマーとの付き合いが始まったのが8年前?

197: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 22:51:19.70 ID:tWir4IDO
>>194

ちょっとズレてるかもしれないですけど、そんなもんやと思います。適当ですいません。

195: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 22:47:25.20 ID:PPYxX/6o
コテバレしたから変えろよ

196: ◆AkBqXzge7. 2010/07/15(木) 22:49:03.83 ID:PPYxX/6o
トリだった、恥ずかしい

198: ◆Ou51pMqEw6 2010/07/15(木) 22:54:47.19 ID:tWir4IDO
やっちゃったw
これに変えますw

199: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 22:56:00.42 ID:YKymejMo
日付変わる前に酉かえとけよ

200: ◆Ou51pMqEw6 2010/07/15(木) 22:57:30.55 ID:tWir4IDO
>>199
失礼しましたw

201: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/15(木) 23:10:31.39 ID:YKymejMo
8年前から現在の話が明日からの続きってことかな?
続き待ってるよ

202: 15289006 2010/07/15(木) 23:26:21.48 ID:tWir4IDO
>>201

そういうことになります。
たいした話ではないかと思いますが、ご支援よろしくお願いします。

203: ◆Ou51pMqEw6 2010/07/15(木) 23:27:28.22 ID:YKymejMo
お前ときたら・・・

204: ◆Ou51pMqEw6 2010/07/15(木) 23:55:01.18 ID:YKymejMo
日付変わるぞ!一度もどってこい

205: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 01:18:29.97 ID:L3pnx2DO
何度もすいません。
ケータイはミスが多いw
それと、年数を改めて確認したら、これからお話しようと思うことがらは9年前くらい前になると思います。

206: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 01:43:39.56 ID:Sni3w46o
超楽しみにしてる

207: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 03:09:25.29 ID:dcMED0U0
追いついた。

208: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 07:16:31.86 ID:aVvyScs0
おはようございます。
酉ミス続いてこれになりました。
投下まで若干時間をいただきますが、出来次第少しづつでも投下していこうかと思っております。

209: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 09:34:39.09 ID:aVvyScs0
只今出筆していますが、
>>206
,
>>207
の期待にそえるような内容になるかが不安ですが、期待せずにお付き合いください。

212: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 11:38:39.02 ID:aVvyScs0
それからは気持ちの届かなかった期間を埋めるかのように、二人は時間を共有した。
しかし、オレの実家と大阪では距離がある。
マーにさみしい思いをさせないよう、自分の時間をマーに注いだ。
マーもオレにマーの時間をくれた。

213: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 11:42:05.42 ID:aVvyScs0
オレとマーが付き合うこととなり、オレは木村に電話をした。
さすがの木村も怒り心頭だろう。オレは覚悟して電話をした。

オレ『・・・もしもし、、』

木村『Fさーん、やられましたわーwwww』

あれ、?いつもの能天気なしゃべりのままだ、、、

オレは電話だけでは納得してくれないだろうと思い、この電話で今度会う約束をしようと思っていた。
しかし蓋を開けてみるといつもと何も変わらない木村だった。
そう聞こえただけかもしれない。

オレ『ごめん、、』

木村『もーww勘弁してくださいよぉーwwでもしゃーないですわーww』

オレ『・・・』
なにも言えない。。。

木村『でもなんかそんな気もしてたんすよねーww』

オレ『・・・木村、、怒ってないのか・・・?』

木村『めっちゃ、怒ってますよーwwでも、Fさんとはずーっと仲良くしてもらいたいんで、これはこれでww』

オレ『・・・木村・・・』

木村『これからもたのんますわーwwまた暇なとき電話しますからーww』

オレ『ちょっ、おまっ、暇なときってww』
そう言って電話を切った。

214: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 11:43:33.20 ID:aVvyScs0
いつかマーに木村と付き合うことになった経緯を聞いたことがあった。
マーは北川さんにフラれ、シングルとなった。
そして会社のみんなと遊ぶことが多くなった。そんな中、木村はマーを好きになった。
そして木村はマーに告白をした。しかしマー曰く、告白らしからぬ告白だったらしい。
木村のおだやかな性格そのものというものだったらしい。
内容までは聞いてないが、何でも真面目に考えるマーが笑ってしまうほど楽に考えれたという。
こいつの性格って。オレは羨ましかった。

