1: :2014/04/19(土)19:14:16 ID:
↑10年前の俺





2: :2014/04/19(土)19:15:45 ID:
お前の起承転結のない振り子人生漫画にしろよ
3: :2014/04/19(土)19:18:10 ID:
それで漫画家になったのか?
4: :2014/04/19(土)19:20:05 ID:
そして10年前の俺は会社をやめた
6: :2014/04/19(土)19:24:00 ID:
そして俺はマンガを描き始めた
親には1ヶ月あればなんとかなるといって1ヶ月ニートをやる事にした
8: :2014/04/19(土)19:26:50 ID:
最初のマンガは魔法使いのマンガだ!
盗賊団を倒す魔法使いの話を描く事にした
10: :2014/04/19(土)19:30:01 ID:
とりあえずマンガの描き方的な本を買ってネームを描き始めた
だがこれがツラい
早く絵を描きたい
12: :2014/04/19(土)19:34:02 ID:
20P程描いたところで耐えきれなくなった俺は原稿に入る事にした
原稿がネームにおいつく前にネームを終わらせればいいだろう
13: :2014/04/19(土)19:34:22 ID:
とりあえず>>1の絵をうp
15: :2014/04/19(土)19:36:29 ID:
>>13
探したけどこの頃の原稿は見つからなかった
16: :2014/04/19(土)19:38:03 ID:
原稿を5P程進めたがこれがまたキツい
マンガというのは色んな絵が描けなければいけないらしい
17: :2014/04/19(土)19:43:55 ID:
ここで俺はストーリーマンガを諦めた
ギャグマンガなら絵が描けなくても大丈夫だろうと考えたのだ
ストーリーマンガは一度ギャグを連載して絵が上手くなってから描けばいいのだ
18: :2014/04/19(土)19:52:31 ID:
そして俺はなんとか16Pのヒーローもののギャグマンガを完成させた
描けない構図も描けないなりに頑張った
19: :2014/04/19(土)19:57:09 ID:
俺は完成したマンガを投稿した
マンガを投稿すると賞をもらえてなんやかんやあってマンガ家になれるというのを鳥山明○作劇場で知っていたからだ
投稿するのはもちろんあの雑誌だ
21: :2014/04/19(土)20:01:47 ID:
だがここで問題が生じた
結果が出るのは2ヶ月後
約束のニート1ヶ月をすぎてしまう

っていうかもう何日かすぎていた
22: :2014/04/19(土)20:05:39 ID:
>>1
見てるぞ
23: :2014/04/19(土)20:06:35 ID:
しかたなく俺はバイトをする事にした親にはブーブーいわれたが1年だけだからと強引に通した
そして2ヶ月後
運命の結果が載った号の発売日だ
24: :2014/04/19(土)20:10:52 ID:
セブンイレブンで雑誌を広げる俺
心臓の高鳴りが半端ない

発表ページ!

……だがおかしい……
なんと俺の名前が無いのだ
28: :2014/04/19(土)20:16:52 ID:
何度も確認したがやはりない
最終候補にもない
もうちょっとで最終候補にすらないのだ
信じられない俺はその雑誌を買って家で丹念に丹念に探した
だがやはり結果は同じだった
発表の月を間違えたかと思って翌月のまで買った
だがやはり名前はなかった
27: :2014/04/19(土)20:15:18 ID:
それでも一月で完成させて投稿したってのはまぁ凄いじゃん
29: :2014/04/19(土)20:18:07 ID:
>>27
いい加減なギャグマンガだったからなあw
30: :2014/04/19(土)20:21:52 ID:
俺はもしかして甘かったのかもしれない……なめていたのかもしれない……

