注目の人気記事

77: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2014/07/30(水) 13:08:15.34 ID:d7frH48d0.net
今月手術した。無意識に傷口をかばう姿勢になって背中が筋肉痛になる。
昨日は子供の寝相が悪くて、何度か子供の足や腕が傷口に直撃しそうになり、よく寝くれなかった。

「今日は朝から背中が痛いよ…」と言ったら
夫はいつまでも甘えるな!みたいな態度&イラついた口調だった。
これから化学療法を受けて体が本格的にしんどくなるのに今から「いつまでも病人ぶるな」と苛々されるとしんどい…。



135: 名無しさん@HOME 2012/04/27(金) 14:53:57.33 O
流れ豚キリます。。
黒糖と梅干を朝に食べる健康法てあるんですか?結婚して初めての義実家帰省中「健康にいいから」と毎朝寝起きに食卓にでてきました
その時は私も善良な嫁だったので残さず食べていました
その後、妊娠出産があり帰省する機会はなく、1年半後の訪問以降は朝食にでてきませんでした


昨日夫と「嫌いなものを食卓にだす嫌がらせ」が話にでて、そんな陰湿なことする人実際にいるの?と聞いたら
「…梅干しと黒糖とか、、」と言われました。
あれが健康法でなく、ほんとに嫌がらせだったら腹立つーーー
でも私、梅干しと黒糖って嫌いだけど一応食べれるからあんまりダメージなかった。でも腹立つわ!


33: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/15(水) 14:34:40.21 ID:HwG8LSon.net
俺の超高校級の黒歴史 長文になるけどごめん

高校2年のとき1年前くらいからずっと片思いしてる子と仲良くなって
毎日メールするような仲になってた。
ある日その子から恋の悩みを相談されて、その相手が俺の友達だと打ち明けられた。

思い返してみればそいつの友達だったから声かけられたんだろうな。

そんで強がって恋愛相談乗りつづけて、その子が友だちに告白することになった。
告白の前日に、嫌味な俺は「これで明日から俺は用済みだな。彼氏持ちの子に関わっちゃマズイよな」的なメールを送った。

返信は来なかったんだけど、翌日告白が成功したことが伝わってきた。

俺はうぬぼれて毎日メールして相談に乗って心の支えになってたつもりだった。
友達と付き合って俺が離れていけば、彼女は俺を失ったことで俺への気持ちに気づくとか思い込んでた。

そんで目があったらあからさまに方向変えたり
必要以上に避けたりしてた。
一ヶ月くらい続けたけど彼女は全然俺にかまってくれず、俺はもう一回「俺は用済みだな」ってメール送った。

それでも返信は来ず、確か謝罪文送ったんだけどもう着拒されてた。

後日その子と付き合いだした友人から「俺は用済みだな」ってメールが来て
俺は卒業まで肩身狭く過ごしましたとさ。

長い上にきもい黒歴史ですまんwwww


94: 名無しさん@HOME 2012/04/17(火) 23:21:18.54 O
母乳育児でトラブルが続き、生後2ヶ月手前で義実家へ。
「生後1ヶ月経っても孫に会えないなんて周りにもおかしいって言われます。これでは孫とは思えません。」と夫に姑がメールしてたから覚悟はしてたけど。

息子の顔を見るなり別人のようにデレデレ。
息子を抱っこしながら「あっ嫁子さん。離れの2階のゴミ箱にお祝いあるから。うふふふふ。」と言われた。
耳を疑ったけど、本当に息子宛のおもちゃがラッピングされてゴミ箱に入ってた。


私たち用に土地を義実家近くに用意してるけど、姑が生きてる間には絶対に行きたくない。


84: 名無しさん@HOME 2012/04/16(月) 17:38:07.53 0
どんぶり物の準備をしていた時。器にご飯をよそい
その横で主人が猫のカリカリを準備していた。
そこで義母が「これ(私の器)にも入れといて」

え?って戸惑う主人に「冗談冗談」と笑う義母。
その場で言い返せないのが悔しいけど食事後、主人と話すと
「俺のに(入れとけって)言ってるのかと」「って明らかに冗談じゃん」

じゃあ冗談でいいから
私の親に「猫のカリカリ食べろ」って言われてきて。
って言ったら黙った。
ずっと我慢してきたが今回こそ実両親に言ってやろうかと思う。


64: 名無しさん@HOME 2012/04/13(金) 14:33:17.74 0
寝る前に呼び出され、炊飯器の蓋あけて
『これ見て?これどうかしら?』
『水が少ないってことですか?』
『いや、どうかなーと思って。このまま炊くわね』

で、翌日朝ご飯の準備で炊飯器を開ける私の横に来て
『ちょっと水足しといたからね』

なら呼び出してこのまま炊くなんて言うな。
無駄に2度腹立つ。

貝の砂抜きを台所に置いておいたときには
調理開始前にやってきて
『塩は多めがいいから足しといた』って。
私が塩入れるところ見てもないのに。

好きにしていいといいつつ、手出ししてくる。
ちゃんと入れたか?混ぜたか?洗ったか?
やってると強めに言っても『心配性だから。気になるから。』
確かに料理は初心者だけど、私だってそこまで馬鹿じゃない。