215: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 11:46:33.14 ID:aVvyScs0
修造にも連絡をした。
オレ『もしもーしww』

修造『Fさーん、おつかれっすww どうしたんすか?珍しいww』

オレ『いや、実はさ・・・・』

今までのの経緯はちょっと伏せて、マーと付き合うことになったことを報告した。
修造に連絡しようかどうかはほんとに迷ったのだが、修造には言っておかないとという思いがあった。

修造『そっすかwwwwおめでとうございますwwww』
一点の曇りもない祝福の言葉をくれた。

修造『いやー、僕も実家に帰ってから運命の出会いをしたんすよー』

オレ『そうなんか!やったな!』

修造『僕にはもったいないくらい可愛いんすよーwwww』

修造はもうすぐ結婚するそうだ。ほんとによかった。
あいつなら幸せな家庭が築けるだろ。

216: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 11:49:24.14 ID:aVvyScs0
マーと大阪梅田をブラブラしていた。
せっかく付き合いだしたんやから、お揃いの指輪を買おうということで二人でいろいろさがしていた。
1個5千円くらいの指輪があった。値段は安いがデザインが気に入ったので二人でこれにすることに決めた。
サイズの変更で少し時間を要したが、次に会うときには間に合うということだった。

そして次に会った時にマーが指輪を持ってきた。
二人で包装を取り、中身を見ると、安物とは思えないくらいの輝きを放った指輪があった。
しかし、安い指輪で申し訳ないと思ったオレは

オレ『結婚するときは、もっと高いもん買うから今はこれでww』

マー『んー、いらーんwwマーはコレでいいわーww』
マーはすごくうれしそうに指輪を眺めていた。

217: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 13:15:11.15 ID:Sni3w46o
北川が気に入らない

218: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 14:09:43.67 ID:L3pnx2DO
>>217

オレの文章の表現が悪いんやと思います。
いい先輩でしたよ。

219: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 16:39:13.69 ID:b0KS78Y0
>>218

別に嫌な感じはしなかったから、
>>217
がモテる男をひがんでいるだけじゃない?

220: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 17:43:23.87 ID:L3pnx2DO
いろんな取り方があると思うので、何が正解とは言えません。
しかしオレは実際先輩と接してきて悪い人だとは思いません。

221: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 17:52:10.43 ID:.hidCFso
ソウがそう言うのなら悪い人ではないんだろ

222: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 18:50:58.81 ID:aVvyScs0
>>221

そうなんですww

223: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/16(金) 19:23:25.41 ID:aVvyScs0
今日はもう投下できそうにないので、また来週までおまちください。
遅筆ですいません。

229: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 21:46:17.43 ID:7ne.FEAO
初恋いいなあ(・ω・)

230: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/16(金) 21:55:09.69 ID:7ne.FEAO
うらやましいお(´・ω・`)

231: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/17(土) 00:09:01.60 ID:Iere1EDO
>>229

>>230

恋は誰にでもできますよ。

233: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/18(日) 09:13:21.93 ID:N5Ilq.AO
恋愛は高校卒業まででしょう。

234: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/18(日) 10:31:56.93 ID:0XJ66ADO
>>233

オレもこんな純愛をするなんて思ってませんでしたw

235: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/18(日) 21:48:29.07 ID:dH0Q8DIo
高校卒業してからが本当の青春だぜ

236: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/18(日) 22:02:37.90 ID:0XJ66ADO
>>235