本気でやろう
本気で描きたいものを描くんだ

俺はもう1度ストーリーマンガに挑む事にした
31: :2014/04/19(土)20:24:13 ID:
1度で腐らないのは偉いじゃん
32: :2014/04/19(土)20:27:39 ID:
題材は大好きな泥棒ものにした
しかも主人公はコンビだ!
やる気のない黒髪と女たらしの金髪!最高だろ?
34: :2014/04/19(土)20:28:54 ID:
仕事続けながら描くという選択肢はなかったのか
36: :2014/04/19(土)20:32:59 ID:
>>34 
ずっと先に最初の会社も出てくるぜ
37: :2014/04/19(土)20:35:00 ID:
つらかったネームも1ヶ月かけてなんとか完成した
原稿にも少し慣れてきた
しかも今回は全く手を抜かなかった
タイルの数まで統一する勢いだった
39: :2014/04/19(土)20:38:30 ID:
そしてついに原稿が完成した
なんと45Pに9ヶ月以上かかった

だが俺はこのマンガを投稿しなかった
40: :2014/04/19(土)20:43:07 ID:
俺は前回買った雑誌の発表ページであるものを見つけていた
そうマンガは出版社に持ち込めばその場でプロの編集に見てもらえるのだ
42: :2014/04/19(土)20:46:13 ID:
泣きそう
43: :2014/04/19(土)20:48:31 ID:
俺はこの持ち込みというのをする事にした
初めての編集部への電話
緊張したがなんとか会話は出来た
早速翌日の夕方に持ち込みに行く事になった
45: :2014/04/19(土)20:52:05 ID:
持ち込み当日
受け付けからブースに通される
今思い出しても腹の中身を胃ごと吐き出しそうになる

約束から5分程遅れてついに編集がブースにきた
48: :2014/04/19(土)20:54:04 ID:
漫画家って大変なんやな
46: :2014/04/19(土)20:53:49 ID:
>>1は色んな雑誌に持ってったのかな
49: :2014/04/19(土)20:55:59 ID:
>>46
ああ雑誌かいてなかったな
今あの頃の俺が持ち込んでるのは最初に投稿したあの雑誌だ
50: :2014/04/19(土)20:57:41 ID:
軽い挨拶のあと早速原稿を読み始める編集
この時の緊張は言葉には出来ない
軽く尿は出てた
51: :2014/04/19(土)21:03:29 ID:
俺の魂を込めた泥棒マンガを読み終えた編集が口を開く

「今何歳?」
52: :2014/04/19(土)21:04:17 ID:
>>51
俺の胃まで痛い
53: :2014/04/19(土)21:05:51 ID:
「21です……」
「キミがもし16歳だとしてもいらないな」
55: :2014/04/19(土)21:09:12 ID:
漫画描くのに年齢なんて関係ないだろ、、
56: :2014/04/19(土)21:10:41 ID:
「描き始めたのは?」
「1年前です……」
「プロになる人は大体高校生の頃には描き始めてるんだよね

「たまに20歳以上って人もいるけどさ、そういうのは本当天才中の天才なんだよね」

「でもキミのは」



「絵も話も全部ダメ」
59: :2014/04/19(土)21:13:30 ID:
その後も1時間ほど話したが何を言っていたかはほとんど覚えてない

よくあのあと電車に飛び込まなかったと思う
60: :2014/04/19(土)21:14:18 ID:
きっついな
その漫画に対する自己評価はどうだったんだよ
62: :2014/04/19(土)21:16:13 ID:
>>60
ルパンみたいに毎年テレビSPが放送されるレベルだと思ってたなw
当時は
61: :2014/04/19(土)21:14:59 ID:
何社回ったんだ?
物見てないからなんともいえないが他所でコキ下ろされても別の場所じゃ絶賛されて連載ってよくある話だぞ
64: :2014/04/19(土)21:16:21 ID:
持ち込んだのがジャンプなら、あそこはマジでボロクソ言うぞ
俺も22歳くらいの時持ち込み行って「才能ないからやめろ」くらい言われたもん
とりあえず他誌にも行ってみたら
ジャンプ以外で言われたなら乙
67: :2014/04/19(土)21:18:03 ID:
マジレスすっと今時連載に拘るのはノーセンス
また、マンガって言う形態に拘るのもね