32: 名無しさん@HOME 2012/03/25(日) 22:02:07.58 0
スレ違いだったらごめん。
私は学生でトメなる存在は未知の物なんだけど、通ってるジムに糞トメみたいな奴がいる
赤の他人で話した事も無い私に何故かロックオン、あれこれ嫌がらせをしてくる。
私のボトルやタオルを床に落としたり、使いたいマシンに座り込んでどかなかったり
後ろ向きで目の前にぱっと飛び出してきて立ちはだかったり顔を洗っていると水を止めたり
カーテン引いて着替えているとどんなに遠くからでもやってきてカーテンをシャッと開ける

どれも一つ一つは起こる程の事じゃないんだけど、すっげーイライラするw
通う時間帯を変えても何故かいつもいるんだよね。で、私を見つけると寄ってくる。
こういう奴が糞トメなんか…!って良く分かったwホントこんなんと同居したら地獄だね。

着替えルームに掛けてある私のコートのポッケを漁っている事も分かったので
(盗んだりはしない、大した物も入ってないし。個人情報狙いだと思う)
この間ポケットの内側にラップを貼付けた上でねるねるねるねを入れておいた。
ババァ自爆してた

嫁さんイビって家庭内で居場所失って毎日ジム来てるらしい。迷惑ババァだ。
こういう、警察に言うような事じゃないけど地味にいらっとする嫌がらせするのが糞トメか


302: 名無しさん@HOME 2013/04/07(日) 01:43:47.55 0
書き込むの初めてなのでサゲ?られてなかったり読みにくかったりしたらすみません。
何年も前、学生の頃の話です。

・家族構成は、両親、兄×2、自分
・父親が脱サラ→起業するも多額の借金こさえて低収入。なんとか利息だけ返済。
・母は高(中かも知れない)収入。一家の大黒柱だった。元金の返済は主に母。

家計を母に支えてもらっているにも関わらず、父親は「俺は家族の為に頑張っている」と
自己評価ばかり高い。「もっとしっかりしろ」と諫める母に対して「冷たい」となじるような馬鹿殿具合でした。
母は馬鹿殿を見かねて専業主婦からパート→社員→役名付きになったすごい努力家。
子供3人それを理解しているので、そんな母を罵倒する父親を毛嫌いして空気扱い。
ある日、発端の詳細は忘れてしまったのですが父親に対して今まで我慢して静かでいた
兄の怒りが爆発。息を荒げて木刀を持ちだして(剣道部でした)父親を打ち据えようと
しました。しかしあまりの怒りに体が震えていたのか、振り上げた瞬間木刀が手から
すっぽ抜けてしまい、近くの窓際で勉強していた自分に向かって飛んできました。
幸い木刀は当たる事なくうなじの後ろを横切っていきましたが、直後に真横の窓ガラスを
破って外に飛んで行くのが見えてぞっとしました。
当たっていたら首や頭だったろうと生きた心地がしなかったのが、目下最大の修羅場です。
少し前に、やっと母が逃げ回っていた馬鹿と離婚できたので、記念に書き込みました。
夜分に微妙な修羅場体験談、失礼しました。


152: 名無しさん@HOME 2013/04/03(水) 14:40:54.63 0
小学校1年の頃、自室で寝てたら夜中息苦しくて目が覚めた。
姉と二人二段ベッドを使ってたんだけどうちの姉、真っ暗な部屋が苦手だったから部屋の電気ちっちゃいのだけ点けてたんだよ。
(オレンジ色の豆電球?見たいなヤツ)
だからうっすら部屋の様子が見て取れたんだけど仰向けに寝てた私の上に黒い影。ビックリして飛び起きようとするも重くて動けない。
子供の頃って夏休みの時期になると心霊特集のTV番組が大量に放送されててその日も丁度姉妹揃ってgkbrしながら観てたんだ。
だもんで咄嗟に頭に浮んだのが『幽霊が胸の上に乗ってる!!!!!!!1!』
当時から目が悪くて(0.1)眼鏡無いからシルエットしか分からないし、テンパりながら眼鏡に手伸ばしたのはいいけど指で弾いてどっか飛んでっちゃうしもうパニック。
そしたら二段ベッドの上の段で寝てた姉が私の泣き声に気付いて、ハシゴ降りてくれればいいのに不精して、上段から私のほうを覗き込んだ。
ぼんやりした視界の私の目に映ったのは長い髪を垂れ下げてこちらを覗き込む、辛うじて人間だと分かるシルエット。
幼い私は二階建て一軒家に響き渡るほどの声で絶叫した。

すわ泥棒かとバッド片手に娘の部屋に乗り込み電気をつけた両親が見たのは
上段ベッドから下段の方を覗き込んだまま私の悲鳴に硬直する姉とベッドに仰向けになったまま手をばたつかせて大泣きする私の姿、それと
私の胸の上できょとんとしたキョトンとした顔をした、父の知人宅から貰ってきたばかりの子犬だった。

子犬は玄関に寝床を作ってあげてそこに寝かせてたんだけど、どうやら家の中を冒険しているうちに階段をよじ登り子供部屋に到着、
ベッドもよじ登って私の胸の上に上ったあたりで力尽きて眠ってしまったらしい。
因みに兄も居るんですが階下の両親は気付いたのに薄いカーテン一枚隔てただけの隣室の兄は全く騒ぎに気付かず朝まで熟睡してたw

以上、生涯やんちゃだった愛犬の命日で家族で墓参りに行った際に話題にあがった、我が家の修羅場ですた。


このページのトップヘ