オレも結果そうなりましたw

245: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/19(月) 22:55:49.87 ID:bh5Knsk0
追いついた。楽しみにしてます。

247: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 07:34:03.92 ID:x02NC7I0
>>245

よろしくおねがいします。

じゃあそろそろ投下していきます。
予定では今日が最後です。

248: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 07:37:29.77 ID:x02NC7I0
それからというもの二人は結婚を目標に進んでいった。

オレは家に女の子を連れて行ったことがなかった。
オレの両親の性格上、連れてきた子=結婚と考えるようなタイプだからだ。
オレはマーを実家に連れていった。マーは緊張していた。
オレの両親に彼女を紹介し、今後の事を話した。
そして話も終わり、オレの部屋に2人で入った。

マー『あーww緊張したーww』

オレ『ごめんなぁーwwオレの親、まじめすぎやからww』

マー『ソウちゃんの親と思えんくらいやったwwww』

オレ『どういうことやねんww』

249: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 07:40:14.71 ID:x02NC7I0
そしてオレは部屋でマーにプロポーズをした。
OKをもらった。OKをくれることはわかっていたが、これまでの経緯もあって飛び上がるほどうれしかった。

次はマーの両親に挨拶だ。
数週間後、
オレ『やっぱりスーツか?』

マー『かんべんしてww』

オレ『でもやっぱりきちんとしたほうがいいんじゃない、、、?』

マー『完全に浮いちゃうよwwww』
ということで普段着で初めてマーの家に向かった。

250: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 07:43:26.46 ID:x02NC7I0
マー『ただいまーwwソウちゃん連れてきたよーww』

ママ『おかえりーww、あ、ソウちゃんいらっしゃいww』
すごくフレンドリーなお母さんだwwよかったww

オレ『は、はじめまして。Fといいます。よろしくいおねがいします、、。』

妹『いらっしゃーいwwてか硬いww』
スーツ着てこなくてよかったwwこれでスーツ着てきたら完全に訪問販売やww

オレ『は、はは、wwww』

そして奥から恰幅のいい男の人が顔を出した。お父さんだ。
お父さん『お、ソウちゃん、いらっしゃいww早よ、入りwwww』
意外なほどお父さんもフレンドリーな感じだったww

オレ『は、初めまして、、ww失礼します、、』

マーは横でニヤニヤしていた。
マーはオレと付き合いだして、両親にもオレの話をよくしてくれていたみたいだ。
初対面なのにこんなフレンドリーに接してくれることが凄くありがたかった。

251: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 08:02:17.44 ID:x02NC7I0
ちょうど夕食の時間ということもあって、そのまま食卓にお邪魔するという形になった。
その日はすき焼きwwしかし箸をつける前に結婚の許しをもらおうと思っていた。
すき焼きはもう食べれる状態になってきた。
さてそろそろと思い、背筋を伸ばし、ご両親に話をしよう。
その時、妹が

妹『早よ、食べようや!ソウちゃんも食べや!』

おい、妹よ!空気を読め!
ご両親もちょっと苦笑い。

オレ『いや、ちょっと、その前に、』

しかし妹、
妹『先食べようやぁー、お腹すいたぁー!』

ダメだ、この妹を誰か止めてくれー!
と思った時に妹は空気に気づいた。
妹は箸をおいたww

オレ『・・コホン・・・えー二人でいろいろ話をさせて頂きまして、このたび一緒になろうというと思います。そのため今日はご両親にお許しを頂きたいと思ってまいりました。』
・・・硬いか・・・

妹『・・・っぷ・・・』

やっぱり硬かったのか、妹が若干吹き出した。

ママ『コラっ、妹っ』
ナイス、ママ。
妹めー、いつかシバイたる、、、ww

お父さん『そうか・・・まあ、二人で決めたんならそれでいい。ソウちゃん、これからいろいろ頼むなっ!』

オレ『は、はいっ!こちらこそお願いします!』

そして楽しい夕食会がはじまった。
ほんとにいい家族だ。娘のことを信用している両親。
娘たちは親と友達のように接しているが、ちゃんと尊敬している。
オレはマーとこんな家庭を築くんだと改めて心に誓った。