同人やネット畑でも一気にアニメまで行く人も居るしそれで固定客ついたら少なくとも当分食うに困らないしね
68: :2014/04/19(土)21:18:28 ID:
ありがとうお前ら
でも9年前の俺にはそのアドバイスは届かないんだ……
70: :2014/04/19(土)21:20:30 ID:
あぁそうか10年前の話か忘れてたw
66: :2014/04/19(土)21:17:49 ID:
当時のじゃなくてもいいから>>1の絵うpしてよ
71: :2014/04/19(土)21:21:21 ID:
>>66
ネタバレになるから今の絵は最後にな
でもこの時の泥棒マンガも見つかんねーんだよなあ
次からは全部残ってんだけど
あとスマホからうpのやり方わからん
73: :2014/04/19(土)21:23:42 ID:
>>71 
ネタバレになるって事は最後に釣りとか書いた紙うpする気か?
77: :2014/04/19(土)21:27:44 ID:
>>73
釣りじゃないよw
でも絵見たら先の展開予想できちゃうだろ?
じゃあ今日はここまでと思ってたけど次まで書いて当時のうpするか……
75: :2014/04/19(土)21:25:09 ID:
(とてつもなく下手ったんだよ・・・・あっ)
78: :2014/04/19(土)21:28:38 ID:
>>75
確かに下手だったwww
79: :2014/04/19(土)21:30:58 ID:
果てしなく絶望した俺だったが何故か諦めるという選択肢はなかった

絵も話もダメなら良くすればいいじゃないか
80: :2014/04/19(土)21:34:03 ID:
俺はとにかく絵を描いた
とにかく描いた
だがまたここで問題が生じた
親との約束の1年だ

っていうか今度は半年ぐらい過ぎていた
81: :2014/04/19(土)21:37:50 ID:
親からの就職しろの声に耐えきれなくなった俺は家を出た
家を出ると知ると親は多少慌てたが俺の情熱は止められない
引っ越す前日までとにかく描いて引っ越し初日からまた描いた
83: :2014/04/19(土)21:40:20 ID:
絵を描きながらネームもやった
数本のボツを経て1本のネームに辿り着いた

ここでお前らに誤らなければならない問題が1つ生じる
82: :2014/04/19(土)21:39:09 ID:
最初の会社はどのくらい続けてたん?
86: :2014/04/19(土)21:41:57 ID:
>>82
半年ぐらいかな
ここの仕事があまりにブラックだったのがマンガ家目指した理由の1つ
やりたい事やろうって
そういう意味では感謝してる
85: :2014/04/19(土)21:41:43 ID:
ごめん実は釣りなんだ?
87: :2014/04/19(土)21:44:27 ID:
釣り宣言ではない
俺は今までどんなマンガを描いたかを割と詳しく書いてきたが今後はそれが出来なくなる事が多い
理由はいくつかあるが今回のは
「いつかもう1度描く」気でいるからだ
ちょっとネタバレになっちゃうがな
88: :2014/04/19(土)21:45:32 ID:
すげーやる気だな
89: :2014/04/19(土)21:47:36 ID:
正直このネームを思いついた時は震えた
「これは天下をとれる」
そして8年後の今もこのネタは形をかえながら常に頭の中にある
差し障りない様に書くと
91: :2014/04/19(土)21:51:07 ID:
途中で書き込んじゃったw

当時のネームを差し障りない様に話すなら
・ファンタジー
・アクション
・女の子が幼い頃にすれ違って別れた女の子の為に頑張る話
……こう書くと陳腐だなw
90: :2014/04/19(土)21:49:01 ID:
>>1は漫画のなにが好きなの?
92: :2014/04/19(土)21:53:15 ID:
>>90
監督脚本主演まで全部自由に出来るトコかな
94: :2014/04/19(土)21:56:01 ID:
漫画家でぼっちとかモチベーション上がらんだろ
175: :2014/04/19(土)23:10:55 ID:
>>94俺はぼっちじゃねえ! 
泥棒マンガ持ち込んだ頃にみんなにマンガ家目指すってカミングアウトしたなあ
95: :2014/04/19(土)21:56:47 ID:
それは書く側の意見だな、読む側の時の意見を聞きたいな
98: :2014/04/19(土)22:00:22 ID:
>>95
うーん
それは難しいなあw
いろんな面白さのマンガがある訳だし
それに描く奴は完全に読者の視点にはなれんのよ他人のマンガでも