252: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 08:05:12.01 ID:x02NC7I0
オレは結婚のことを今までお世話になった人たちに連絡した。
友達にももちろん。
エイジは一足先に結婚をしていた。
近所に住んでいるので、これからも家族ぐるみでの付き合いになりそうだ。
クーにも連絡をした。

クー『やったなー、おめでとうww』

オレ『いろいろ世話かけたけど、お蔭さんでww』

クー『結婚式には行くからなーww』

オレ『呼んでへんでーーwwwwwwww』

クー『呼んでいらんけど、行くわーwwww』
そんな祝福をうけたww

253: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 08:08:25.41 ID:x02NC7I0
結婚が決まってからは、いろいろ問題もあった。
マーが、やっぱりそっちに行くのやめるーーーと泣き出したりしたこともあった。
でもなんとか説得し事なきを得たww

結婚指輪を買いに行こうということになった。
しかし、マーはあまり乗り気ではなかった。
なんでかなーと思って聞いてみると。

マー『結婚指輪ってなんでもいいんだよねー?』

オレ『どういうこと?』

マー『買わないといけないって決まりはないんだよね?』
オレは頭の中が?でいっぱいになった?

オレ『??で、どういうこと??』

マー『お金使うのも勿体ないし、今つけてるこの指輪でいいと思うんやけどダメかな?』
それは付き合いだして、初めてお揃いで買った安い指輪だった。

オレ『、、、ダメじゃないけど、、、マーはそれでいいの、、、?』

マー『マーはこれがいいのwwww』
マーは嬉しそうに笑った。
そう言えば、この指輪を買った時にこの指輪でいいって言ってたなww

254: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 08:43:17.35 ID:x02NC7I0
そして結婚式。
みんな祝福してくれた。
修造も奥さんとなった人を連れて、遥々来てくれた。
奥さんと初めて挨拶したが、ほんとに修造にはもったいないくらい綺麗な人だったww
クーも、大阪の友達もみんな来てくれた。

クーは
クー『今度またボードしにくるわ!』

オレ『てか早くサーフィン教えてくれよーーー』

クー『あーそやったなーww今度教えたるわwwほんっとサーフィンはいいぞ!!』

オレ『何がいいか、全くわからんwwww』
なんて話をしていた。

もちろんエイジも来ている。
エイジには余興を頼んでいた。
エイジはオレに
エイジ『なんでもしたるから、何がして欲しいか言ってくれ!』
というので、オレはできそうにないことを要求したww

オレ『上半身ネ果になってSPEEDの曲で踊りながら、会場中を練り歩いてくれww』
エイジは見事にやり遂げたww
もう一人の友人のチャーも一緒になって練り歩いていたwwww
そんなこんなで楽しい結婚式も終わった。

257: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:39:49.91 ID:x02NC7I0
それから数か月過ぎ、大阪のフミという友達から連絡が入った。

オレ『おー、久々やんwwどしたんww?』

フミ『・・・んだ・・・・』

オレ『はっ?なんやって??』

フミ『・・・クーがタヒんだ・・・』

オレ『・・・・・えっ・・・・・・』

258: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:41:30.60 ID:x02NC7I0
信じられなかった。ウソだと思った。
フミはもともと冗談ばっかり言ってるような奴で、いつも何がほんとのことで何がウソかもわからないような奴だった。
11月の某日にオレは大阪に向かった。オレはまだ信じられなかった。
葬儀場に着くと、古い友人たちが大勢集まっていた。
そこに、クーの写真があった。相変わらず男前だ。
オレは椅子に座り、祭壇の写真を見ていた。

ありえへん。絶対ありえへん。

病気だったらしい。病名は知らない。知ろうとも思わなかった。
不思議と涙は出なかった。

259: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:43:39.72 ID:x02NC7I0
式も進み、クーを入れた棺桶がオレの前を過ぎた。

オレは無意識に自分の顔を両手で隠した。

ん?オレは何をしてるんや?

自分自身の行動が全くわからなかった。

と思った瞬間、涙がこみ上げてきた。声を出して泣いていた。
クーに返さないといけない恩返しは何一つできていない。
マーにフラれたときに、マンションにまで来てくれた満身の笑み。
いつもオレを元気づけてくれた、クー。
馬鹿なことも一緒にいっぱいした。ボードもいっぱい行った。サーフィン教えてくれるんちゃうんかったんか?

その夜、古い友人たちと汚いビジネスホテルに泊まった。
大部屋しか空いていなかったが、そこで朝が来るまでクーの昔話で盛り上がった。
家に帰り、マーは優しく出迎えてくれた。

261: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:47:46.68 ID:x02NC7I0
それから2年後、オレとマーの間に子供が産まれた。
オレにそっくりな男の子だ。

オレはサーフィンをはじめた。全くの独学だ。
周りのヤツらは「その歳で?まじか?」「溺れるぞ」「血迷ったか」なんて言われたりもした。
クーが言ってた「サーフィンはいいぞ!」ということを確かめるためでもあった。

ほんとにサーフィンは素晴らしかった。
どこがどういいんだ?と言われてもいつかのクーの言葉でしか言い表せない。

「いい」のだ。

262: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:48:41.54 ID:x02NC7I0
オレは今もサーフィンを続けている。続けているとはいえ、まだまだ全然できていないww
マーも海が大好きなので一緒にやりたいと言っている。マーと一緒にやったら楽しいやろなーww
いつか息子が大きくなって、もしサーフィンがやりたいって言った時にはちゃんと教えれるくらいになっといてなとマーに言われているww
時間かかりそうだが、大丈夫か?オレww?

263: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:50:41.82 ID:x02NC7I0
みんなの近況を言っておこう。

【修造】
あれから娘が二人産まれたそうだ。
たまーに電話がかかってくる。
娘はいいっすよーってかなりデレデレ。

【エイジ】
息子2人がいて、いつも息子とべったり遊んでいる。
昔はあんなに女にベッタリだったのにww

【木村】
転勤になり大阪を離れた。
最近結婚が決まったらしい。
今度電話したろww暇やーってww

【高橋】
一度離婚して、今は再婚して幸せにくらしているらしい。

【ミナ】
あれから結婚して、今では一児の母。
今でもたまにメールをしますww子育てがんばれよーww

【綾】
商売をやっているとこに嫁に行って、社長夫人としてがんばっているみたいだ。

【北川さん】
は、一度連絡をとったきりなのだが、そのときは夢の実現に向けてがんばっていた。
もう夢はかなったのかなぁ。

【マーの妹】
そろそろ結婚か・・・というとこです。
まだシバいていませんwwほんとに可愛い妹ですww

264: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:54:30.39 ID:x02NC7I0
オレとマーというと、去年もう一人息子が産まれ、上の子は5歳になった。
マーは相変わらずで、ママになっても可愛いww
そんなマーの薬指にはいつも指輪がある。
あの時の輝きはなくなっちゃったけど、あの時の指輪が。
14年経ったけど、今でも気持ちは変わりません。
マー、これからもよろしく。ずっと一緒にいような。