まあどれだけ客観的に見れるかってのは一番重要な技術でもある訳だが
96: :2014/04/19(土)21:56:56 ID:
初持ち込みから1年半ほどたった頃

俺はそのマンガを完成させた
今度はネーム3週間原稿3ヶ月で出来た
もちろん前回よりクオリティは上がっている

さあリベンジだ
99: :2014/04/19(土)22:02:35 ID:
俺は持ち込みの電話をする
同じ雑誌の同じ編集にだ!
滞りなく会話を進め
また翌日に持ち込む事になった
101: :2014/04/19(土)22:05:18 ID:
持ち込み当日
あの時と同じブースに通され
やはり5分ほど待たされる

そしてあいつがやってきた!
103: :2014/04/19(土)22:08:02 ID:
また同じところ持ち込んだんか

根性あるな
104: :2014/04/19(土)22:08:08 ID:
そしてやはり挨拶も早々に読み始める編集
俺の事は覚えていなかったがそんな事はどうでもいい
さあ読め!
読んで震えろ! 
106: :2014/04/19(土)22:09:30 ID:
読んでる間は前回と同じぐらい緊張した
やはり尿も出た

そして読み終わった編集がついに口を開く
110: :2014/04/19(土)22:12:05 ID:

「いいですね」
111: :2014/04/19(土)22:13:01 ID:
なんだ・・・と・・・
112: :2014/04/19(土)22:13:05 ID:
なん……だと……?
120: :2014/04/19(土)22:18:13 ID:
>>1の引き伸ばしの上手さはジャンプ向きだな
121: :2014/04/19(土)22:19:28 ID:
>>120
ワロタ
122: :2014/04/19(土)22:19:56 ID:
「いいね設定がいいしドラマもあるしこの主人公のキャラもいいよ」

「今いくつ?」
「23です……」
「そっかーもうちょっと早く来てくれりゃなあ絵とかコマ割の荒さとかもっと若い時から見たかったなー」
「あの○○さんに見てもらうの2回目で……」
「あwそう?前どんなの?ふーんw全然覚えてないwww」
124: :2014/04/19(土)22:20:39 ID:
>>122
わろた
129: :2014/04/19(土)22:23:19 ID:
「でもなー」
「?」
「これ主人公女の子でしょ」
「?はあ……」

「ダメなの少年誌だから」
130: :2014/04/19(土)22:23:36 ID:
そう来たか
133: :2014/04/19(土)22:24:29 ID:
女主人公ってマジで一人もいないの?
134: :2014/04/19(土)22:24:54 ID:
なぜそこに気づけなかったのか・・・
136: :2014/04/19(土)22:25:22 ID:
ネウロとか?
138: :2014/04/19(土)22:25:37 ID:
ジョジョは違うっけ?


139: :2014/04/19(土)22:25:45 ID:
「まあアラレちゃんとかあったけどさ……アレはギャグだから」
「……」
「ダメなの女の子は」
142: :2014/04/19(土)22:27:51 ID:
「とりあえずキミは僕が担当するからさ
次は男の子主人公で持ってきてよ」
「……わ分かりました」
149: :2014/04/19(土)22:31:55 ID:
確かにジャンプで女主人公は冒険
ダブル主人公ならありかも
151: :2014/04/19(土)22:34:06 ID:
こうして2度目の持ち込みは終わった

認められた嬉しさと
受け入れられなかった悔しさを抱えながら
7年前の俺は乗り慣れない電車を待っていた

つづく
152: :2014/04/19(土)22:35:23 ID:
それでもかなりの進歩だよな、すげえよ
154: :2014/04/19(土)22:36:36 ID:
この時ジャンプって何が載ってたの?
158: :2014/04/19(土)22:40:14 ID:
>>154
ポルタカヤツギハギ斬の頃かな
59: :2014/04/19(土)22:41:15 ID:
マガジンとかそこら辺に持っていけば女でも問題ないのに…
180: :2014/04/19(土)23:26:14 ID:
貼れたかな?
0ba1516f