265: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:56:41.04 ID:x02NC7I0
【あとがき】
この話を書こうと思ったきっかけは、一つの恋愛のスレッドだった。
その話とオレを照らし合わせて、オレはどうだったのか?を考えてたら自然とこういう形になった。
それまでの俺は現状に慣れすぎてマーがいることが当たり前になってた。
決して愛情が薄れたわけではないのだが、オレの中で「彼女」から「妻」に変わり「母」に変わった。
しかしふと考えてみると、変わったのはマーではなくオレだった。
マーはあの頃と同じ愛情をオレに注いでくれていた。マーが決意したあの日から。
これを書くことによりあの時の気持ちを思い出すキッカケになり、マーに対しての感謝を改めて思った。
そして出来上がったコレをマーの誕生日にプレゼントしようと思ってます。
たぶん『キモいwwww』とか言いながら喜んでくれると思いますww

266: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:58:26.56 ID:x02NC7I0
普通に恋愛をして普通に結婚をしたように思っていたが、書くことによりオレの経験は特別だったんだ、と思った。
しかしオレだけが特別な恋愛・人生を歩んできたわけではない。

恋愛や人生はその人にとっては誰でも特別なんだと思う。

これをもし最後まで読んでいただけることができたなら、自分の歩んできた恋愛や人生を細かく振り返ってみてください。
絶対特別なものになるはずです。
そして自分がこうしているのも周りのみんなの助けがあったからこそだということに気づくでしょう。
オレはここに登場したみんなと出会えてよかったと思ってる。
そしてマーと出会えてよかったと思う。
みんなに感謝します。ありがとう。

PS.いつかそっちに行ったらオレにサーフィン教えてくれよWWWW

267: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 09:59:47.29 ID:x02NC7I0
以上、オレの話はこれまでです。
お付き合いいただいた皆様にも感謝します。
ありがとうございました!

268: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 10:08:11.89 ID:Z9Evhiko
ソウちゃん、乙です。
何でもない日常もどーってことない恋愛のようでも、
いっぱい、楽しくって、いっぱい辛いこととかもあるのが、人生だなってうちは、思ってるんだよね。 
辛いは、幸せの一歩手前なんだから、辛いって書くような気がします。
一歩を踏み出せば、幸せにめぐり合える、うちは、そう信じてきたから。


クーさんのご冥福、お祈りいたします。
きっと、ソウちゃんの幸せを見ていてくれていると思いながら。

269: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 10:13:56.90 ID:x02NC7I0
>>268

ありがとうございました。
これからもその信念で幸せをいっぱい掴んでください!

270: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 10:23:29.96 ID:64YC8RIo
おつかれ

昨日見つけて追いついたが、今日完結かww

いつか俺もこんな人生を歩みたいなwwww

271: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 10:26:30.52 ID:x02NC7I0
>>270

ありがとうございます。
オレにもっと文才があれば、もっと長編にできたりしたんでしょうけどww
270さん、きっともう歩きはじめてますよ^^

272: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 10:29:21.95 ID:64YC8RIo
>>271

そういってくれると嬉しいww
俺の名前もソウから始まるから人事とは思えなかったんだ
小さいときに母親からソウちゃんって呼ばれて恥ずかしかったんだけどなwwww

273: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 10:32:52.44 ID:x02NC7I0
>>272

ソウちゃんの未来に幸あれwwww!!

274: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 11:00:40.40 ID:Z9Evhiko
>>286

ありがとうww
はい、信念ってほどでもないけど、マイペースながらに一歩を目指して、大好きな主人と幸せに生きていこうと思いますww
ソウちゃんも、マーさんとお子さんたちと、お幸せにね☆

サーフィンもがんばって、お子さんにレクチャーできたら良いですねww

275: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 11:09:26.09 ID:x02NC7I0
>>274

このスレで一番身近な人の大切さに共感していただけたのなら幸いですww

サーフィンは時間かかりそうですわww

276: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 11:49:59.88 ID:gyferV60
ちょっと失礼かと思うが、マーは恋愛依存の強いタイプ?

279: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 12:39:10.34 ID:x02NC7I0
>>276

いや、決してそんなタイプではないと思うよ。

283: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 13:43:49.82 ID:Pmzxq1g0
ID変わってるかもなんで一応276です。
俺ソウちゃんと同じ年だわwで、ソウちゃんみたいにイイ恋愛して来なかったからちと意地悪な質問してみたかったんだ。
俺もフラフラ遊んでばっかの若い頃過ごしたから思い出して懐かしい気持ちになったよ。楽しかったありがと

最後に俺より数倍大人のソウちゃんに質問。
子供の頃思ってたみたいな大人にってる?
ちなみに俺は全然ダメだwww

284: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 14:28:23.00 ID:x02NC7I0
>>283
 
>いやいや、意地悪なんて思ってないですよ^^
最後まで付き合ってくれてありがとうございます。
質問についてなんだけど、オレ全然大人じゃないっすww
オレが想像してた38歳はすんげー大人ww髪の毛もちょっぴりさみしんぼうでwwwwww
でもそこは開き直って、若くいれてる環境に感謝^^
考え方が大人になるのは経験でしかないと思ってる。
だから今はいろんな経験をしてちゃんとした大人になろうと頑張ってます!
ちゃんとした答えじゃなくてゴメンww;

277: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 11:56:07.14 ID:0btUfFIo
ソウちゃん乙です

>恋愛や人生はその人にとっては誰でも特別なんだと思う。

凄く共感できるよ
ここで自分語りするつもりは無いんだが、俺のとこ結婚に至まで随分時間掛かったけど
嫁さんは俺にとって最高にパートナーだし、嫁さんもそうおもっちょる
俺も嫁さんずっと大事にするから、ソウちゃんもマーと子供達にいっぱい愛情注いで幸せにね

279: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 12:39:10.34 ID:x02NC7I0
>>277

ありがとうございます。
共感してくれてありがたいです。
277さんも大切な人を大事にしてね^^

278: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 12:36:00.16 ID:BRvxDEMo
ソウちゃん乙
最後まで書いてくれてありがとうww

280: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 12:40:02.61 ID:x02NC7I0
>>278

最後までお付き合いいただきありがとうwwww

285: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/20(火) 15:01:14.47 ID:U3EW8bEo

マーの誕生日はいつ?

286: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/20(火) 15:17:04.20 ID:x02NC7I0
>>285

マーの誕生日は8月です。
誕生日までにのんびり仕上げようと思ってたんですが、思い出が次から次へと出でくるんで、あっという間にできちゃいましたww

287: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/21(水) 00:05:06.24 ID:2wZvfIAO
おー終ったのかwwなんか自分のことじゃないのに感慨が…ww

ソウさん、これからもマーさんとお幸せになのですっ

私も周りの人への感謝、忘れずに生きたいなww

…まぁ、一応まだ現世に居たいし、タヒにたくはないから…
こんなふうに幸せになれることもあるんなら、もうちょっと生きるのもありなのかな、なんて思ったり…わかんないけど

ありがとうございました。
良い話、読ませていただきました。

…以外と速かったなぁwwもっと④すればよかったwwスレ余りまくりんぐww

改行できてるのかなこれ(不安だ…

288: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/21(水) 00:14:05.28 ID:8ARw.Awo
>>287

なんか分からんけど長生きすれよ
1じゃないけどww

289: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/21(水) 04:18:04.38 ID:Eg39RoDO
>>287

ありがとうございますw
いろいろ考えていただいてありがたいです。
長生きというか、生きれるかぎり生きないと!いろいろあるとは思うけど、人生は本人の思い込みでどんだけでも素晴らしくなる!オレが単純だからかもw
がんばってください!
それと、バッチリ改行できてますw


>>288

代行ありがとうw

293: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/23(金) 23:46:26.96 ID:aGKg0CYo
おしまい?

294: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/24(土) 05:26:22.38 ID:CpYuoADO
一応話はこれで終わりです。あとは出来る限りで質問などにお答えしていければと思っています。

295: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/24(土) 14:51:55.53 ID:LqXP5Y.o
追いついたと思ったら、終わってたww

なんか幸せだなぁ。マーは誰似?