183: :2014/04/19(土)23:29:23 ID:
貼れたよな?
4年ぶりぐらいに見返したけど下っ手くそだなあwww
でも正直面白かった
導入のかったるさとかコマ割ページ割は酷いけど最後ちょっと泣いちゃった
181: :2014/04/19(土)23:27:47 ID:
見れた
ちなみにこれは話の中ではいつ頃のヤツになるの?
184: :2014/04/19(土)23:30:29 ID:
>>181
これが女の子主人公の奴だな
185: :2014/04/19(土)23:32:14 ID:
ゾロ…ゾロ…
わろたwww
186: :2014/04/19(土)23:33:31 ID:
いいですね

のヤツかw
187: :2014/04/19(土)23:34:33 ID:
この画像のを持ち込んだのが9年前ってことかな
188: :2014/04/19(土)23:36:49 ID:
>>187
大体7年前かな
もう10年前の俺がマンガ家目指して3年経ったんだぜ
早いもんだ
189: :2014/04/19(土)23:40:17 ID:
いいですね。の後はどうなったんだろうか
190: :2014/04/19(土)23:45:17 ID:
>>189
それはまた次回
分かるだろ10年前に20歳だった若者が10年経ったんだ
もう夜起きてらんないんだよ

っていうかネームやってる途中だったんだよ俺は
えらい時間かかるスレ建ててもうた
195: :2014/04/20(日)02:17:11 ID:
俺は言われた通り男の子を主人公に描く事にした
だが前回の女の子のキャラも捨てがたかった
何より愛着も出来ていた
寝る前はこの子をいい子いい子しながら寝る妄想をしていた程だ
197: :2014/04/20(日)02:22:47 ID:
そこで俺は考えた
主人公を2人にすればいいじゃないか
こうして俺は前回の設定に男の子を足したマンガを作り上げた
話の流れは2人が辿り着いた町で困ってる親子を助ける話にした
198: :2014/04/20(日)02:24:05 ID:
見てるよ
応援中
199: :2014/04/20(日)02:25:41 ID:
そして俺は例の雑誌に電話をかけた
3度目ともなれば慣れたものだ
そして持ち込み当日
例のブースで例の男と向かい合う
奴が時間を守ったかは覚えていない
201: :2014/04/20(日)02:29:39 ID:
例によってすぐに原稿を読み始める編集
お前の注文通りに直した原稿だ
さっさとこれを連載にする為動き出せ!
202: :2014/04/20(日)02:31:38 ID:
だが原稿を読み終えた編集が口にした言葉は俺の期待をはるかに下回った

「うーん詰め込みすぎ」
203: :2014/04/20(日)02:35:09 ID:
「前回の話を踏まえて男の子だしてくれたんだろうけどさあ」

「薄まっちゃってんだよねキャラが」

「コマ割も詰め込みすぎ割りすぎて前回より酷くなってるし」

「これはちょっとダメだな」
204: :2014/04/20(日)02:37:01 ID:
きついな
205: :2014/04/20(日)02:38:04 ID:
設定や描き込みなど褒められた部分もあるが今回ので結果が出るだろうと思っていた俺はやはりショックだった
206: :2014/04/20(日)02:43:04 ID:
そしてこの時俺はいくつか提案をされた
・別の設定のもみたい
これは魅力的だけどアイデアはたくさん出した方がいい
これは連載までとっておこう
・ペンの強弱をもっとつけて
絵がまだ弱い
・背景の描き込みはいい
アシやる気があるならカット送って