296: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/24(土) 16:18:11.92 ID:CpYuoADO
ありがとうございますw

その質問もくるかなぁとも思っていろんな人に聞いてみると、安田美沙子に似てるらしいw

297: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/24(土) 18:20:16.18 ID:LqXP5Y.o
おっ、いいね。

ソウさんは誰似??

298: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/24(土) 19:02:54.99 ID:CpYuoADO
オレは、堤真一?とか陣内智則とか言われます、、、w

299: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/07/31(土) 00:02:23.14 ID:031ADI6o
もうソウちゃん居ないかもしれないけど
ミナは後悔させてやるって言ってたけど
ソウちゃんは後悔なんかしてないんだよなww

300: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/07/31(土) 09:50:44.85 ID:ji9QcMM0
主の責任として、1日1回は覘いてますww
オレの不甲斐無い行動に対し、ミナの強がりだったと思います。
すべては「明日に導かれた出来事」だったんでしょうね。
ミナは今とっても幸せにしているし、オレも幸せです。
久しぶりにメールしたろかなぁww

302: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/08/19(木) 23:15:29.93 ID:RCTi7xgo
俺の記憶違いだったらすまぬ
8月はマーの誕生日だよな
盛大にお祝いするのかなwwwwww
おめでとー

303: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/08/20(金) 10:02:00.25 ID:H6.6Qrg0
>>302

ありがとーww
マーの誕生日は8/26ですw
あと1週間ほどですわww
盛大な祝いなんて何もないし、その日は仕事の会合で午前様の予定。。。
ほんと申し訳ない。。
んで、その日にこのスレをプレゼントしようかと思ってますww
オレが帰ってくる頃には読み終えてくれてるかなぁー

304: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/08/23(月) 22:49:28.17 ID:kOaCz8Io
>>303

どうゆうシチュでこのスレプレゼントするのかな?
なるべく早く帰ってマーを抱きしめてやれよww
折角の記念日だしマーに『あいしてる』って言ってほしいなww
某2ちゃん○るの気団板に規制食らってなかったら顔出して報告してくれると嬉しい

305: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/08/24(火) 09:10:54.94 ID:7D5/R/o0
>>304
それは今悩んでます。。。
どうやってスレをプレゼントするか・・・メールで送るのが無難かなぁ?
あと2日・・・

311: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/08/25(水) 22:31:57.19 ID:QIAhZ/Uo
26日の午前0時にこのスレプレゼントするのかな?
それとも26日の日中メールで適当ににプレゼントすんのかな?

312: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/08/26(木) 07:19:51.51 ID:MUkE4ng0
>>311

実は、昨日メールでプレゼントしちゃいましたwwww
26日にと思っていたのですが、オレが仕事で夜も遅くなったりするのでマー的に時間があるかなぁと思って。
昨日の午前中にメールしたんだけど、昨日のお昼には読み終わったらしく返信メールがきましたww

313: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/08/26(木) 07:26:01.20 ID:MUkE4ng0
ちょっと前から、『キモいプレゼント渡すわww』と言ってたので、マーは花束でも届くんかなぁーって思ってたらしいww
マーの率直な感想は、ここまで覚えてることにびっくりしたらしいww
そして『キモいww』といって笑ってくれましたww
こんなサプライズは初めてやと喜んでもくれましたww

314: ソウ ◆LP13iCRUf2 2010/08/26(木) 07:36:02.04 ID:MUkE4ng0
そんなこんなで無事プレゼントとして渡すこともできました。
皆さんの支援のおかげで最後まで書きあげることもできました。
本当にありがとうございました。
それではこの辺で失礼させていただきたいと思います。

315: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2010/08/26(木) 07:42:58.00 ID:fEfkzrEo
マーさん、Happy birthday
末永く、お幸せに

前編 後編
引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1278908250/



1000: 名無し@HOME