編集がまだ俺に期待してる感があるのは救いだった
207: :2014/04/20(日)02:45:05 ID:
まだ真剣にアドバイスくれてるんだからいいじゃん
見捨てられて見限られるより100倍いい
212: :2014/04/20(日)09:33:13 ID:
とりあえず俺は数点の背景カットを送ったがやはりまだアシとして使うレベルではないとその話はなくなった
俺はまたネームに取りかかる事にした
214: :2014/04/20(日)09:39:54 ID:
今度の話も前回とは違う理由で詳しくは書けないが要約すると少し捻った魔法モノだった
俺はとりあえずこれで読み切りデビューして例の「いいですね」のネタで連載をとる事にした
216: :2014/04/20(日)09:44:39 ID:
だが前回編集からされた提案で一つピンとこないモノがあった
・線の強弱をつけて
である
まだプロの原稿を生で見た事のなかった俺は
この「線の強弱」の正解が分からなかったのだ
217: :2014/04/20(日)09:47:48 ID:
Gペンっつうやつか
221: :2014/04/20(日)09:56:16 ID:
>>217 
そうだね 
大抵「マンガ歴何年」ってのは「ペンを持ってから何年」って意味で話される事が多いね
218: :2014/04/20(日)09:48:07 ID:
まあ強弱というんだから太くしたり細くしたり摺ればいいんだろう
そしてこの時俺は最初に買ったマンガの描き方的な本のプロのインタビューからこんな言葉を見つけた
「線の強弱をつけるためにスケッチブックを敷いて書いてます」
219: :2014/04/20(日)09:50:44 ID:
なるほど確かに下にスケブを敷くとちょっと力を入れるだけで線が太くなる
俺はこの技法を使って仕上げた1本を例の編集に持ち込んだ
220: :2014/04/20(日)09:53:07 ID:
原稿を読み終わる編集
やはり最初の意見は前回と大きく変わった線についてだった

「線きったねーなあ」
222: :2014/04/20(日)10:05:35 ID:
「前回もっとキレイだったよね?どうしたの?」

「スケブ?ダメダメそんな事しちゃ」

「確かに強弱つけてとは言ったけどさーこれはなー」
「……はい」
「でもなー」
「……はい」
「うーんどうすっかなあ」
「……はい」



「話はよく出来てんだよなあコレ」

223: :2014/04/20(日)10:13:24 ID:
「キャラもいいしさ細かいツッコミどこはあるけどラスト感動的でいいんだよなあ」

「でもなー線がなー」

「うーん……」


「……賞出してみる?」
224: :2014/04/20(日)10:22:39 ID:
第一声から今回もダメなのかと思っていた俺は少し驚いた
が嬉しさよりも困惑の方が大きかった

……今あれだけ線を酷評されたマンガを評価されるのか?
225: :2014/04/20(日)10:28:23 ID:
これから伝説のマンガ家になる人間のデビュー作がそんな不完全なモノでいいのか?
とりあえず俺は原稿を描き直す旨を伝えたが編集は
「あ、いいよこれはこれで。次の奴はキレイな線で持ってきて」
と軽い答えを返し4度目の持ち込みは終わった
233: :2014/04/20(日)14:10:53 ID:
いいねー
240: :2014/04/20(日)15:47:41 ID:
なんちゅうスレ開いちまったんだ。。応援するわ
244: :2014/04/20(日)16:29:22 ID:
とりあえず賞に出す事にはなったが発表までは2ヶ月ある
俺は待ってる間にもう1本描く事にした
245: :2014/04/20(日)16:32:39 ID:
ちょうど次の原稿が上がるのが3月頃になるだろう
3月には月例ではない半年に1回の大きなマンガ賞があるのだ
246: :2014/04/20(日)16:34:11 ID:
偉大なマンガ家が大きな賞で大賞をとるマンガは大きなマンガでなければならない

俺はロボットマンガを描く事にした
247: :2014/04/20(日)16:36:26 ID:
それもただのロボットマンガではない
なんと地球が変形するのだ
過去にこんな大きなロボットマンガがあっただろうか
249: :2014/04/20(日)16:40:33 ID:
だがここでまた一つ壁にブチ当たる
今までのストーリーマンガは全て45Pで描いていたがその大きな賞は31Pでなければいけないのだ
250: :2014/04/20(日)16:43:26 ID:
原稿一枚何時間くらい?
261: :2014/04/20(日)17:02:32 ID:
>>250 
10時間ぐらいかな 
これは「いいですね」の頃から現在の俺まで変わってないと思う
252: :2014/04/20(日)16:46:37 ID:
手塚賞か
251: :2014/04/20(日)16:46:00 ID:
この少ないページにまとめるという作業は想像以上に難しかった
例えるなら10両編成の満員電車に乗ってきた乗客が一斉に8両編成の電車に乗り換える様なものだった
254: :2014/04/20(日)16:52:29 ID:
だが乗れないものはしょうがない
俺は不要な乗客は見捨てて発進する事にした
出発進行
こうして俺は巨大なマンガをコンパクトにまとめて完成させた
255: :2014/04/20(日)16:55:23 ID:
このロボットマンガが完成する頃に前回の賞に出した魔法マンガの結果が出る号が発売された
256: :2014/04/20(日)16:58:45 ID:
結果は落選
しかもまたも最終候補にももうちょっとにすら名前はなかった
正直あの不完全なマンガでのデビューには抵抗があったがカスリもしなかったのはやはり悔しかった
257: :2014/04/20(日)16:59:21 ID:
そういやジャンプでロボものって見ないよな
258: :2014/04/20(日)16:59:30 ID:
がんばれ>>1
259: :2014/04/20(日)17:00:19 ID:
だが俺にはこの巨大なマンガがあるじゃないか
これで盛大にデビューすればいいじゃないか

さあ5度目の持ち込みだ
275: :2014/04/20(日)20:45:40 ID:
5度目の持ち込み
大きな賞に合わせで描いたロボットマンガを読んだ編集が口を開く

「よくわかんない」
279: :2014/04/20(日)20:49:26 ID:
編集がポンコツな気がしてならない
282: :2014/04/20(日)20:55:34 ID:
「これ何が面白いの?」
「……地球自体が変形するのが新しいかなあと」
「うん、でも比較対象がないから読み手ポカーンなんだよね」
「……はい」
「例えば石ころ1つ動かすのでさえこれだけエネルギーがいりますとか前フリあったら地球が変形とかスゲーってなるかもしんないけど」
「……はい」
「主人公がなんで戦うかも分かんないし」
「……それはお母さんの」
「でもそれ最後でしょ?ん?一応それは先に見せてんのか……」

「でもこれはない、わかんなかった」
283: :2014/04/20(日)21:03:44 ID:
5度目の持ち込みは惨敗だった
この作品にたいしては1つもいい事を言われなかった
大きな賞はもちろん月例賞に出してももらえなかった

1度目との違いは編集に一応こちらが折れない様にとの気を使ってもらえた事だ
この時俺は毎回30P前後の模写をしてくる事を条件にネームでの打ち合わせを許可された
284: :2014/04/20(日)21:08:25 ID:
また来ますと告げ家に帰った俺は早速模写を始めた
実は我流でやっていた俺はマンガの1Pを丸々模写するのは初めてだった
とりあえずデスノート、ヒカルの碁、NARUTO、よつばとを模写する事にした
285: :2014/04/20(日)21:14:07 ID:
模写しながらネームも進めた
今度の話は風使いの話だ
風と風を結んで新たな風を作り出す風結びという種族の話だ
貴重な風結びである少女が組織から逃げた村で辿り着いた少年が実は風結びで組織と戦う
ラストは村人全員が風結びでそこは風結びが導かれる村でしたというオチにした
288: :2014/04/20(日)21:16:42 ID:
こうして模写とネームを完成させた俺は出版社に向かう
今回は持ち込みではなく打ち合わせという形になるのかもしれない
287: :2014/04/20(日)21:16:42 ID:
お話を先に作るんですか?
289: :2014/04/20(日)21:20:50 ID:
>>287 
そう 
原稿は前にも言ったが1枚10時間以上かかるからマンガを描く奴はまずみんなこのネームを作る 
映画でいう絵コンテだね 

という訳でまたつづく今日もしかしたらまた書くかも 
明日からしばらくはまとまった時間とれないと言っておく
290: :2014/04/20(日)21:23:18 ID:
>290
ごめんなさい。キャラから作らないのかなという質問です。
291: :2014/04/20(日)21:26:12 ID:
>>291
ああなるほど
俺は完全に話からです
編集は(特に少年誌は)キャラから作れという方針の人が多いですが
297: :2014/04/20(日)21:57:42 ID:
はよ 来週までなんて待ってられん
なんだこのわくわく感
298: :2014/04/20(日)22:07:15 ID:
この話を漫画化したらどうかな?
【1/3】 【2/3】 【3/3】

1000: 名無し@HOME